FC2ブログ















不二咲「できたよ苗木君、スイッチを押すと葉隠君が殴りかかってくるスイッチだよ」


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/10/07(月) 20:38:43.15 ID:11LSIl7l0
苗木「ヒュー、クールな発明だね不二咲君!」

不二咲「言葉の通りでスイッチを押すと葉隠君が一番近くにいる人に襲い掛かるよ」

苗木「よし、さっそく使ってくるよ!」

不二咲「krakだよ~」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 20:59:38.40 ID:GFopycyno
どんどん変形してるな
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/10/07(月) 21:11:51.28 ID:11LSIl7l0
葉隠「むむっ、俺っちの占いによると桑田っちと舞園っちは良い友人の関係で終わるべ!」

桑田「ぐわー、なんでだよ舞園ちゃーんっ」

石丸「学徒は身の丈にあった付き合いをしろということだな」

葉隠「まあ、俺の占いは3当だからそう本気にしなくてもい     」

桑田「お、おい葉隠、どうしたんだ?」

葉隠「   いぃぃああああぎあああああああああああっ」

桑田「!?ぐはってめっ、なにしやぐあぁっ!」

石丸「葉隠君やめたまえッ!」ガシッ

葉隠「あぎゃああああああああぁあぁああぁぁああああ」

石丸「くっ、なんて力だ、桑田君逃げろッ」

桑田「どうしちまったってんだよ葉隠ぇ!」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/10/07(月) 21:21:42.14 ID:11LSIl7l0
葉隠「だからよ、俺っちは本当になんも覚えてないんだべ!」

十神「いきなり葉隠が発狂したと聞いて駆けつけてみれば、くだらん」

桑田「でも、襲われたのはホントなんだぜ、見ろよこの痣」

舞園「うわぁ痛そう、大丈夫ですか?手当てしましょう」

朝日奈「いきなり葉隠が桑田を襲った、でも葉隠には記憶がない・・・・・・」

大神「なんと奇怪な…」

石丸「まあこんな環境で生活している以上、おかしくなってしまうのはしかたないのかもしれん」

腐川「だからって人をいきなり襲う人をこのまま野放しにするっての?、か、隔離よ、隔離しかないわ!」

霧切「なにか葉隠君が怒るようなことを言ったのではないの?」

桑田「い、いや、俺は単に舞園ちゃんとの相性を見てもらおうと思っただけだぜ?」

舞園「えっ?」

桑田「あっ」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/10/07(月) 21:34:27.79 ID:11LSIl7l0
舞園「え、ええと、どういうことなんですか桑田君?」

桑田「あ、あれだ、その、えーっと」

大和田「ああもう焦れってえな、桑田は舞園と恋人になれるかを葉隠に占ってもらってたんだよ!」

桑田「お、馬鹿っ、おまっ」

舞園「・・・・・・」

朝日奈「いいぞいいぞ、舞園ちゃん答えてあげなよ!」

不二咲「…」ドキドキ

石丸「不純異性交遊はいけないんだが、ここは野暮なことを言う場ではないか…」

桑田「べ、別にやましい気持ちはなかったんだぜ!?ただもっと舞園ちゃんと仲良くなりたいと思って…」

舞園「うれしいです…///」

桑田「えっ」

山田「エンダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

葉隠「あぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

「「「「「!?」」」」」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/10/07(月) 21:38:55.28 ID:11LSIl7l0
葉隠「あぎゃ、あうぎゃああ、うぎゃああああああああああああああああああああああああああああ」ドッタンバッタン

霧切「な、葉隠君が暴れだしたわ!」

腐川「ああっ、葉隠君を縛ってる縄がちぎれちゃうわよ!?」

葉隠「ひぃぐぃうあああああああああああああああああああ」ブチッ

舞園「えっ、きゃあっ」ドガッ

桑田「舞園ちゃん、葉隠っ、てめえええええ!!!」

葉隠「    あれ、俺っちなにしてうぎゃあ!」ドガッ
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/10/07(月) 22:09:27.83 ID:11LSIl7l0
葉隠「ホントに知らねんだべ、信じてくれって!」

セレス「もう、信じられませんわ…」

桑田「さやかちゃんを殴りやがって、ぜってえに許せねえ・・・・・・!」

舞園「いいんですよ、レオン君、でもほかの人が殴られるかも葉隠君は隔離するべきだと思います…」

山田「その意見に賛成だよ!」

葉隠「だ、だれか助けてくれぇ!」

苗木「あれ、みんなどうしたの?」

葉隠「な、苗木っち助けてほしいべ!」

苗木「何があったのさ?」

霧切「かくがくしかじか」

苗木「まるまるうまうま、なるほど、でも本人には記憶がないって言ってるんだから、もうちょっと考えてあげるべきだと思うな」

葉隠「苗木っち…!」

霧切「苗木君、あなたは優しすぎるのよ」

葉隠「俺っち感動したべ、絶対にこれからは苗木っちを裏切らな          」

苗木「?どうしうぐぅっ」

大神「葉隠きさまぁッ!!!!!!!?」ドゴォッ
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:27:01.09 ID:11LSIl7l0
霧切「葉隠康弘を個室に隔離したわ」

大神「中からは絶対にあかないようにしたので、突然発狂しても大丈夫だろう」

石丸「そうか…だがしかたないことだったな」

江ノ島「苗木大丈夫なん?気持ち悪くなってたりしてない?」オロオロ

苗木「はは、大げさだよ戦刃さん」

江ノ島(戦刃)「えっ」

桑田「あ、おい、馬鹿っ」

舞園「あーあ、苗木君は本当にドジですねぇ」

苗木「ごめんごめん、でもせっかくだからこのままネタばらししちゃおっか、不二咲さーんっ」

不二咲「うん、せーのっ」

苗木桑田舞園不二咲「ドッキリ大成功!」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:34:27.04 ID:11LSIl7l0
朝日奈「…は?」

大神「どういうことなのだ苗木よ!」

苗木「説明の前にみんなに紹介したい人がいるんだ、モノクマもとい江ノ島さんだよ」

江ノ島「はーい私様こそがこの事件の黒幕の謎の美少女江ノ島盾子ちゃんでーす!」

戦刃「えっ、えっ?」

江ノ島「事の発端は苗木君の提案からなんだよ」

苗木「うん、江ノ島さんはみんなの絶望が見たかったらしくてね、相談し合って葉隠君に絶望してもらうことで決着がついたんだよ」

十神「では、葉隠も共犯だったと?」

苗木「いや、葉隠君には一切知らせてないよ」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:42:26.86 ID:11LSIl7l0
不二咲「希望は前に進むから仕方ないよね」

霧切「前に進むんなら仕方ないわね」

大和田「殴られた桑田と舞園も共犯なんか?」

桑田「おう、殴られる係りには事前に防弾服を着せられて最低限の安全は保障されてたんだぜ!」

苗木「で、どうだったかな江ノ島さん」

江ノ島「うーん、記憶を残さないことで自分に対して疑心暗鬼にさせたり信じてた仲間達に追い詰められたりわざと殺さないで部屋に隔離とか結構評価高いなぁ」

江ノ島「星三つでっ!」

苗木「やったぁ」

朝日奈「でも、桑田と舞園のあのいい空気も仕込みだったの?」

舞園「いえ、そっちは本物ですよ私たち今度結婚しますから」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:47:42.53 ID:11LSIl7l0
こうして僕たちのコロシアイは終わった
僕たちが学園から出て最初にしたのは舞園さんと桑田君の結婚式だった
純白のドレスを着た舞園さんと髪を染め盛装した桑田君を見て感動した僕は戦刃さんに次は僕たちの番だねと言ったら殴られた戦刃さんはツンデレだなぁ

ついでに僕たちが学園から出た後葉隠君は未来機関に保護され必死な処置むなしく死んでしまった
死因は体中にできた打撲の跡らしい
近くに人がいないからスイッチが不発して自分に暴力をふるったのかと思ったら不二咲君は違うとだけ答えた
もしかして葉隠君は自分を諌めることで僕たちと仲直りするつもりだったのだろうか、真相はもう誰も知らない


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 22:54:18.83 ID:tF370ZRFo

やっと桑田が報われたか
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 23:21:02.81 ID:1Cg566A20

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 23:23:43.37 ID:FZ6QvZdF0
乙です
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/07(月) 23:29:55.88 ID:pDK76KZs0








関連記事
スポンサーサイト
ダンガンロンパ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/377-2bc1228e