FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダンガンロンパのおしおきをごほうびにしてみた



1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:05:48 ID:hTFh3Gcs
「千本ノック」

桑田「全部かっ飛ばしてやるぜ!」

キュウィ---ン

ガチャ

モノクマ「準備はいいかい?」

桑田「ああ、問題ねえ!」

モノクマ「行くよ!」

ガガガガガガガガガガ!

カカカカカカカカカカカカカンッ!

桑田「ヒュ-。爽快だっ!」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:14:31 ID:hTFh3Gcs
「モ-タ-サイクルデスゲ-ジ」

モノクマ「これいる?」

大和田「ほう。面白えな」

大和田「牛乳を入れると掻き混ぜられてバタ-になんのか?」

モノクマ「そうだよ!動きにも凝ってるから見てて面白いよ!」

大和田「じゃあ早速作るか」

大和田「このバイク型の容器に牛乳をいれて……」

大和田「スイッチオン!」

グルルルルル・・ドンッ!

キュウィィィィィィィィィィィィィン

チ-ン

大和田「うめぇ!すげえうめぇ!」

モノクマ「喜んで貰えて嬉しいよ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:20:35 ID:hTFh3Gcs
「ベルサイユ風 火炙り 魔女狩り仕立て」

セレス「美味しそうですわね」

モノクマ「でしょ!?でしょ!?これ作るのには苦労したんだよ~」

セレス「でも、肉が人型なのは少々引きますわ」

モノクマ「そんなっ!そこがこの料理の良い所なのに!」

セレス「まあ、ともかく食べますわ」

モノクマ「そうだね!早く!早く!」

セレス「美味しいですわ」

モノクマ「いいね!具体的に!」

セレス「人型の肉がやたら美味しいですわ」

モノクマ「実はそこに秘密があるんだ!」

モノクマ「期待しても、教えないよ?うぷぷぷぷぷ」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:25:37 ID:hTFh3Gcs
「ショベルの達人」

モノクマ「じゃじゃ-ん!今回はアルタ-エゴの為に素晴らしいごほうびを用意させていただきました~!」

アルタ-エゴ「何?何?」

モノクマ「こちらです!」
ガガガガガガ
アルタ-エゴ「わぁ~!凄い重機だね!」

モノクマ「その演算能力を駆使して周囲を効率良く破壊してくださいっ!」

アルタ-エゴ「なるほどねぇ~……」

アルタ-エゴ「やっちゃうよ?」

モノクマ「どうぞっ!」

ドガッ!ドゴッ!ドシャァァァァァァァ!ガラガラガラガラ

モノクマ「思ったよりも荒っぽい!?」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:29:33 ID:jKWTuVnU
こんなのモノクマじゃないよ!ドラえもんだよ!

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:32:21 ID:hTFh3Gcs
「補修(苗木ver)」

苗木「何するの?」

モノクマ「補修ですっ!文句は受け付けません!」

苗木「僕だけ!?やっぱり不運じゃないか!」

モノクマ「それはどうかな?」

モノクマ「今回の先生はこちらです!」

江ノ島「じゃじゃ-ん!私様のご登場でございますわよ!」

苗木「江ノ島さん!?」

江ノ島「今日の授業は、絶望と希望の間に愛は生まれるのか!?ですわよ」

苗木「分かり易く言って?」

江ノ島「苗木君はねぇ~?今日ぅ~私とぉ~デ-トヲするの!」

苗木「ええっ!?どうして突然!?」

江ノ島「そうでもねえとごほうびにならないからに決まってんだろうが!!」

苗木「理不尽じゃないか!」

江ノ島「気にしないでよろしいかと思われます。さあ、行きましょう」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:37:12 ID:hTFh3Gcs
「補修(霧切ver)」

霧切「私羽何をすればいいの?」

モノクマ「補修ですっ!異論は受け付けません!」

霧切「……それは、少し理不尽ではないかしら?」

モノクマ「さあ、どうかな?」

モノクマ「今回の授業は、今までに起こった数々の事件を霧切さんにゅう考えてもらいます!」

霧切「……少しだけ楽しいかもしれないわね」ワクワク

モノクマ「さあ!未解決事件も含めて僕と一緒に解決しちゃいましょ-!」

霧切「やってやろうじゃないの!」

モノクマ「なんだかんだでノリノリだね!」

霧切「当たり前じゃない!私は探偵だもの」

モノクマ「探偵の鏡だね!」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:40:20 ID:hTFh3Gcs
「超高校級の希望的ごほうび」

江ノ島「やっと来たか!」

江ノ島「待ちに待ったこの希望の時!」

江ノ島「いっくよ-!」


   Game end
江ノ島さんが白に決まりました
 ごほうびを開始します

「千本ノック」

ガガガガガガガ・・・・・・・・ッ!

江ノ島「かっとばすぜ!」

カカカカカカカカカカカ・・・・・・ンッ!

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:44:22 ID:hTFh3Gcs
「モ-タ-サイクルデスゲ-ジ」

キュウィィィィィィィィィィィィィィィィィン

チ-ン

江ノ島「このバタ-は私様にふさわしい素晴らしきバタ-ですわね」

江ノ島「人間風情の物としては悪くないですわ

「ベルサイユ風 火あぶり 魔女狩り仕立て」

江ノ島「美味しいねぇ……」

江ノ島「流石私が作った料理だよ……」

江ノ島「完璧だ」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:48:22 ID:hTFh3Gcs
「ショベルの達人」

ドガガガガガガガ・・・・

江ノ島「うぷぷぷぷぷ………」

江ノ島「み-んな壊しちゃうよ~ん!」

ガラガラガラドガッバキキキキキドシャァァァァァァァァ

江ノ島「アドレナリンが~♪染み渡る~♪」

「補修(江ノ島ver)」

江ノ島「さあて、彼らの誰が来てくれるのかな-?」

江ノ島「…………」

ガララッ

江ノ島「!」

苗木「こんにちは、江ノ島さん」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:53:10 ID:hTFh3Gcs
江ノ島「よりにもよって苗木が来るとはね~」

苗木「で、今日の補修の内容だけど……」

江ノ島「何何?なんにしたの?」

苗木「……えっと、この前の江ノ島さんに受けた授業の続き、なんてどうかな……?」

江ノ島「……」

苗木「……」

江ノ島「……」

苗木「……」タラ・・

江ノ島「告白……?」

苗木「……うん」

江ノ島「…………おっけ-だよ-ん!」

苗木「え?」

江ノ島「良いって言った!大切だけど二度は言わないよ!うぷぷぷぷ!」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:56:08 ID:hTFh3Gcs
苗木「よろしくね」

江ノ島「おう!」

江ノ島「さっさと行きましょう。流石に私も我慢できませんので」

苗木「そうだね、じゃあどこへ行こうか?」

江ノ島「……」

江ノ島「希望ヶ峰学園!」

苗木「そんな所なんだ?」

江ノ島「だって……」

江ノ島「私と苗木が初めて会った所だから!」

苗木「……ふふっ。行こうか」

江ノ島「うん!」


      e n d

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 00:56:41 ID:hTFh3Gcs










14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 01:09:59 ID:9.hURy9U
とりあえず全員分を書けばいいんじゃないかな

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 01:11:38 ID:hTFh3Gcs
>>14

モノクマ「僕だってそうしたいよ!でもファンブックヶ無いよ!」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 11:53:29 ID:8stpQc1s
補習じゃないかな?

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/21(月) 16:17:59 ID:hTFh3Gcs
>>16

Oh……







関連記事
スポンサーサイト
ダンガンロンパ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/418-b9b79982


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。