FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インキュバス「そこの美しいお嬢さん!」男の娘「…男ですが?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 22:59:34 ID:bKrwYBNc

インキュバス「なんと!?」
 ∧,,∧ 
(´・ω・`)<人外と人間っていいですよね
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:04:00 ID:bKrwYBNc


男の娘「用がないなら帰りますよ」

インキュバス「いやいやいや!このワタシを騙そうったって!!そうはいきませんよ!」

男の娘「……」

インキュバス「何故なら…100年以上インキュバスやってますが!貴女より美しい女性は見たことがない!!」

インキュバス「さあー!逃がしませんよ~」

男の娘「……男だって言ってんだろ」


5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:07:02 ID:bKrwYBNc


インキュバス「まったく…往生際の悪い人だ。それでしたらば、証拠を見せていただきたいモノですな」

男の娘「…はぁ?」

インキュバス「見せられないのでしょう!?なぜなら貴女は女性だから!」

男の娘「…だから!男だって言ってるだろが!!」

インキュバス「それならば見せれば良い!ペニスでもなんでも見せれば良いだけの話です」

男の娘「で、出来るか馬鹿!!!」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:11:13 ID:bKrwYBNc


インキュバス「見せられない!そりゃあそうですよねぇ。存在しないんだから」

男の娘「……帰る」

インキュバス「逃がしませんよ」パチン


男の娘「!?」


インキュバス「ワタシも『魔』のはしくれ。結界程度造作もありません!」

男の娘「…結…界!?」

インキュバス「ええ。女性であるかぎり、この結界から出ることは不可能です」

男の娘「…男だったらどうなるんだ?」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:15:07 ID:bKrwYBNc


インキュバス「男を捕らえる趣味はありません」

男の娘「じゃあ…出られるんだな」

インキュバス「何を言ってるのですか!?『女性であるかぎり結界の外に出られない』のですよ!!」

男の娘「…えい」スッ

結界「あれれれ~」パリーン

インキュバス「な…!!?」

男の娘「これで僕が男だって納得していただけましたか?」

インキュバス「だ、だ、だ、だ、だ…騙したのですか!!」

男の娘「いやいや、最初から男って言ってるから」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:18:54 ID:bKrwYBNc


インキュバス「………ありえない」

インキュバス「こんなにも美しいお嬢さんが…男?」

男の娘「ああ、そうだ」

インキュバス「ワタシ好みのツリ目ロリ貧乳枠だと言うのに…」

男の娘「…お前、変態か?」

インキュバス「失敬な!紳士と呼んで頂きたい!!」

男の娘「…とにかく、これで僕に用は無いんだろ?」

インキュバス「アリエナイアリエナイアリエナイアリエナイアリエナイアリエナイアリエナイアリエナイアリエナイアリエナイアリエナイアリエナイ」

男の娘「…キモい」


9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:23:23 ID:bKrwYBNc


インキュバス「……はぁ、気がつけばさっきの少年は何処かに消えてしまった」

インキュバス「家に帰ったのでしょうか………はぁ」

インキュバス「まさか男だったとは……ワタシの目も腐ってしまったのでしょうか…」

インキュバス「仕方ありません。魔界に帰るとしましょう…」


パサッ

インキュバス「ん?何ですかこれは……『罪深き、男の娘萌え全集』」


インキュバス「………こ!これは!!!」


10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:28:35 ID:bKrwYBNc


―翌日―


男の娘「はーあ。昨日は変な奴に絡まれたなー」

男の娘「…流石に、昨日誤解は解けたしもう絡んでこないよ…な?」

男の娘「…………!」

インキュバス「見つけましたよ美しいお方!!」

男の娘「な、なんで!?」

インキュバス「ワタシは理解したのですよ…美しいお方!」

男の娘「ぼ、僕は男だぞ!」

インキュバス「ええ、存じ上げています」


11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:32:41 ID:bKrwYBNc


男の娘「だったら!」

インキュバス「しかーし!!!!」

男の娘「わっ!?」ビクッ

インキュバス「『男』だからこそ、良いのですよ!!」

男の娘「は、はい?」

インキュバス「男の娘!!なんと素晴らしい言葉でしょうか。実に美しい響きです!」

インキュバス「ワタシは理解したのですよ!『男の娘こそが至高!』『男の娘こそが究極!』であると」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:36:06 ID:bKrwYBNc


インキュバス「さて、積もる話は後にして…」パチン


男の娘「また結界!?」


インキュバス「はい。勿論、今度のは少し改良を加えていますので貴方でも逃げる事はできません」

男の娘「そんな!」

インキュバス「さーて……食事と致しますか」

男の娘「嫌だ…嫌だ…」

インキュバス「男の娘の涙目!!食指が疼きますなァ!!!」

男の娘「やめてくれ…やめてくれ!!!」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:41:13 ID:bKrwYBNc


インキュバス「逃がしませんよ。貴方はワタシの初の『男』の食事として、ジックリと堪能させていただきます…」

男の娘「ぼ、僕は男なんだぞ!!へ…変態!」

インキュバス「嗚呼~。心地好い鈴の音色だ。そのような声で鳴かれると興奮してしまいますね」

男の娘「へんたい!!へんたいへんたいへんたい!」

インキュバス「ご安心下さい?快楽の技は心得ていますゆえ…初めてであっても痛くは致しません」

男の娘「い……嫌だよぉ…」


14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/02(月) 23:42:32 ID:bKrwYBNc


男の娘「く……来るなァ!」

インキュバス「んふふ」ゴクリ







インキュバス「いただきます」


男の娘「アッーー!!」


19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/03(火) 21:20:18 ID:9dgXqzxc
男の娘「ヤ、ヤめろぉ……ヤめろぉ……」ジタバタ

インキュバス「何故そんなにイヤがるのですか? 貴方にも最高の快楽をお与えするというのに」

男の娘「お、オトコに犯されるなんてゴメンだぁ!!」

インキュバス「オトコというか、『魔』なんですけどね?」

男の娘「どっちにしても、ボクを犯す気なんだろうが!!」

インキュバス「まぁ、それはそうなんですが……じゃあ、ちょっと賭けをしませんか? 貴方が勝ったら、引き下がりましょう」

男の娘「賭け?」


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/03(火) 21:20:48 ID:9dgXqzxc

インキュバス「はい。これから私が貴方を愛撫します。それで、イかなかったら貴方の勝ち」

男の娘「あいぶとか……ヤめろ、ゾッっとする」

インキュバス「犯されるより、幾分ライトでしょ?」

男の娘「……まぁ、それは確かに」

インキュバス「それに、すごく気持ちいいですよ?」

男の娘「そ、そうなんだ……」

インキュバス「ええ、オナニーなんかとは、比べものになりません」

男の娘「……」

インキュバス「ま、気持ち良くてイっちゃったら、私に犯されてしまう訳ですが」

男の娘「うわあああぁぁっ!! やっぱりヤだぁ!!」


23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/04(水) 19:11:11 ID:aunCZZWw
ウホッ


24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/04(水) 21:24:53 ID:1hjmPPBg

インキュバス「まあまあ、とりあえず脱いで下さいよ」カチャカチャ

男の娘「べ、ベルト外すなぁ!!」

インキュバス「外さないと、ズボン降ろせないじゃないですか」グイグイ

男の娘「ヤ、ヤめろぉ……イヤだぁ……」ウルウル

インキュバス「その表情、嗜虐心を凄くソソりますよ? っと、脱げた」スポン

男の娘「返せぇ……ズボン返せぇ……」

インキュバス「……グンゼの白ブリーフとは、なかなかマニアックな」

男の娘「うるさい!! コレじゃないと落ち着かないんだよ!!」

インキュバス「ま、脱がしちゃえば一緒ですが」グイグイ

男の娘「ヒイーーー!! ヤめろぉ!!」


25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/04(水) 21:25:25 ID:1hjmPPBg

インキュバス「おお……白く、丸く、小さなお尻……もはや芸術ですな」

男の娘「うるさい、だまれぇ……」

インキュバス「そして前には……」

男の娘「み、見るなぁ……」

インキュバス「皮を被った、かわいらしいナニが……」

男の娘「う、ウルサイ!! ウルサイ!!」

インキュバス「んふふ、今の私には分かります。コレがあっても良いと!! 
       むしろあるほうが良いと!!」ナデナデ

男の娘「ひっ……い……さ、さわるなぁ……」


26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/04(水) 21:25:46 ID:1hjmPPBg

インキュバス「おっと、我を忘れてしまいそうでした。コレを……」ゴソゴソ

男の娘「な、なんだよ、ソレ……」

インキュバス「ちょっと変わった、鈴ですよ。コレを貴方のナニにくくりつけるんです」クイッ、クイッ

男の娘「んっ……ふっ……くすぐったい……」

インキュバス「この鈴、普通に揺らしても鳴りませんが……」ピンッ

男の娘「ひゃうっ!! オチンチンはじくなぁ!!」

インキュバス「貴方が感じちゃって勃起したりすると、とても良い音で鳴るのです」

男の娘「……鳴る訳、ないじゃないか」

インキュバス「言ったはずですよ? 『私の愛撫は、凄く気持ち良い』と」サワサワ

男の娘「ひっ……あっ……」


27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/04(水) 21:26:05 ID:1hjmPPBg

インキュバス「おやおや、もう鳴らしてしまいますかな?」

男の娘「な、鳴ってないだろ……」

インキュバス「ふふふ、まあ時間の問題だと思いますがね?」ツゥー

男の娘「んっ……んんっ……」

インキュバス「声を噛み殺しても、意味ないですよ? 感じちゃったら鳴るんですから」モミモミ

男の娘「か、感じてなんか……」

インキュバス「でも、足、震えてますよ」レロン

男の娘「あひゃあっ!! フトモモ舐めるなぁ!!」チリーン

インキュバス「ふふーん♪」

男の娘「や、違っ……今のは……」


28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/04(水) 21:26:24 ID:1hjmPPBg

インキュバス「おや、違う? では、皮から顔を出しているコレは、一体なんでしょう?」クリクリ

男の娘「やっ……あぁ……ソコ、ダメ……」チリンチリーン

インキュバス「おっと、なんだか先っちょがヌルヌルしてきましたよ?
       感じていないのなら、コレはどういう事なんでしょうね?」ヌリヌリ

男の娘「うぅ……あぁ……なんでぇ……ボク、感じてなんか……」チリーン

インキュバス「今の貴方、凄くソソる表情ですよ? 目を潤ませて、頬を上気させて……
       オトコを誘う、雌犬の顔になってますよ?」ガバッ

男の娘「な、何を……んむっ」チリンチリーン

インキュバス「ちゃんと口をお開けなさい。上も下もかわいがってあげますから」シュッシュッ

男の娘「んっ……はむ……じゅるっ……ふぁっ……あぁ……ヤっ……ヤめ……」チリンチリーン、チリンチリーン


30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/05(木) 22:17:29 ID:gEM5xjVw

インキュバス「んっふっふ、貴方の口の中、この上なく美味ですよ? これは味わい尽さねば」レローン

男の娘「あふっ……、!! し、舌が伸びた!?」

インキュバス「伸びるだけではありませんよ? こんな風に……」ムクムク

男の娘「舌がオチンチンに!?」

インキュバス「んふふー♪」

男の娘「……どうやって喋ってんの? ソレ」

インキュバス「まあ、私、『魔』なんで、舌なんて何枚でも」

男の娘「金輪際、お前の言う事は信用しない事にする」

インキュバス「賢明だと思いますよ? そして、さらにこんな事が!!」ヌラーン

男の娘「ひゃうん!! ……なっ!! オチンチンがおっきい舌に!?」

インキュバス「さらに三枚に別れます」ペローン

男の娘「うわっ、なんがグロい……」


31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/05(木) 22:18:02 ID:gEM5xjVw

インキュバス「これで、貴方のふとももを舐めながら……」レロン

男の娘「ひっ……あっ……ヌルヌルしたのが……」チリーン

インキュバス「ナニを責めつつ……」シュルシュル

男の娘「うぁ……ヤぁ……まきつけるなぁ……」チリンチリーン

インキュバス「口を犯すという、3点責めが可能になるわけです」ズブズブ

男の娘「んぐっ……あっ……ぐぅ……」チリンチリーン、チリンチリーン

インキュバス「あぁ……いいですよ? 貴方の口……」ズブッ、ズプッ

男の娘「あっ……がっ……」

インキュバス「舌が絡みついて、私の舌が涎を垂らしてしまいます……」ドクッドクッ

男の娘「んんっ……ひゃめろぉ……」

インキュバス「飲んで下さいよ? 味はともかく、美容にはとてもいいんですから」ドクッドクッ

男の娘「あっ……がっ……ひゃらぁ……」

インキュバス「ワガママ言わないで下さいよ。私なんかもう、貴方のを舐めとる気マンマンですのに」ヌラン

男の娘「はひゃぁっ!!」チリリーン、チリリーン


32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/05(木) 22:18:22 ID:gEM5xjVw

インキュバス「さあ……」ドクッ、ドクッ

男の娘「うぅ……んくっ……んくっ……」

インキュバス「そうです、残らず飲み干して下さい」ドクッ、ドクッ

男の娘「んくっ……んくっ……んっ……はあっ……はあっ……」

インキュバス「んっ……ふう……よくできました。ご褒美をあげましょう」ザワザワ

男の娘「ひゃっ!! ヤッ!! ヤメっ!! オチンチン、吸いこまれる!!」チリリリリーン、チリリリリーン

インキュバス「フハハハハ、数々の名器を味わい尽したこの私、オトコのツボなど知り尽しています!!」ムニュムニュ、キュッ

男の娘「うぁっ!! ひあっ!! ダ、ダメぇ……気持ち良すぎて、コワイよぉ!!」チリリリリリリ……

インキュバス「早くイっておしまいなさい。そうすれば約束どおり、私が犯してあげますから」クイッ、キュッ

男の娘「ひぃっ!! ヤっ……アーーー!! アーーー!!」ドピューーーーッ

インキュバス「んふふふ、これで、犯されるん事が確定しましたね?」

男の娘「うあぁ……止まらないよぉ……せーえき、止まらないよぉ……」ドピューーーーッ

インキュバス「あ、それ、私の唾液の効果です。5分くらい、出っぱなしだと思いますよ?」

男の娘「あぁ……おかしくなりそう……」ドピューーーーッ


35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/06(金) 22:22:30 ID:HmhU5FcY

インキュバス「んふふ、スゴい量ですねぇ、舐め取るのが大変です」レローン

男の娘「ひぃ……ヤぁ……今さわっちゃ、イやぁ……」ドピューーーッ

インキュバス「いいですねぇ、その、快楽と恥辱の狭間で見せる、苦悶の表情」ムニムニ

男の娘「うっ……あぁ……」ドピュッ、ドピュッ

インキュバス「お? そろそろ出し尽しましたか?」

男の娘「あぁ……んっ……、ふぅ……」ピュッ、ピュッ

インキュバス「どうですか? 素晴しい快楽だったでしょう?」

男の娘「く、狂い死ぬかと思った……」

インキュバス「『死は最高の快楽』と言いますからねぇ」

男の娘「聞いたコトないよ!!」


36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/06(金) 22:22:52 ID:HmhU5FcY

男の娘「うぅ……ヒドいよ……なんでボクが、こんな目に……」

インキュバス「何をおっしゃいますやら。貴方も、本当はこうなる事を望んでいたのでしょう?」

男の娘「んなわけあるか!!」

インキュバス「ほー、では、この本はなんですか?」

男の娘「……『罪深き、男の娘萌え全集』?」

インキュバス「昨日、貴方が落としていった本です」

男の娘「え? え?」

インキュバス「私はコレを見て目覚めました!! オトコを愛で、犯す、その背徳に!!」ガシッ

男の娘「やっ、ちょ、ソレ、ボクの本じゃ…‥」

インキュバス「是非、貴方にお礼がしたい!! 犯される悦びを与えてあげたい!!」グイグイ

男の娘「ヤ、ヤめっ……遠慮するってば……イヤあああぁぁぁ!!」ジタバタ


37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/06(金) 22:23:14 ID:HmhU5FcY

インキュバス「さ、早く力を抜いて」グイグイ

男の娘「イヤだぁ……イヤだぁ……」ジタバタ

インキュバス「無理矢理挿れてもいいんですが、裂けちゃいますよ?」グイグイ

男の娘「それもイヤだぁ!!」ジタバタ

インキュバス「じゃあ力抜いて下さいよ?」

男の娘「無理ぃっ!! そんなの挿れられたら、ボク、壊れる!!」

インキュバス「大丈夫ですよ、さっきの唾液の効果で貴方の体、ちょっと特殊になってるんですから。無理矢理が危ないだけで」

男の娘「う……うぅ……」

インキュバス「そうそう、力を抜いて……では、イきますよ?」

男の娘「やっぱりイヤぁ!!」キュッ


38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/06(金) 22:23:33 ID:HmhU5FcY

インキュバス「ああもう、しょうがありませんねぇ……自分で覚悟決めて欲しかったんですが……」レロン

男の娘「ひゃっ……あっ……」チリーン

インキュバス「んふふ、力、抜けましたね?」ズブッ

男の娘「うあっ……ああぁ……ひっ……いぃ……」チリーン

インキュバス「んっ……ふっ……す、素晴しいですよ? 貴方の中……とろけそうだ……」スブブブブッ

男の娘「ヤっ……あっ……お腹の中、なんか当たってるぅ……」

インキュバス「す、吸い込まれる……」ズププププッ

男の娘「あぅ……うっ……ぐぅ……、ま、まだ、入るの?……お、お腹が……」チリンチリーン

インキュバス「もう……ちょっとです……、ふぅ……」ズプッ

男の娘「んっ……んくっ……ヘン……お腹の中、ヘンだぁ……」キュッ

インキュバス「おっ……ほおぉっ……腸壁が吸い付いてきますよ……」ズプッ

男の娘「ひあっ……ヤっ……抜くの、ヤぁ……ぞわって、ぞわってなるぅ……」チリリーン


39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/06(金) 22:24:02 ID:HmhU5FcY

インキュバス「す、素晴しい!! コレは素晴しい!!」ズブブブッ

男の娘「あっ……あぁ……、また、中に……」チリリリリーン

インキュバス「ほおぉぉぉっ、腰が止まりません!!」パンパンッ

男の娘「ひいっ……あっ……がっ……ダ、ダメぇ……急にそんな、激しく……」チリリリリーン

インキュバス「こ、コレは是非、貴方にも……」シュルルッ

男の娘「ああっ、今、オチンチン、ダメぇ!!」チリリリリーン,チリリリリーン

インキュバス「私の舌で再現した、貴方の中です!! 素晴しい感触でしょう!?」パンパンパンパン

男の娘「あひゃっ!! ひぁっ!! ら、らめっ……オチっ、オチンチン、……」チリリリリリ……

インキュバス「んふふっ、どうです? 自分のナニで、自分の尻を犯す感覚は」パンパンパンパン

男の娘「や、やらっ!! らめぇ……ボク、こわれるぅ……」チリリリリリ……

インキュバス「うふふふふ、私もそろそろ、イきそうです……」パンパンパンパン

男の娘「あっ……あひゃっ!! ひゃうっ!!」

インキュバス「たっぷり注いであげますよ? さっき舐め取った、貴方の精液を!!」ドピューーーーーッ

男の娘「あっ……あぁっ!! ダメッ!! ボク、……ボクもぉっ!!」ドピューーーーーッ


40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/06(金) 22:24:24 ID:HmhU5FcY

インキュバス「ふっ……う、素晴しい体験でした」

男の娘「う……あぁ……」

インキュバス「貴方のおかげで、新しい世界を知る事が出来ました」

男の娘「あぁ……ん……」

インキュバス「さて、そろそろ私は帰らねばなりません。あ、この本は頂いていきますね?」

男の娘「んんっ……」

インキュバス「では、またどこかで。次は、もっと凄い事をしてあげますね? それではっ」バサァッ

男の娘「んっ……ふぅ……」


41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/06(金) 22:24:47 ID:HmhU5FcY

「……!! ……!!」

男の娘「……ん? んん……」

友「おい、おいって!!」

男の娘「あ……友か……」

友「『あ……』じゃねえよ!! 何やってんだよ、こんな道端で下半身まるだしで」

男の娘「……あの野郎、ヤるだけヤって、後始末もせずに……」

友「なんの話だ?」

男の娘「……なんでもない」カチャカチャ

友「ん? そうなの? そいや、昨日こっそりカバンに本入れといたんだけど、見た?」

男の娘「……キサマか……」

友「おう、お前絶対ああいうの似合うって!! 一度でいいから……」

男の娘「キサマかあぁ!!」グイッ


42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/06(金) 22:25:11 ID:HmhU5FcY

友「なっ……そんな怒る事かぁ?」

男の娘「アレのせいでボクはなあ……ボクは……」ウルウル

友「……なんか知らんけど、スマンかった」

男の娘「ううっ……グスッ……今度寿司オゴレ……」

友「分かった分かった。回るヤツでいいだろ? 泣くなよヘンな気分になるから」

男の娘「うぅ……」

友「さ、帰ろうぜ?」

男の娘「腰が抜けて立てない……」ウルウル

友「しょうがねぇなあ、ホラ、肩貸してやるから」グイッ

男の娘「グスッ、ありがとう……」

友「さ、そこのホテルでちょっと休んでいこうぜ?」

----------

チリンチリーーン

<終わり>


46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/23(月) 18:51:15 ID:H7SguPTo
・・・ふぅ


関連記事
スポンサーサイト
人外×男 | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/10/29 00:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/11-67ebee23


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。