FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

那智「提督、『初めて』とは何のことだろうか」



1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 18:56:16 ID:.FUh/eaM

提督「……ええと、どういうこと?」

那智「ああ、すまない。先日、川内に『初めてはもう済ませたか』と訊かれてな」

提督(何だ、夜戦か)

那智「何のことか分からなかったので詳しく聞いたところ、川内は夜戦に決まっているというのでな」

那智「この鎮守府に来てすぐと答えたのだが、通りかかった足柄が妙に食いついてきて」

提督(嫌な予感しかしねぇ)




2 :あ、司令官だったか:2013/10/11(金) 18:59:44 ID:.FUh/eaM

那智「しばらく問答を繰り返しているうちに、足柄と私とで意図していることが違うようで」

那智「どうにも話がかみ合わなくなったんだ」

那智「何故だか赤面したり小突いてきたり落ち込んだりとせわしなかったが」

提督「ちなみに、その会話の概容は?」

那智「うむ。確か――」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 19:00:12 ID:e69Tq8N6
えろはありますか?

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 19:04:24 ID:.FUh/eaM
……

那智『ああ。初めて夜戦をしたのはここに来て直ぐだったな」

足柄『!?』だだっ

足柄『ち、ちょっと那智、川内、それ何の話?』

川内『ん? 何って、初めてはいつ済ませたかって話だよ』

足柄『は、初めてって、その』

那智『夜戦だ』

足柄『!?』

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 19:06:11 ID:e69Tq8N6
野戦(アオカン)もありますか?

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 19:09:57 ID:.FUh/eaM

足柄『な、那智、そんなに早くに』

那智『? ああ、確かに危険は伴うが』

那智『最後まで戦い抜くというのはやはり気持ちがいいものだな。川内が夢中になるのも分かる』

川内『そうそう。きゅっとイイところに入ると気持ちいいよねー』

足柄『う、ぁあ』かあっ

那智『どうした。顔が赤いが、調子が悪いのか』

那智『出撃した帰りだったのなら、早めに入渠と補給を済ませておけ』

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 19:14:32 ID:.FUh/eaM

足柄『ほ、補給って、何を、誰から』

川内『何って、提督の弾薬と燃料に決まってんじゃん』

足柄『!!????』

那智『……? 何をそんなに驚いているのだ』

那智『出撃や遠征から帰投したら皆してもらうものだろう』

足柄『そうなの!?』

那智『? お前も初めてじゃないだろうに』

足柄『あ……そ、そうね、ばんばんシてもらってるからね!』だらだら

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 19:22:19 ID:.FUh/eaM

雷『那智ー、司令官が呼んでるよっ』

那智『む、出撃か』がたっ

雷『そうそう。空母の皆と一緒にキス(島)だって』

足柄『キス!? 複数で!?』

雷『え、そ、そうらしいけど?』びくっ

那智『分かった。直ぐ向かおう』

足柄『行くの!?』

那智『何を言っている。司令官の命令だ。背く理由もない』

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 19:30:12 ID:.FUh/eaM

那智『ではな。無事帰投できたらまた会おう』

足柄『ちょ、ちょっと待って』がしっ

那智『……、何だ?』

足柄『そ、その』

足柄『一応訊くけど、……初めての夜戦って、誰と?』ひそひそ

那智『確か、多摩、電、響、天龍、涼風とだったかな』

那智『提督のため、尽力したぞ』

足柄『は、初めてで複数!?』

那智『……いや、単身では逆に危険だと思うが』

足柄『……て、提督ってそんなに激しいんだ……』ぶつぶつ

那智(……意味が分からん。もしかして、夜戦とは何かの隠語だったのか?)

雷『那智ー? 早く早く!」

那智『む、すまない。ではまたな』かつかつ

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 19:36:47 ID:.FUh/eaM
……

那智「と、いった流れだったな」

提督「……」はーっ

那智「それで、司令官。『初めての夜戦』が何を意味するのか貴様は知っているのか」

提督「……まあ、一応足柄がどういう勘違いをしたかは検討がつくけど」

那智「どういう意味なんだ? 何かの戦術行動なのか?」

那智「今後のために知っておきたいのだが」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 20:12:52 ID:.FUh/eaM

提督「……ええと、だな」

提督「後でセクハラとか言うなよ?」

那智「な、何だ、そういう意味なのか?」

那智「……だが、気になる。いいだろう、話せ」

提督「ああ」

提督「……要するに、夜伽だ」

那智「寝ずの看病か」

提督「でなくて、ええと」

提督「共寝、同衾、……交接だな」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 20:18:27 ID:.FUh/eaM

那智「……」

那智「……なっ!?」かあっ

那智「な、ななな何を言っている!」

提督「や、喧しい! それは足柄に言え!」

那智「う、そうか、すまない」

提督「……全く、あとで色々言ってやらないと」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 20:27:59 ID:.FUh/eaM

提督「……」

那智「……」そわそわ

提督「……」

那智「……」ちらっ

提督「?」

那智「!」ふいっ

提督(……あれ、何だこの空気)

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 20:43:59 ID:.FUh/eaM

那智「そ、その、だな」

那智「貴様。私とはなかなか長い付き合いになるな?」

提督「ああ、初めての重巡がお前だったからな」

提督「戦艦が一通り揃うまでも前線で戦ってもらってたし」

那智「ああ。暫くは出番が無かったが、最近は演習やキス島に出撃させてもらっているな」

提督「後で重要な出番が待ってるからな。頼りにしているぞ」

那智「もちろんだ。期待に沿えるよう尽力する」

那智「……ああ、違う。それもそうだが、そっちじゃない」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 21:01:00 ID:.FUh/eaM

那智「その、だな」

那智「貴様と私。付き合いも長いし、まあ、仲も悪いわけじゃない」

提督「……そうだな」

那智「そんな我々の件について、足柄が誤解してしまうのも、自然といえなくない」

提督「そう、なのか?」

那智「それで先走ってしまえば、足柄が恥をかいてしまう」

提督「いや今更だと思うけどな」

那智「それは避けねばなるまい?」

提督「……?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 21:09:04 ID:.FUh/eaM

那智「ええと、その」

那智「……司令官。勘違いではなかったことにする、というのはどうだろうか」

提督「……っ!」

那智「もちろん、そのためだけではない」

那智「……、その、だな」

那智「貴様となら、私も、悪い気はしない、ぞ?」かぁっ

17 : ◆wKJ4P6pC3k:2013/10/11(金) 21:42:06 ID:.FUh/eaM
っていう妄想をしながら大学のレポートやってたら仕上げたレポートを提出し忘れたので
那珂ちゃんのファン辞めます

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 21:57:08 ID:/FUt3F/Y
続きはよ

19 :童貞だからエロかけないんだけど:2013/10/11(金) 23:22:54 ID:.FUh/eaM

提督「……あのな、那智」

提督「俺はそういう方向には不得手なもんでな」

那智「っ、そうか、すまな――」

提督「――からかわれると、本気にするぞ」がたり

那智「……っ」

那智「そ、そうか、それならば」

那智「……もし、少し酒が入ったりすれば」

那智「からかわれてる、なんて判断をする余裕もなくなるのか?」

提督「ああ、そうだろうな」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 23:28:31 ID:.FUh/eaM
……

那智「……ん、っく」ぷは

提督「……いかん、匂いだけで酔いそうだ」

那智「何だ貴様、下戸だったのか」

提督「ああ。たまにやる宴会で飲んでるのは水とかお茶だ」

那智「なるほど、それで普段駆逐艦たちのほうにいるのだな」

提督「そうそう。それなら酒飲んで無くても自然だからな」

那智「いや安心した。貴様、まさかそちらの趣味でもあるのかと」くっくっ

提督「……そっちは段々酔ってきたみたいだな」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 23:33:25 ID:.FUh/eaM

那智「ああ。心地よい気分だぞ」

提督「俺も少しは……」ちびり

那智「そういう呑みかたも、悪くないが……ん、っ」くいっ

那智「……」じっ

提督(……紅潮した頬、潤んだ瞳)

提督(それでも真っ直ぐこちらを見つめる目)

提督(……、ああ、仕方ない)

提督(これは、那智の吐息で酔ってしまったんだ――)すっ

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 23:39:23 ID:.FUh/eaM

那智「ん、む」ちゅ とろり

提督「……っ」こくり こくり

提督(唾液交じりの、酒が)

提督(俺に、流れ込んできて)

提督(これなら呑めるし、あっというまに酔ってしまいそうだ)ぐいっ

那智「むうっ! ……ん、ん」くちゃ ぴちゃり

提督(初めてで、舌を入れるのもどうかと思うが)

提督(まあ、仕方ない。酔ってるんだから)

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 23:44:46 ID:ybO4GDuA
期待

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/11(金) 23:48:39 ID:.FUh/eaM

那智「ぷ、ぁ」

那智「どうだ、酒も悪くないだろう?」

提督「中々積極的でびっくりしたけどな」

那智「言うな。……恥ずかしさに、気づいてしまいそうだ」

那智「だから、とっとと済ませてしまおう――」するっ

提督「ああ、そうだな」

提督「生憎、安毛布くらいしかないが」

那智「なに、問題ないさ」

那智「そちらのほうが、落ち着けそうだ」

25 : ◆wKJ4P6pC3k:2013/10/12(土) 00:11:34 ID:2PZHfqfg
……

那智「その。……明かりを消してくれるとありがたいのだが」

提督「……童貞には難しいな」

那智「なら、仕方ないか」

那智「私も貴様の顔が見えたほうがいいかもしれないからな、いいだろう」

提督「……なんというか」

那智「何だ、……あまり、見るな」

提督「いや、脱げばやはり女の子なんだな、と」

那智「……流石に身体に砲塔が繋がっていたりはしないさ」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:15:51 ID:2PZHfqfg

提督「はは。……、よし」

那智「ああ、来てくれ」

那智「……先程の接吻で、準備はできてしまった」くちゅ

提督「奇遇だな。……俺もだ」ずっ

那智「そんなものを普段どこに隠して……」

提督「からだのふしぎってやつだ、よ」くっ

那智「っ、あ、入り口、に」

提督「……いくぞ」

那智「……、ああ」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:18:48 ID:2PZHfqfg

提督「ふ、ぅ」ぬ ぬ

那智「うぁ、あ」

那智「あぐっ!」ずちゅっ

提督「……大丈夫か」

那智「あ、ああ。敵の砲撃に比べれば、なんてことは、無い」

那智「……だが」

那智「しばらく、このままでいて欲しい」

提督「……ああ」きゅっ

那智(――、あ、手、握られて)

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:23:13 ID:2PZHfqfg

那智「もう、いいぞ」

那智「……動いてくれ、司令官」

提督「ありがとう」

提督「そろそろ、我慢が効かなくなってきたところだった」ずっ ずっ

那智「ん、ぁっ」ずちゅ ずちゅ

那智(ああ、司令官のモノが、私に)

那智(――、いや)

那智(私が、どんどん、司令官のものに)

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:31:04 ID:2PZHfqfg

提督「……ふっ、ふっ」ぐちゅ ぐちゅ

那智「ぅ、ぁ」

提督(那智、那智、那智――)ぐい ぐい

那智「おし、つける、なぁっ」ぐっ ぐっ

提督(この鎮守府に着任して、すぐ)ぱちゅ ぱちゅ

那智「っぐ、おく、まで」ぱちゅ ぱちゅ

提督(初めて俺と一緒に戦ってくれた重巡洋艦が、お前だった)ぱんっ ぱんっ

那智「ぁ、あ、っん!」ぎゅうっ

提督(今、俺を抱きしめている、俺が抱きしめている、お前だった)

提督(白状しよう。一目で、憧れた)

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:36:38 ID:zE5dfKQ6
毎度毎度近代化に使ってしまってごめんよ那智さん(´・ω・`)

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:38:07 ID:2PZHfqfg

提督(しゃんと伸びた背筋に)

提督(射抜くような目線に)

提督(仕事熱心で、でも親しみやすさもある姿に)

提督(心、奪われた)

提督(恋愛感情ではなかった)

提督(新任で、不安だった俺にとって)

提督(那智。お前は、頼りがいのある仲間だった)

提督(正直、こういう関係になるとは思いもしなかったけれど――)

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:41:37 ID:2PZHfqfg

提督「っ、那智、そろそろ――」ぱんぱんぱんぱんぱん

那智「んっ、あ、いい、だろう」

那智「好きなように、吐き出せ」

那智「貴様が望むなら、っあ、膣内だって構わない」

那智「――今夜くらいは、許されるはずだ」にこっ

提督「――っ」どきっ

提督「ああ、そうだな。許される、べきだ」ぱんぱんぱんぱんっ

提督(許されるべきだ。だって、こんなに)

提督「――っ、あ、あぁっ!」どぷっ

那智「――っ、ん、んんんんっ!」びく びくっ

提督(幸せ、なんだから)

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:45:07 ID:2PZHfqfg
……

提督「うーむ……」くたっ

雷「どうしたの? 元気ないわね」

提督「いや、ちょっとな」

提督(あの後三回戦までやって疲れているとは言えまい)

提督「まあ、何にせよ、だ」がたっ

提督「雷、足柄を工廠に呼んでくれ。俺は先に行く」

雷「はーい司令官、いってきまーす」ばたん

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:48:44 ID:2PZHfqfg
……

足柄「て、提督が私を呼んでくださるなんて……」そわそわ

足柄(これはやっぱり夜戦!? 朝だけど!?)

足柄(ああ、提督はまだ来ていないみたいね)

足柄(い、いざってときのために準備を……何すればいいのかしら!?)

ザッ ザッ

足柄「――ッ!」

足柄(足音、提督? 後ろから!)

足柄(お、落ち着くのよ。自然に振り返って――)

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:52:37 ID:2PZHfqfg

足柄「あああああら、提督。何の御用かしら?」

提督「……」スッ

足柄「……え、それ、かなづち」

足柄(やだそんないきなりハードSMだなんて/////)

足柄(で、でも、提督なら……)チラッ

提督「――結果として、いい方向には動いたが」

提督「次回以降そうなるとは限らないんでな」

足柄「――、へ?」

提督「すまないが、まあ、そういうことだ」

提督「――じゃあな」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:55:55 ID:2PZHfqfg




 カーン カーン カーン

       2-2-12-1



                 おわり

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 00:58:13 ID:2PZHfqfg
っていう風にオチまで考えてもレポート出し忘れた事実は変わらないので那珂ちゃんの膣内に射精して懐胎させたのち解体します
あと雷は俺の妻で日向は俺の嫁

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/12(土) 09:07:05 ID:FXy3PMjY
足柄さんを解体したらただのいきおくれアラサーやないですかやだー







関連記事
スポンサーサイト
艦これ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/397-a89575c6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。