FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【安価】アニ「あんたのせいでミカサに怒られた」



1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:08:06 ID:BzsCatSU
アニ「責任取ってよ」

エレン「なんでだよ」

アニ「あんたの幼なじみでしょ」

エレン「ミカサは見た目ほど怒ってねえよ」

アニ「怒ってるって。大男を投げ込んできたんだ。
   激おこアッカー丸に決まってる」

エレン「放っておけばすぐ忘れるだろ」

アニ「……」ジワァ

エレン「おい、涙目で俯いて服の裾掴むなよ。後ろめたくなるだろ」





2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:08:52 ID:BzsCatSU
アニ「というわけで、安価でミカサと仲良くなる」

アニ「あわよくば他の女子とも仲良くなる」

アニ「そしてBBQしたり湖畔でピクニックしたり干し芋女子会する」

アニ「……任務に支障が出ない程度にね」

アニ「今書いているスレの内容が暗いので、ここでほっこりしたいんだ」


アニ「過度なエログロや人が死ぬような場合は安価下」

アニ「私が泣きそうな場合も安価下だよ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:10:44 ID:UzfHE9kI
期待

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:15:57 ID:BzsCatSU
エレン「まずどうしたいんだよ」

アニ「どうする?」

エレン「丸投げか」

アニ「別に怒ってないから仲直りしてもいいって伝えてきてよ」

エレン「上からだな……本当に仲直りする気あるのか?」

アニ「いいから、ミカサが怒ってないか見てきてよ。
   怖かったら明日にする」

エレン「人を使うなよ……」

アニ「もう対人格闘教えない」

エレン「仕方ねえな……」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:16:46 ID:BzsCatSU
エレン(ミカサは……見た目普通だな)

エレン(また蟻の行列見てる)

エレン「おう、ミカサ」

ミカサ「エレン。何?」

エレン「さっきのアニとの決闘だけどさ……」

どっちが勝った?
>>10までで多数決
アニorミカサで

6 :中村:2013/09/12(木) 00:17:17 ID:SROBVwVI
ミカサ

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:17:22 ID:a5sElvE.
みかさ

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:19:13 ID:LCwVY2Hg
ミカサ

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:19:32 ID:QzzsFKAo
中村

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:19:49 ID:IfHe2Mog
みかさ

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:23:15 ID:XyeZnw9U
中村って誰だwww

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:23:59 ID:BzsCatSU
アニ「納得いかない」

エレン「安価は絶対」

アニ「もう泣きそうだから安価下で」

エレン「打たれ弱すぎるだろ。勝ったのはミカサだな」

-------------

エレン「アニがその件について話があるってさ」

ミカサ「意図がわからない。その件についてはもう決着したはず」

エレン「まあいいから」

ミカサ「エレンがそう言うなら……」

-------------

ミカサ「アニ。何か用?」

アニ「……」

ミカサ「早くしないと蟻がカマキリの解体を終えてしまう」

エレン「何見てるかと思ったら」

アニ「>>15」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:25:09 ID:hx9YFlaU
グロ中尉

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:25:40 ID:a5sElvE.
世界は残酷

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:26:05 ID:LCwVY2Hg
わ…私のペットのカマちゃんが!!!

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:26:08 ID:HESV8HNc
謝りな

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:26:19 ID:SROBVwVI
リベンジマッチだこの野郎!

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:28:41 ID:gnllz6so
名前付けてんのかよw

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:33:07 ID:BzsCatSU
アニ「わ……私のペットのカマちゃんが!!!」

エレン「は?」

アニ「今朝虫かごから脱走したんだ……」

ミカサ「それは気の毒。残念だけれど、世界は残酷だから……」

アニ「卵を産ませようと思ってたのに」

エレン「女子寮でそんなことしてるのか……」

ミカサ「落ち着いて。アニのカマちゃんと同一個体とは限らない」

アニ「そんなことを言ってられない」ダッ

エレン「おい待てよ!」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:33:43 ID:BzsCatSU
アニ「ハァハァ……この行列?」

ミカサ「そう。もうカマキリの影も形もない……」

アニ「なんていう日だよ、まったく」

ミカサ「気を落としてはいけない。きっとカマちゃんは姿を変えてアニの元へ帰ってくる。
    それは蝶かもしれないし、猫かもしれない」

アニ「私はカマちゃんがいいんだ……」

ミカサ「アニ……>>25」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:34:33 ID:BzsCatSU
アニ「カマちゃんを偲びながらお風呂に入ってくるよ」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:34:33 ID:05ml5go6
カマ野郎でよければ...つアルミン

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:34:41 ID:3p89G/Fs
ksk

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:34:51 ID:LCwVY2Hg
本当は私が潰した。ゴメンなさい

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:35:10 ID:HESV8HNc
大人になりなさい

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:35:31 ID:SROBVwVI
これ以上我侭を言うならその首と胴体を切り離す

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:54:05 ID:BzsCatSU
ミカサ「アニ……大人になりなさい」

アニ「!? 私の方が年上なんだけど……」

ミカサ「アニがそんなに嘆いていては、カマちゃんも浮かばれない」

エレン「ミカサ、そんな言い方ないだろ」

ミカサ「それに……カマちゃんは……カマキリは……」マフラーモフモフ

アニ「カマちゃんがなんだって言うのさ」

ミカサ「……ハリガネムシでぐぐって」

アニ「……カマキリじゃない虫?」スマホカチカチ

アニ「!!」

ミカサ「世界は……残酷だから……」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:55:36 ID:BzsCatSU


アニ「もうカマキリは飼えない」

ミカサ「そう」

アニ「嫌い……」

ミカサ「痛みを知って、ひとつ大人になった」

エレン「寄生虫って、知らなきゃ良かったって思う知識のひとつだよな」

アニ「嫌い……」

ミカサ「それで、アニは私に何の用?」

アニ「>>32」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:56:43 ID:a5sElvE.
オオクワガタの捕まえ方教えて

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:57:47 ID:SROBVwVI
言わなきゃわからないの?バカなの?

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:58:30 ID:3p89G/Fs
一緒にお茶を飲んでさっきの戦いについて語ろう

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 00:58:35 ID:LCwVY2Hg
もう良い…カマちゃんを偲びながらお風呂に入ってくるよ

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:01:41 ID:BzsCatSU


アニ「もう良い……カマちゃんを偲びながらお風呂に入ってくるよ 」

ミカサ「気を落とさないで」

アニ「あがるまで待ってて」

ミカサ「わかった」

エレン「え? オレも待つのか?」



アニ「20分であがった」

ミカサ「女子としてはカラスの行水もいいところ」

エレン「蟻の行列を見ながら待つ時間としては長すぎるが」

ミカサ「そろそろ何の用だったのか教えてほしい」

アニ「>>35」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:02:31 ID:LCwVY2Hg
もう良いって言ったでしょ

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:04:41 ID:42LrZDfM
エレンとミカサと私三人で寝よう

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:04:55 ID:SROBVwVI
あんたさっきので私に勝ったつもりなの?私力の半分も出してないんですけど

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:06:05 ID:GAk803jc
エレンを賭けて決闘を申し込む!!

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:09:03 ID:BzsCatSU
アニ「エレンとミカサと私三人で寝よう」

ミカサ「だめ」

アニ「いやじゃなくてだめなの?」

エレン「オレはいやだ。今寝たら夜寝られなくなっちゃうだろ」

ミカサ「アニ。私とエレンが一緒に寝るとき、間にはアルミンと決まっている。
    貴方ではない」

アニ「そうかい……」

アニ「どうしたら一緒に寝てくれるの?」

ミカサ「このアニ全然わかってない」

エレン「オレを巻き込むなって」

アニ「いきなりミカサと2人で寝るなんて恥ずかしいだろ。間に居てよ」

ミカサ「一緒に寝たいなら>>40」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:10:47 ID:SROBVwVI
アルミンに勝ってからにして

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:11:31 ID:42LrZDfM
ジャンを私に近づけないようにして

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:11:49 ID:LCwVY2Hg
ダズとでも寝れば良い

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:12:01 ID:scRM7/bA
アルミンになって

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:18:15 ID:BzsCatSU
ミカサ「一緒に寝たいなら、ジャンを私に近づけないようにして」

アニ「どうしてジャンが出てくるのさ」

ミカサ「昼寝中、おかしなちょっかいを出してくるかもしれない。
    ジャンは私に気があるように見せかけて、エレンに色目を使っている」

アニ「知らなかったよ」

アニ「でも面倒だから却下だね。それにジャンが来ないか見張っていたら、私だけ眠れないじゃないか」

ミカサ「じゃあ一緒に寝ない」

エレン「いや、オレの話も聞けよ」

アニ「……仕方ない。15分だけ見張りする」

ミカサ「ならよし」

アニ「やった」

エレン「は? 何勝手に決めてるんだよ。だいたいどこで昼寝するつもりだ」

アニ「>>46」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:19:29 ID:lVKpQFII
地獄

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:19:50 ID:l1dCngwc
壁外

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:19:52 ID:TEtOjsRk
アルミンの上

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:23:35 ID:BzsCatSU
アニ「アルミンの上でどう?」

エレン「どうも何もないだろ、アルミンまで巻き込むな」

ミカサ「それはアルミンを肉布団のようにして、アニの下に敷くということ?」

アニ「そう。その私をあんたたちが挟んで寝れば、アルミンも真ん中にいるだろ」

ミカサ「アニは案外賢い」

アニ(ドヤァ)

エレン「だめだからな」

アニ「アルミンに聞いてみないとわからないでしょ」

エレン「そんなこと聞きに行ってアルミンを困らせるなよ……」

アニ「聞きに行こう」ダッ

ミカサ「行こう」ダッ

エレン「おい、話聞けって!」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:26:44 ID:BzsCatSU
《資料庫》

アニ「アルミンいたね」

ミカサ「どうせここだと思った」

アルミン「え……どうしたんだい。今、持ち出し禁止の図録を見てたんだけど」

ミカサ「アルミン、久しぶりに3人で寝よう」

アニ「違う。私も含めて4人だよ」

エレン「だからアルミンの邪魔するなって!」

アルミン「どういうことなんだよエレン……」

ミカサ「かくかくしかじかで」

アルミン「いや……この歳になって女子と同衾はいくらなんでも」

ミカサ「そこを何とか。ほらアニからも」

アニ「何とかしてよ」

アルミン「えぇぇ……じゃあ>>51」

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:32:36 ID:LCwVY2Hg
アニと僕が裸と言う条件なら(鼻血ダラダラ)

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:33:31 ID:cPEIBBk2
アニが猫の着ぐるみを着てくれるならいいよ

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:33:48 ID:l1dCngwc
変なことしないならいいよ

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:34:13 ID:42LrZDfM
アニがエレンと僕に甘えるようなおねだりをしたらいいよ

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:35:05 ID:scRM7/bA
ゲスミンになっちゃうよ

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:35:29 ID:Uwk1yqvM
四人で仲良く寝るならいいよ

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:36:51 ID:BzsCatSU
アルミン「えぇぇ……じゃあ変なことしないならいいよ」

ミカサ「え……」

エレン「何する気だったんだよ」

ミカサ「この面子なら私が実力行使で何とでもできると思った」

アニ「変なことって何?」

ミカサ「>>58」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:37:41 ID:scRM7/bA
ちゅー

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:38:11 ID:LCwVY2Hg
私が寝ているエレンにいつもしているようなエロい事。

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:38:23 ID:aOuHgCc.
アルミンにこれを着せること(可愛い女の子向けの着ぐるみ風のパジャマ)

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:42:45 ID:BzsCatSU
ミカサ「アルミンにこれを着せること」

アルミン「いやいやうさぎの気ぐるみ風パジャマはないよ。僕だって163cmある男だよ?」

アニ「じゃあ私が着る」

ミカサ「アニはうさぎじゃない。どちらかと言えばきつねか猫」

アニ「別にいいだろ。アルミンが着ないなら私が着る」

エレン「お前ら、パジャマってどれだけ本格的に睡眠摂るつもりなんだよ」

アルミン「着ないからね」

ミカサ「睡眠中にどうやって着せ付けられるのを拒むの?」

アルミン「着ないからね!」

アニ「どこで寝ようかな」

場所安価>>61

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:44:04 ID:aOuHgCc.
普通のホテル

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:44:35 ID:TEtOjsRk
壁上

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:46:38 ID:BzsCatSU
アニ「壁上で寝たい」

エレン「は? 風強くて寒いだろうが!」

アルミン「そういう問題じゃない! いや、場所の問題でもない!」

アニ「何だよあんたたち、さっきから文句ばっかり言って」

ミカサ「まったく」

エレン「お前らこそ結託しやがって、仲直りじゃなかったのかよ!?」

アニ「仕方ない……妥協案>>64」

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:47:21 ID:scRM7/bA
やはり壁上

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:47:24 ID:LCwVY2Hg
教官のベッド

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:53:35 ID:BzsCatSU
アニ「仕方ない……教官のベッドでいいよ」

エレン「それの何が妥協案なんだよ」

アルミン「ハードモードすぎる……」

ミカサ「宿舎に忍び込んで昼寝して、ばれないうちに起きて逃げればいい」

アニ「完璧だね」

エレン「顔見合わせるな。何が楽しくて教官のベッドで昼寝しなきゃいけないんだよ」

アニ「スリルあるでしょ」

アルミン「もしうさ耳パジャマ姿で教官の私室に忍び込んで、見つかりでもしたら……営倉送りで済むかどうか」

ミカサ「ゾクゾクする」

アニ「行こう」

ミカサ「合点」ヒョイ

アルミン「ミカサ! 抱え上げないでよ!」

エレン「これずるいぞ! 降ろせ!」

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 01:59:26 ID:BzsCatSU
《教官の私室の前》

ミカサ「どれ……」バキッ

ミカサ「無用心。ドアに鍵がかかっていない。これでは入ってくださいと言われているようなもの」

エレン「明らかに壊した音がしたが」

アニ「お邪魔します。お父さんの匂いがする」

アルミン「あぁ……もうどうにでもなれだ」

ミカサ「ベッドはこれ。狭い」

エレン「そりゃシングルサイズだからな」

ミカサ「まず、私とエレンとアルミンが川の字で並ぼう。そしてアルミンの上にアニが乗る」グイ」

エレン「押し込むなって!」

アルミン「枕から独特の匂いがするよ……」

アニ「じゃあ、真ん中のアルミンの上で寝るよ」

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:02:01 ID:BzsCatSU
アルミン「ちょっと待ってよ! なんでうつ伏せに覆いかぶさるのさ!」

アニ「仰向けだと安定しないじゃないか」

アルミン「フィットしちゃうだろ!」

エレン「いやらしいことすんなよ!」

アニ「いやらしくない!」

ミカサ「いやらしくない」

エレン「ミカサのいやらしさ判定はハードルが高すぎるんだよ!」

ミカサ「でもアニ、アルミンにまで密着したら許さない」

アニ「え……やっぱり怒ってるじゃないか」

ミカサ「>>70」

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:04:16 ID:TEtOjsRk
アルミンを狙う雌狐は許せない

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:04:40 ID:05ml5go6
床で寝ろ

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:06:34 ID:cPEIBBk2
アニは私の側に

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:10:57 ID:BzsCatSU
ミカサ「アニは私の側に」

アニ「え……」

ミカサ「なぜ逃げるの」

アニ「ちょっと、エレン……」

エレン「後ろに回りこむな」

ミカサ「女の子同士、当然のこと。うつ伏せで密着されるくらいなら、私が腕枕する」

アニ「いきなり親密すぎるでしょ」

ミカサ「大丈夫。腕枕ついでにロックしてアルミンに手を出せないようにする」

アルミン「ミカサ、穏便に……」

ミカサ「アニ。貴方に与えられた選択肢は2択。私の腕枕で寝るか、このまま尻尾を巻いて逃げ帰って寝台を明け渡すか」

アニ「仰向けで上に乗るのは」

ミカサ「もうだめ」

アニ「じゃあ……>>73」

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:16:21 ID:Ej68CLIQ
ミカサに腕枕されあながらアルミンの方を向いて寝る

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:16:35 ID:BzsCatSU
アニ「もう眠い……」

アニ「明日適当に再開するよ」

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:17:16 ID:BzsCatSU
アニ「安価取っちゃった……」

再安価>>76 で

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:17:24 ID:TEtOjsRk
>>72

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:17:44 ID:gjlp31so
じゃ↑で

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:17:46 ID:l1dCngwc
>>72

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:18:07 ID:LCwVY2Hg
ミカサの膝の上でミカサの色んな所をペロペロしながら寝る

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 02:19:47 ID:05ml5go6
見事にエレンが蚊帳の外だなwwww

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 10:50:18 ID:iTCg5AbY
アルミンなんか手を出すかよwwww
クソきめえマインドでスレ進めんなwwwww

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 12:34:24 ID:42LrZDfM
>>80
君がキモいよ嫌なら見なければいいからさもうスレにこないでくれ。

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:07:09 ID:BzsCatSU
アニ「じゃあ……ミカサの腕枕でいいよ」

ミカサ「じゃあ上座にエレン、真ん中にアルミン、私の腕枕でアニ」

エレン「上座も何もないだろ……15分で起きるからな」ゴロ

アルミン「良かったねアニ。ミカサの腕枕はよく眠れるよ」ゴロ

ミカサ「よく両腕をエレンとアルミンに提供してお昼寝した」ゴロ

アニ「二の腕ぶっといね」ゴロ

ミカサ「……アニ、なぜアルミン側の腕にしたの」

アニ「ジャンがいないからアルミンを見張っておくんだよ」

アルミン「何もしないよ……」

エレン「どういう発想だよ……今更ミカサに何かするわけないだろ」

アニ「わからないじゃないか」

アニ「正直、男子と一緒に寝るのもミカサと一緒に寝るのも緊張するんだよ」

アルミン「真っ当な感性だね」

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:12:45 ID:BzsCatSU
ミカサ「一緒に寝たいと言い出したのはアニ」

アニ「本当は女の子らしい遊びがしたかったんだけどさ」

ミカサ「女の子らしい遊びとは」

アニ「わからないから安価スレなんだよ」

エレン「……スー」

アルミン「エレンがもう寝たから静かに」ヒソ

アニ「早っ」

ミカサ「エレンは真面目だから、自主訓練で疲労が溜まっていたんだと思う」

アニ「あんたのお乳が後頭部に当たって眠れないんだけど」

アルミン「僕の顔見ながらそんなこと言わないでくれ……」

ミカサ「エレンにちょっかい出したいのに遠い……もどかしい」

アニ「>>85」

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:17:20 ID:0uRkE28U
へ~こいつの寝顔ってけっこう穏やかなのな

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:17:40 ID:a5sElvE.
寝顔で我慢しな

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:25:00 ID:BzsCatSU
アニ「寝顔で我慢しな」

ミカサ「見えない……エレンこっち向いて」グググ

アニ「身を乗り出すとおっぱいが頬に乗ってくるよ」

アルミン「実況しないでくれないか……」

ミカサ「アルミン、エレンは……今日のエレンの寝顔は何点?」

アルミン「採点の基準がわからないよ……右目が白目剥いてて口が半開きだね」

ミカサ「……あぁっ」ギュッ

アニ「うぇっ」

アルミン「どうして感極まったんだ!?」

アニ「抱きしめられるとお乳に顔が埋まって……硬い」

ミカサ「つい」ムギュ

アニ「起きたら何して遊ぼうかな>>88」

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:26:26 ID:aOuHgCc.
チーハン作り

88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:28:45 ID:spTojW4A
木登り

89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:31:28 ID:0uRkE28U
エレンを投げ飛ばす

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:35:38 ID:BzsCatSU
アニ「起きたら木登りしよう」

ミカサ「童心に返る」

アルミン「別にいいけど、どうしてまた」

アニ「縄跳びの縄もあやとりの紐も持ってないから」

アルミン「そういう方向の遊びがしたいの?」

アニ「試着室ファッションショーでもコイバナでもいいけど」

ミカサ「アニは女の子らしい遊びというものに対して、偏った憧れが強い気がする」

アルミン「雑木林で木登りか……何年ぶりだろうね」

ミカサ「アルミンは登ってなかった。私とエレンだけ」

アルミン「サルスベリにスカートで平気で登るミカサに怖気づいたんだよ」

アニ「スカートで? 引く……」

ミカサ「傷ついた」

アニ「>>91」

91 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:36:47 ID:3p89G/Fs
私もスカートでキノボリしよう

92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:43:39 ID:BzsCatSU
アニ「私もスカートでキノボリしよう 」

ミカサ「はしたない。エレンとアルミンを誘惑しないで」

アニ「そういうつもりじゃないよ」

ミカサ「じゃあどういうつもり? ひとり上手な痴女なの?」

アニ「……」ジワァ

アルミン「ミカサ、僕の顔見てアニが涙目になってるから」

ミカサ「普段履かない人が木登りのときだけスカートとか、あざとい」

アニ「あんたが傷ついたって言うから……」

アルミン「ミカサ! もう少し穏便に」

エレン「んー……うっせ……」モゾ

ミカサ「アルミン、エレンが起きる」シー

アルミン「理不尽だ……」

ミカサ「痴女はこうしてくれる……>>95」

93 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:45:04 ID:3p89G/Fs
ksk

94 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:47:45 ID:0uRkE28U
カンチョー

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:50:56 ID:2oRubqEo
殴る

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:51:31 ID:gjlp31so
ひどい

97 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:55:19 ID:BzsCatSU
ミカサ「痴女はこうしてくれる」ゴチン

アニ「痛いんだけど」

アニ「げんこつだったんだけど」

アルミン「ミカサ! めっ」

ミカサ「歪んだ性癖を矯正しただけ」

アニ「あんたって意外と乱暴だ……」ジワァ

アルミン「アニは女の子なんだよ。エレンと違って気軽に殴っていい頭じゃないんだ」

ミカサ「気軽にグーパンしてるわけではない」

アニ「お乳が乗って重いし、添い寝で身長差が強調されて屈辱的だし」

アニ「仕返し>>100」

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:56:55 ID:0uRkE28U
エレンの後頭部を蹴る

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:57:52 ID:a5sElvE.
エレンを叩き起こして言いつける

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 14:57:58 ID:3p89G/Fs
エレンの頬にキス

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:04:00 ID:BzsCatSU
アニ「エレンの頬にキスしてやる」

ミカサ「やはり痴女」ガシッ

アニ「馬鹿力で羽交い絞めにしないでよ」

ミカサ「いよいよ正体を現した。やはりあの時、徹底的に潰しておくべきだった」

アニ「あんたの手がおっぱい潰してるから。やめてくれない?」

ミカサ「離さない」

アニ「よっぽど死に急ぎ野郎の貞操が大事なんだね……その頬を私の唇で汚してやる」

ミカサ「許さない……その前にこちらから攻めてやる」

アニ「ちょっと、足の間に腿突っ込まないで。あんたそれでも女?」

アルミン(なんか卑猥だ……)

アルミン(なんで僕は……幼なじみと同期の女子が絡み合う光景を……眺めているんだ)

アルミン(どうして、僕の体は動かないんだ……い、いや何とかしなければ>>105)

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:04:37 ID:3p89G/Fs
ワロタw

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:05:53 ID:a5sElvE.
なら僕とエレンも絡み合えばいいんだ

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:05:59 ID:0uRkE28U
もう考えることを放棄しよう

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:07:48 ID:2oRubqEo
寝よう

106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:07:56 ID:gjlp31so
ミカサやめるんだ

やめないとキスするよ

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:12:20 ID:BzsCatSU
アルミン「いや、どう考えても止めるのは無理だ」

アルミン「もう僕も寝よう……アニも自分の貞操くらい守れるだろうし」スッ

アニ「ちょっと、何目閉じてるんだいアルミン」

アニ「あっ……どこ触って」

ミカサ「どことはここのこと?」

アニ「痴女はどっちなのさ……やめてよ、ちょ、そんなところ誰にも触らせたこと」

ミカサ「エレンの頬を妄想でも汚した罪は重い。二度とそんなことができないようにしてやる」

アニ「待ってよ、こんな形で初めて、いや」


アルミン「眠れるか!!!!」カッ


アルミン「目を開けると至近距離でとんでもない光景が!!>>110」

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:14:25 ID:0uRkE28U
エレンを起して止めてもらう!

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:19:11 ID:a5sElvE.
大声を上げる

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:23:44 ID:JOLUyr5E
ミカサとアニがキスしてた

111 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:29:31 ID:BzsCatSU
ミカサ「……」チューーーーーー

アニ「……っ! ……!!」ジタバタ

アルミン「うわあああああ!? うわああああああ!!」

エレン「うわっ!? おいなんだよアルミ……うわ」

ミカサ「……」ジュッジューーーーーー

アニ「……!!」ビクンビクン

アルミン「うわああああぁぁっぁぁ……勃っちゃった……」

エレン「やめろミカサ! アニが死んじゃうだろ!!」

ミカサ「……っぷは」チュパッ

ミカサ「大事なものが汚される前に汚してやった」

アニ「ひど……ひど……」ポロポロ

エレン「結果的にお前も汚れてるじゃねえか!」

ミカサ「エレン……>>115」

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:34:21 ID:K9gQu7Jw
やらないか?

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:35:19 ID:0uRkE28U
私、汚れちゃった(涙目)

114 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:35:44 ID:/TDzy3Cw
あなたで口直しさせて

115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:37:06 ID:VcvwXUqA
女同士も悪くない

116 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:41:29 ID:BzsCatSU
ミカサ「エレン……女同士も悪くない」 モゾモゾ

エレン「だからって無理やりはだめだろ!」

アルミン「そういう問題……! なのか……?」

アニ「うっ……うぅっ……」ヒグヒグ

アニ「まだおっぱい揉まれてる……」

アルミン「ミカサ、やめてあげて」

ミカサ「アニが反省したなら」モゾモゾモミモミ

エレン「やめろって。同じベッドでそんなことされたら勃っちゃうだろ」

アルミン「もうエレンはしゃべらないで!」

ミカサ「アニ、反省した? もうしない?」モミモミモミモミ

アニ「>>120」

117 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:45:51 ID:a5sElvE.
(なんかもうどうでもいいや)

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:46:33 ID:0uRkE28U
もう好きにして…

119 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:47:34 ID:gjlp31so
あんたら(エレンアルミン)見てないでまざれ

120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:47:40 ID:JOLUyr5E
もっとして

121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:56:30 ID:BzsCatSU
アニ「……て」

ミカサ「何?」モミモミモミュモミュ

アニ「もっとして……よ」

ミカサ「なんと……」モムモムモムモム

ミカサ「反省の色なし。これではお仕置きの意味がない」

アルミン「官能小説の男役みたいな台詞だね……」

アニ「何か癖になる……ミカサのお乳当たってるし」

エレン「なあ、もう20分以上経ってるぞ。起きるか」

ミカサ「このタイミングで何を言うのエレン」モミュモミュモミュモミュ

アニ「あ、ぁ、あぅ……ちょ、ちょっと痛いよ」

ミカサ「お尻叩きか何か、他の罰が必要? それとも、もうエレンとアルミンに手は出さない?」

ミカサ「答えて、アニ」

アニ「>>125」

122 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 15:59:01 ID:0uRkE28U
あんたのも揉んでやるよ

123 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:00:34 ID:a5sElvE.
出しませんご主人様

124 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:05:10 ID:05ml5go6
黙れ腹筋ゴリラ

125 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:11:49 ID:gjlp31so
約束するからもっとお願い

126 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:12:00 ID:KTuTSXkQ
出さないからもっと優しくして…

127 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:12:55 ID:gjlp31so
(二人に手を出さないと)約束するから

てことね

128 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:19:27 ID:BzsCatSU
アニ「手、出さない……や、約束するからもっとお願い……」

ミカサ「そう」スッ

アニ「え?」

ミカサ「約束するならもうお仕置きは必要ない」

アニ「そ、そんな……こんな中途半端にしておいて」

アルミン「何が始まってるんだ……」

エレン「おーい、ベッドの皺伸ばして元通りにするから降りろ」

ミカサ「はい」

アニ「はい……」

ミカサ「アニは床に正座」

アニ「わかったよ……」

アルミン「調教開始か」

アニ「どうすれば、さっきのしてくれるのさ……」

ミカサ「>>132」

129 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:22:10 ID:aOuHgCc.
もうやらない。


どうしてもしたいのなら、アルミンにやってもらって。

130 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:27:00 ID:gjlp31so
かそく

>>129

131 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:28:41 ID:05ml5go6
このままベッドに寝ていれば教官がしてくれる

132 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:28:47 ID:JOLUyr5E
私の足にキスしたらもっと気持ちよくしてあげる

133 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:29:42 ID:0uRkE28U
おあずけ

134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:30:38 ID:KTuTSXkQ
キマシタワー!

135 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:34:46 ID:BzsCatSU
ミカサ「私の足にキスしたらもっと気持ちよくしてあげる」

アニ「そ、そんな……アルミンがみてる」

アルミン「見てないけど教官室ではやめて」

アニ「エレンはベッドメイクしてる」

ミカサ「そしてアニは新しい扉が開きかけている」

アニ「どうして……どうしてこうなったんだ」

アニ「私はただ、他のスレみたいにほっこりした微百合スレがやりたかったのに」

アニ「女子力が上がるようなイベントいっぱいキャッキャウフフした安価がくると思っていたのに」

ミカサ「>>1が百合豚だから。ほら。早く」

アニ「う、うぅ……」ヨツンバイ

ミカサ「まず、挨拶として言うべきことがあるでしょ?」

アルミン「ミカサはどこでそんな台詞を覚えたんだ」

アニ「>>137」

136 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:35:59 ID:gjlp31so
ミーナごめん

137 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:36:15 ID:0uRkE28U
お姉様…

138 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:36:35 ID:JOLUyr5E
もっといじめてくださいご主人様

139 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:40:19 ID:BzsCatSU
アニ「お姉様……」

アルミン「アニの方が年上だよね……」

ミカサ「何?」

アニ「お姉様のおみ足を、私の唇で清めさせてください……」

ミカサ「アニもなかなか詳しい」

アニ「ウォール・マリアさまがみてるを読んだからね」

ミカサ「私もアルミンも愛読してる。エレンは中途半端なアウトドア男子だから読んでないけど」

アルミン「別にそういう話じゃなかったけどね、あの本」

アニ「じゃあ……」チュッ

ミカサ「……なかなかに気分が良い」

ミカサ「次はスカートで木登りしてもらおう」

アニ「結局するのかい」

エレン「おい、いい加減に部屋から出るぞ」

140 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:47:09 ID:BzsCatSU
《営庭そばの雑木林》

ミカサ「アニにみかりんの衣装を着てもらった」

ミカサ「アニだけに恥をかかせるのはかわいそうなので、アルミンにうさ耳着ぐるみパジャマを着てもらった」

アニ「この衣装……正気の沙汰じゃない」

ミカサ「このまま恋するフォーチュン腹筋でも踊ってもらおうか」

アニ「木登りで許してくださいお姉様……」

アルミン「帰りたい……」

エレン「オレも。ミカサと仲良くなるまで一緒にいるつもりだったけど、もういいだろコレ」

ミカサ「エレン帰っちゃうの?」

エレン「>>142」

141 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:48:04 ID:GAk803jc
最後まで付き合う

142 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:49:13 ID:gjlp31so
アルミン、どうする?

143 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:52:53 ID:BzsCatSU
エレン「アルミン、どうする?」

アルミン「この状況で、この衣装で、逃げられると思うかい?」

エレン「だよなー……じゃあアルミンに付き合うよ」

ミカサ「よっしゃ」

ミカサ「ではここに良い枝ぶりの木があります」

ミカサ「かわいい2人で登って」

アニ「え」

アルミン「まさか」

ミカサ「登って」

アルミン「いやだよ」

ミカサ「残念……ではまずアニから」

アニ「……スパッツも貸して」

ミカサ「だめ」

アニ「わかったよ……登るよ」

144 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:58:18 ID:BzsCatSU
エレン「おい、パンツ見えちゃうぞ」

ミカサ「なんのためのスカートだと思っているの? エレン」

エレン「パンツ見せないためのスカートだろ」

ミカサ「エレンは無垢」

アルミン「ミカサはさっきの30分程度でだいぶ汚れたね。心が」

アニ「ここに足かけるの?」

ミカサ「そう。上の枝を掴んで、引き上げて」

アニ「よっと」

ミカサ「見えた!!」

パンツ詳細>>146

145 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:59:52 ID:0uRkE28U
クマさんパンツ

146 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 16:59:55 ID:3p89G/Fs
黒のスケスケエロレース

147 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:04:31 ID:BzsCatSU
ミカサ「大変だ」

アニ「ちょっと、見ないでよ」

アルミン「何が?」

ミカサ「私の位置からはアニの下着が見える」

ミカサ「アニは、訓練兵に相応しくない下着をつけている……」

アニ「なんだっていいでしょ、誰かに見せるものじゃないんだから、何履いたって」

ミカサ「これはない……妹がこれはない。黒のスケスケエロレースなんて」

エレン「おい、そんなもの支給されてるのか」

ミカサ「そんなはずはない。確実に持ち込んだ私物」

アニ「この間買ったんだよ。安かったから。よっと」

ミカサ「確かに安価な下着は案外派手だと聞くけれども」

アルミン「どんどん登っていくね」

アニ「じゃあ、どんな下着だったら満足だったんだい?」

ミカサ「>>150」

148 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:06:36 ID:3p89G/Fs
かぼちゃパンツ

149 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:07:34 ID:ZYssmyYc
ノーパン

150 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:07:37 ID:JOLUyr5E
MIKASA LOVEって刺繍してある純白のスケスケパンツ

151 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:08:13 ID:aOuHgCc.
これ(エレンの寝顔が刺繍してあるバイブ付き貞操帯)

152 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:14:29 ID:BzsCatSU
ミカサ「MIKASA LOVEって刺繍してある純白のスケスケパンツ 」

アニ「盛りすぎ」

アルミン「欲張りすぎ」

エレン「純白なのにスケスケってなんだよ」

ミカサ「その要素は共存できるはず」

エレン「そんな下着で訓練に耐えられないだろ」

ミカサ「これを踊るくらいなら耐えられるはず」

http://www.youtube.com/watch?v=HtaqmJalr-c

アルミン「木の上で!?」

アニ「イントロで落ちる」

ミカサ「下から見たい」

153 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:17:36 ID:BzsCatSU
エレン「ミカサ、お前いい加減にしろよ」

エレン「アニはお前と仲良くなりたくてオレに相談してきたんだぞ」

アニ「アルミンも来るかい?」

アルミン「あ、うん」ヒョイ

エレン「無茶振りばっかりすんな」

ミカサ「……」ブッスー

アニ「ちょっと、何お姉様に説教垂れてるのさ」

エレン「お前のこと庇ってるんだよ!!」

アニ「じゃあ、次はお姉様と>>155して遊ぶ」

154 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:18:51 ID:EozWyqmk
エレンを説教

155 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:18:52 ID:a5sElvE.
お花畑でキャッキャウフフ

156 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:19:01 ID:JOLUyr5E
SM

157 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:19:31 ID:aOuHgCc.
新婚ごっこ

158 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:25:34 ID:BzsCatSU
アニ「じゃあ、次はお姉様とお花畑でキャッキャウフフして遊ぶ」

アルミン「お花畑……?」

エレン「薬草園ならあるけどさ」

ミカサ「薬草園なら、今頃>>160がいて手入れしてるはず」

エレン「あそこに花なんかあったか?」

アニ「ないね」

ミカサ「でも、他に花壇があるわけではないし」

159 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:26:01 ID:JOLUyr5E
ユミル

160 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:26:58 ID:EozWyqmk
ミリウス

161 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:35:05 ID:3p89G/Fs
>>160
誰だっけ

162 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:35:36 ID:BzsCatSU
アルミン「ミリウスが丹精して育ててる薬草だよ? 潰したらかわいそうだよ」

アニ「仕方ない」

ミカサ「残念」

アニ「じゃあ、薬草園で薬を採ってキャッキャウフフしよう」

エレン「危ない薬じゃねえか、それ」

ミカサ「大丈夫。キャッキャウフフであって、アヘアヘ幻覚を見るような薬は作らない」

アルミン「まあ、トリカブトとか劇薬が生えてるわけじゃないけどね。セージやローズマリー作ってるし」


《薬草園》

ミリウス「ふう……だいぶ雑草の処理も終わったな」

エレン「おおい、ミリウス」

アニ「ちょっと欲しい草があるんだけど」

ミリウス「ん? 今ここにあるやつ?」

アニ「>>164が欲しいんだけど」

163 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:36:59 ID:3p89G/Fs
アイスクリームに添えるアップルミント!

164 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:37:20 ID:H2XOf4Ns
巨人を絶滅させる草

165 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:37:24 ID:ZYssmyYc
上で

166 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:40:04 ID:JOLUyr5E
これは安価下になるのか?
とりあえず、媚薬

167 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:42:08 ID:BzsCatSU
アニ「きょ……」ハッ

アニ(冗談のつもりで「巨人を絶滅させる草」なんて言おうとしたけど……)

アニ(もしそんなものが本当にあって、摘んだやつを握らされでもしたら、私も……)ブルッ

アニ「……アイスクリームに添えるアップルミント」

ミカサ「アニはアイスクリームが食べたいの?」

アニ「えぇ、お姉様」

ミリウス「ミントならたくさんあるよ。いくらでも生えてきて減らないんだ」

エレン「でもアイスクリームなんて、手に入らないだろ」

アニ「気分だけでいいんだ。ごっこ遊びするから」

アルミン「じゃあ、アイスクリーム屋さん、ひとつずつください」

ミリウス「はいよ」ムシリッ

168 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:43:03 ID:ZYssmyYc
かわいいw

169 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:44:27 ID:BzsCatSU
あ、リロってなくて安価上にしちゃいました


アニ「チョコアイスください」

ミリウス「はい」

エレン「チョコチップで」

ミリウス「はいよー」

アルミン「いちごがいいな」

ミリウス「あるよー」

ミカサ「チョコミントで」

アニ「ミントonミントじゃないか」

ミカサ「このすーすーするのが好き」

アルミン「いっぱいミントもらっちゃったね……」

アニ「薄荷くさい。ぉぇっ」

エレン「苦手なのに無理すんなよ」

170 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:45:47 ID:JOLUyr5E
全然おk
楽しんでるよ

171 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:48:11 ID:BzsCatSU
アニ「アイスクリーム屋のミリウスさん。チョコにミントはいらない」

ミリウス「そうかな?」

エレン「チョコのアイスクリームなんて食べたことないから、よくわからねえな」

ミリウス「最近、甘いもの食べてないなあ」

アニ「食べたい」

アルミン「女の子は切実だろうね」

ミカサ「私は特には」

エレン「お前、しょっぱいものの方が好きだもんな」

アニ「あんた、多分酒豪だね」

ミカサ「人並みには甘いものも嗜む」

ミリウス「最近食べた甘いものって」

アルミン「干し芋と花の蜜と、>>173かなあ」

172 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:49:49 ID:0uRkE28U
金平糖

173 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:50:28 ID:JOLUyr5E
エレンの精液

174 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:51:23 ID:a5sElvE.
教官室から拝借した角砂糖

175 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:54:48 ID:BzsCatSU
アルミン「干し芋と花の蜜と、エレンの精液かなあ」

ミリウス「……」

アニ「……」

ミカサ「……」

エレン「おい、それじゃオレ糖尿病じゃねえか」

ミリウス「あ、冗談なんだ?」

ミカサ「時々アルミンはホモジョークを言う」

アニ「洒落にならない」

ミカサ「面白くない……」

ミリウス「いや、アルミンも下ネタ言うんだって驚いたよ」

アルミン「そう言われるから、わざわざ下ネタ言わなきゃいけないんだよ」プンスコ

エレン「全然男らしくないからな、その冗談」

ミカサ「二重の意味で面白くない。エレンを下ネタに巻き込まないで」

アルミン「こんなに怒られるとは思わなかったよ」

176 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:56:12 ID:BzsCatSU
ミリウス「アニもミカサも、下ネタ大丈夫なんだ」

アニ「別に大丈夫じゃない……」

ミカサ「アルミンとエレンで慣れた」

ミリウス「え? エレンも?」

ミカサ「>>178とか>>180とか言う。昔から」

177 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:56:59 ID:EozWyqmk
うんこパクパク

178 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:57:32 ID:JOLUyr5E
アルミんのお尻をさわって「ええケツしとるのぉ」

179 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 17:58:01 ID:aOuHgCc.
ミカサはやりすてるのにちょうどいい

180 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 18:00:07 ID:LhrE38es


181 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 18:00:31 ID:BzsCatSU
アニ「下ネタ合戦が始まる前に、ご飯食べて買い物してくる……」

アニ「したらき9割のすき焼きの材料買ってきて、明日から食べる」

アニ「レオンハートは下ネタきらい。>>1は下ネタもエロも好き」

182 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 18:04:15 ID:JOLUyr5E
>>181
いってらっしゃい
つまり下ネタ、エロをぶっ込みまくれってフリだな?

183 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 18:07:03 ID:BzsCatSU
>>182
アニ「あんまりひどいと私が泣くしミカサがノるからだめ」

アニ「私が嫌がらないくらいならいいよ。ライナーで慣れてるからさ」

184 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 18:16:51 ID:VktoJ.f.
>>181
白滝だと?
アニは白菜と春菊しか食べないと聞いたが

185 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 18:26:55 ID:JOLUyr5E
>>183
了解
>>1がお望みのようなんで安価は出来るだけエロにするよ

186 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:00:02 ID:BzsCatSU
春菊売り切れてた

ミカサ「アルミンのお尻をさわって『ええケツしとるのぉ』とか言う。昔から」

ミリウス「ホモネタ推してくるね」

アニ「気持ち悪い……」

ミカサ「あと、最近は『ミカサはやりすてるのにちょうどいい』とか言う」

ミリウス「それ、下ネタと違うような」

ミカサ「でもいいの。所詮私は日陰の身だから」

アルミン「こうやってミカサが健気っぽいことを言うまでが、ひとつのネタなんだよ」

アニ「気持ち悪い……死に急ぎ野郎」

エレン「人前でばらすなよ……ミカサとアルミンにしか通じないから外では言わねえよ」ブチブチ

ミカサ「拗ねちゃって。やりすてするくせに」

ミリウス「……冗談なんだよね?」

ミカサ「さあ、どうでしょう」

エレン「冗談に決まってる」ブチブチ

187 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:02:20 ID:BzsCatSU
ミリウス「さっきから何抜いてるんだよ、エレン」

エレン「あぁ、お礼ってほどじゃないけど、雑草くらい抜いていこうかと思って」

ミリウス「あぁ、ありがとう」

エレン「なんだっけ、この青い花。むしっちまうのももったいねえな」

アルミン「イヌノフグリだね」

ミカサ「今日は下ネタが多い」

アニ「今の何が下品なんだい」

アルミン「……>>190」

188 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:04:24 ID:tCXbyuVs
良いからアニも復唱して、アルミンノリッパナフグリ。はい!

189 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:13:50 ID:vlvX0YHc
ふぐりとはきんたまさ

190 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:16:56 ID:1DitHJVc
あそこに偶然にも犬がいるから名前の由来になったモノ探してみてよ(ニヤニヤ)

191 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:18:20 ID:ZYssmyYc
ニヤニヤ

192 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:21:41 ID:BzsCatSU
アルミン「あそこに偶然にも犬がいるから名前の由来になったモノ探してみてよ(ニヤニヤ) 」

アニ「噛まれたらどうするのさ」

エレン「本当だ。迷い犬だな」

アニ「犬怖い」

ミリウス「まあ、いいじゃないか、花の名前なんて……」

ミカサ「ふぐりとは陰嚢のこと」

エレン「おい、人前で」

アニ「いん? 何?」

ミカサ「きんたま」

アニ「!」バッ

アルミン「あ、耳を塞ぐのが遅かった」

ミカサ「きーんーたーまー」

アニ「……」ジワァ

193 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:25:43 ID:BzsCatSU
アニ「お姉様のいじわる……」

ミカサ「あぁ、アニ、そんなスカート丈でしゃがみこんだらアニのきんたまが」

アニ「ついてないから」

ミカサ「何がついてないの?」

アニ「……」グスッ

ミリウス「そ、その辺にしておいたら」

エレン「ミカサすげえ調子に乗ってる」

アルミン「こんな反応してくれる人、初めてだもんね……」

エレン「うちに来たばっかりの時は何も知らなかったのになあ」

ミカサ「あと、アルミンは>>195とか>>197とか言ってた」

アルミン「ちょっ……ばらさないでよ!」

194 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:28:10 ID:X9D9xjNk
アニに包茎である事をイジメて欲しい

195 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:28:43 ID:ZYssmyYc
クリスタのパイオツカイデー

196 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:29:18 ID:a5sElvE.
僕もラッキースケベがしたい

197 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:30:06 ID:3p89G/Fs
でもクリスタじゃパフパフできねーな

198 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:30:23 ID:X7O/hIlY
>>194

199 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:34:13 ID:BzsCatSU
ミカサ「あと、アルミンはクリスタのパイオツカイデーとか、でもクリスタじゃパフパフできないとか言ってた」

ミカサ「妄想でも大きいのか小さいのかはっきりしろと思った」

アルミン「感想なんか聞きたくない!! やめてよぉ」

エレン「お前、案外オレたちの会話聞いてたんだな……」

ミカサ「なんか、笑ってるから気になって」

ミリウス「まあ、よくある会話だよね」

アニ「アルミン……汚い」

アニ「クリスタをそんな目で……」

アルミン「いや、そこまで具体的に汚れた妄想はしてないよ?」

アニ「充分汚れてる」

ミカサ「それに、エレンは>>201とか>>203、あと>>204とか言ってくる」

エレン「どれだけ暴露するんだよお前は」

200 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:36:54 ID:3p89G/Fs
ksk

201 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:37:24 ID:H2XOf4Ns
SEXSEXSEXSEXSEXSEXSEXSEXSEX

202 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:37:37 ID:0uRkE28U
ライナーのチ○コって鎧の巨人みてー

203 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:37:49 ID:gs7P2upo
アルミンのあるちんは美味しいのだろうか

204 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:38:04 ID:aOuHgCc.
フタナリアニがミカサを攻めまくるの最高

205 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:38:13 ID:3p89G/Fs
実は本気でミカサを愛したい

206 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:45:38 ID:BzsCatSU
ミカサ「それに、エレンはいきなりSEXSEXSEXって連呼してきたりする」

エレン「やーめーろーよー!」

ミカサ「意味もわからないのに、おばさんの反応を面白がって連呼してげんこつもらってた」

ミカサ「意味を知ってから、もうSEXって言わないのって言ったら赤くなってた」

ミリウス「うわあ」

アニ「汚い……」

ミカサ「それと、アルミンのあるちんは美味しいのか聞いてきたりした」

ミリウス「ホモ推しすぎだよ」

ミカサ「あるちんに毛が生えてからは言わなくなったけど」

アルミン「あったね、そんなこと」

アニ「あるち……」ブルブル

ミカサ「フタナリアニがミカサを攻めまくるの最高って」

アニ「ふたなり?」

アニ「あ、いい。意味は教えてくれなくていい」

ミカサ「遠慮しないで。ふたなりとは>>208」

207 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:48:23 ID:wJ7K2dzI
ピンクの妖精。人に話すと幸せになれる

208 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:48:27 ID:gs7P2upo
アニを愛する為にはそうであった方がはかどる

209 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:48:39 ID:3p89G/Fs
アニにはなくてアルミンとエレンにはあるものがアニにもあると言うスケベな設定

210 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:54:22 ID:BzsCatSU
ミカサ「アニを愛する為にはそうであった方がはかどるの」

アニ「いや、私はさっきので充分……」

ミリウス「さっき?」

ミカサ「エレンはアニミカ派だったらしいけど、私はミカアニなので」

アニ「あんたが何言ってるのかこれっぽっちもわからない」

ミカサ「アニ」

アニ「あ、いえ、お姉様」

ミリウス「え、2人ってそんな関係……? エレンとじゃなくて?」

エレン「アニミカの方が下克上で燃えるんだよ」

アルミン「エレンはアニとミカサを一体どうしたいんだ……」

エレン「>>212」

211 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:58:00 ID:cPEIBBk2
ミカサをアニにNTR

212 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 19:58:03 ID:.Ivjnhko
どうも?単純にオナネタだ

213 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:02:57 ID:BzsCatSU
エレン「どうも?単純にオナネタだ」

アルミン「最低だ!!」

ミリウス「いくらなんでも家族に対してそれは」

ミカサ「いいの……私は所詮日陰の身……」

アニ「お姉様……」

アルミン「まあ、これだけこってり百合になったら仕方なくはあるけどね」

エレン「血は繋がってないし、妄想なら余裕だからな」

エレン「それと、オレ本編で一度もミカサを家族だって言ったことないと思う」

ミカサ「え……」

アルミン「え、そうだっけ」

エレン「多分」

ミカサ「え、エレンにとって私は……家族ですらないオナネタ……?」

エレン「>>215」

214 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:05:56 ID:aOuHgCc.
オナネタ兼、家族兼、オレの愛するアニを奪った憎むべき敵

215 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:06:15 ID:H8QLWbBI
(好きな女の子で妄想してるとか言えるわけない)

216 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:06:19 ID:0uRkE28U
えっ?ちがうの?

217 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:06:26 ID:Ej68CLIQ
単体だとむしろアルミンの方が…

218 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:11:38 ID:BzsCatSU
エレン(好きな女の子で妄想してるとか言えるわけない」

ミカサ「言ってる」

エレン「はっ!?」

ミカサ「でもいいの、私は所詮日陰の身」

アルミン「あれっ!?」

ミリウス「あぁ、これは日頃の行いが悪いね」

エレン「流されて良かった……」

アニ「気持ち悪い……」ウッウッ

ミカサ「あ、アニが限界」

アニ「好きな女の子でそんなこと考えるなんて……」

アニ「男って気持ち悪い」

エレン「そ、そういうもんか?」

アルミン「女子の感性ならそうなのか……?」

219 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:14:21 ID:BzsCatSU
ミカサ「アニ」ポン

アニ(ビクッ)

ミカサ「思い出して。女子も相当なものだったでしょう?」

ミカサ「女子寮でユミルとミーナが繰り広げていた、えげつない下ネタの数々……」

ミカサ「アニとサシャは耳栓を作り、私とクリスタはどんどん余計な言葉を覚えていった」

アルミン「あ、ちょっとそこでストップして」

ミリウス「聞きたくない」

エレン「ユミルの下ネタってやばい気がする」

ミカサ「クリスタのおっぱいどころじゃない。女子だって男子について好き放題言ってきた」

ミカサ「エレンは>>221だとかアルミンは>>223だとか」

アニ「わー!! わー!!」

220 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:16:19 ID:3p89G/Fs
アニちゃん( ^ω^)ペロペロ

221 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:16:23 ID:wi05rABQ
ガチホモ

222 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:16:53 ID:d.zxSYq2
ロリコン

223 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:17:10 ID:spTojW4A
真性包茎

224 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:17:13 ID:X9D9xjNk
鎧の巨人

225 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:17:23 ID:gjlp31so
あへ顔Wピースが似合う

226 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:18:12 ID:aOuHgCc.
男の娘か、フタナリ女子

227 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:22:33 ID:BzsCatSU
ミカサ「エレンはガチホモだとかアルミンは真性包茎だとか」

エレン「なんだよそれ!」

アルミン「普通に中傷だ!」

ミカサ「一応否定しておいた」

アルミン「一応って何だよ、ちゃんと否定してよ!」

ミカサ「触ると余計に盛り上がるのが下ネタなので、標的が変わるのを待つのみ」

ミカサ「ミリウスについては特に聞いてない」

ミリウス「よ、良かった……目立たなくて……」

アニ「もう帰る……」

ミカサ「そう?」

アニ「男性恐怖症になりそうだ」

アルミン「僕も女性恐怖症になりそうだよ……」

228 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:27:02 ID:BzsCatSU
アニ「BBQしたり湖畔でピクニックしたり干し芋女子会したかったのに……」

アニ「ミカサと仲良くすればキャッキャウフフだと思ったのに……」

ミカサ「違うでしょ」

アニ「あ、お姉様だった」

アニ「もう、どうしたってそんなほっこりかわいい展開になりはしない……どうすればいいのさ……」

アニ「エレンはちょっと本気でホモっぽいし、アルミンの下ネタは具体的なプレイがわかって生々しい……」

アニ「みk……お姉様も受けじゃなかった。攻めだった」

アニ「お父さん……」ブルブル

ミカサ「その衣装はお腹が冷えるから、寒いならアルミンの着ぐるみを借りた方がいい」

アルミン「寒いわけじゃないと思うよ」

アニ「最後に、みんなで>>230して遊びたかった」

229 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:28:33 ID:gjlp31so
アルミン弄くり回して

230 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:28:49 ID:Ej68CLIQ


231 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:34:05 ID:E2w49.tM
エレンのイェーガァーを蹴る

232 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:41:26 ID:BzsCatSU
アニ「最後に、みんなでアルミン弄くり回して遊びたかった」

ミカサ「アニ」

アニ「はい、お姉様」

ミカサ「諦めて」

アルミン「着ぐるみ着たし充分巻き込まれたと思うけど」

アニ「私ばっかり弄くり回されてたよ」

エレン「当初の目的は達成しただろ」

アニ「下ネタばっかり言うミカサと仲良くなるつもりじゃなかった」

ミカサ「仲良くはなった」

ミカサ「性的な意味で」

ミリウス「!?」

アニ「!?」

ミカサ「今後とも仲良く」

233 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:42:02 ID:BzsCatSU
アニ「もう泣きそうなので終わる」

アニ「>>1が私に下ネタぶつけることに楽しみを見出した辺りでやばかった」

アニ「長々と付き合ってくれてありがと」

アニ「……奇特な人も多いもんだね」

アニ「じゃあ、おやすみ」


《終わり》

234 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:43:57 ID:gjlp31so
終わってしまうことが惜しい



235 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:44:42 ID:wi05rABQ
おつ

236 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:45:12 ID:3p89G/Fs
元スレの方も期待してるで

237 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:47:47 ID:1DitHJVc
乙でした!

238 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 20:48:08 ID:BzsCatSU
>>234
このままだと性的なアニいじめに没頭してしまいそうだったので

200番台で終わらせてしまったので、まだ続けたい気もありますが、
他のスレの書き溜めに戻ります

ここからアニとミカサに下ネタをぶつけるスレにしたかった

239 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/12(木) 21:42:02 ID:spTojW4A


他のも待っとるで

240 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/13(金) 19:58:10 ID:NHWIJE1Y
乙、終わるのはざんねだけど面白かった







関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/230-82add839


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。