FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エレン「俺はユミルが好き」



2 :1:2013/10/14(月) 12:04:01 ID:dGMwsVdU

エレン「俺はユミルが好き」

ミカサ「そんなエレンにプレゼント」

ユミル「んー!むぅー!」ジタバタ

エレン「…………」

ミカサ「…………」

ユミル「んー!」ジタバタ

エレン「…………」

ミカサ「…………」

エレン「……なぁ、ミカサ。 これ、何?」

ミカサ「ユミル」




3 :1:2013/10/14(月) 12:04:48 ID:dGMwsVdU

エレン「いや、それは分かる。だが、なんでここにユミル?」

ミカサ「エレンが欲しがったから」

エレン「何故グルグルの簀巻き?」

ミカサ「思いの他暴れたので、手間取った」

エレン「手間取ったのなら、こんな事出来ないだろ!?」

ミカサ「手間取ったので気絶してもらい、二度と手間取らせないようにした」

ユミル「んー!」ジッタンバッタン

エレン「おぉ!?すげぇなユミル!ミノムシ状態なのに気合いで跳ね上がり――僅かながらだが逃げている……だと!?」

ミカサ「チッ甘かったか」ジャキ

4 :1:2013/10/14(月) 12:05:49 ID:dGMwsVdU

エレン「うぉおおい!?何するんだよミカサ!」

ミカサ「逃げようとしている、だから阻止する」ジャキ

エレン「に、逃げろユミル!」

ユミル(こ、この体制で逃げろっての無理だろうがぁ!)ゼイゼイ

ジッタンバッタン

ジッタンバッタン……ドド…


ウワ!ナニカフッテキタ!?

カイダンカラナンカッ…テッ!?

ユミル!?ナンデダンシリョウニ!?

※ユミルはライナーとベルトルトに保護されました

5 :1:2013/10/14(月) 12:06:31 ID:dGMwsVdU

エレン「はぁー…ユミルは大丈夫だったかな」

ミカサ「そんなエレンにプレゼント」ドサッ

エレン「うわ!?なんだ、その大きな箱」

ミカサ「あけてみるといい」

エレン「お、おぅ……」ガサゴソ

ユミル「んー!」モガモガ

エレン「…………」

ユミル「むー!」ジタバタ

エレン「…………」パタン

6 :1:2013/10/14(月) 12:07:16 ID:dGMwsVdU

ミカサ「どう、エレン……気にいって…」

エレン「ミカサぁ!何コレ、何だよコレ!」

ミカサ「……? ユミル」

エレン「分かってるけど、それは分かっているけれど!!また何してくれてんの!?」

ミカサ「……? でもエレン、貴方はユミルが大丈夫か気にしていた」

エレン「するわ!あんな事あったら心配する!」

ミカサ「だから大丈夫だったユミルを…」

エレン「大丈夫じゃないからな、こんな箱に詰められてるだけで大丈夫じゃないだろ!?」

ミカサ「……っ!? そうか、失念」

エレン「失念する前にやっちゃ駄目!」

7 :1:2013/10/14(月) 12:09:44 ID:dGMwsVdU

スルスル


エレン「ほらユミル、ほどいてやったから先に行け!俺がミカサを説得する」

ユミル「げほっげほっ……はぁわかった、でも、その前に」

エレン「ん?」

ユミル「よっ」ゲシッ

エレン「ぶはっ! 何をするんだよユミル!」

ユミル「いや、お前も元凶の一人……って、うわぁ!ミカサぁ!?」ダッシュ

ミカサ「削ぐ…」ジャキン

エレン「させるか!」

ミカサ「エレン!?」


ウォオオ!!

ドンガラガッシャン!

8 :1:2013/10/14(月) 12:10:24 ID:dGMwsVdU

その後も


エレン「はぁー…ユミル、今頃なにしているのかなぁ」

ミカサ「そんなエレンにプレゼント」ドサッ

エレン「……覚えのある展開だが……よっと」

ユミル(リボン巻き)「んー!」モガモガ

エレン「……何コレ」

ミカサ「前回の反省を踏まえて、飾りを掛けてみる事でよりプレゼントらしくした」

エレン「根本的に違うからな!」


チクショウ、オヨメニイケナイ

オ、オレガモラッテヤルカラ!

9 :1:2013/10/14(月) 12:11:17 ID:dGMwsVdU

その後も


エレン「はぁー…こんなに迷惑かけて、ユミルに嫌われてないかなぁ」

ミカサ「そんなエレンにプレゼント」ドサッ

エレン「え、まさか、また!?」パカッ

ユミル「ぅ……ふぁ……」グテー

エレン「…………何コレ」

ミカサ「こんなユミルを手に入れてもと言われたので、手を加えてみた」

エレン「具体的には?」

ミカサ「手を加えると言う事でくすぐってみた、抵抗が完全に無くなるまで」


ニゲロ!ユミル!

ファッ、イキナリウゴカスニャ

ウワァア!!////

10 :1:2013/10/14(月) 12:12:45 ID:dGMwsVdU

その後も


エレン「はぁー…あのユミルはヤバかった、もう少しで理性が……」

ミカサ「そんなエレンにプレゼント」ドサッ

エレン「ま、まさか!?」パカッ

ユミル「は……いや……ぅ」モゾモゾ

エレン「ミカサァアアア!!?」ドキドキ

ミカサ「もう少しと言う事で、もう理性が殆ど無い状態にしておいた」

エレン「う、い…いや、でも」

ミカサ「エレン、喜んで貰えた?」

エレン「に」


ニゲロ!ユミル!

ハァ…ハァ…

ゴクリ

11 :1:2013/10/14(月) 12:13:58 ID:dGMwsVdU

その後も


エレン「はぁー…」

ミカサ「そんなエレンにプレゼント」ドサッ

エレン「こ、今回は何も言って無いぞ!?」

ミカサ「あえてエレンの心の中を察した、今度こそは喜んでもらえると思う」

エレン「ま、まさか!?」パカッ

ユミル「はぁ、……ぅぅ」ビクッビクッ

エレン「…………」ゴクッ

ミカサ「私のテクニックで前戯は終えている、あとはいれ…」

エレン「…………」

ミカサ「エレン?」

エレン「はっ……!いかんいかん、ミカサ駄目だろ!」

ミカサ「エレン、あとちょっと……ね」ニッコリ

12 :1:2013/10/14(月) 12:14:38 ID:dGMwsVdU

ユミル「…………はぁ」

クリスタ「ユミル、大丈夫? なんか最近体調が悪そう」

ユミル「いや、大丈夫…」

エレン「ユミル、大丈夫か」

ユミル「……エレン」

エレン「す、すまん……俺の昔馴染みが」

ユミル「家族じゃなかったのか?」

エレン「格下げだ」

クリスタ「どうしたのエレン、あなた知っているの?」

エレン「そ、それは……」

13 :1:2013/10/14(月) 12:15:23 ID:dGMwsVdU

ユミル「……もういいさクリスタ。エレン、お前の責任じゃないんだろ」

エレン「へ?」

ユミル「……お前の責任じゃ、ないんだろ?」

エレン「そ、それはそうだが」

クリスタ「ユミルは、それでいいの?」

ユミル「あぁ……そうだエレン」

エレン「なんだ」

ユミル「一つ、聞いていいか?」

エレン「何をだ?」

ユミル「ミカサって、どんな人がタイプなんだよ」

エレン「…………は?」

クリスタ「…………え?」

14 :1:2013/10/14(月) 12:16:44 ID:dGMwsVdU

ユミル「だ、だからな……その、ミカサのタイプだ」

エレン「あの、ユミルさん――なんで?」

ユミル「……なんでだろうな、最近ミカサの事ばかり考えてしまうんだ」

ユミル「おかしいよな、あんなに酷い事されているのに――思いだすとこう、胸がドキドキして、体が疼いてしょうがないんだ」

エレン「…………」

クリスタ「…………」

エレン「」

エレン「」





エレン「嘘、だろ……?」

15 :1:2013/10/14(月) 12:18:03 ID:dGMwsVdU

ミカサ「呼んだ?エレン」

エレン「ミカサ」


エレン「あとちょっとでイけるのに、三時間以上お預けにされて、もうどうしようもなく悶えている時に媚薬を飲ませて、ヘロヘロになって、ベロベロになって、おねだりしまくるユミルが欲しい」

ミカサ「合点承知」シュバッ


ミ、ミカサ///

ギャー///


エレン「…………」

エレン「今日もいい天気だなぁ」





エレン「俺はユミルが好き」【終】

16 :1:2013/10/14(月) 12:19:39 ID:dGMwsVdU

ふと浮かんだネタでした
これにて終了いたします、読んで下さった皆様ありがとうございました

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 12:42:34 ID:da0OMkgI
ふむ、もう少し続けて

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 13:10:51 ID:ubFEQ8DE
何ともいえずじわじわくるw
つかユミルさん受難なのにかわええw

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/14(月) 14:01:59 ID:EqcK0gUY

ユミル捕まりすぎwミカサ万能すぎw

20 :1:2013/10/14(月) 20:26:04 ID:dGMwsVdU

>>17 とりあえず、これは寄り道なのでこの辺にしておきます

>>18 ユミルはいつだって可愛いですよ

>>19 ミカサが万能過ぎなので、ユミルは捕まっちゃうんです

ではでは別のスレに移動します
初のギャグ系(って程でもありませんでしたが)、読んでくださってありがとうございます

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/15(火) 01:42:38 ID:eTyADHSM
ユミル災難だなーと思ったら まんざらでもなかったという・・・乙







関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/406-64673338


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。