FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女「男さんに会いたいよぉ……」



1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 23:16:43 ID:duPXxH7I

ガチャッ
ピンポーン

「は~い、今、行きますぅ」

バタン

「男さん、いらっしゃい。ずっと待ってたんだよ」

「俺も女さんに会いたかったよ」

「私もだよ。さあさあ、中に入って♪」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 23:28:16 ID:duPXxH7I

「いつ来ても、ファンシーな部屋だな」

「そりゃあ、いくつになっても女の子ですから。そういえば、誕生日にプレゼントしてくれた熊のぬいぐるみ、名前を付けてあげたんだよ」

「へえ、どんな?」

「ルー君」

「ルー君?」

「そうそう。何だか、この子が見守ってくれている気がして」

「そうなんだ」

「だからlookをもじって、ルー君って付けたの。最近は、いつも一緒だよ」

「ああ、知ってる。喜んでくれてうれしいよ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 23:34:12 ID:duPXxH7I
「そういえば、男さん。仕事が忙しいの?」

「年末の駆け込み需要でさあ。なかなか休みを取れないんだ」

「この前デートしたのは、一ヶ月以上も前だよね。メールもほとんど返してくれないし、どういうつもり?」

「だから、仕事で忙しいって言ってるだろ」

「でも、メールくらいは返せるでしょ」

「だからほら、今日はたくさん埋め合わせするからさあ」

「そんなの当然じゃない! どうして、メールしてくれないのよ」

「残業で疲れてて、つい忘れちゃうんだよ……。本当にごめん! お詫びに何でもするから」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 23:36:29 ID:duPXxH7I
「じゃあ、今日はいっぱい抱いてほしいな」

「抱いてほしいって、いやらしい女だな」

「だって、男さんに会えないのが寂しくて、寂しくて。今日もさっきまで、ずっと一人でしてたんだよ」

「一人でしてたって、何を?」

「何をって、そうナニを// 会ってくれない男さんが悪いんだからね」

「俺が悪いのかよ。なかなか会ってあげられなくて、ごめんな」

「そう思うなら、今後は気をつけてよね。ちゃんとメールを返すこと。それと、デートは最低でも月3回だからね」

「分かった、約束する」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 23:40:09 ID:duPXxH7I
「それにしても、さっきまでずっと一人でしてたって、いつもどうやってるんだ?」

「そ、そんなの、どうだっていいじゃない//」

「あのダンボールが、いかにもって感じで怪しいなぁ」

「ダンボール?」

「エッチな女さんは、どんなものをおかずにしてるのかな~」

「ああっ、片付けるの忘れてたあぁっ! 見ちゃ、だめぇっ!」

「結構重いな。おおっ、なんじゃこりゃあ」

「あわわ//」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 23:46:22 ID:duPXxH7I
「ローターとディルドに、バイブ。これは電マか? 箱いっぱいに入ってるじゃないか」

「だって、寂しかったんだもん……」

「いくらなんでも買いすぎだろ。ってか、バイブの種類多すぎ」

「それぞれ特徴があって、使い心地が違うんだよね//」

「なんだ、これ。どうやって使うんだ?」

「それは射精バイブって言って、いきそうになったら、ピュッて射精させられるの。ローションを入れて使うんだよ」

「ふぅん。こんなの、どこで買うんだ」

「ネットに決まってるじゃない。男さん、最近は連れて行ってくれないし」

「それもそうか」

「ねえ、男さぁん。そんなことより、早くしようよお//」

「女、こっちにおいで」

「はぃ……//」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 00:02:08 ID:DNg5CUvQ

「あうんっ……んっ」

「おっぱい柔らかいね」

「んんっ、手つきがいやらしい。そこっ、だめぇ」

「だめって、何が?」

「はぅっ、感じやすいんだもん//」

「じゃあ、もっといじってあげるよ」

「……//」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 00:03:54 ID:DNg5CUvQ
「ブラジャー可愛いね。淡い桜色が、女さんのイメージにぴったりかな」

「でも、すぐに外しちゃうくせに」

「女さんこそ、外してほしいくせに。せっかくだし、ローター使おうか」

ブゥゥゥゥン……

「あうんっ、やあぁっ……いぃ。それ、気持ちいい//」

「乳首がそんなに気持ちいいんだ」

「はぁはぁ・・・ぅん・・・・・・だって、男さんと一緒なのは久しぶりなんだもん」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 00:05:58 ID:DNg5CUvQ
「今までずっと、男さんの事を考えていたんだよ。いっぱいフェラをしてあげて、たくさんセックスして、毎日そんな妄想ばっかりしていたの」

「そんなに俺としたかったんだ」

「もうね、男さんのことを考えるだけで濡れてきちゃうの」

「どれどれ。うわっ、本当にもうぐしょぐしょじゃないか」

ブゥゥゥゥン……

「ひゃうん// いきなり激しい、クリらめぇ。イク、イっちゃううぅ」

「もうイクのか。すごく敏感になってるな」

「イク、イっちゃう! ……んっ、はぁはぁ」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 08:59:01 ID:DNg5CUvQ
「男さん、気持ちよかった//」

「いやらしい女だな。今日はこれで何回目なんだ?」

「うぅん、分かんない。男さんが来てくれるまで、朝からずっとしてたから」

「ずっとオナニーばっかりしてたのかよ」

「言っとくけど、変態じゃないからね。まったく会ってくれないから、寂しかっただけだもん。そう言う男さんは、私と会えないときはどうしてるの?」

「いやいや、そんなこと聞いてくるなよ」

「最初に聞いてきたの、男さんじゃない。気になるな~、オナネタにするから教えてぇ」

「普通、男が女に聞くもんだろ」

「そんなの関係ない……って、あうん。もう駄目だってば、今度は私が気持ちよくしてあげるね」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 09:00:29 ID:DNg5CUvQ

ガラララ
「というわけで、一緒にお風呂に入ろ♪」

「あの、湯船に何か浮いてるんだけど」

「ローションを温めていたの。ちょっと待ってね」

キュポッ

「準備オッケイ! 男さん、潜望鏡してあげる」

「さすがに狭いだろ」

「いいから、いいから。腰を上げてみて」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 09:01:59 ID:DNg5CUvQ
「ちゅぱ、くちゅっ……ちゅぱちゅぱ」

「おぉうっ、気持ちいい」

「男さんのおちんちん、すごく美味しい//」

「すごく上手になったじゃないか」

「えへへ、そうかなぁ。毎日、バイブで練習してたもん」

「そっか」

「くちゅくちゅ、ちゅぱ……じゅるじゅる」

「それヤバイ」

「やひゃい? じゅぽじゅぽ、じゅる……ちゅぱちゅる」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 09:03:22 ID:DNg5CUvQ
「お風呂で一回抜いちゃう?」

「抜いちゃうじゃなくて、いれてほしいんだろ?」

「……// いれてほしいです//」

「じゃあ、そこに腰掛けてみて。あ、ゴムはベッドだな」

「今日は安全日だから、生でも平気だよ」

「まあ、一回くらい大丈夫か」

ニュルンニュル、ニュル……

「あんっ、男さんのおちんちん入ってる。すごく温かい//」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 09:05:31 ID:DNg5CUvQ
「んっ……ああ、いぃ…はうんっ」

「女ぁ、好きだよ。女の中、すごく気持ちいい」

「お、男さん、激しすぎる。ひゃん、あん……だめぇ」

「そりゃあ、俺も一ヶ月してないんだ。もっと女を感じさせてくれ」

「あんっ、イっちゃいそう。見ててくれる? 私がイクところ、見ててね」

「俺もイきそう」

「やぁんっ、あん、うん……イクぅ、イっちゃう!」

「女、好きだよ。一緒に……」

どぴゅどぴゅっ

「はあはあ……。温かいのがいっぱい出てる。男さん、好きだよ」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 09:10:02 ID:DNg5CUvQ

「メールの着信はやっぱりなし……か。会いたい、男さんに会いたいよぉ」

「ねえ、ルー君。見ててくれた? 私が一人でするところ」

「見ててくれたって、女ちゃんはお風呂でしてたじゃないか」

「ううん、私は知ってるんだよ」

「知ってるって、何をだい?」

「ルー君の中には綿が詰められているだけじゃなくて、カメラとマイクが入っていること。そして、お風呂場の換気口にも仕掛けられていることを」

「……」

「ねえ、そのレンズの向こう側で、私を見ているんでしょ?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 09:11:20 ID:DNg5CUvQ
「私にしばらく会えなくなるから、盗撮をはじめたの?」

「それとも、私の反応を見て楽しんでるの?」

「答えて! 応えてよぉ……」

「女ちゃん。先週、男さんから忙しいって返事が来てたじゃないか」

「でも、でもっ。私は男さんに会いたいの。おもちゃは寂しいの」

「見ててね、ルー君。また、オナニーするから」

「パソコンで見ている男さんに、声と画像を届けてあげて。私にはもう、それしか出来ないから――」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 09:13:20 ID:DNg5CUvQ
「私を独りにしないで。あなたじゃないと、満足できないの」

「あなたのことばかり妄想して、オナニーしてるんだよ」

「寂しい、男さん早く会いに来てよ」

ブゥゥン
ニュルニュル……

「あんっ、気持ちいい。男さんだめえ、いっちゃいそう」

「はぁはぁ――」

・・・
・・・・・・

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 09:14:51 ID:DNg5CUvQ

ガチャッ

(外に出ても立ってるわけないよね……)

ピンポーン

「は~い、今、行きますぅ」

(会いたい、会いたいよぉ)

バタン

「男さん、いらっしゃい。ずっと待ってたんだよ」

「俺も女さんに会いたかったよ」

「私もだよ。さあさあ、中に入って♪」


女「男さんに会いたいよぉ……」おわり

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/22(日) 09:23:22 ID:DNg5CUvQ
以前、酒場で話題になった、地の文と男女表記なしのSSに挑戦してみました。

読んでくださった方、ありがとうございます。







関連記事
スポンサーサイト
男女 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/708-da514701


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。