FC2ブログ















ジャン「休日」



1 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:29:36 ID:JfjzZcio
【期待】

コニー「ひまだな」

サシャ「ですねぇ」

ジャン「……」

サシャ「雨の日って、なにもやる気にならないですよね」

コニー「しかも今日は休日だしな」

ジャン「……」

サシャ「こういう時はだらだらお喋りするしかないんでしょうか」

コニー「いや待て。ここに一人、俺達の様にひまそうな奴がいる」

ジャン「……」





2 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:30:30 ID:JfjzZcio

サシャ「なに!?」

コニー「こいつが何かしてくれるかもしんねぇぞ」

ジャン「……」

サシャ「そうですね」ジーッ

コニー「こいつはやるときはやる男だ」ジーッ

ジャン「……」

サシャ「……」ジーッ

コニー「……」ジーッ

ジャン「おい。俺は何もしないからな」

コニー「そんな!?」

サシャ「私たち、ずっと待ってたんですよ!?」

ジャン「知るかよ」

コニー「お前っ、俺達がどんなに期待してたかわかんないのか!?」

ジャン「わかんねぇよ」

3 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:32:48 ID:JfjzZcio
【三人で一つ】

コニー「ジャンの薄情者ー!」

サシャ「アホー!」

ジャン「ここに来た俺が間違ってた。じゃあな」ガタ

コニー「うぉい!」

サシャ「待って! お願いだから待って!!」

ジャン「だーもう俺じゃなくても良いだろうが!」

4 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:33:48 ID:JfjzZcio

サシャ「いいえ。あなたじゃないと、駄目なんです」

コニー「だって俺達三人合わせて」


コニサシャ「パフュームです」キラキラッ


ジャン「……」イラッ

サシャ「あー合わせて下さいよ」ブー

コニー「全くだぜ。やっと三人そろったのによ」ブー

ジャン「その……パフュームってのに、俺も含まれてんのか」

コニー「なに言ってるんだ当たり前だろ」ハテハテ

サシャ「困った子ですね」フゥ

ジャン「やっべぇぶん殴りてぇ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 21:35:03 ID:riI05myQ
なにこれかわいい

6 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:38:17 ID:JfjzZcio
【焼そば】

コニー「ジャンは一体何にイラついてるんだ?」

サシャ「うーん……あ、わかりました!きっと自己紹介からし てないからですよ!」

ジャン「は?自己紹介?」

コニー「おー自己紹介!でもジャンのアダ名まだ決まってないし」

サシャ「じゃあ今決めちゃいましょう」

ジャン「いや待てアダ名ってなんだよ」

コニー「ジャンジャンでよくね?」

ジャン「良くねぇよ!」

7 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:39:05 ID:JfjzZcio

サシャ「いい響きですね」

コニー「決定な」

サシャ「よろしくお願いします、ジャンジャン」

コニー「これから三人で頑張ろうな、ジャンジャン」

ジャン「もうなんなんだよ!」

サシャ「ヤバイです。ジャンジャン言ってたらお腹すいてきました」グゥー

コニー「俺は普通のソース味が好きだ」

サシャ「あ、私もです」

ジャン(なに言ってるんだコイツ等……)

8 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:40:06 ID:JfjzZcio
【なんだかんだで】

コニー「ニっちです」キラッ

サシャ「サ~ちゃんです」キラッ

ジャン「……ジャンジャンです」ボウヨミ

コニー「三人合わせて」

コニサシャジャン「パフュームです」キラッキラッ

ジャン(なにやってんだ俺)ズーン

サシャ「キラッが一つ足りないです!」

コニー「おいジャンジャン、サボんなよ!」

ジャン「……」

ジャン(なんで俺がバカとバカをしなきゃいけないんだ)ズズーン

コニー「な、なんだよそんなにアダ名が気に入らないのかよ」

9 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:43:19 ID:JfjzZcio
【理由&意味&訳】

ジャン「てかよ」

コニー「なんだ?」

ジャン「パフュームって何するんだよ」

コニー「え?」

サシャ「よくぞ聞いてくれました!」

コニジャン「!?」ビクッ

サシャ「私たちはですね」



サシャ「特に理由はなく結成しました!」



ジャン「……はぁ?」

サシャ「歌ったりエセロボットダンス踊ったりもしません!」テカデキマセン

コニー「そうだったのか」

ジャン「知らなかったのかよ!」

10 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:45:55 ID:JfjzZcio

サシャ「何の理由もなく結成され、何の意味もなく存在するグループって、斬新で良くないですか」

コニー「おもしれー!」アハハ

ジャン(どう突っ込めば良いんだ)

コニー「よしじゃあ今をもって、パフューム解散な!」

ジャン(えっ)

コニー「何の理由もなく結成され、何の意味もなく存在するグループが、
何の訳もなく解散すればもっとおもしろくね ?」

サシャ「面白い! それは確実に面白い!」

ジャン「えっ」

コニー「解散!」

サシャ「解散です!」

ジャン「え、あ、解散?」

コニー「よし解散したな」

サシャ「最高でしたね」

ジャン(駄目だコイツ等の思考回路わけがわからない)

11 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:50:31 ID:JfjzZcio
【イメージ】

コニー「ひまだな」

サシャ「ですねぇ」

ジャン「……」

コニー「そういえば、兵団の給料っていくらなんだ?」

ジャン「そうだな、まぁ調査兵団が一番高いんじゃねぇの」

サシャ「そうなんですか?私はてっきり憲兵団が一番いいかと……」

ジャン「一番危険だし、人材が少しでも欲しいからな。そういうところで人を集めねぇと」

コニー「……それもそうだよな」

ジャン「ま、兵団は どこも給料良いだろうけどな」

12 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:52:42 ID:JfjzZcio

サシャ「じゃあなんで訓練兵団は少なめなんですか? ご飯も少ないですし!」

コニー「ほんと飯の事しか考えてねぇな」

サシャ「そんなことないです」

ジャン「なんでそんな飯に執着してるんだよ」

サシャ「執着してるつもりないんですが」

ジャン「蒸かした芋」ボソ

サシャ「忘れて下さい! 今すぐに!!」

コニー「まぁ、でもあの訓練兵団のしょぼい食事でも美味しそうに食べてたじゃねぇか」

サシャ「それは、食べ物に罪はありませんからね」

13 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:54:27 ID:JfjzZcio

サシャ「農家の人が丹精込めて作った食材です。こちらもそれに応えていただかなきゃ失礼でしょう?」

コニー「……結構考えてたんだな」

ジャン「意外だ」

サシャ「一体私にどういうイメージを持ってたんですか!」

ジャン「芋とパァン」

コニー「食欲魔神」

サシャ「ひどい!?」

ジャン「コニー、よく『食欲魔神』なんて言葉知ってたな」エライゾ

コニー「だろー?」

サシャ「え? 放置ですか? ジャンがツッコミ役じゃないんですか?」

14 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:57:18 ID:JfjzZcio
【どう転んでも】

ドア「ギイィ」

ジャン「あ?」

クリスタ「なにか賑やかだなと思ったら、そうかサシャ達かぁ」

サシャ「クリスタ!とユミル」

ユミル「人をついでみたいに言うな」

コニー「何か用か?」

クリスタ「ううん。特にそういう訳じゃないんだけど、楽しそうな声がしたから覗いてみようと」

ユミル「クリスタに付いてきた」

サシャ「楽しそうでしたか」ムフ

15 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 21:59:21 ID:JfjzZcio

ジャン「俺はこの馬鹿共に付き合わされてるだけだ」

コニー「んなこと言うなよ!」

サシャ「なんだかんだ楽しかったんでしょう?」ドヤァ

ジャン「その顔止めろ」

ユミル「はっ。付き合ってる時点でお前も馬鹿なんじゃねぇの?」

ジャン「心外だな」

クリスタ「あ、あれだよ。ジャンは面倒見が良いってことだよ」

サシャ「それ私たちがアレみたいな感じじゃないですか?」

クリスタ「へ?」

16 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:04:07 ID:JfjzZcio
【この休日】

ユミル「しかしせっかく昨日から休日なのに、こんな所にいていいのか?」

コニー「雨降ってるからな。外出る気起きないだろ」

ユミル「……そうじゃなくて。この休日は調査兵団に入った新兵の為のものだろうが」

ジャン「……」

クリスタ「大抵は帰省して直接、調査兵団に入団したことを家族へ報告するみたいだけど……三人は良いの?」

サシャ「私は、立派になるまで帰ってくるなと言われてるので……」アセッ

コニー「俺は雨が降ってるからだ」

ユミル「んだそりゃ」

17 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:05:24 ID:JfjzZcio

クリスタ「ジャンは?」

ジャン「……帰省する必要がないと思ったからだ」

クリスタ「そうなんだ」

ユミル「……。行くぞクリスタ」

クリスタ「え、なんで?」

ユミル「私、書庫に行きたかったんだよ。という訳で行くわ」ガチャ スタスタ

クリスタ「あ、ユミル待ってよ!」

18 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:08:04 ID:JfjzZcio
【馬鹿】

シーーーーーン

サシャ「……」

サシャ(空気重い)

コニー「……」

コニー(誰もしゃべんないな。なんかこういう時は叫びたい)

ジャン「……。俺、もう行く サシャ「あの!!」

コニー「な、どうしたんだ急に」

ジャン「……なんだよ?」

サシャ「……どうして、ジャンは帰省しないんですか?」

ジャン「……は?」

19 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:11:55 ID:JfjzZcio

コニー(おいおい、それはプライベートなことだから聞きずらいことだって馬鹿な俺でもわかるぞ?)

サシャ「さっきのは理由になってないと思います。どちらかと言うと、こう……隠したい、みたいな」

ジャン「!」

サシャ「教えてくれませんか?」

コニー「……。俺もだ。最近気になってたんだよな。妙にクヨクヨしてんなって」

ジャン「……野生の勘ってやつか?」

サシャ「どうなんでしょう」

コニー「ジャンがよっぽど分かりやすい奴だってことだろ」

ジャン「……そんなに分かりやすいか?ちょっとショックだ」

サシャ「良いことですよ。分かりやすいって感情表現が上手だってことですから」

ジャン「お前にまで気使われるとはな……」

20 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:14:13 ID:JfjzZcio

コニー「良いことだぜ!」

ジャン「やっぱりただの馬鹿か」ハァ

コニー「別に良いし馬鹿で! 馬鹿は楽だし!」

サシャ「楽しいですし!」

ジャン「ははっ。確かにな」

コニー「へへっ」ニコニコ

サシャ「ふふっ」ニコニコ

ジャン(あー、やっぱり俺も馬鹿だったか)

ジャン「……別に大した事があるわけじゃねぇよ」

コニー「良いぜ」

サシャ「よろしくお願いします」

21 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:17:36 ID:JfjzZcio
【考えても無駄】

ジャン「不安なんだよ。親に会うのが」

サシャ「不安ですか」

コニー「ケンカでもしたのか?」

ジャン「……俺って、元々憲兵団志望だったし、親にも『憲兵団になる』って宣言して出ていったんだよ。だから、そのよ……」

コニー「……。ジャンの言ってること、わかる気がする」

コニー「俺の場合は、村のやつらには『お前はバカだから兵士なんて無理だ』って言われたのに
家族には『憲兵になれよ!』とか『期待してんぞ』とか、そんな言葉をかけられて……」

コニー「ま、最近まで忘れてたけどよ」

サシャ「……二人とも、偉いですね」

ジャン「……はぁ? 俺は逃げてんだよ」

サシャ「そうじゃなくて。……親に孝行しようって気持ちが強いんだなって」

サシャ「私はそんなこと思ってなかったですから」

ジャン「孝行だ? そんなの俺も思ってねぇよ。自分の事ばかりだ」

22 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:20:38 ID:JfjzZcio

コニー「俺は、お前が自分にちゃんと向き合ってるだけで偉いと思うぜ」

コニー「俺は何も考えてねぇ。正直な話、まだ調査兵団になんで入団したのか分からないしよ」

ジャン「……そりゃ、お前等は頭で考えてるんじゃなくて、身体で考えてるんだろ。直感型ってやつだ」

サシャ「そうは言われましても……」

コニー「……。あぁー!! そうだな、俺は馬鹿だから考えるとかんなこと無理だ!」

サシャ「諦め早いですね」

コニー「諦めが堪忍って言うだろ?」

ジャン「それを言うなら『諦めが肝心』だ」

23 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:23:48 ID:JfjzZcio
【ツンツンデレツン】

サシャ「ジャンを励ますつもりが、逆にこっちが励まされちゃいましたね」クスッ

コニー「そうだな」ヤレヤレ

ジャン「?」

サシャ「どうも最近無理してるように見えましてね」

コニー「俺達が笑わせて嫌なこと忘れさせようぜ!って計画だったんだよ」

ジャン「はぁ? それはつまり……」

ジャン(あのくだらねぇくだりはこいつ等が俺のために……?)

ジャン「……ぶふっ!」

コニサシャ「!?」

ジャン「いやいや、本当にバカだなお前ら! アッハハハハ!」

コニサシャ「ひどっ!」

ジャン「まぁでもよ……」


ジャン「……ありがとな」

24 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:26:45 ID:JfjzZcio


コニー「……!?」ブフッ

サシャ「で、で……デレた!?」

ジャン「な、なんだよお前ら! なんでそんな反応なんだよ!」

コニー「あれ、どういう事だ?」

サシャ「しっかりしてくださいコニー!」

コニー「今の状況が信じられないのは、俺が馬鹿だからじゃないよな!?」

ジャン「なんなんだよやっぱり馬鹿だよお前らクソッ!」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 22:28:18 ID:ZH1tMrJE
素晴らしい
クッソ和む

26 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/30(金) 22:28:25 ID:JfjzZcio
終わり。

ここまで見てくれた皆様、ありがとうございました!

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 22:39:20 ID:hUwnKWkQ
やっぱり短いのは読みやすい

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 23:40:24 ID:1cxmPvWw
バカコンビは誰と絡んでも和むな。
ジャンも、なんだかんだ相手してて良かった

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/31(土) 00:26:45 ID:x5ssLY0M
この3人好きだから和んだー

30 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/31(土) 17:58:18 ID:Wzs3Qxfc
今からユミクリおまけ投下します

31 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/31(土) 17:59:23 ID:Wzs3Qxfc
【その頃ドアの前では】

ドア「バタン」

クリスタ「……あれ? 書庫に行くんじゃないの?」

ユミル「いや、なんか気まずい雰囲気になりそうだから逃げた」

クリスタ「でも、ドアの前にはいるのね」

ユミル「気になるし」

クリスタ「盗み聞きは良くないよ」

ユミル「お前も気になるだろ?クリスタも悪しようぜ」

クリスタ「……」チョコン

ユミル(ちょろいクリスタ結婚)

32 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/31(土) 18:01:24 ID:Wzs3Qxfc
【聞き耳立てて】

ユミル(ほうほう。あいつ等、結構可愛いところあるじゃねぇか。やっぱりまだまだ子供だな)ウンウン

クリスタ(サシャもコニーも優しいなぁ可愛い。そしてジャンがいつもより素直だなぁ可愛い)キュン

数分後

ユミル(あ、なんか目から雨水が……。雨漏りかよ最悪だ)スットボケ

クリスタ(良い話だなぁ。もう三人共良い子だよ。私なんかは到底及べないよ)ウルッ


ドア「ギイィ」


ジャン「なにやってんだお前ら」


ユミクリ「」

33 : ◆GYnj2iSHgw:2013/08/31(土) 18:04:15 ID:Wzs3Qxfc
おまけ終わり。

すいませんこれだけです!
では

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/31(土) 19:07:47 ID:I6pyTGpY
かわいい
やはりユミクリは正義







関連記事
スポンサーサイト



進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/114-a0367e66