スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

のび太「ドーラえもぉ~ん!」ドーラえもん「40秒で支度しな!」


1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/23(月) 23:50:45 ID:6cgqcQiI
<のび太の家>

のび太「ねえ、ドーラえもん」

ドーラえもん「なんだい、うるさいね!」

のび太「空を自由に飛べる道具出してよ!」

ドーラえもん「いきなりとんでもないことをいいだす小僧だ!」

ドーラえもん「40秒で支度しな!」
スポンサーサイト
ドラえもん | TB(0) | CM(0)

のび太「それはあなたの想像上の人物なのでは…?」



1 : ◆aS2xTNa0XQ:2013/09/01(日) 00:10:35 ID:CmM9EkxU
すいません、初投稿なのでいろいろミスるかもです。
そして面白くなく、なおかつ短いです。
なんとなく書いてみたので、折角なので投下してみます。

-居酒屋

のび太「小学校の同窓会か」

のび太「みんな元気かな」

スネ夫「のび太!こっちだ!」

ジャイ「おーのび太!」



ドラえもん | TB(0) | CM(0)

しずか「私は源しずかという人間が嫌いです」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30 08:48:21 ID:WvDcSABC0
数年ぶりに足を踏み入れた野比家は、昔とは違う、どこか余所余所しい匂いがした。

のびママ「いらっしゃい、しずかちゃん…」

頭に白いものが目立つようになった彼の母が、力のない声で私を和室へと案内してくれた。
こうして彼の母と向き合って座ると、私の胸は懐かしさでぎゅっと締め付けられるようだった。
あの頃の、楽しかった思い出が頭を駆け巡る。
テレビを見ながら眠ってしまった彼を尻目に、二人でガールズトークに花を咲かせたのもこの和室だ。
そんな時、彼の母は決まって「息子には内緒ね」と舌を見せながら、隠しておいた高級菓子を私に出してくれたものである。
彼の母には、一時期とてもよくしてもらっていた。
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30 08:49:22 ID:WvDcSABC0
のびママ「今日は悪いわね、しずかちゃん。お仕事、忙しいのでしょう?私達のことなんてもう忘れてくれていいのよ」

一方的にやって来たのは私のほうなのに、彼の母はひどく卑屈な言い方をした。
以前なら、こんな言い方しなかった。
数年で、人はここまで変われるものだろうか。
だが野比家の状況を考えると、わからないでもない。
彼の母は、この数年の間にあらゆる限りの暴言、罵詈雑言を浴びせられ、世間から好奇と悪意の眼差しを受けたのだ。
それはきっと、私には想像もつかないほどの長い長い地獄の日々。
それでもこうして生活を保っているのだから、やはり女性はタフだというのは本当だろう。
一方彼の父は早い段階から精神を病み、自己の暗い世界へと逃避してしまったと聞く。

しずか「おばさん、そんなこと言わないでください。結局私はおばさんの娘にはなれなかったけど、今でもおばさん達のことは大切に思っているんですよ。どうか他人行儀の言い方はよして」

のびママ「…ありがとう。でもいつまでもあなたのような若くて綺麗なお嬢さんを、うちに縛りつけておくことはできないわ」

彼の母が気休めの言葉など求めていないことは、その様子から見てとれた。
辛い。
だけど人間は生きてる限り、前に進まなければならない。
私は決心して、本題に入った。

しずか「あの、今日はお願いがあって来たんです」

のびママ「お願い?」

しずか「はい、のび太さんの部屋を見せてもらえませんか?」

ドラえもん | TB(0) | CM(0)

のび太「ドラえもん!世界から戦争を根絶することは可能なの?」

「無題のドキュメント」さまから引用。刹那がうざかったので抜き取りVerです。

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2008/02/10(日) 18:29:52.30 ID:KdqbGpO80

      ,. -──- 、
    /   /⌒ i'⌒iヽ、  いや、それは不可能だよ、のび太くん。
   /   ,.-'ゝ__,.・・_ノ-、ヽ
   i ‐'''ナ''ー-- ● =''''''リ      _,....:-‐‐‐-.、  どうしてさ?
  l -‐i''''~ニ-‐,.... !....、ー`ナ      `r'=、-、、:::::::ヽr_
   !. t´ r''"´、_,::、::::} ノ`     ,.i'・ ノ `,!::::::::::::ヽ
   ゝゝ、,,ニ=====ニ/r'⌒;   rー`ー' ,! リ::::::::::::ノ
    i`''''y--- (,iテ‐,'i~´ゝ''´    ̄ ̄ヽ` :::::::::::ノ
    |  '、,............, i }'´       、ー_',,...`::::ィ'
 ●、_!,ヽ-r⌒i-、ノ-''‐、    ゝ`ーt---''ヽ'''''''|`ーt-'つ
    (  `ーイ  ゙i  丿   ;'-,' ,ノー''''{`'    !゙ヽノ ,ヽ,
    `ー--' --'` ̄       `ー't,´`ヽ;;;、,,,,,,___,) ヽ'-゙'"
                   (`ー':;;;;;;;;;;;;;;;ノ
                    ``''''''``'''''´





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2008/02/10(日) 18:34:02.92 ID:KdqbGpO80

      ,. -──- 、
    /   /⌒ i'⌒iヽ、 そもそも戦争は人類の発生と同時に起きているからだよ。
   /   ,.-'ゝ__,.・・_ノ-、ヽ つまり人類の歴史は戦争の歴史でもあるんだ。
   i ‐'''ナ''ー-- ● =''''''リ      _,....:-‐‐‐-.、
  l -‐i''''~ニ-‐,.... !....、ー`ナ      `r'=、-、、:::::::ヽr_
   !. t´ r''"´、_,::、::::} ノ`     ,.i'・ ノ `,!::::::::::::ヽ でも我々は進歩しているんだろ?
   ゝゝ、,,ニ=====ニ/r'⌒;   rー`ー' ,! リ::::::::::::ノ         根絶することは可能なんじゃないの?
    i`''''y--- (,iテ‐,'i~´ゝ''´    ̄ ̄ヽ` :::::::::::ノ
    |  '、,............, i }'´       、ー_',,...`::::ィ'
 ●、_!,ヽ-r⌒i-、ノ-''‐、    ゝ`ーt---''ヽ'''''''|`ーt-'つ
    (  `ーイ  ゙i  丿   ;'-,' ,ノー''''{`'    !゙ヽノ ,ヽ,
    `ー--' --'` ̄       `ー't,´`ヽ;;;、,,,,,,___,) ヽ'-゙'"
                   (`ー':;;;;;;;;;;;;;;;ノ
                    ``''''''``'''''´











宗教ネタ注意 ドラえもん | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。