FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二宮飛鳥「ふふ 闇に飲まれよ、ってね」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:35:27.98 ID:rImODExuo
飛鳥「ん?キミは……あぁ蘭子君だったね。新しく入る予定の二宮飛鳥だ。よろしく」

蘭子「クク……私の名を知るか……私の力に身を焼かれぬよう、せいぜい気をつけなさい(わぁ!私の名前知ってるんですか!よろしくお願いします!)」

飛鳥「わぁ、これは思っていた以上だね。これからもよろしくお願いするよ」

蘭子「汝の歩んだ年月といかほどか?(歳はいくつなんですか?)」

飛鳥「ん?歳かい?そうだね14歳だよ。ただ歳はここでは重要じゃない。そう思わないかい?」

蘭子「この覇道を得るのに年月は些細、か(確かに仲良くなれるなら歳なんて関係ないですものね!)」


ちひろ(Pさんがまさか、とは言ってましたけど……翻訳無しでいけるとは……)




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:35:28.78 ID:kkb8CawDO
早い
期待
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:35:57.26 ID:rImODExuo
蘭子「汝はどの刻において此処に顕在した?(いつころに事務所にきたんですか?)」

飛鳥「ついさっきさ、プロデューサーに言われてね。キミがいるだろうから、仲良く出来るかもってさ」

蘭子「クク……我が下僕も理解しておる(さすがプロデューサーは分かってますね!)」

飛鳥「しかし、驚いたよ。こんなにも『言葉』を使ってるなんて。普段からだったんだね」

蘭子「我が言霊は誰の手にも負えぬ……しかし汝は受け入れておるようだな(みんなやっぱり分からないみたいですけどね……でも飛鳥ちゃんは分かるんだね?)」

飛鳥「それは分かるさ。言葉じゃなくて、会話はココロだろう?」

蘭子「汝も、我が同類ということか……(飛鳥ちゃん分かってるね!)」

飛鳥「こんなにも胸が踊る日が来るなんて思わなかったよ」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:36:25.80 ID:rImODExuo
蘭子「汝のことを理解したいが構わぬか?(もっと飛鳥ちゃんのこと知りたいです)」

飛鳥「ふむ、そうだね。それじゃ趣味の話でもどうだい?」

蘭子「ほう、構わぬ。申してみよ(聞きたいです!)」

飛鳥「ボクはヘアアレンジがまず趣味って言ってもいいね。蘭子君も中々なヘアースタイルだよね。さすが、魔王と言ったところかな?」

蘭子「我が存在のそこに気づくとは……(よ、よかった、似合ってるんだね!)」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:37:02.02 ID:rImODExuo
飛鳥「でもボクの髪も中々だと自負しているよ。どうだい?この毛先の所。色を変えてみてるんだ」

蘭子「悪魔の所業か!(すごい似合ってるよ!)」

飛鳥「そうストレートに褒められると、どうにも参るね。キミもどうだい?銀から毛先に向かって黒とかにしてみないかい?」

蘭子「!! 分かっておるな……(す、すっごく格好いい!)」

飛鳥「これはプロデューサーに聞いてからだね。オーケーが出たら、早速やってみたいよ」

蘭子「フフ、造作もない……(はい!よろしくお願いします!)」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:37:28.66 ID:rImODExuo
飛鳥「他に趣味……ラジオをよく聞くよ。蘭子君はどうなんだい?」

蘭子「漆黒なる刻に、我は敵わん(わ、わたし夜とかすぐ寝ちゃうんです……)」

飛鳥「いや、実際のラジオというより、ポッドキャストだからね。時間はいつでも大丈夫だよ?」

蘭子「……?(ぽっど、きゃすと?)」

飛鳥「今度教えてあげるよ、キミも気に入ってくれたらいいな」

蘭子「太陽なる栄光の輝き(はい!期待してます!)」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:38:00.97 ID:rImODExuo
飛鳥「そういえばキミは絵を描くことが趣味って聞いているよ。ボクと同じだね」

蘭子「なんと……同じ力を得てるモノであったか(え!絵が趣味なんですか?一緒ですね!)」

飛鳥「ただ、キミのそれとは少し違う。ボクは漫画なのさ」

蘭子「ほう、似て非なる力であったか(漫画なんですか!すごいですね!)」

飛鳥「そう持ち上げないでくれ。キミの絵だってただ描いているだけじゃない、バックグラウンドにあるストーリーだってあるだろう?ボクはそれを少し表現しているだけさ」

蘭子「否、私の瞳を持ってしても、その所業は些か難しい(いえ、私は漫画が描けないので……やっぱりすごいです)」

飛鳥「今度にでもキミのために持ってくるよ。キミの絵も見てみたいな」

蘭子「フフ……我がグリモワールとくと見よ!(私も今度絵を持ってきますね!)」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:38:36.49 ID:rImODExuo
飛鳥「それにしてもこんなに話せる人がいるなんて、アイドル事務所ってすごいんだね」

蘭子「?」

飛鳥「ボクの言動は少し、いや結構特殊だと自覚があったからね。周りから斜に構えてるとか、そういうのを言われたりしたんだ」

飛鳥「それがどうだい、キミ……いや蘭子君はこうやってボクとすぐに仲良くしてくれている。それが、嬉しいんだ」

蘭子「我が同胞だと認識したからな!より言霊を交わそうぞ!(もう仲間ですからね!いっっぱいお話しましょう!)」

飛鳥「ふふ、それは楽しみだ。これからの人生に彩りが出る。いや、もう出たのかな」

飛鳥「改めて、これからよろしく頼むよ。蘭子君?」 ニコッ

蘭子「汝の契約によって我慟哭す!(はい!これからずっとよろしくお願いします!)」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:39:11.80 ID:rImODExuo
短めですが終わり

やっぱりこのキャラは蘭子と話させたかった

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:44:48.09 ID:kkb8CawDO

この娘最初は驚いたけど普通にいい子なんだよね
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:46:57.27 ID:GIK/7LV8o
おっつおっつ

早い!上手い!(分かり)やすい!の三拍子揃った良いものでしたわ・・・やみのま!
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:47:21.51 ID:rImODExuo
ロリ巨乳・ドS・厨二・お茶

静岡強い
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:51:42.66 ID:3I7nH75Xo
早すぎィ!

乙でした
他の二人もSSで活躍するといいなぁ
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/19(木) 20:52:56.16 ID:KLtpiAB90
はえーよ
16 : ◆2sEevkrykY [sage]:2013/12/19(木) 22:27:40.68 ID:rImODExu0
やっべ飛鳥ちゃんこれエクステやったんか

セリフ一覧確認しないで見切り発車するとこうなる

あの部分だけ染めてるのかぁとか思ってました
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/19(木) 22:44:55.92 ID:7H/K1Q7t0








関連記事
スポンサーサイト
アイマス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/659-f64be1cc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。