FC2ブログ















ユミル「ミドルなライナー」


2 :1:2013/10/12(土) 06:28:18 ID:qzFA42eI

唐突だが、私には前世の記憶がある

日常生活には当たり障りのない、ただ――懐かしく感じる程度の記憶


「うーん、ホールスタッフは時給が900円……一番いい時給が、パチンコ店だけれど」

煙草の臭いで、帰宅するのは気が引ける
そう思いながら、ユミルはバイト情報誌の紙を捲った


今年から進学し
施設暮らしをしながらの高校生活は、もうすぐ一ヶ月が経つ

施設暮らしなのに、何故高校に行けるのかと言うと
全国に何箇所かある施設に入所出来ているお陰だ

公立の学校であれば、なんとか通わせて貰える
だがそれも、高校卒業後に返していかなければならない




3 :1:2013/10/12(土) 06:29:47 ID:qzFA42eI

少しでもお金が欲しい
のに、まだバイトが決まらない


――この悪人面がいけないのだろうか


お金は大切で、必要だ
その事は身に染みているのに


――あぁ、もう!

雇って貰えたら、全力で働くと言うのに




そんな心の声を、春の空に吐きだした高校一年生の時に
私は、そいつに再会した

いや、再会と言えるの物なのか
それとも第二の出会い、と言うべき物なのか

4 :1:2013/10/12(土) 06:31:05 ID:qzFA42eI


「待てっ!」


――ん?

遠くから聞こえて来た声に、少しだけ意識が傾いた
待て、とは何だろうか


「お、おい……待てぇ!」


――なんだ、この声

徐々に近づいてくる、普段の生活で聞きなれない台詞
それを聞いた私の体は不意に止まり、そしてその声の方を見てみる……と


「う、うわぁああ!?」
「ふぁ!?」

ドンと、勢いよく
コントよろしくと言った感じで、私の体は走ってきた人物にぶつかり……跳ね飛ばされた

なんとか、足を踏ん張って体制を整えるのに成功する

5 :1:2013/10/12(土) 06:33:57 ID:qzFA42eI


「なっ」

なにしやがる!と
生来の口の悪さが、出かかったその時だった


視界の端を、黄色みの強い
明るい金髪が駆け抜けて行く

朝一番の日の光を凝縮したような
その色に、思わず目が惹かれた


「待て、おい……このストーカーめ!!」

そう叫びながら、こちらの脇を若干重い足取りで駆け抜けて行く男

記憶の中の様な、ガタイの良さは無い
記憶の中での凛々しかった表情も、なんとなく緩やかな印象になっている


ん、アレはアイツか?
と言うか、あいつは今なんて言った?

6 :1:2013/10/12(土) 06:35:52 ID:qzFA42eI

そして


「よしっ」

一息吐きだした後に、駆けだした
幸いにも、障害物は少ない

中学時代の部活動でならした足は、どんどん加速していき
息を切らしている立ち止まったそいつの背を、あっと言う間に追い越す


「えっ」
「あいつ、追えばいいんだな」

擦れ違いざまにそう確認の一言を漏らした後は、もう脇目も振らない
後ろから追ってくる声もないと言う事は、大丈夫なのだろう

集中して、追いかけると
目標の背中が、人ごみに紛れ込む前に余裕で追いついた

走っていた若い男は、こちらに気付くとギョッとしたように目を見開く

7 :1:2013/10/12(土) 06:37:31 ID:qzFA42eI


「おいっ待て!」

一応声を掛けるが
やはりと言うか、相手は止まらない

なのでその首元に、手が届きそうな距離まで近づいて
その襟元をギュッと掴む

すぐさま立ち止まると相手が首が閉まってしまうので、スピードは落とさずに並走した


「なぁ、ちょっとだけ止まれよ!」
「……っ!」

そいつの顔に、僅かに緊張が走っている
ついでにこちらの言葉にも耳を貸さない、本当にストーカーなのだろうか

そう思いつつ、少しだけ減速する
相手がそれに慣れたら、更にもう少しだけ減速

それを繰り返そうとした……その時だった
首元を掴まれているそいつの体が、急にこちらに近づく

8 :1:2013/10/12(土) 06:38:31 ID:qzFA42eI


「え」

避けきれなかった

タックルを喰らわされて、体が傾き
足がグギリと鳴る



「いっ」

いてぇえええ!!

その、痛みが駆け抜けた瞬間
無意識に、本当に無意識に

握っていた逃走者の襟元を、手前にぐっと引っぱった

9 :1:2013/10/12(土) 06:39:26 ID:qzFA42eI


「う」
「わっ」

その声の、どちらがこちらで
どちらが相手かは、分からない

だが、結果は同じだ
同時に、こけた



「あ、いたたたた」

声が漏れ、目を開けた瞬間
目の前にいる逃走者の瞳が、僅かに危険な色を灯している事に気付く


――あ、やばっ

その思考と同時に、逃走者の手がこちらに向ってくる

こちらの体制は不利で、しかも足が痛い
やばい

その言葉が、頭に一杯広がった瞬間だった

10 :1:2013/10/12(土) 06:41:39 ID:qzFA42eI


「どりゃああああああ!!」
「べふっ」

大きな怒号に、間抜けな声
脳裏に浮かぶイメージとしては、大きな牛に体当たりされた人間の様な

そんな光景が、目の前に広がった

状況としては簡単だ、目の前の逃走者に
さっき私が追い越した男が、その大きな体一杯を使ってタックルをした


「あ、わわっ離せよ!」
「ほら、観念しろ!盗聴器も見つけたし、お前が部屋を覗く瞬間だってこちらが抑えたんだ」

男はジタバタと、その体の下でもがいているが
こいつの大きな体じゃ、とても抜け出せないだろうな

命一杯の力を使って暴れている様だったが
それにも動じていない様子で、男は身柄を拘束している


「い、いやだ、離せぇ!」
「暴れるなって」

宥めながら
男はこちらに、視線を向けた

11 :1:2013/10/12(土) 06:42:48 ID:qzFA42eI

あの瞳だ
青く正義感の宿った、存在感のある瞳


でも、昔とは違う

その瞳の下には、僅かな皺がいくつか刻まれ
走っていた所為か大きく息が乱れ、その額にも汗が滲んでいる

何より
あの時、あの時代ではついぞ見た事のなかった


――大人へと成長した、彼の姿

そいつはこちらを見て、ニカッと笑った



「おぅ、お前のお陰で助かった」

ありがとうな、と元気よく言われ
少しだけ、残念に思う


――彼には、前の記憶が無いらしい

彼にとっては、そちらの方がいいだろうけれど

12 :1:2013/10/12(土) 06:44:35 ID:qzFA42eI

にしても、最初に出会った
前世の邂逅者がこいつか

意外に思いつつ
倒れた際に付いた埃を、軽く払い落しながら立ち上がる


「大したことじゃないさ、まぁジュースの一本でも奢って貰えればいいんだが」

そう言うと、相手は大きな声で笑った
朗らか、と言うよりは懐の大きさが現れた様な温かい声

笑っていると目元の皺が、少しだけ増える
へぇ、笑い皺があるのか

それはいい事だ


「はは、言う奴だな……って、あ」
「あ」

笑った瞬間、力が緩んだのか
あいつの下に居た人間が、命一杯の力を込めて拘束を振り解いた


そしてその瞬間
こちらに向かって、拳を振り上げられた

どうやら、激昂しているらしい

13 :1:2013/10/12(土) 06:46:29 ID:qzFA42eI


「うらわああああ」
「……めんどく、せっ」

声を荒らげながら、殴りかかってくるそいつに

私は軽く吐きだした感情と共に、動きをかわして
そのまま、背負い投げた


走ってきた勢いを最大限に活用して放り投げたので、男は景気よく飛んでいく
信じられない、と言う表情を引っ提げて

そして、そのまま
地面に激突し、気を失った


「……よし」

そこまでの一部始終を確認してから、軽く後ろを振り向く
するとそこにもまた、信じられないと言う様な表情をしている人物がいた

その表情が面白くて、思わず噴き出す

14 :1:2013/10/12(土) 06:48:02 ID:qzFA42eI


「なに、拍子抜けているんだよ、めんどくせ―」

軽く、そいつに近寄ってみる
奴はハッとしたように、改めてこちらを見た


「お前、……やるなぁ」
「どうも。これでもこの間の中学卒業までは、柔道と陸上の掛け持ちやって居たんでね」

そこらへんの男よりも体力はあるんだ
そう言って、ポンと奴の肩を叩く


「怪我はないか?」
「それはこっちのセリフだ、その制服……それに中学の卒業って」

まさか16歳か?
と言う言葉を、思いっきり疑問系に吐きだされる

正しかったので、笑いながら是と答えた
すると相手は、なおも呆れた様な表情を作る

15 :1:2013/10/12(土) 06:51:18 ID:qzFA42eI


「なに、最近の女子高生ってそんなにカッコイイ事ができんの?」
「そっちが大人なのに、間抜けすぎるだけだって」

思わず、前の調子で軽口を叩くと
最近の女子高生って礼儀知らずだな、と言う付け足された

その言葉への、面白味のない中年は嫌われるぞ
と言う返答は――口にしないでおくとするか


なんだかカルチャーショックを与えてしまったらしいが、それは放っておいて
目の前の「元同期」を少しだけ観察してみた

スーツは皺くちゃで、胸ポケットにタバコが一箱突っ込まれている
ストーカーを追いかけてはいたが、警察の様には見えない

だがそれ以上に
体力的なピークを過ぎている様に見えるとは言え、一般人にまかれそうになった事には

僅かながらショックを受けた


「……ちなみにあんた、誰?」
「ああ、俺は」

そう言って、少しだけカッコつける様に、ごほんと咳払いをした
正直、先程の失態の所為で全然カッコ良くは無い

16 :1:2013/10/12(土) 06:52:31 ID:qzFA42eI


「俺はライナー・ブラウン、職業は探偵かな」
「へぇ、私はユミル。初対面で個人情報は晒したくないんで、名前だけな」

ニヤリ、と少しだけふざける様に言うと
相手は不機嫌そうな視線を向けてきた


「……おい、俺は名前と職業を明かしているんだぞ」
「こっちも一応制服と職業の女子高生ってのは明かしているぞ、いいじゃないか」

声を出して笑ってみせると、どうやら口では勝てない事は理解したらしい
ガリガリと頭を掻きながら、私の後ろで伸びている男の方へと視線をやりつつも話を続ける


「まぁいい……俺はとりあえず、こいつを依頼者の所に連れて行かなくちゃいけないんだ」

そう言うと申し訳なさそうに、顔を歪めた


「だから、ジュースは今は奢ってやれないんだよな」
「なんだよ、ケチだな」

批判、だけどこれも笑いながら言う

17 :1:2013/10/12(土) 06:53:47 ID:qzFA42eI


「だから」

そう言うと、ライナーは胸のポケットから煙草ではない物を引っ張り出す
どうやらそれは薄い名刺入れだったらしい――それから一枚の紙を取り出し、こちらに差し出した


「明日でよければ時間が空いている、名刺にうちの住所も番号も載っているから」

よければ連絡をくれ
と言われたので、その紙に手を伸ばして受け取ってみた

早速、その紙をマジマジと見つめてみると
住所は西区とあった、どうやらここから近いらしい


私が確認している間に、ライナーは伸びている男を背中に背負う
担ぎあげた瞬間に――情けなさそうな声を、ちょっとだけ漏らして

重いのか、腰が痛いのか
もしかしたらその両方かもしれない

なんだかその動きは年月を経過を感じさせる物で
ユミルはつい、声を掛けた

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 06:54:39 ID:uOggtCE6
期待

この設定でユミルとライナーのみって思いきりが好きだ

19 :1:2013/10/12(土) 06:55:34 ID:qzFA42eI


「手伝おうか?――ジュース二本で」
「いや……何とか大丈夫そうだ、依頼者宅もすぐ近くだしな」

ここで少しだけ、ユミルは思案する
せっかく巡り合えた前世の邂逅者だ、少しばかり話したい

だが住所が分かっているので、手伝わなくてもいい様にも思えた


「なぁライナー、あんたいくつだ?」
「……16歳の子供に、名前を呼び捨てされる覚えのない年齢だ」

こっちをガキと言う年齢か
どうやら老け顔が進行した、と言う訳ではないらしい

つまり、腰を少し屈む様に相手を背負っているのは
単純に、年の所為か

そこまで考えて、ユミルは息を吐いた


「……少しだけ、手伝ってやるよ」
「は?」

訝しげな声を洩らされる
正当な反応だったが、こちらは気にせずにライナーに顔を向けながら言葉を紡いだ

20 :1:2013/10/12(土) 06:58:18 ID:qzFA42eI


「あんたが担いで行く途中で、こいつが目が覚めたら危ない」
「い、いや……だが、無関係な奴をこれ以上」

その言葉の途中に
何を今更、と声を被せる


「もう十分に関わっているだろ――それに何かあったら、こっちの夢見が悪い」

そう呟くと、相手は何も言えなかったらしい
黙って頷き、ゆっくりと歩き出した

半歩後ろをついて行く
相手はそれを承知しているだろうに、咎める言葉は言われない


「……おかしな奴だな、お前」
「オカシイとか言うなよ。こっちは一応、仕事の恩人だろ」

そう言うと、向こうの声の勢いが衰える
声が口の中で籠っているらしく、言葉が聞き取り辛い


「まぁ……そうではあるが」

だが相手の言い分も分かる
なんせこちらは、進学したての高校一年生――まだガキなのだ

21 :1:2013/10/12(土) 07:00:44 ID:qzFA42eI

だから少しだけ、着いていく理由をプラスする


「それにちょっと暇だったし、実は興味があったんだよ」

ライナーにな
それは口に出さなかった

けれども相手は、そう受け取ったらしい
一気に声のトーンが上がった


「え、なんだ俺にか?罪つくりだな、16歳の子に一目惚れされちまったか?」
「アホか、探偵だよ……探偵って職業に興味を持ったんだ」

声色一つ変えずに否定してやると、またライナーの声が止まった

冗談と言う口調で言っていたが、はやり少しは期待していたらしい
なんて図々しい奴なんだ



その後

ぽつり、ぽつりと話しているうちに依頼者の家の前に着いたらしく
ここまでで大丈夫だ、と奴が呟く

22 :1:2013/10/12(土) 07:02:41 ID:qzFA42eI


「本当に助かった、ありがとうな」
「いやいや、明日ジュース飲みに行くからな――お礼はその時でいい」

そう言うと、奴は口を大きくして笑った
この顔は、訓練兵の時に見た笑顔そのままだ


「あぁ、分かった」
「ただし注文がある、濃縮還元のジュースじゃないと認めない」

我ながら注文が多いな、と思ったものの
普段施設ではジュースなんて飲めないので、少しだけ贅沢をさせてもらう


昔からある、頼れる
いや、頼られ過ぎるくらいに面倒事を引き受けてくれた彼だし

ライナーだしいいよな、と
心の中で少しだけ、また甘えさせて貰う

そんな心情は露知らず、奴は笑って許してくれた


「分かったよ、待っているからな」
「あぁ」

そこで頷くと
不意に、これが会話の終着点であると感じ取った

23 :1:2013/10/12(土) 07:03:47 ID:qzFA42eI


奴に、背を向けて歩き出す
曲がり角まで歩いて、少し振り向くと……奴と目が合い、手を振られた


それに苦笑して、ユミルは角を曲がる
すると完全に、ライナーの姿は見えなくなった



「…………っ」


会えた
会えた

見えなくなった瞬間に、嬉しさが込み上げて来てユミルの頬を濡らした
拭っても、何度拭いとっても涙はあふれてくる

24 :1:2013/10/12(土) 07:04:47 ID:qzFA42eI


「……ライナー」

お前に会えて良かった

お前の目元にあった笑い皺が見れて、本当に嬉しいよ
あの世界のお前の顔は、あんなに歪んでいたから


そして、お前に会えた事で

ヒストリアに、サシャに、コニーに、ベルトルトに、アニに
エレンに、ミカサに、アルミンに、ジャンに、マルコに

また会う事が出来るかもしれない
そんな希望を貰えた



「ありがとうな、ライナー」

25 :1:2013/10/12(土) 07:06:23 ID:qzFA42eI



翌日


事務所を訪れたユミルが
ライナーに、事務所でのバイトを持ちかけられ

その結果、ライナーの事をボスと呼ぶ様になり
雑用に明け暮れる毎日になるのは

また別のお話である





ユミル「ミドルなライナー」【終】

26 :1:2013/10/12(土) 07:07:45 ID:qzFA42eI

とあるマンガで妄想が爆発した
ライナーの魅力は35歳辺りを過ぎてから、更に爆発すると思う

本当は主人公はアニでも良かったかもしれないが
ライナーとの距離感が近すぎる為、最初の妄想に忠実にユミルにした

読んで下さった皆様本当にありがとう
コメへの返信はもう少ししてから纏めて行います

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 07:08:27 ID:wbI2xULk

ぜひ続きを!

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 07:21:49 ID:3OUlbcw2
これは是非とも続きが読みたい(*゚∀゚)

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 07:35:56 ID:1ck/b6KE
シリーズ化希望!!

ユミルのその後見たいし、他のキャラとも出会っていくのも見たいな

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 08:52:50 ID:4s/s4WZg
おつ!
こういう転生ものもいいね

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 10:11:43 ID:B9OE.OFU
いいね
しえん

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 11:24:22 ID:A5xmzMI6
続きが読ませろください!

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 11:25:31 ID:IYY/NwOE
あまり無茶は云いたくないけど、凄く良かったので
続き浮かんだら是非書いて欲しいな。
乙でした。

34 :1:2013/10/12(土) 12:56:11 ID:qzFA42eI

>>18 クリスタ攻防戦さえなければこの二人は仲がいいと信じてます

>>27 浮かんでいるネタもあるのでいつかは書きたいです

>>28 是非ですか、いつか頑張ります

>>29 浮かんでいるのはまだ三人ほどですが、いつか出したいです

>>30 探偵と言いつつ、ほのぼのしてます

>>31 支援ありがとうございます

>>32 読ませろ下さいありがとうございます

>>33 続きは書きたいですね、いつかは書く……かも?

探偵と言いながら、殺人事件は起きそうにありませんが

ライナーのちょっとくたびれたおっさんぶりと
ユミルの「駄目だ、こいつほっとけない」と言う葛藤を書きたいので
多分忘れられた辺りにでもぽつりとスレ立てるかもしれません

ではまたいつの日にか

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 13:07:48 ID:aW8VVUv2
おつ、いいコンビだな







関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/394-732263b4