FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリスタ「エレンと仲良くなりたいの」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 17:59:21 ID:3ugSUhOw
アルミン「え、なんだって?もう一度言ってもらってもいいかな?」

クリスタ「え、っと…エレンと仲良くなりたいの///」カァァ

アルミン「あ、ああ。良いことだと思うけどなんでまた急に?」

クリスタ「それは…」



2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 18:05:55 ID:3ugSUhOw
~立体機動訓練中~

クリスタ「はぁはぁ、みんな速いよ…私も頑張って着いていかないと」シュ

クリスタ「きゃっ(ガスを吹かし過ぎちゃって狙いが、落ちちゃう)」ギュ

クリスタ「……あれ?落ちてない?」

エレン「大丈夫かクリスタ!」

クリスタ「え、エレン?」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 18:25:37 ID:OpthriWo
一日数発ピストル音 ▽▽)┳━☆タキューン

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 18:39:29 ID:DobvGQaE
おれはエレクリが好きだ
期待してるぞ



期待してるぞ

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 18:51:32 ID:ZzWRCUvI
はよ…はよぉぉぉぉ!続けぇ!

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 18:56:23 ID:3ugSUhOw
エレン「ケガとかしなかったか?危ないとこだったな」ニコ

クリスタ「あ、ありがとうエレン(お姫様だっこ恥ずかしいよぉ///)」

エレン「ガスの吹かし過ぎか?悪い俺達のペースに無理に合わせたんだろ?」

クリスタ「え、え、そうじゃないよ!私が遅いから…でもなんでエレンがこんな後ろの方に?」

エレン「ちょっとクリスタが無茶してそうだったから一応な」

クリスタ「///」

エレン「」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:00:20 ID:3ugSUhOw
クリスタ「で、そのままお姫様だっこで連れて行ってもらって、正式にお礼もしてないし、できたらもっと仲良くなりたいなぁって」モジモジ

アルミン「そうなんだ、エレンらしいね(エレンまた君は…正直羨ましい)」

クリスタ「それでアルミンはエレンの新友だし、何かいい案がないかなって相談したんだ」

アルミン「んーエレンは鈍感だからねぇ、まずは一緒に朝食でもとってみるとか?」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:04:24 ID:3ugSUhOw
クリスタ「朝食?でも私なんかが突然あの中におじゃましちゃっていいのかなぁ?」

アルミン「大丈夫だよ!僕もいるし(天使と一緒にご飯を食べれる)」

クリスタ「そうかな?ありがとうアルミンさっそく明日そうしてみるね」ニコ

アルミン「(天使や)」

ちょっとコンビニ行ってきます

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:07:35 ID:DobvGQaE
まだパンツは脱がないけど待ってる
ズボンは裂いておきます

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:08:18 ID:mK4HYKpA
待ってるぞ

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:24:03 ID:EnMO3KpE
期待期待

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:32:14 ID:NQOb5iK2
コンビニ長すぎィ!

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:36:49 ID:3ugSUhOw
~次の日~
エレン「アルミンー飯食べようぜ」

アルミン「う、うんそうだね」チラチラ

ミカサ「…どうしたのアルミン?」

アルミン「な、何でもないよ」アワワ

クリスタ「(緊張するよぉ)」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:39:57 ID:3ugSUhOw
ユミル「おう、クリスタ今日も可愛いな、でいつ結婚しようか」

クリスタ「ぁ、ユミル。おはよう結婚はしないからね」

ユミル「朝から天使様に振られちまった、か。まぁ飯でも食べようぜ」

クリスタ「ごめん今日は一緒に食べれないの、ごめんね」タッタタ

ユミル「」

コンビニから戻ってきました、ナポリタンうまし

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:42:12 ID:yJO6Hxw6
>>1自身のコメントする場合は2,3行あけたほうがいいんでない?

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:42:17 ID:3ugSUhOw
エレン「はぁ今日も味気のないメニューだな」

クリスタ「エレン!」

エレン「ん?どうしたんだクリスタ?」

クリスタ「え、っとその」モジモジ

アルミン「(頑張れ僕らの天使)」

ミカサ「」ジィィィィ

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:46:54 ID:3ugSUhOw
クリスタ「え、っと私もここで食べてもいいかな?」

エレン「ん?別にいいぞ、なぁアルミン、ミカサもいいよな?」

アルミン「ぼ、僕は全然大丈夫だよ、ミカサは?」チ、チラ

ミカサ「私は構わない、エレンがそういうのなら」

クリスタ「ほんと!ありがとう。じゃあここに座るね」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:52:13 ID:3ugSUhOw
エレン「おう、しかしクリスタが居るなんて新鮮だな」

クリスタ「そうかな?おじゃまじゃないかな?」

エレン「お邪魔?んなわけないだろ、むしろ俺は嬉しいよ」ニコ

クリスタ「え、うぅ//」テレ

ミカサ「」ジィィィ

アルミン「(僕の胃に嵐が吹き荒れそうだよ)」




>>15助言ありがとうございます。そうします。

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:56:20 ID:dnVe7mcs
エレクリ大好物です

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:57:59 ID:3ugSUhOw
エレン「ふぅ食った食った」

クリスタ「あ、エレンにんじん残してるよ」

エレン「あーにんじんはちょっと苦手で…」

クリスタ「ふふ、エレンって子供っぽいところもあるのね」クスクス

エレン「し、仕方ないだろ、苦手なんだから、じゃあクリスタが食べてくれよほら」アーン

クリスタ「え、ぇ///…あーん」パク

ミカサ「エレン、にんじんなら私が食べてあげるのに」ボソ

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:58:04 ID:.39goFaU
エレクリとか俺得

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 19:58:32 ID:NQOb5iK2
>>1のコメントは書かないほうがいいと思う

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 20:01:38 ID:3ugSUhOw
エレン「ぷ、ほらクリスタだって子供みたいじゃねえか」ハハ

クリスタ「あーひどいエレン、もうにんじん食べてあげないよ」プン

エレン「あーごめんごめん、俺が悪かったって」

クリスタ「もう」

アルミン「(すごい微笑ましい光景だなぁ…だけど)」チラ

ミカサ「」イジイジ

アルミン「(ミカサがいじけちゃってる)」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 20:05:46 ID:3ugSUhOw
エレン「また、一緒に食おうぜクリスタ」

クリスタ「え、いいの?」

エレン「当たり前だろまたいつでも来いよお前の席あけとくから」

クリスタ「うん、じゃあまたねエレン」ニパ

エレン「」ドキ

エレン「なんだ、今心臓がドキって、まさか……風邪でも引いたか?」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 20:28:53 ID:nn75iy/I
イジイジしてるミカサ可愛い

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 20:52:14 ID:3ugSUhOw

クリスタ「(今日は楽しかったなぁ、また明日もエレンと食べれるなんて)」

クリスタ「(今日は早く寝て明日に備えようっと)」スゥスゥ

ユミル「私のクリスタが悪い男に…」

ミカサ「(どうしたらエレンに)」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 20:56:38 ID:3ugSUhOw
~翌日~
サシャ「今日もいい天気ですねぇ、さぁ皆さんご飯に行きましょう」

クリスタ「」スゥスゥ

サシャ「おやおやお寝坊さんがいますね、おーいクリs」

ユミル「ちょっと待ったクリスタはまだ眠いらしいんだ、今日は休みだしそっとしておこうぜ」

ミカサ「そういうこと」

サシャ「そうなんですか?なら皆さん早く行きましょう!御飯が逃げちゃいますよ」

アニ「御飯は逃げないから…」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:07:19 ID:3ugSUhOw
ミカサ「ユミル」グッ

ユミル「(まさかお前と手を組むことになるとはな)」グッ

~就寝前~
ミカサ「ユミル私とあなたは協力する必要があると思う」

ユミル「そうだな、ミカサおまえとならやっていけそうだ」ガシ

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:11:20 ID:3ugSUhOw
エレン「今日は休みだし、なにするかな。考える前に飯だな、なぁアルミン」

アルミン「うん、そうだね(今日もクリスタくるかな?)」

ミカサ「おはよう。エレン、アルミン」

エレン「おっす、あれクリスタとは一緒じゃないのか?」

ミカサ「ちょ、ちょちょちょっとわわ、わからない」

エレン「そっか」

アルミン「(絶対知ってるだろ)」

ユミル「(ごめんなクリスタでもお前のタメなんだ)」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:14:02 ID:3ugSUhOw
ミカサ「じゃあ食べようエレン、アルミン」

アルミン「うん」

エレン「いや、俺はクリスタが来るまで待つよ」

ミカサ「え、なら私も」

エレン「いやいいよ、俺がクリスタとした約束にお前らを付き合わせるのも悪いしな」

ミカサ「で、でも」

アルミン「ミカサ!ほらエレンもああ言ってるしはやく食べようか」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:14:57 ID:OHf9I3kg
みてるよみてるよ

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:17:07 ID:3ugSUhOw
クリスタ「…ふぁ、よく寝た…あれ皆は?」キョロキョロ

サシャ「あれ、クリスタまだ寝てたんですか?」

クリスタ「え、サシャ。もうご飯食べたの!?」

サシャ「はい、私が一番最後まで食べてましたかね?」キョトン

クリスタ「え…そんな」タッタタ

サシャ「あ、でもエレンがまだいましt…ってもういないじゃないですか」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:19:12 ID:3ugSUhOw
クリスタ「はぁはぁ、せっかくエレンと一緒に食べる約束したのにわたし、わたし」タッタ

クリスタ「ほんとだ……もう誰もいないや、わたし…」ジワァ

???「クリスタ?」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:24:55 ID:3ugSUhOw
クリスタ「え?」

エレン「なんだ寝坊したのか?寝ぐせついてるぞ」ナデ

クリスタ「え、エレン…」ジワ

エレン「え、お、おいどうして泣いているんだクリスタ具合悪いのか?」

クリスタ「違う…のそのせっかく約束したのに寝坊なんかしちゃって…」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:26:07 ID:DobvGQaE
ラブリークリスタたまらん

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:28:41 ID:3ugSUhOw
エレン「なんだそんなことか、俺は逆にお前になんかあったと思って心配してたんだぞ」

エレン「ほら泣いてないで一緒に飯食べようぜ!それにクリスタの焦った顔も見れてラッキーだったしな」ポン

クリスタ「もう、エレン…エレンの意地悪」プイ

エレン「」ドキ

エレン「まただ、俺やっぱ風邪ひいてんのかな…」

クリスタ「でも本当にごめんなさい、もしかして私のために待っててくれたの?」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:29:48 ID:3ugSUhOw
エレン「なんだそんなことか、俺は逆にお前になんかあったと思って心配してたんだぞ」

エレン「ほら泣いてないで一緒に飯食べようぜ!それにクリスタの焦った顔も見れてラッキーだったしな」ポン

クリスタ「もう、エレン…エレンの意地悪」プイ

エレン「」ドキ

エレン「(まただ、俺やっぱ風邪ひいてんのかな…)」

クリスタ「でも本当にごめんなさい、もしかして私のために待っててくれたの?」


間違った箇所修正しました。

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:31:54 ID:3ugSUhOw
エレン「まぁなお前と約束したしな」

クリスタ「ありがとうエレン//」

エレン「まぁ罰としてにんじんは食べてもらうけどな」ハハ

クリスタ「もう、エレンったら」クスクス

ユミカサ「」ガーン

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:39:13 ID:3ugSUhOw
エレン「ふぅ食べた食べた、そういえばクリスタこの後どうするんだ?」

クリスタ「私?特に決まってないけど?」

エレン「じゃあちょっと街に行かないか?」

クリスタ「え、街へ?」

エレン「おう、ちょっと馬のブラシを買いたくてな、ほらクリスタ馬術得意だろ?だから」

クリスタ「いいよ!もちろん行く(え、えこれってもしかしてデート!?)」

エレン「じゃあ外出届書は俺が書いとくから門に集合でな」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:41:48 ID:3ugSUhOw
エレン「すいません外出書2名出しときます」

?「はいよ…ってエレン!」

エレン「ん?」

ライナー「お前どこに行くんだよ!しかも俺らのアイドルクリスタと!!!!」

エレン「どこって街だけど…ってなんでお前がここにいんだよ」

ライナー「今日は詰所の当番だったからな」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:43:30 ID:3ugSUhOw
エレン「そっか頑張れよ、じゃ俺は行くぜ」タッタ

ライナー「話はまだ…って行っちまったか、くそエレンのやつ」ブツブツ

?「外出書3名追加で」

ライナー「お前ら…」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:47:14 ID:3ugSUhOw
~門~

クリスタ「はやく着きすぎちゃったかなぁ?」キョロキョロ

エレン「クリスタッ!」

クリスタ「エレン」

エレン「悪い待ったか?」

クリスタ「ううん、私も今来たところだよ、じゃ行こっか」ニコ

___
ユミル「まさか外出までするとはな…あとを着けて様子次第では合流して邪魔するぞ」

ミカサ「まかせて」

アルミン「…なんで僕まで」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:49:15 ID:l..rZ62o
アニの出番はまだてすか!

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:50:56 ID:3ugSUhOw
エレン「結構、込んでるな…馬用品はあっちか、ほらはぐれるとだめだからな」ギュ

クリスタ「う、うん///」ギュ

ユミル「あいつぅ私の天使になんてことを…」ブツブツ

ミカサ「私たちはやく追いかけよう」ギリギリ

アルミン「はぁ僕の休日が」キリキリ

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:53:49 ID:3ugSUhOw
エレン「んっと、こっちの方がいいのか」

クリスタ「んーそれだったらこっちの方がいいかな?」

店員「お客様、他のお客様に迷惑になるので3人でしゃがみ込むのは」

ユミカサ「」ギロ

店員「いえ、なんでもございません」オド

アルミン「すいませんすいません」ペコペコ

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:56:15 ID:3ugSUhOw
エレン「よっし買うものも買ったし、ありがとうなクリスタ」ニコ

クリスタ「ふふ、どういたしまして。」

エレン「そうだな、付き合ってくれたお礼にあのクレイプっていうの食べてみないか?」

クリスタ「うん!ほら行こうエレン」ギュ

エレン「お、おう!」

ユミカサ「」ギリギリ

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 21:59:01 ID:3ugSUhOw
エレン「すいません、チョコひとつとストロベリーひとつお願いします」

?「いらっしゃいチョコとストロベリーだね?」

エレン「お前…アニ、こんなとこでなにしてんだ」

アニ「それはこっちのセリフ?…なにしてんのあんたたち、ちなみに私は…バイト」

クリスタ「えっとエレンの買い物に付き合ってて」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:01:46 ID:3ugSUhOw
アニ「ふーんそう、ハイできたよ」

エレン「お、ありがとな」

アニ「それより、あんた、クリスタを連れてあっちの道まで走って行って食べな」ボソ

エレン「え、なんでだよ」

アニ「…いいから」

エレン「よし、クリスタ行くぞ!」ギュ

クリスタ「え、え?」タッタタ

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:02:12 ID:fulOHoMs
エレン「レイプっていうのを食べてみないか?」に見えたwwww

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:03:59 ID:3ugSUhOw
ユミル「な、あいつら走って!?」

ミカサ「逃がさない」

アニ「待ちな、あんたたち。ここは通さないよ…」

ユミル「なんで邪魔すんだよアニ」

アニ「…さぁね?(あいつのこと多少なりに好きだったからかな?)」

ミカサ「どけ女狐」ギロ

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:06:26 ID:3ugSUhOw
ユミル「こっちは首席様と私がいるんだぞ?」ハッ

アニ「……ふん」

ミカサ「2対1で勝てると思ってるの?」

アルミン「僕も協力すれば2対2だ」

ミカサ「アルミンっ」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:09:04 ID:3ugSUhOw
アニ「…なに、あんたもこっちにつくの?」

アルミン「う、うん。あの二人には幸せになってほしいからね新友的にね」

アニ「…ふん、邪魔しないでよ」

アルミン「はは気をつけるよ」

ミカサ「アルミンでも容赦しない」

アルミン「あいにく勝てるつもりはないけど時間稼ぎにはなる」キリ

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:13:48 ID:eaEcymU2
いやわからないな…なぜアニはバイトしている…?

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:18:28 ID:3ugSUhOw
エレン「はぁはぁここらへんでいいのか?」

クリスタ「どうしたの、急に…」

エレン「こっちの方がいいかなーって」

クリスタ「なにそれ、変なエレン」クスクス

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:44:10 ID:4X/jj.bI
アニ……(´;ω;`)

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:48:39 ID:RI2ELgiI
ちょっと、そのクレイプやはどこに?

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:48:58 ID:OHf9I3kg
さすがアニ貴

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:53:02 ID:cD8s8DnU
いい?エレン?、その心臓の痛みはね、心臓に鉛玉ぶちこまれたってのと同じなんだよ。
ついでに、僕はエレンを見るたびに心臓に鉛玉ぶちこまれてるよ(笑)

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:56:08 ID:3ugSUhOw
エレン「それより、食べようぜ!走ったせいでお腹すいちまった」

クリスタ「そうだね食べよ」クスクス

エレン「ん、うまいな。こんなにうまいものがあったのか」

クリスタ「エレン大袈裟だよ、すごくおいしいのはわかるけど」フフ

エレン「そっちも美味いか?」

クリスタ「うん。え、っとこっちも食べてみる?///」

エレン「お、いいのかありがとなクリスタ」アーン

クリスタ「はいどうぞ(アーンしてるエレン可愛い)」

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 22:58:32 ID:3ugSUhOw
エレン「ん、美味い!」

クリスタ「ふふ、そうよかった」

エレン「ほら、俺のも食べてみろよ」アーン

クリスタ「え、じゃ…じゃあ」パク

クリスタ「ん、こっちも美味しいね」エヘヘ

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:03:10 ID:3ugSUhOw
クリスタ「(良く考えたらこ、これって間接キスだよね///)」

エレン「良かった、ん?クリスタ」

クリスタ「え、な何?(え、エレンが私の顔を見つめて!?)」カァァ

エレン「頬っぺにクリームついてる」ヒョイパク

クリスタ「(あ、私の頬についたクリームをエレンが///)」

エレン「よし取れたぜ!」

クリスタ「あ、ありがとう」

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:05:46 ID:3ugSUhOw
エレン「よし陽も落ちてきたしそろそろ戻るか…」

クリスタ「うんそうだね(もっと遊びたかったな)」

?「お、そこのカップルさんちょっと寄っていかない?」

エレン「ん?装飾品屋か」

クリスタ「や、カップルだなんて、そんなまだはやいよ///」


エレン

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:06:09 ID:dnVe7mcs
クリスタかわいい

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:13:16 ID:3ugSUhOw
店員「これなんかどうかな?ペアでつければもっと仲が深まるよ」

エレン「指輪か、よしこれ二つください」

クリスタ「え、えええ!エレン?」

エレン「ん、これは今日付き合ってくれたお礼と今日の記念ってことで、いやだったか?」

クリスタ「ううん、すっごく嬉しいよ」ニパ

エレン「!?」ドキ
エレン「(もしかしてこれが好きッてことなのか?)」ドキドキ

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:18:53 ID:3ugSUhOw
クリスタ「えへへ、お揃いだね、私ずっと大切にするね」

エレン「そ、そうだな、、ちょっと安いもので悪いけど」

クリスタ「ううん、どんなに安いものだとしても私にしては一番の宝物だよ」

エレン「また一緒に出かけような」

クリスタ「うん(私は仲良くなりたいんじゃなくて、エレンのことが好きだったんだ)」

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:22:05 ID:3ugSUhOw
~その夜女子寮~

クリスタ「えへへ」

サシャ「おやおやどうしたんですか?指輪見てにやけっちゃって」

サシャ「もしかして誰かからの贈り物ですか?」

クリスタ「うん、大切な人からね」

サシャ「おぉーやりますねークリスタ」

ユミル「」ボロ

クリスタ「ところでなんでこんなにユミルはボロボロなのかな?」

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:26:13 ID:3ugSUhOw
~男子寮~

ライナー「その様子だとうまくいったようだな、お前、俺らのアイドルを」

エレン「だからその、アイドルってなんだよ」

ライナー「まぁお前にはまだ早い、なかなか似合ってるぞその指輪」フン

エレン「だろ?」フフン

ライナー「おま、生イキだぞ」

ベロベルト「ところでなんでアルミンはそんなボロボロなの?」

アルミン「休日の格闘訓練の自主練のせいかな?」グッタリ

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:27:53 ID:3ugSUhOw
エレン「ところでアルミン相談があるんだが…」

アルミン「ん?なんだいエレン」

エレン「その、クリスタともっと仲良くなりたいんだけど」

アルミン「そう来ると思ってたよ」フフ

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:28:06 ID:F.6OMQTw
アルミンに惚れた

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:30:52 ID:3ugSUhOw
~次の日~

エレン「おはようクリスタ!」

クリスタ「おはようエレン!」

エレン「昨日は楽しかったな、また街へ行こうぜ」

クリスタ「うん、絶対ね約束したからね」クス

エレン「また寝坊するのはなしだぜ」ハハ

クリスタ「もう、エレンったら///」プン

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:32:59 ID:3ugSUhOw
エレン「(次出かけるときには俺はクリスタにこの想いを伝えよう)」

クリスタ「(次出かけたときにエレンにこの気持ちを伝えよう)」

エレン、クリスタ「(もっと仲良くなってやる)」

終わり

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:34:57 ID:3ugSUhOw
くぅ疲w
初投稿で短編でしたが、どうだったでしょか?
やっぱりエレクリはいいですね
お疲れ様でした

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/06(木) 23:54:20 ID:3ugSUhOw
~後日談~
アニ「…また、あんたらかい、いつものでいいんだね?」

エレン、クリスタ「いつもので」ニコ

アニ「…はいはい、お熱いことで」

エレン「ほらクリスタ」アーン

クリスタ「うん、やっぱり美味しいね」パク

エレン「はは、可愛いなクリスタは、好きだぞ」ナデ

クリスタ「もう…私も好きだよエレン///」ギュ

アルミン「(あのあと二人が付き合ったのはいいけど仲が良すぎるんだよね…うらやましい)」

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/07(金) 00:06:56 ID:2ovkur9g
本編で全く絡みがない分難しいけどな……

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/07(金) 00:30:55 ID:K.VZo.So
だからこそ二次で輝くってもんよ

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/07(金) 00:40:35 ID:7ueMHHxw
絶対に…絶対に許さない

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/07(金) 02:16:36 ID:mRbgvtv6
今日も相変わらずミカサが荒れてるな

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/07(金) 13:04:34 ID:i/YKkoP2
すごくよかった

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/20(木) 18:12:25 ID:6sX6J.ns
久々に良いssだった





関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/54-533e99f5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。