FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペトラ「クリスタちゃん、こんなに濡れてる」ニヤニヤ

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 18:05:09 ID:NYzI5uxo
クリスタ「うぅ……ペトラさんの意地悪……。」グスグス

ペトラ「それでも体は正直ね?」

クリスタ「やぁっ……!やめてくださいぃ……」

ペトラ「うふふ、クリスタちゃんの可愛い声聞いちゃった」ニッコリ

クリスタ「ううう……。」


5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 18:10:31 ID:NYzI5uxo
ペトラ「もしかして、クリスタちゃんって自慰とかした事無いの?」

クリスタ「!///」

クリスタ「……そんなの、ありません……。」

ペトラ「じゃあここは触った事無いのね?」

クリスタ「やあっ…!
やめて……ください……。」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 18:19:50 ID:NYzI5uxo
ペトラ「クリスタちゃんのお肌って本当に柔らかい!若いって羨ましい…」

クリスタ「あ、りがとうござい……ます……。」

ペトラ「そしてここはこんなに綺麗なピンク色ね。ふふ……。」

クリスタ「!!ひ、開いちゃ……やぁ……。」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 19:28:47 ID:ECI3HvJw
続けて……くれよ!!!

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 19:47:53 ID:ZmX3WOtk
続き書けやドケサ

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 20:18:44 ID:NYzI5uxo
クリスタ「なんで、ペトラさんはこんな事するんですか…?」

ペトラ「それはね、クリスタちゃんが可愛くて可愛くて仕方がないからなのよ」ペロッ

クリスタ「ひゃんっ!」

ペトラ「そういう甘い声とか、綺麗なブロンドの髪の毛とか、宝石の様に綺麗な瞳とか。」クチュッ...

クリスタ「ふあっ……」

ペトラ「少しだけ膨らんでいる胸とか、まだまだ幼い秘部とか、全部引っ括めて可愛いからなのよ。」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 20:20:20 ID:4WI.CHi2
今日の童貞スレ

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 20:26:11 ID:NYzI5uxo
クリスタ「そんな事無いです、だってペトラさんの方がずっとお綺麗ですし、討伐数も凄いですし……。」

ペトラ「クリスタちゃん、誉めてくれるの?」

クリスタ「はい……。」コクン

ペトラ「そういう優しい所も、私大好き!」チュッ

クリスタ「!!!///」

クリスタ(ほ、頬っぺたにチューされた……!!)

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 20:35:58 ID:NYzI5uxo
クリスタ「ペペペペペトラさん…!!///」

ペトラ「反応もいちいち初々しくって、本当に可愛い……!
食べちゃいたい……!」ムギュウ

クリスタ「……うう……。」

クリスタ(今まさに食べられそうなんだけどなぁ……。
でも、なんでこんなのになっちゃったんだっけ……。)

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 20:57:35 ID:3OyRbMz6
期待

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:52:23 ID:NYzI5uxo
――――
――
クリスタ「今日の訓練も疲れたー…。」ノビーッ

ユミル「訓練兵団の時と何ら変わりねぇよな。」ハァー

クリスタ「それは仕方ないよ…。私達は新兵だから、基礎基本は大切だよ。」

ペトラ「えっと、あなたがクリスタちゃん?」

クリスタ「?はい、そうですけど……。」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:53:15 ID:NYzI5uxo
ペトラ「私はペトラ・ラル。調査兵団特別作戦班の1人なの。
ちょっとあなたに用事があって。」

クリスタ「えっ!!特別作戦班!」

クリスタ(特別作戦班って言えば、リヴァイ兵長が直々に指名して作られた班…!云わばエリート揃い!
そんな人が私に用事?)

クリスタ「私に用事、ですか…?」

ペトラ「あなたって、確か馬術に長けてるんだったよね?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:53:47 ID:NYzI5uxo
クリスタ「は、はい……!」

ペトラ「私も今日の合同練習であなたの馬乗りを見て、びっくりしたの。」

クリスタ「ほ、本当ですか……!?」

クリスタ(誉められちゃった…!)

ユミル「こいつは本当に馬術だけは凄いですからね。」

クリスタ「ちょっとユミル、だけって、そんな事無い!!」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:54:28 ID:NYzI5uxo
ペトラ「友人のお墨付きなのね。
……いきなりで悪いんだけど、今から馬術の練習に付き合ってくれない?」

クリスタ「えっ!私がですか!?」

ペトラ「そう。中々休みが無くて、ゆっくり出来るのって夜だけでしょ?
訓練後で疲れてるかも知れないけど、駄目?」

クリスタ「いえいえ、滅相も無いです……!むしろ私が教えてもらいたいくらいです!」

ペトラ「そう、良かった。」ニコッ

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:55:14 ID:NYzI5uxo
ペトラ「じゃあ早速、旧本部に行きましょう」

クリスタ「は、はい!」

ペトラ「一応、消灯時間までには帰すけど、遅くなる場合は兵長からそちらに伝える様にお願いしてみるから。」

ユミル「解りました。
頑張れよ、クリスタ。」ヒラヒラ

クリスタ「うん、頑張る!」

クリスタ(私、もっともっと馬術が上手くなるように頑張るよ!)フンス

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:55:57 ID:NYzI5uxo
~旧調査兵団本部~
クリスタ「ここをこうすると、馬に乗りやすくなるんです。」

ペトラ「へぇ、知らなかった……。クリスタちゃんって物知りなのね。」

クリスタ「いえ、本当に馬の事だけなんです……。」テレテレ

オルオ「おいペトラ、飯の準備が出来たぜ。」

ペトラ「有難う、オルオ。」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:56:41 ID:NYzI5uxo
オルオ「俺達が結婚したら、夫婦共働きだからな。料理も作れるようになっとかねえと。」

ペトラ「オルオうるさい舌噛んで死ねば?」

オルオ「照れんなよ……。って、その娘は?」

ペトラ「104期の子で、ちょっと馬術のこつを教えて貰ってたの。」

クリスタ「クリスタです。」ペコリ

オルオ「オルオだ。宜しく。」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:57:23 ID:NYzI5uxo
オルオ「クリスタよ。どうせなら一緒に飯食っていけよ。」

クリスタ「えっ!…そ、そんなの……、皆さんにまずいです……。」

オルオ「こんな細い子の分、今更増えても変わんねえからな。な、ペトラ。」

ペトラ「そうね、どうせ今帰っても中途半端な時間になるから、食べていって。」

クリスタ「あ、有難うございます……!」ペコリ

ペトラ「いいのよ、これも教えて貰ったお返しよ。」

オルオ(しかし、こんな可愛い娘と、俺のペトラが話してる姿は花が咲いたようだな……。)シミジミ

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:58:27 ID:NYzI5uxo
~旧本部・食堂~
エレン「あれ、クリスタじゃねえか。なんでここに?」

クリスタ「ペトラさんに馬術を教えてあってたら、ちょっと遅くなっちゃって……。」

エルド「お、エレン。こんな可愛い子ちゃんと知り合いなのか~?お前も隅に置けないなぁ」

エレン「そ、そんなんじゃ無いですよ!!なあクリスタ!!」

クリスタ「そうだね。」クスクス

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:59:19 ID:NYzI5uxo
グンタ「でもこんな可愛い子が調査兵団に居たら、なんだか士気も高まるな。」ウンウン

オルオ「確かにな」ウンウン

クリスタ「」カオマッカ

クリスタ(うわぁうわぁ、なんか照れる……
皆さん、いい人達だなぁ……。)

リヴァイ「おい、飯はまだか……。誰だこいつ。」

クリスタ「」ビクゥ

クリスタ(こ、この人はもしかしてもしかしなくても、噂の人類最強、リヴァイ兵長!!)

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/14(水) 23:59:54 ID:NYzI5uxo
ペトラ「あ、はい。私とオルオがここに誘いました。ちょっと私情がありまして……。」

リヴァイ「ほう?」ジッ

クリスタ「」ビクビク

クリスタ(み、見られてる……!!なんだか怖い……!)

リヴァイ「エレンよ。お前と同期か?」

エレン「はい。同じ104期生です。確か……10位で卒団したんですよ。」

エルド「へえ!才色兼備なんだなぁ……!」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 00:00:35 ID:XBPsqREE
クリスタ「いえ、そんな……!エレンには負けます……!」

グンタ「それでも凄いよなぁ。たいしたもんだ。」

クリスタ「あ、有難うございます……!」

リヴァイ「クリスタよ。」

クリスタ「」ビクゥ

クリスタ「な、なんですか……?」

エレン(うわ、クリスタ凄く緊張してる……。)

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 00:01:06 ID:Pp.e94vE
期待やー期待!

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 00:01:12 ID:XBPsqREE
リヴァイ「お前は、兵団に入団して楽しいか?」

クリスタ「!!
は、はい!!楽しいです!確かにトロスト区の事は哀しいですが……。
やっぱり、やっとこさ半人前から卒業出来た事、そして何よりもみんなと訓練出来る事が楽しくて……。」

リヴァイ「そうか、それは良かった。」

クリスタ「はい…!」

クリスタ(あれ、予想以上にいい人、だなぁ……)

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 00:02:25 ID:XBPsqREE
~脱衣場~
クリスタ「すみません、お風呂まで貸して頂いて……。」

ペトラ「そんな事無いわよ。私もいつも1人で入ってて寂しくて……。久々に一緒に入れる人が居て嬉しいくらい!」

クリスタ「そうですか……!」

クリスタ(本当に、ペトラさんはいい人だなあ……。)

クリスタ「でも、私びっくりしました……!特別班の方もリヴァイ兵長も意外に気さくでいい方達ばかりで……。
また馬術を練習しあいたいくらいで……。」

ペトラ「……そう、じゃあまた馬術訓練一緒にしましょう!
今度は私が色々教えてあげる!」

クリスタ「本当ですか……え?」グラリ

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 00:03:06 ID:XBPsqREE
クリスタ「え?え?私……。」

クリスタ(ペトラさんに押し倒された?)

クリスタ「あの……、どうしました……?」

ペトラ「どうしたって、今から馬術の練習よ?」

クリスタ「え?」

ペトラ「あなたが馬になって、私が色々、あなたにしてあげるの。」

クリスタ「え、ちょっとペトラさ……
――!」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 00:03:54 ID:XBPsqREE
ペトラ「クリスタちゃんのお肌ってすべすべね……。
もっと触っていたいくらい……」

クリスタ「え、ペトラさん何を……!」

ペトラ「何ってあなたに馬乗りになる前準備をするのよ。」

クリスタ「それって……やっ……!どこさわってるんですかっ……!!」

ペトラ「どこって、乳首だけど……何か悪かったかしら?」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 00:04:39 ID:XBPsqREE
クリスタ「悪いも何も、なんでそこを……やぁんっ……。」

ペトラ「クリスタちゃんは乳首だけでも感じちゃうの?
ふふふ、こんなに若いのに……。」

クリスタ「ぁっ……やぁん……だ、めえぇっ……!!」

ペトラ「本当に淫乱ね?乳首を触っただけなのに……」クスクス

クリスタ「あぅっ……ふ、え、あっ……!!」

ペトラ「クリスタちゃん、こんなに濡れてる」ニヤニヤ

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 06:50:31 ID:vs02.Spc
素晴らしい
続けて

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 07:28:33 ID:mAKmpqOI
恥かしながら勃起してしまいましてね

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 08:44:54 ID:XBPsqREE
――――
――
クリスタ(そっか、始めはこんな事があったから……。
ともかく、ここから逃げよう……!)

クリスタ「ペトラさ、ん……。」

ペトラ「何かしら?」

クリスタ「あの、私そろそろ帰らなきゃいけないので……、離してくれませんか……?」

ペトラ「なんだ、そんな事の心配ね。大丈夫よ安心して。」

クリスタ「…え?」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 08:46:34 ID:XBPsqREE
ペトラ「もう兵長に『もう遅い時間だから、クリスタちゃんを今日1日泊まらせる』って言っちゃった」テヘペロ

クリスタ「!!」

クリスタ(そ、そんなぁ…)アゼン

ペトラ「だから、そんな心配はご無用よ。」ニコニコ

クリスタ(そ、そんな……。)

ペトラ「だからクリスタちゃん。一晩たっぷりお勉強出来るからね。安心して!」

クリスタ「うぅ……。」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 08:47:43 ID:XBPsqREE
そんなが被ってました…
どちらか脳内変換で消してください

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 08:48:25 ID:L5EuPjsM
エレンはよ

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 08:49:35 ID:XBPsqREE
ペトラ「兵長はね、『女の子1人じゃ危ないから、私の部屋に泊まらせてやれ』って。
でも、これだったら私が一番危ないわね。」スッ

クリスタ「……あっ!」ビクン

ペトラ「ほら、クリスタちゃん。」

クリスタ「……!!?///」

クリスタ(ペトラさんの指が、私のあそこに……!!)

ペトラ「クリスタちゃんのここ、凄く熱い……。
でも、きつくて一本しか入らないのよ。」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 08:50:34 ID:XBPsqREE
クリスタ(私のじゃない、違うものが入っきて、なんだか太ももの付け根あたりが、違和感がある……。)

ペトラ「クリスタちゃんって処女よね?」

クリスタ「……」コクン

ペトラ「じゃあ……、流石に私で破瓜しちゃうのは可哀想だから、そのあたりは気をつけなくちゃ。」

クリスタ「はか……」

クリスタ(って何の事だろう……?)

ペトラ「やっぱり、初めては好きな人じゃないとね。」

クリスタ「……はい……って何言わせてるんですか!!」

ペトラ「ふふ、でも……。」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 08:51:16 ID:XBPsqREE
ペトラ「その前に色々やっても大丈夫よね!」

クリスタ「だ、大丈夫って……んっ……。」

ペトラ「ほら、ちょっと動かしただけで奥から凄く溢れてくるのよ。」

クリスタ「動かしちゃ…あっ、だめっ……!」

ペトラ「クリスタちゃん、ここが気持ちいいの?」

クリスタ「……っや、あぅ、はっ……」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 08:52:26 ID:XBPsqREE
ペトラ「この辺り触ると、凄く絞まるの。……気持ちいいんでしょ?」

クリスタ「そん、なぁっ……こっ、と……なっ……」

ペトラ「でも、さっきよりも喘ぐ声が増えた感じね。我慢しなくてもいいのよ?」ニヤニヤ

クリスタ「あ、やらぁっ、やめっ…はぅ、んっ……やぁ……」

クリスタ(下半身が凄く変……!)

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 08:53:49 ID:XBPsqREE
ペトラ「クリスタちゃん、イきそう?」

クリスタ「んぅ……っう、ん、ふっ……あっ、ん」

クリスタ(『イく』って何…!?やだ、いきたくない!!)

ペトラ「イッてもいいのよ。むしろあなたの初イキが私だなんて、嬉しい……!」

クリスタ「ぅあ、っひ、らめっ、ぺと、らっ、さん…やぁっ!!」

クリスタ(同じ所を触られて、頭がおかしくなっちゃ……!)


エレン「ペトラさん、クリスタ。お風呂まだですか?」コンコン

ペトクリ「!!」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 09:48:59 ID:m9VZcdcI
ペトラさんがロリショタコンだという風潮

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 10:07:10 ID:QW6g0dms
お!エレン君登場か

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 10:14:49 ID:oxtOkJPI
エレン場所代わってくれ

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 10:34:33 ID:Sbl85Ljs
原作のペトラはアルミンと姉弟と言われたら信じるぐらい似てたな

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 10:45:00 ID:Pp.e94vE
それいうとエレンとクリスタも似てるよね

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:00:53 ID:78ZVy0Fc
それならオルオと兵長も似てるぞ

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:01:14 ID:Luq8Kgrs
まあ書き分けあんまできない作者だからな

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:02:44 ID:iVblP3uA
 _ _ ∩
( ゚∀゚)彡 3P!
 ⊂彡  3P!

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:13:28 ID:XBPsqREE
クリスタ「え、えれん?」

クリスタ(え、まさかもしかしなくても今の声エレン聞いたよね?)

ペトラ「どうしたの、エレン?」

エレン「リヴァイ兵長に、二人とも風呂が遅いから見てこいって言われて…。」

ペトラ「そう……。直ぐに上がるって兵長に言ってて。」

エレン「了解しました。……クリスタ?」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:14:49 ID:XBPsqREE
クリスタ「な、なに?」

エレン「なんだか、苦しそうな声が聞こえたんだが、大丈夫か…?」

クリスタ「!!うんうん、全然、全然全くもって大丈夫だから!!ごめんね、心配かけちゃって……!」

エレン「ああ。」

パタパタパタパタ...

クリスタ「」ハァ

ペトラ「折角いいとこだったのにね、クリスタちゃん。」

クリスタ「いいとこって……!」

ペトラ「続は、部屋でね?」

クリスタ「!!///」

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:15:21 ID:XBPsqREE
クリスタ「へ、変な事言ってないで、早くここから出ますよ!」

ペトラ「ふふふ、解ってる解ってる。取り敢えず、クリスタちゃんは服を着ましょうね?」

クリスタ「!!そんな事私も解ってますよー!!」

ペトラ(エレンにここで入ってもらうのもよかったかも知れないけど……。)チラリ

クリスタ「」アセリアセリ

ペトラ(ふふふ……。)

クリスタ「」ビクゥ

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:15:57 ID:XBPsqREE
クリスタ「な、なんですか……?」

ペトラ「いいやなんでも~」ニヤニヤ

クリスタ(こ、怖い……。)


エレン「」ブルッ

リヴァイ「どうした、エレン。」

エレン「いえ、ちょっと寒気がしただけです…。」

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:18:19 ID:XBPsqREE
こんなかんじでだらだら続きます
スレタイ通り、ペトクリの百合を書こうと思ってましたが、やっぱりエレクリの方がいいですかね?
皆さんの意見お願いします。

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:19:13 ID:RS9Mycy2
どちらでもいいじゃないですか?

乱交にするのもありかもしれませんが。

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:20:05 ID:Luq8Kgrs
どっちでもいい
まあ>>1の書きたいように書けばいいんじゃないかな

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:21:51 ID:XBPsqREE
>>56-57
有難うございます。では私の好きなようにだらだら書きます

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:22:42 ID:Pp.e94vE
エレクリとペトクリ両方ありでもいいんじゃない
1に任せるよ

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:27:20 ID:orsHlDfg
エレクリ√
クリペト√
の二つ書けば?
もしくは3人でやっちゃうとか
>>1の好きにすればいいと思うよ

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:33:07 ID:oxtOkJPI
……エレペトは無いのか??

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 11:38:35 ID:iVblP3uA
処女童貞を指導するペトラ(ベニバン装備)

ペトラ→*エレン→◎クリスタ

エレン→◎クリスタ*←ペトラ

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 14:22:25 ID:hcCwvSdY
エレペト・エレクリからの3Pってどう?
>>1に任せるが

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:40:03 ID:k2B3ABGY
すべてお任せ。

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:25:24 ID:Vip1/vjk
皆さん意見有難うございます。
私の自由に書きますので、思い通りにならなかったらすみません……。

再開します。

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:26:28 ID:XBPsqREE
――――
――
ペトラ「兵長、コーヒーが入りました。」コトン

リヴァイ「すまない。」ズズッ

ペトラ「クリスタちゃんは、お砂糖とミルク、要るかしら?」

クリスタ「いえ、そんなお気になさらずに……!」

ペトラ「いいのよ、遠慮しなくても。どうせ他の人の分もいれるんだし。」

クリスタ「じゃあ、両方ください……」

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:27:06 ID:XBPsqREE
ペトラ「わかった。
エレンも砂糖とミルクよね。」

エレン「はい。いつも有難うございます。」

ペトラ「いいの、気にしないで」

オルオ「本当にお子ちゃまだな、俺なんかブラックで…」ズズッ

オルオ「アッチィイィイィイイ」

ペトラ「オルオもその猫舌治せば?」

オルオ「ね、猫舌は治せるもんじゃねえよ……。」

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:28:41 ID:XBPsqREE
クリスタ(ペトラさんから借りた服……。サイズが違うからちょっと大きい……。
それに、なんだかいい香りがする……。)スンスン

エレン「なに嗅いでんだ、クリスタ。」

クリスタ「えっ、いやペトラさんから借りた服がいい香りするなあって……。」

グンタ「その洗剤、兵長のお気に入りなんだ。」

クリスタ「えぇええ!!」

リヴァイ「……なんだ、そんなに意外か……。」

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:29:41 ID:XBPsqREE
クリスタ「いえ……その、えっと……すみません……。」

エルド「びっくりするのも仕方無いさ。兵長が潔癖症でね。掃除は勿論なぜか洗濯にも凝ってるんだ。」

クリスタ「へえ……。」

クリスタ(なんだか意外……。)

エレン「俺の服も、同じ匂いがするんだ。」

クリスタ「本当?」スンスン

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:30:34 ID:XBPsqREE
クリスタ「あ、本当だ……。」

エレン「服の香りまで特別班皆さんとお揃いなんだよ」フフフ

クリスタ「成る程ね」

クリスタ(エレン、嬉しそう。
でも、ちょっとだけエレンとペトラさんと違った。
エレンはエレンの香り、ペトラさんはペトラさんの香りがなんだか少しまじってるみたい。

クリスタ(ペトラさんの香り、そういえば脱衣場で嗅いだような香りだったな……)

ペトラ『こんなに濡れてる』
   『綺麗なピンク色ね』
   『凄く溢れてくるのよ』

クリスタ「!!///」

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:31:26 ID:XBPsqREE
クリスタ(へ、変なの思い出しちゃった……。)ジワリ...

クリスタ(ってどうしちゃったの私!何もされてないのに、なんだか濡れてる?
……やだやだ、なんか私本当に変態みたいじゃない!!)

エレン「クリスタ。」

クリスタ「!」ピクンッ

エレン「えっと、大丈夫か?顔も赤いし、さっきも風呂場で苦しそうな声あげてたし……。
体調でも悪いのか?」

クリスタ「いや、大丈夫、本当に大丈夫だよ!!」

エレン「でも……。」

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:33:09 ID:XBPsqREE
ペトラ「はい、エレンとクリスタの分のコーヒ……ってクリスタちゃん!?どうしたの!?」

クリスタ「いえ、なんでも……。」

クリスタ(なんだかさっきも消化不良?みたいな感じで、奥が凄く疼く……)

グンタ「でも本当に体調が悪そうだな……。」

リヴァイ「……ペトラ。」

ペトラ「はい!」

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:33:55 ID:XBPsqREE
リヴァイ「クリスタをお前の部屋に運んでやれ。で、もう二人とも休め。」

ペトラ「でも、クリスタちゃんの分のコーヒーとか、後片付けは……。」

エレン「それなら俺たちがなんとかしますから!

エルド「そうだな、先ずは体調優先にしないと。」

クリスタ「本当に、本当に大丈夫です……。」

エレン「大丈夫く無いから言ってんだよ。 クリスタ、辛い時は休め。」

クリスタ「エレン……。」

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:34:57 ID:XBPsqREE
ペトラ「クリスタちゃん、大丈夫?」

クリスタ「はい……。」

クリスタ(元凶はペトラさんですが……。)

ペトラ「続き、やって欲しいでしょ?」

クリスタ「!!」

ペトラ「だって、さっきもイキきれなかったもんね。」クスクス

クリスタ「……。」

クリスタ(私が思い出して変な気分になったの、バレてる……。)

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 18:39:06 ID:XBPsqREE
>>72
誤ペトラ「はい、エレンとクリスタの分のコーヒ……」
正ペトラ「はい、エレンとクリスタちゃんの分のコーヒ……

です…

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 22:44:42 ID:iVblP3uA
wktk

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 11:44:16 ID:67ujb9uQ
~ペトラの部屋~
ペトラ「クリスタちゃん、続きをやr」

クリスタ「つ、続きなんていいです……。」

ペトラ「……。」ハァ

ペトラ「そう言いながら、ショーツが濡れてて気持ち悪いんでしょう?」スッ

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 11:44:43 ID:67ujb9uQ
クリスタ「さ、触らないでください……!」

ペトラ「ズボンからでも湿ってるのが解るわ」ニヤニヤ

クリスタ「う……。」

ペトラ「おかしいな……。脱衣場出る時はそんな事無かったのに……。」

クリスタ「うう……。」

ペトラ「クリスタちゃん、ちょっとショーツ脱いでみよっか。」ニッコリ

クリスタ「………はい。」

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 11:45:27 ID:67ujb9uQ
ペトラ「クリスタちゃん、私に見える様に脱いでね?」

クリスタ「え、なんで……。」

ペトラ「だってはっきり濡れてるか濡れてないか見えないじゃない。」

クリスタ「……わかり、ました……。でも先ずはズボンを……。」スッ

クリスタ「…」

ペトラ「…」

ペトラ「もう、クリスタちゃんズボン下ろすのが遅い!
もっと早く!!」

クリスタ「ひゃ、ペトラさん……!」

ペトラ「……クリスタちゃん、ショーツにシミが出来てるね。」ニヤニヤ

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 11:46:15 ID:67ujb9uQ
クリスタ「え?嘘…!」

ペトラ「本当、本当。ワレメもくっきりはっきりしてるわ。」

クリスタ「……そんな実況、やめてください……。」

ペトラ「ごめんなさいね。だって、あまりにも可愛いから。
ね、早くショーツも脱いでね。」

クリスタ「」コクン

スッ...

クリスタ「ぺ、とら……さん……、これでいいですか……?」

ペトラ「凄く、糸を引いてる……。こんなに濡らして、いけない子……。」

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 11:46:55 ID:67ujb9uQ
ペトラ「ごめんね。もう我慢出来ない……」ドン

クリスタ「なにが、……!」ボフッ

クリスタ「へ……?ぺ、ぺ、ぺとらさん……!!そんな所に顔を近づけて……!」

ペトラ「クリスタちゃんの、ここ……。凄く濡れそぼってて、凄く官能的……。」ペロッ...

クリスタ「ひゃんっ……!き、きたないですよ……!」

ペトラ「汚くなんかないわよ。本当に、綺麗……。」

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 11:47:22 ID:PVapzDtk
変態だなあぺトラ

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 12:00:32 ID:XS0/vGgM
さすが調査兵団!
変態の巣窟だな!

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 12:04:10 ID:2on4Ce7k
>>83
不覚にも…

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 16:19:46 ID:67ujb9uQ
クリスタ「や、あぅ、ふ、らぁめ、なめ、ちゃ……」

ペトラ「……クリスタちゃん、そう言われるともっとやりたくなるじゃない……。」ペロッ...

クリスタ「や、めて……」

クリスタ(な、舐められてる!ナカまでは舐められなくて、その周りを執拗に……!)

クリスタ「ふ、ぁ、んっ」

ペトラ「クリスタちゃんのナカ、凄くひくついてる……」ハァッ

クリスタ「だから実況はやめてくださいぃい!!」

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 16:45:08 ID:dQJX9NTs
うむ、エロいな

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 16:59:44 ID:hSDEHWQM
ペトラさんってエロ要員安定みたいだけどなんでだ

88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 20:16:22 ID:mdETnlVg
>>87あんなに可愛い先輩がいたら即ハボだろ

89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 22:10:07 ID:67ujb9uQ
ペトラ「ごめんなさい。」ニッコリ

クリスタ「ほ、本当に悪いなんてそんな事思ってないですよねー!?ペトラさん!!」

ペトラ「そんな事無いわよ。」

クリスタ「だったら舐めるのやめてくださ……ゃんっ!」

ペトラ「それとは別。気持ちいいのに、我慢しちゃって……。」ペロリ

クリスタ「ら、から…そん、あぅ、ちっ……らいま、す、んっ」

ペトラ「でもね、クリスタちゃん……舐めても舐めても、ナカから溢れてくるの……。」

クリスタ「まっ……せ、んぁっ、はうっ……」

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 22:11:35 ID:67ujb9uQ
ペトラ「それに、腰も浮かしちゃってるし……」ペロペロ

クリスタ「そん、なっ…こ、うあっ…」

ペトラ「もうすぐイキそうなのにね。
それなのに、否定しちゃって……。」

クリスタ「あっ、や、ふぁっ…あ、はっ」

クリスタ(だめ、もう何も考えられなくなる……!)

クリスタ「…ん、あっ…や、も、むり、んっあ…」

91 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 22:12:36 ID:67ujb9uQ
ペトラ「」ペロペロ

ペトラ(クリスタちゃん、本当に可愛い……!)

クリスタ「…っふ、あ…っぁ…く、や、ふぁ…」

クリスタ(いやだ、何かくる、来ちゃうよ……!)

クリスタ「ぺ、ぺとらひゃ…こ、れ以上は…ら、めっ……」

ペトラ「もう少しよ、クリスタちゃん」

クリスタ「あっ…んあ、…あ…っ、ら…やあ…!」

クリスタ(もう、無理――!!)

クリスタ「やあぁ…あぁああっぁあ…!!」

ピシャ、ピシャ...

92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 22:13:44 ID:67ujb9uQ
クリスタ「」ハァ...ハァ...

ペトラ「クリスタちゃん、上手にイケたわね。」ニコニコ

クリスタ「ご、めん、なさい……。私漏らし、ちゃった……。」

ペトラ「漏らした?ううん、違うのよ。これは『潮吹き』って言って、気持ちよくて、イッたら、出るものなのよ。」

クリスタ「きもち、よく……。いく……。」

クリスタ(これが、イクこと……?あれが、私気持ちよかったの?)

ペトラ「クリスタちゃん、体は本当に正直だから、私嬉しい!」ニッコリ

クリスタ「そ、です、か……。」グッタリ

93 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 22:45:19 ID:3M1Oq4Qo
ふぅ…

94 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/16(金) 23:11:14 ID:uSt4Yp/Q
もうやめてペトラ!クリスタの感度はもうゼロよ!

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/18(日) 18:09:21 ID:jOvAus72
クリスタ(私はあの後、2回ほどイかされた。勿論その度にシーツを濡らしてしまった…。
最後の行為で私は気を失ってしまい起きたら朝になっていた。)

チュンチュン...

クリスタ「……ん……」

クリスタ「あ、れ……朝……?」

ペトラ「おはよう、クリスタちゃん。」

クリスタ「ぺとら、さん……。」

ペトラ「昨日はお疲れ様。」

クリスタ「///!!」

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/18(日) 18:10:37 ID:jOvAus72
クリスタ(そうだそうだ……!私、あのまま気を失って……!)

ペトラ「ほら、まだシーツも湿ってる。クリスタちゃん沢山濡らしちゃったから、私横の空き部屋で寝たのよ。」

クリスタ「空き部屋って……!」

クリスタ(だったら最初から私とペトラさんの部屋をわけてくださいよ……)トホホ

ペトラ「ほらクリスタちゃん、服をちゃんと着て!」

クリスタ「へ?……あ、はっ!?本当だ、私全く服着てない!!」アワワワ

ペトラ「全く、もう。クリスタちゃんってば!」クスクス

97 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/19(月) 04:43:46 ID:iGGcPZBA
そのシーツ、俺にください

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:46:23 ID:njhMtjRY
――――
――
クリスタ(私はその後朝ごはんを特別班のみなさんと食べた。)

クリスタ(やっぱり、調子がおかしいように見えたらしくエレンやその他のみなさんに『大丈夫?』と声をかけられちゃった)

クリスタ(ううん、それでも頑張らなくちゃ!)

ペトラ「クリスタちゃん、もう本部に帰るの?」

クリスタ「はい。私も今日は訓練があるので…。」

ペトラ「変態に襲われたりしない?」

クリスタ「……大丈夫です。」

クリスタ(ペトラさんが一番変態ですよ……。)

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:47:22 ID:njhMtjRY
――パカラッパカラッ

エレン「クリスタ、本部まで送ってやるよ。」

クリスタ「エレン。」

エレン「こんな朝っぱら、女子一人歩かせたら怖いからってリヴァイ兵長が言ってたからな。」

エレン「あとクリスタが昨日泊まった事についての書類を上官のナナバさんに渡して欲しいんだってよ。」

クリスタ「多分送迎はついでだね……。」

エレン「ははは……。」

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:48:34 ID:njhMtjRY
ペトラ「クリスタちゃんだったら私が送っていくのに。」ハァ

クリスタ「」ビクッ

エレン「ペトラさんも女性なので、帰路の一人は危ないですからね。」

エレン「それに『同期だしお前だったら大丈夫だろう』って兵長も言ってましたから。」

クリスタ(兵長GJ)

ペトラ「確かにエレンだったらクリスタちゃん襲ったりとかそんな事はしなさそうだしね。」

エレン「その点ならペトラさんもですよ。」

ペトラ「そうかしら。」

ハハハハハハハ

クリスタ(そ、そんな事ないよエレン……)ガタブル

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:49:37 ID:njhMtjRY
エレン「それじゃあ行くか、クリスタ。」

クリスタ「う、うん。
ペトラさん、お世話になりました。」ペコリ

ペトラ「そんな事、私も有り難う。
また手取り足取りじっくり教えてあげるから。」

クリスタ「!!///」

クリスタ「いえ、全然そんなの……。
だってペトラさんのお邪魔ですし……。」

ペトラ「遠慮しなくてもいいのよ、クリスタちゃん」ニッコリ

エレン「本当に。」

クリスタ「え、エレンは黙って!!」

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:50:03 ID:z2f2Ug0E
キター

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:50:40 ID:njhMtjRY
エレン「旧本部これっきりっていうのも……。」

エレン「折角オルオさんやみなさんと知り合いになったから、俺はまた来て欲しいけどな。」

クリスタ「エレン……。」

ペトラ「エレンの言う通りよ、クリスタちゃん!また旧本部にいらっしゃい。
私、もっともっとクリスタちゃんに馬術の事教わりたいから。」

クリスタ「ペトラさん……。」

クリスタ「……解りました、また来ます。」

ペトラ「そうこなくっちゃ。」

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:52:23 ID:njhMtjRY
クリスタ「それじゃあ、ペトラさん。さようなら。」ペコリ

ペトラ「バイバイ、クリスタちゃん」

パカラッパカラッパカラッ...

クリスタ(次って、また次も私苛められるのかな……。)

クリスタ(ううん、今度こそ絶対にあんな事は断る!
あんなエッチな事エッチな事エッチな事……)

クリスタ(あれ、なんだか……。)

クリスタ「!!??」

エレン「く、クリスタ?」

クリスタ「いや、なんでもない、なんでもから……!」

クリスタ(なんかまた、濡れた気がしたのは多分きっと気のせい!!)

クリスタ(いややっぱり濡れてる……?)

クリスタ(いや気のせい!!
お願い、誰か気のせいだと誰か言って!!)


~終わり~

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:53:06 ID:njhMtjRY
~おまけ~

ユミル「昨日はどうだったか、クリスタ?」

クリスタ「とても楽しかったよ。特別班のみなさん優しくていい方だった。」

ユミル「そうか。私はお前が居なくて寂しかったからな……。
朝帰りなんて、そんな娘に育てた覚えはないぞ……。」ウッ

クリスタ「やめてユミル!!私ユミルの娘じゃないし!!」ブンブン

クリスタ(それに妙に生々しいから本当にやめて!!)

106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:53:50 ID:njhMtjRY
ユミル「それじゃあ、寝るか。」

クリスタ「うん、おやすみなさい。」

――――
――
ユミル「」zZ

クリスタ「」

クリスタ(そういえば、昨日の今頃私……。)

クリスタ(キャァアァア///)

――クリスタちゃんって自慰とかした事無いの?――

クリスタ(……)

クリスタ(ちょ、ちょっとだけ……。)

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:54:31 ID:njhMtjRY
クリスタ(た、たしかこの辺りを……。)ゴソゴソ

クリスタ「ひゃんっ」ビクッ

クリスタ「」サッ

クリスタ「」チラッ

ユミル「」zZ

クリスタ(だめだめだめ、ユミルが起きちゃうから。)

クリスタ(――でも声さえ我慢したら……。)ゴクリ

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:55:11 ID:njhMtjRY
――――
――
クリスタ「っつ……ふっ、……はぁっ……」

ユミル「」

ユミル(おいおいおいクリスタが自慰行為なんてしてるぞ……。)アセリアセリ

ユミル(声、我慢してるみたいだが丸聞こえだっつーの……。)

ユミル(訓練兵時代ではそんな事微塵も無かったクリスタが……。
一体昨日クリスタの身に何があったんだ……!!)アワワワワ

その日初めてクリスタは自慰をし
ユミルが色々考え事をして寝れなかった事はまた違うお話です

~おまけ 終わり~

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:55:27 ID:z2f2Ug0E
おつです!

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/21(水) 21:55:57 ID:njhMtjRY
色々考えましたが、これが一番纏まった終わり方だった気がします。
もう少しのばすつもりでしたが、なんせ104期調査兵団兵と特別班が被っている時期が短いのでいい終わり方が思い付きませんでした。
おまけはどうしても入れたかったものです。

始めてのエロ+色々消化不良でごめんなさい。
それではまた違うSSで

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/22(木) 20:46:52 ID:JBF3sCEw
乙です

関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/52-29b0d444


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。