FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和也「オレが書いた本だ!」カイジ「……エロ同人誌?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:10:02 ID:LYazuQ1w
和也「オレは……エロ漫画家になる!」

カイジ「……は?」


 ざわ……
   ざわ……


和也「親父の金や権力は関係なく、認めるんだ……人がオレをッ!」

和也「オレの……エロ妄想力を……!」


 困惑ッ! これにはカイジ、困惑…ッ!


カイジ「これがお前の目標だと!?」

和也「自費出版ではあるが売上は万単位だ」ククク

和也「認められてんだよ、一発目から」

和也「オレのエロ同人誌……読んでみ」
 ∧,,∧ 
(´・ω・`)<圧倒的カオス……!



2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:11:31 ID:LYazuQ1w
カイジ「うううっ……!」


 和也が書いた同人誌は驚くべき内容だった

 絵柄はまだ稚拙、素人芸

 しかし、伝わってくる

 迫力っ! 異様な迫力っ! とめどなき性欲っ!


カイジ(あるか! こんな男に都合の良い展開……中学生レベルの酷い妄想ッ)

カイジ(……なのに、なんだ? この胸にのしかかる……圧力ッ……!)

和也「どうだカイジ?」ククク

和也「勃ったろ?」ニヤァ




3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:13:59 ID:LYazuQ1w
 しかしカイジの股間、意外にもこれをスルー!

 無反応! EDとも疑えるほどの無反応ッ!


カイジ「いや、勃つもなにも……ただの絵じゃん、これ?」

カイジ「絵に興奮するなんて、そんな変態じゃねえんだから――」

和也「……は?」


 これには和也も予想外

 絵で抜けぬ人種――それが伊藤カイジ!

 天敵っ! エロ漫画を目指す者の天敵っ!


カイジ「大体お前、女には不自由してねえんだろ?」

カイジ「だったらわざわざこんなもん書かなくても――」




4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:16:24 ID:LYazuQ1w
和也「かぁ~~~っ! 分かってねえなカイジは!」ジタバタ

和也「現実にゃマトモな女なんていねえんだよ!」カッ

和也「金っ! あいつらは金が目当ての売女っ!」バッ

和也「二次元だけだ……二次元だけがオレを裏切らない!」ニヤァ

和也「オレはオレの理想を二次元で表現してみせる!」グッ

和也「エロ漫画家に、オレはなるっ!」ドン!




5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:18:32 ID:LYazuQ1w
和也「それになカイジ……オレはお前にも才能があると思ってるんだぜ?」

カイジ「……なにっ?」

和也「異端の発想力ッ! 緻密な細工をできる器用さッ! 童貞ゆえの妄想力ッ!」

和也「オレの仲間(アシスタント)になれ、カイジ!」

和也「聞いたぜ? 地下暮らしで溜まってるってのに一条の誘いを、名刺を破ったんだって?」

カイジ「それは……一条のヤツが気に入らなかったし……」

和也「そのストイックさ! そこもだ! そこもオレはお前を気に入ってんだぜぇ!」




6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:20:42 ID:LYazuQ1w
和也「せっかくの脱童貞のチャンスを振ってまで意地を通す……同人作家の才能あるよ、お前」

カイジ「だ、誰が童貞だ! 決め付けるなっ!」

和也「おいおい……お前、彼女いるのか? いや、彼女いたこととかないだろ?」

カイジ「ふざけるなッ! 彼女がいたことくらい――」


 ???『カイジくぅ~~~ん』ホアンホアン


カイジ(うっ……!)ゾゾゾ

カイジ「いないっ! 彼女なんていないッ!!!」

和也(何を必死に否定してんだ、こいつ?)




7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:22:37 ID:LYazuQ1w
カイジ「しかしそれとこれとは話が別だっ! オレはお前に協力する気なんてない!」

カイジ「そもそもオレは絵に性的興奮なんて覚えねえんだ」

カイジ「変態は変態同士で仲良くやってろ! オレを巻き込むな」

和也「ククク……なら勝負するしかないな」

カイジ「……なんだと?」

和也「オレが勝ったら仲間になってもらうぜ、カイジ」

カイジ「ふざけるなッ! そんな勝負をしたところでオレに何の利点が――」

和也「お前が勝ったら脱童貞用に極上の穴を用意してやる」

カイジ「乗った!」




8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:24:44 ID:LYazuQ1w
和也「勝負の内容は簡単だ……本当に絵で興奮するのが異常かどうかって勝負だ」

和也「論より証拠、確かめよう」

和也「お前の真実とオレの真実……どっちが正しいか実験だ」

和也「ただ、掛け手側のカイジにエロ漫画を見せるってんじゃフェアじゃねえ」

和也「だから用意した……今までエロ漫画を読んだことがないって奴らを3人ッ!」

カイジ「うっ……!?」


 和也の呼びかけと同時に部屋へと入ってくる3人組――チャン・マリオ・光山

 今回の実験のためだけに用意された、今まで二次元に興味を持たなかった3人

 なぜか3人とも全裸ッ! 圧倒的全裸ッ!




9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:26:12 ID:LYazuQ1w
和也「ククク……今回の実験のために、奴らには1ヶ月間のオナ禁をさせている」

和也「奴らにエロ漫画を読ませる! 前方に設置したあの特大モニターでッ!」ズビシ


 大画面! 圧倒的大画面ッ!! 圧し掛かってくるほどの大画面ッ!!!


カイジ「バカなッ! イっちまうだろ! そんなの……すぐにッ!」

和也「おいおいカイジぃ~? 本当に絵に劣情を催すことがないってんなら耐えられるんだろ?」

カイジ「だって……だって、もう全員半立ち状態じゃねえか!」

カイジ「マリオに至っては少し出ちまってるじゃねえか! 先走りが! ぬるりとッ!」

和也「それなら心配はない……節目節目で強制的に縮ませる……こうやって電気ショックで」


 チャンマリオ光山「あがががががが!」ビリビリ


和也「三人ともMじゃないことは確認済だ……コレでイクことはねえから安心しな」ニヤ

カイジ「それなら……まぁ」




10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:28:08 ID:LYazuQ1w
 そして開催される! 狂気のギャンブル!

 1回5分間! 計10回のエロ漫画を見せられる間に誰もイかなければカイジの勝利!

 カイジは念願の穴を手に入れる……!

 逆に耐え切れなければ和也の勝利!

 カイジは和也の仲間になることを強要される!


カイジ(この勝負……3人の並び順が重要となる)

カイジ(3人をモニターに向かって一列に並べる……先頭ほどモニターが見えやすく、かつ大画面ッ!)


 一列に全裸で立ち並ぶ3人――先頭が最もエロ漫画が見やすく危険

 逆に最後尾は前の2人が邪魔になって見えにくい

 しかも目の前には裸の男……むき出される毛むくじゃらの尻……思わずナニも縮まる光景ッ!




11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:34:27 ID:LYazuQ1w
カイジ(問題は3人の横に設置されたペペローション……!)チラッ

カイジ(少しでも興奮してアレに手を出しちまったら終わりだ)

カイジ(最も危険なのは若いマリオ……逆に光山さんは年齢ゆえに勃ちが悪い!)

カイジ「よし……先頭から光山さん、チャン、マリオだ」

和也「スタート! 1回戦スタートっ! 最初のエロ漫画……!」


 和也の掛け声とともにモニターに映し出されるエロ漫画!

 ごく一般的なエロ漫画! オーソドックスなエロ漫画ッ!

 しかし3人には未知の世界! 未知の領域! 破滅への道!


カイジ(耐えてくれ……みんなッ!)

和也「ククク……」




12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:36:29 ID:LYazuQ1w
カイジ「……おおっ!」


 5分経過! 最初のエロ漫画が終了!

 カイジ、思わず歓喜の声が出るっ!

 勃っていない! 誰一人として勃っていないのだからッ!


カイジ「どうだッ和也ッ……これが正常! 絵になんて興奮しねえっ! そんな変態はいねえんだ!」

和也「まぁ最初はそんなもんだろうな」ククク

カイジ(せいぜい今の内に笑ってろ……残り9回! 乗り切ってみせる!)




13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:38:39 ID:LYazuQ1w
カイジ(チャンやマリオはそもそも漫画にすら馴染みがない……絵から女を感じることなんて不自然っ)

カイジ(ならば逆に光山さんよりも安全っ! ここは一度光山さんを下がらせるのが定石っ!)

カイジ「先頭からチャン、マリオ、光山さんだ!」

和也「OKカイジ……2回戦だっ!」


 しかしここで早くもカイジの目論見は外れる!

 目を疑いたくなるような光景……!


カイジ「ああっ!? なんでお前らがおっ勃ててるんだよっ!」

カイジ「チャン……マリオっ……!」

和也「ククク、コココ、キキキ……ッ」バンバン




14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:38:52 ID:pUzNilH2
くだらねーwww
でも、なぜだか和也を応援したくなる、ふしぎ!




16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:41:10 ID:LYazuQ1w
 モニターに映し出されたエロ漫画――それは褐色少女モノっ!

 しかもアジア系……チャンとマリオの故郷を思い起こさせるアジア系っ!


カイジ「思い浮かべるなっ! 故郷の女なんてっ!」

和也「カカッ! エロ漫画を侮るなよカイジぃ……エロ漫画にはどんなジャンルだって揃ってるんだぜぇ」

カイジ「しかし所詮は絵だっ! 現実じゃねえっ! そんな記号にまやかされるなっ!」

和也「ふん……記号だからこそ萌えるんだよ」
 
和也「二次元だからこそ記号として完璧に表現できる……褐色だろうが貧乳だろうがツンデレだろうが……」

和也「それこそが三次元(リアル)にはない二次元の強みっ! エロ漫画の可能性だっ!」

カイジ「そんな戯言――え? ああっ! な、なんでっ!?」


 カイジの目に飛び込んできた信じがたい光景

 不測の事態っ!


カイジ「なんでだよっ! あんたまで……光山さんっ!」




17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:43:02 ID:LYazuQ1w
 ここでまさかの光山! 1回戦では無反応だった光山!

 言い逃れのきかないフルボッキ! 天を突かんがばかりのフルボッキ!


カイジ(な、なんで光山さんまで反応してんだよっ! 今回のターゲットは密入国者の2人だけのはず……)

カイジ(褐色属性だったってのか……? いや、それだけでここまで1回戦と反応が変わるはずがねえ)

カイジ(何か違う理由があるはず……それこそが今回の勝負の肝っ!)

カイジ「くっ……和也ぁ! 5分だ……5分たったぞ! リセットだっ!」

和也「ちっ……しゃーねえな」ポチ

 チャンマリオ光山「あがががががが!」ビリビリ




18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:45:30 ID:LYazuQ1w
カイジ「順番はチャン、マリオ、光山さんのままだ」

カイジ(くそ……理由は分からねえが今は光山さんを先頭に持ってくるのは危険!)

カイジ(耐えてくれ……頼むっ)

和也「クククッ……3回戦スタートだ! これで決まっちまうかもしれねえなぁ、カイジ?」ニヤァ

カイジ「うう……」


 勝負の三回戦! 和也は決めに掛かる! 自信の逸品でッ!

 それはロリ漫画! 極上のツルペタ! 和也御用達の秘蔵本……ッ!

 しかし電撃で一度落ち着いたチャン、マリオはこれに無反応!

 ロリコンは日本人だけだと言わんがばかりの無反応!

 しかし……!


カイジ「光山ぁ……なんで……なんでギンギンにしてんだよぉ……!」ポロポロ




19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:47:53 ID:LYazuQ1w
 チャンマリオ光山「あがががががが!」ビリビリ


 しかし救われる! 5分間の制限時間に救われる!

 強制的リセット!


和也「4回戦目だが……どうするよカイジ?」

カイジ「くそっ……先頭から光山、チャン、マリオだっ!」


 ここでカイジ勝負に出る

 無法の先頭光山! いつのまにか呼び捨ての光山が先頭っ!


和也「おいおいカイジぃ~? さっきまでギンギンだったおっさんが先頭だって?」

カイジ「ああ……だからって勝負を捨てたわけじゃねえ! オレの予想が正しければ……」

和也「まぁいい……4回戦スタートだ!」




20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:48:08 ID:JsjGCLkY
勃起の有無にカイジが全力でリアクションするって、想像したらシュールだなwwww




21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:49:15 ID:LYazuQ1w
 4回戦目のエロ漫画は巨乳モノ! 圧倒的爆乳!

 ここで和也にとって予想外の出来事が起きる

 まさかの3人とも無反応! ピクリともしない無反応ッ!


和也「なっ!?」ガタッ

カイジ(ククク……予想通りだっ! 光山を先頭に置いたのは正解ッ!)

カイジ(モニターから遠ざけるのが安全とは限らねえ……特に老眼のジジイにはなッ!)

カイジ(老眼ゆえのピントのズレっ! 先頭に立った光山にはモニターが滲んで見えにくいはず!)

カイジ(そして褐色モノにしか反応しなかったチャン、マリオは安全だ……この勝負もらった!)




22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:51:08 ID:LYazuQ1w
 カイジの予想が的中したのか5回戦(近親相姦モノ)6回戦(熟女モノ)を難なく突破!

 興が削がれてやる気をなくす和也! 勝利(穴入手)に向かいテンションの上がるカイジ!

 しかし……勝負は時として予想外の事態が起きる!

 それは7回戦! 最初はオーソドックスな内容にも見えた7回戦のエロ漫画!


カイジ「ああっ! なんで……おかしいだろ! なんで付いてるんだよっ! ナニがっ!」

和也「何を驚いてやがる……普通だろ、男の娘なんて……フタナリなんて、エロ漫画じゃあ」

カイジ「この変態がっ! ホモじゃねえかこんなの……吐き気がするっ!」ゾゾゾ

和也「カカッ……それが二次元のいいところだろ? 付いてることにすら萌えられ……おっ?」

カイジ「何を驚いて……あ、ああ~~~~~! なんで!?」



光山「かはっ! かはっ!」ギンギン




23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:53:32 ID:LYazuQ1w
カイジ(なんで先頭の光山がギンギンになってんだよ……老眼じゃなかったってのか!?)

カイジ(オレの予想が外れていた? そんな……まさか……)

 チャンマリオ光山「あがががががが!」ビリビリ

カイジ(だったらなんで今まで無反応だったってんだ……?)

和也「ククク……面白くなってきたじゃねえか」

カイジ「くそっ! 一度光山を下がらせる! チャン、マリオ、光山だっ!」

和也「8回戦、スタートぉ!」


 8回戦のエロ漫画は強姦モノ! 常人は目を背けたくほどの凄惨な内容っ!

 しかし……!


カイジ「み、光山ぁ~~~~!」

光山「かはっ! かはっ!」ギンギン




25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 00:58:34 ID:LYazuQ1w
カイジ(なぜだ……オレは何か重要な思い違いをしているのか……?)

カイジ(光山が反応したのは褐色、ロリ、男の娘、強姦……一見ロリ寄りに思えるが褐色も強姦も違う)

カイジ(老眼かと思ったが先頭でも男の娘モノには反応した……後は最後尾にいる時だけ……)

カイジ(最後尾だと? 老眼じゃないのに最後尾で勃つ理由……先頭では見えないモノ……)


 その時、カイジに電流走る――


カイジ「あ……ああぁ~~~っ!?」

カイジ「まさかっ! 光山の性癖ってのは……!」


 その時、2列目のマリオにも電流走る――




26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:01:16 ID:LYazuQ1w
 マリオにとって予想外の感触! 背後からの突然の感触!

 尻に感じる冷たくも心地よいヌメリ

 忘れかけられていた設定! ペペローションの感触がッ!


和也「ククク……きたぜ、ぬるりと」




27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:04:15 ID:LYazuQ1w
カイジ(3列目の光山には見えてたんだ……マリオの尻がっ!)

カイジ(そしてそれ以外で唯一反応したエロ漫画が男の娘モノっ!)

カイジ(反応したんだ……ナニに! いや、男同士という設定! そして目の前の尻にっ!)

カイジ(辻褄が合うっ! 光山がわざわざ若い密入国者2人を自分の会社に囲っていた理由にっ!)


 マリオ「かっ! かはぁっ!?」ズプリ

 光山「マリオっ! マリオっ!」パンパン


カイジ「和也ぁ~! 中止だっ! これはエロ漫画とかの問題じゃねえっ!」

和也「いやいや、エロ漫画に触発されての行為だってのには変わりねえっ!」ククク

和也「続行っ! これはルールの範囲内だ……続行! 続行っ!」




28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:06:46 ID:LYazuQ1w
和也「とは言え5分経過したか……とりあえずは」ポチッ

 チャンマリオ光山「あがががががが!」ビリビリパンパン

和也「あらら……ここまでくると止まんねえか」

和也「まぁいい、9回戦目いくぜ?」

カイジ(くそっ! こうも綺麗に繋がってちゃあ光山とマリオは動かせねえ……!)

カイジ「マリオ、光山、チャンの順番だっ!」

カイジ(せめて光山の視界からチャンの尻だけでも消す……!)




29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:08:39 ID:LYazuQ1w
 9回戦目のエロ漫画は乱交モノ! 圧倒的ハーレム!


マリオ「かはぁ! かはぁっ!」ズプリ

光山「マリオっ! マリオっ!」パンパン


 しかしエロ漫画の内容になど目もくれずに腰を振り続ける光山!


カイジ(大丈夫だ……光山はその年齢ゆえの遅漏! あと2戦……10分なら耐えられるハズだ!)

カイジ(チャンは元より安全……マリオも挿入のショックで縮こまってるハズ)


 だが――だがしかし!

 ここでマリオにもある異変が起きる!


カイジ「ああっ!? なんで……なんで勃ってるんだよっ……マリオっ!」


 挿入からくる前立腺への刺激! 圧倒的前立腺ッ!




30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:11:30 ID:LYazuQ1w
チャンマリオ光山「あがががががが!」ビリビリパンパン


和也「カイジ……最終10回戦に入る前に話がある」

カイジ「よせっ! 姑息な時間稼ぎッ! 今は一刻も惜しい状況……!」

和也「いいから聞けッ! 重要な話だ」

カイジ(くっ……なんだ? この真剣な表情は?)


 和也の口から語られるこの勝負の真実

 カイジを絶望の淵へと追いやる、驚くべき真実がッ!




31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:13:48 ID:LYazuQ1w
和也「カイジ、疑問に思わなかったか? なんでオレが用意したのがこの3人なのかを」

カイジ「え? それは借金のカタとかそんな理由なんじゃあ……?」

和也「ククク……そんな奴らは他にもっといるさ」

和也「オレと光山は旧知の間柄だ……前にとあるパーティで出会った」

和也「同じ趣味を持つもの同士が集まるパーティでな!」

カイジ「まさか……まさかっ!?」




32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:15:07 ID:LYazuQ1w




   ……お前、彼女いるのか?
     ……オレはお前を気に入ってんだぜ
       ……仲間になってもらうぜ、カイジ




和也「オレは両刀(バイ)だ!」

カイジ「ああっ……あっ」ゾゾゾ




33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:18:21 ID:LYazuQ1w
和也「カイジぃ……この勝負で掛けてるモノ……忘れたとは言わせねえぞ」

カイジ「それは……オレが負けたらお前の仲間になるって……まさかっ! まさかっ!」

和也「そうだ! 差し出してもらうぞ! 尻をっ! カイジのその引き締まった尻をッ!」ニヤァ

カイジ「だがっ! オレが勝ったら問題ない! 用意するハズだろ! 極上の女をっ!」

和也「おいおい……オレは女を用意するなんて一言も言ってないぞ? 極上の穴を用意するって言っただけだ」

カイジ「まさかっ!」グニャア

和也「そうだっ! 極上の穴だ……オレのっ! 尻穴ッ!」




カイジ「賭けてませーん! 一切賭けてませーーん! ギャンブルなど反対っ! 大反対っ……!」

和也「はぁ~……天才だなあんた……見苦しさの天才っ!」




34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:22:23 ID:LYazuQ1w
 そして運命の最終戦! 10回戦!

 カイジにとって入れるか入れられるかが賭かった10回戦!

 もはやどちらに転ぼうともカイジに得のない10回戦!


和也「最終戦に相応しく最後はオレの作品だ……オレの同人誌第2弾ッ! その実物ッ!」ドサッ




35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:24:15 ID:LYazuQ1w

 それは同人誌と呼ぶにはあまりにもエグすぎた

 大きく、ぶ厚く、重く

 そして大雑把すぎた


和也「オレの作品……渾身のBL本……いや、ガチホモ薔薇作品ッ!」

カイジ「う、うわあああああああああああああぁ!!!!?」ガクガク


おわり





光山「マリオっ! マリオっ!」パンパン

マリオ「かはっ! かはっ!」




36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:30:53 ID:LYazuQ1w
和也「終了っ! 雑な終わり方だがかけねなしに終了っ!」

和也「ククク……初めて書いたが意外に難しいもんだな……SSってのは」

和也「今回の教訓を活かし……次はもっと長いのをっ! もっと感想の付くSSをっ!」

カイジ「レスを付けてくれた人たちッ! ありがとうッ!」ポロポロ




38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/07(火) 01:33:21 ID:LYazuQ1w
            ___
         | 伊 |
         | 藤 |
         | 開 |
         | 司 |
      ,,,.   | 之 |   ,'"';,
    、''゙゙;、).  | 墓 | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ∥  `i二二二!´ ∥
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
  /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
 _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l


スポンサーサイト
カイジ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/24-006544ee


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。