スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

苗木「幸運なんかじゃ、ない・・・」


1 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/05(木) 00:16:54.51 ID:PasopZbF0
苗木「こ、これは・・・・・」ガサッ

ここは、ほんの少し変わった平行世界

こまる「お兄ちゃーん、開けてよー」ドンドン

ごく平凡な苗木君が

苗木「ひっ!?ど、ドア叩くなよこまる!」

周りの人よりも幸運で

こまる「フフッ、照れない照れない♪」ドンドン

でも本人はそうは思ってないように

苗木「や、やめてよ・・・やめて・・・・・」ガタガタ…

幸運により不幸になった、短いお話




2 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/05(木) 00:17:59.45 ID:PasopZbF0
【幸運】
1.物事が偶然に自分にとって
都合のいいように運ぶこと。しあわせ。

【不幸】
1.恵まれない状態にあること。

2.身内に死なれること、の婉曲表現。


~三省堂出版 新明解国語辞典より~
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/05(木) 00:21:47.85 ID:9iac9qfM0
期待
4 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/05(木) 00:22:59.73 ID:PasopZbF0
――――――――苗木家自宅、苗木誠自室

こまる「もう、お兄ちゃんったら用心が過ぎるよ」

苗木「・・・・・ごめん」ボソリ

こまる「ううん、いいよ。お兄ちゃんが自分にも私にも心配症なの、昔っからでしょ?」

こまる「自分を心配する位に、私も心配してくれるって、それってとっても嬉しいことじゃない?」

苗木「・・・うん、そ、そうだね・・・・・」

こまる「・・・・・・・・・」

苗木「・・・・・・・・・」

こまる「で、さっきは何を呟いてたの?」

苗木「あ、いやその・・・・・」

こまる「もったいぶらず、話して欲しいなー」

苗木「っ!!も、勿論だよ!」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/05(木) 00:23:20.46 ID:yGmugO2+0
この苗木君はシスコンでは無さそうだな
6 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/05(木) 00:29:25.63 ID:PasopZbF0
――――数分後

こまる「希望ヶ峰学園に入学?お兄ちゃんが?」

苗木「・・・・・超高校級の幸運、だってさ」

こまる「あはは、お兄ちゃんにぴったしじゃん」

苗木「・・・・・」

こまる「宝クジも買えば一万円以上は当たるし、ハガキを出せば懸賞にも当たるし」

苗木「・・・・・」

こまる「あれ?でも最近は買ってないよね。
なんで?買うなり出すなりで得するのに」

苗木「・・・そういうの、ボクは要らないから」

こまる「んー、それってあれ?よくある強者の
ヨユーとか、そういうの?流石私のお兄ちゃん!」

苗木「・・・・・そうだね」

こまる「でもさ」

苗木「!!」ゾワッ

こまる「多分これだと、私と高校違くなるね」

こまる「これだと一緒にいられる時間が減るね」

こまる「これだと、私の元から段々離れちゃうね」

苗木「い、いや!それは違うよ!」

こまる「・・・・・・・・」

こまる「だよねー♪」

苗木「(ホッ)」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/05(木) 00:35:39.36 ID:44MElVFUo
苗木きゅんきゃわわ
8 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/05(木) 00:36:54.26 ID:PasopZbF0
こまる「でも違う高校は寂しいなー」

苗木「も、元から学年は違うし・・・その、
ほんの少しだけしか変わらないから・・・・・」

こまる「うーん、そっかあ」

苗木「・・・・・その、こまる」

こまる「なーにー?お兄ちゃーん」

苗木「希望ヶ峰学園って、入ればもう人生は
勝ち組だとか、安泰ってはよく聞く話だし」

苗木「卒業まで少し我慢してくれたら、
後はお前と過ごせる時間が増えると思うから」

こまる「・・・・・!」パアッ

こまる「すごいすごいすごい!ホントかな!将来、週168時間お兄ちゃんと過ごせるようになるとか!?」

苗木「た、多分ね・・・・・」

こまる「うん!それならガマンするよ!
た、たかが3年の辛抱、それくらい私なら・・・」

苗木「・・・・・こまる」

こまる「んー♪なーにー?」ニコニコ

苗木「ちょっと、線香あげにいってくるよ」

こまる「・・・・・・・・・」

こまる「うん、私もあげるから一緒に行こ」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/05(木) 00:38:27.75 ID:Dgp2Dewg0
一体何に怯えてるんだ?
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:39:24.66 ID:Ymv5I5wDo
妹がヤンデレ気味だからだろ
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/05(木) 00:41:47.72 ID:UHXRxLkAO
超高校級のブラコンてか?
12 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/05(木) 00:53:39.09 ID:PasopZbF0
体の傷も、心の傷も、

一生消えない傷跡を残すことがある。

そして、それらは時として簡単に刻まれる。

だから、ボクはそれが妹に刻まれるのが怖かった。

あの日から、ボクは妹を守っていた。

あの事故から、汚い大人から、

社会から、世間から、ボク以外の人間から。

今思えばボクは少し、頭のネジが外れていた。

慌ててたんだろう、どんどんモノが消えていって

父さん、母さん、優しかった親戚の人、

教科書、友だち、スリッパ、仲間・・・

残っていたのは、家と妹と、保険による預金

せめて守りたかった、これ以上失いたくなかった












こうして、妹はボクに依存するようになった。

それも、時に特殊な表現で。

そしてそれは、ボクも妹も普通に学校に

通えるようになってからも続いている。
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/05(木) 01:10:40.07 ID:uwQGbDq1O
この苗木は狛枝式の幸運なのか…


かなり期待
14 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/05(木) 01:16:08.57 ID:PasopZbF0
――――――――苗木家、リビング

苗木「(・・・なーんて、大袈裟過ぎるかな)」

嘘だ

こまる「お兄ちゃーん、ご飯できたよー?」

怖いだけだ

苗木「っ・・・今日はボクが当番・・・・・」

建前だ

こまる「いいのいいの、ホラめでたいしさ」

正当化したいんだ

苗木「そ、そっか、ありがとう・・・・・」

失いたくなかったものに対して

こまる「うんうん、ほら今日はシチュー!」

失いたいなんて、思ってしまう自分の弱さを

苗木「・・・・・シチューか、いただきます」

妹は、間違ってないことを

こまる「いただきまーす」

理由をつけて、綺麗に言いたいだけだ。

苗木「(・・・・・鉄臭いな、このシチュー)」

こまる「おいしい?ねぇ、おいしい?」

苗木「・・・・・うん、美味しいよ、こまる」

こまる「・・・!良かったぁ!」パアッ
15 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/05(木) 01:28:17.01 ID:PasopZbF0
【幸運】で死者多数の交通事故から逃れて、

【不幸】にもその時両親を亡くした。

誰かが言ってたっけ。

運というのは、いい時と悪い時があって、

人生や輪廻の中で、

+と?が差し引き0になるって。

ならきっとこれからはボクは

何かを失う【不幸】の後には、

何かを守る【幸運】が舞い降りてくるのかな。

それとも何かを守る【幸運】の代わりに、

また何かを失ってしまう【不幸】が訪れるのか。

少なくとも、ボクはそんな気がしている。

だからこそ言うのかな、

少し歯車がズレたような日常に対して

苗木「・・・・・幸運だなぁボクは、妹がいて」

すべての責任を運になすり付けたくて。

16 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2013/12/05(木) 01:32:45.08 ID:PasopZbF0
なんか頭にパッと思い浮かんだので書いてみました。

出来の方はあまりよろしくないですねすみません。

大変雑ですね。

一応学園編まで書こうと思ってますが、

もし期待してくださる方には申し訳ないです、

やっぱり雑になると思います。

とりあえず、今夜はここで投下中断です。

皆様、良い夜を過ごしてください。
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/05(木) 01:33:42.39 ID:o9ba6gSM0
これは期待 きっと良い作品になるべ!俺の占いはry
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sagasage]:2013/12/05(木) 02:27:05.75 ID:b1lYV1I/0
球磨川『人生がプラスマイナス0っていう奴は決まってプラスのやつなんだ
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 20:03:23.25 ID:A80DFFmS0
>>17
おいやめろ
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/05(木) 20:07:40.20 ID:yGmugO2+0
絶対ブラコン少女?
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/06(金) 00:33:30.10 ID:48bi9ZeJo
>苗木「(・・・・・鉄臭いな、このシチュー)」
これは妹入学待ったなしですわ
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/06(金) 18:18:50.95 ID:ySym8uluO
これは冗談抜きに3年間同じ中学だった舞園さんの安否を気遣うレベル
23 :超鈍足級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 16:54:49.89 ID:nfcslBCM0
――――――――希望ヶ峰学園、校門前

苗木「・・・・・でかいなぁ、どれだけお金があったら作れるんだろう」

苗木「ともかく、これからここで学園生活を過ごすことになるんだ」

苗木「・・・・・しっかりしないとな、ボク」

そうして、校門をくぐる為に一歩踏み出したボクは

暗い闇に呑まれるかのように、気を失った――――

24 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 16:59:59.86 ID:nfcslBCM0
――――――――希望ヶ峰学園、教室

苗木「・・・うっ、うう・・・・・」

苗木「ここは・・・どこだ?」

苗木「希望ヶ峰学園・・・・・かな?」

苗木「・・・・・」

苗木「誰か・・・・・」

苗木「誰かいないのか・・・・・?」

苗木「・・・・・」

苗木「・・・とりあえず、辺りを探そう」
25 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 17:06:01.01 ID:nfcslBCM0
――――――――希望ヶ峰学園、体育館

苗木「・・・・・」ガララッ

苗木「(あ、人がいる・・・)」

山田「お、貴方も新入生ですかな?」

苗木「えっ?あ、その・・・・・」

山田「新入生・・・ですよな?」

苗木「・・・う、うん。そうだよ」

葉隠「おーこれで四人目だべ!ささっ、こっちこっち!」グイッ

苗木「え、あ・・・・・」
26 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 17:46:04.44 ID:nfcslBCM0
桑田「ん、新入りか?」

葉隠「そうだべ!あ、俺は超高校級の占い師、葉隠康比呂だべ。んでこっちが・・・」

桑田「桑田怜恩だ。よろしくゥ!」

苗木「え、えっと、ボクは苗木・・・苗木誠」

山田「苗木誠殿ですか・・・失礼、僕は山田一二三、
【すべての(以下略)】と呼んで貰っても構いませんぞ」

苗木「よ、よろしく・・・」

葉隠「さて、苗木っちには挨拶替わりに俺の占いを・・・」

桑田「却下だそんなもん。当たんねーし」

葉隠「なっ、言い掛かりだべ桑田っち!当たるべ!
つーか俺はこの能力で入学したんだべ!」

桑田「へーへー、三割がなんか言ってるぜ」

葉隠「三割も当たるんだべ!?人生三割当たれば儲けもんなんだべ!」

山田「どうどう、どうどう」

苗木「あ、あははは・・・・・」

苗木「(・・・心配は杞憂だったかな)」
27 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 17:52:50.36 ID:nfcslBCM0
――――え―――ろ―――――――!

苗木「(――――っ!?)」ズキン

―――は―――――――ま――――!

苗木「(――――・・・?)」

苗木「(なんだ、コレ・・・)」

ギュウッ

苗木「!?」ゾクッ

苗木「だ、誰っ!?」

戦刃「あ・・・驚かしてごめんなさい、苗木君」パッ

苗木「(・・・女の子!?)」ビクッ

苗木「(っ!)」キョロキョロ

戦刃「・・・?」

苗木「(よ、良かった・・・助かった・・・・・)」
28 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 18:01:19.26 ID:nfcslBCM0
山田「ぬおっ、戦刃むくろ殿・・・彼はどうでしたかな?」

戦刃「うん、いい・・・一番」ギュッ

苗木「ひっ!?な、なんで抱き着くの!?」

戦刃「・・・・・落ち着くから?」スンスン

葉隠「あー苗木っち、そいつは戦刃っちで、
なんでも超高校級の軍人らしいべ」

苗木「な、なんでその軍人がボクに・・・!」グググ

葉隠「なーんか抱き枕的ポジションがどーとか。
ともかく皆匂いは嗅がれたべ」

戦刃「苗木君・・・いい・・・・・♪」

苗木「やめてよ・・・・・離れて・・・・・」グググ…

山田「羨ましいですな、苗木誠殿」

桑田「ま、オレは狙い違うしいーけどよ」

苗木「(あ、後で消臭と除菌しなきゃ・・・!)」

戦刃「~♪」ギュウ
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/09(月) 18:05:38.78 ID:VmWadxqO0
…除菌!?
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/09(月) 18:08:25.02 ID:rSwzqBox0
ビーフシチュー・・・ヤンデレ・・・ミク・・うっ頭が・・・
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/09(月) 18:10:22.63 ID:VKCa7rE80
やはりヤンデレなのか
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/09(月) 18:20:21.64 ID:tqBA6K+z0
これカメラで見られてるよね?
33 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2013/12/09(月) 18:31:14.94 ID:nfcslBCM0
すいません、少し抜けます。
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/09(月) 18:49:51.61 ID:BTacvAwtO
>>32 残姉ちゃんに死亡フラグですね、わかります!









どうしよう超高校級の軍人でも回避できる気がしない…
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/09(月) 19:18:26.98 ID:16KHh1m70
妹様とこまるが手を組んでいる可能性が……
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/09(月) 19:29:19.49 ID:SSWS2KcZo
兄をシェルターに閉じ込める際自分を迎え入れさせるために大暴れ
兄がフラグ建築士だったために泥棒猫抹殺学園生活

あると思います
37 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 21:29:58.12 ID:nfcslBCM0
苗木「・・・・・」ハァ

苗木「(本来の心配はいらなかったけど、
まさかパーカーを脱ぐことになるとは)」

戦刃「・・・・・」ギュッ

苗木「(パーカー抱いてる・・・あまりいい気はしないな)」

舞園「苗木・・・君ですよね?」

苗木「っ・・・誰?」バッ

舞園「え、えっとぉ?」

舞園「(・・・・・まさか覚えて貰えてないとか、何故か一定の距離を保たれていますし)」

苗木「(だ、誰だ?まさかさっきの人みたいなことはしないよな?)」

舞園「し、しませんよそんな大胆なこと!」

苗木「え・・・読まれた?(でも本当に誰だろう・・・)」

舞園「・・・はぁ、もういいです。
私は舞園さやかですよ、苗木誠君」

苗木「あ・・・そうなんだ。って、なんで・・・」

舞園「そこまで覚えてないとか・・・・・傷つきますよ私。同じ中学だったじゃないですか」

苗木「えーっと、ゴメン。ボク中学はあまり・・・」

舞園「え・・・・・そうだったんですか?」

苗木「(たまに行ってたな、世話が大変で・・・)」

舞園「・・・・・?ともかく、テレビで見たことくらいないですか?一応アイドルのセンターで・・・」

苗木「・・・その、ボクの家は、テレビとか無くて」

舞園「(・・・これは予想外だらけですね)」
38 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 21:44:40.47 ID:nfcslBCM0
葉隠「え、苗木っちの家テレビねーんだべか?」

山田「今ドキ珍しいですな。家系がお厳しいので?」

苗木「・・・まあ家計は厳しいね、そこそこ」

桑田「もしかすっと・・・オレのことも知らねえの?」

苗木「う、うん・・・ミュージシャンとか?」

桑田「おっ、ちげーけどそれでいいぜ!」

苗木「え・・・?」

葉隠「こん中でだーれも知らないんだべか?」

苗木「うん、その、なんかゴメン・・・・・」

山田「はー、凄いですな。・・・因みに苗木誠殿は
何の才能でここへ?」

苗木「抽選で選ばれた幸運だとか・・・」

葉隠「超高校級の幸運だべか。こりゃあやかりたいもんだべ」

セレス「私とどちらが、上でしょうかね」

苗木「えっと、キミは・・・」

セレス「セレス、と呼んでくださいまし。・・・ところで、本当にそれだけなのですか?」

苗木「・・・どういうことかな・・・・・?」

セレス「・・・いえ、なんでもありません」ニコッ

苗木「・・・?」
39 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 21:50:36.74 ID:nfcslBCM0
戦刃「・・・・・」スンスン、ギュー

霧切「・・・犬みたいね、あなた」

戦刃「・・・傭兵としてなら狼だったけど・・・・・」

霧切「そう、それにしても・・・意外と少ないのね」

戦刃「・・・なにが?」

霧切「超高校級の人材よ。私含めて10人って、
その傾向もバラバラなのに少ない、なんて」

戦刃「・・・・・あなたは、何の才能?」

霧切「・・・言う必要は無いわ。それじゃ」

戦刃「あ、その・・・・・」

霧切「・・・なに?」

戦刃「・・・一緒に嗅ぐ?落ち着くけど・・・」

霧切「・・・・・」

霧切「そうね、持ち主に悪いから遠慮するわ」

戦刃「・・・・・」ショボン
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/09(月) 22:02:15.60 ID:GW//+MLm0
残姉かわいい
41 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 22:02:27.00 ID:nfcslBCM0
苗木「(皆と話していて、ボクは気づいた)」

桑田「だからぁ!オレのマキシマムかっけー武勇伝はそんなのと同じレベルじゃなくてだな・・・」

苗木「(心を閉じる必要のある相手じゃないって)」

山田「むしろこっちが心外ですぞ!このようなチャラ男と僕の作品が同列扱いとは!」

苗木「(なんというか・・・楽しいや)」

不二咲「ね、ねえ?なんで私目と耳が塞がれてるのぉ?」

舞園「聞いちゃダメですよ不二咲さん、あんなの」

朝日奈「うん・・・ちょっと、アレだし・・・・・」

苗木「・・・・・ハハハ・・・」

葉隠「お、やっと苗木っちが笑ったべ」

苗木「え・・・・・」

葉隠「素な笑いは初めてだべ、だよな?」

苗木「・・・・・」

苗木「(そうだ・・・ボクは・・・・・)」


キイィィィィイイン!!


苗木「うっ――――!?」


アーアー、テステス、マイクノテストチュウー・・・


・・・シーン


苗木「(・・・なんだ?)」
42 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 22:13:06.28 ID:nfcslBCM0
モノクマ「よっこらせっと・・・よっと」ピョイン

舞園「・・・ぬいぐるみ、ですか?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃないって、モノクマだよ」

山田「キェェェェェ(以下略)!!!」

モノクマ「ぬいぐるみが喋っていいでしょ!もう!」

苗木「(・・・ん?)」

モノクマ「まったく・・・こー見えても僕は校長だよ?あんまり失礼な態度は成績の減点対象だよ!」

桑田「それは怖い」

葉隠「退学だけは勘弁だべ」

桑田「って信じられるかよ!」

葉隠「そうだべ!正体現すべ!」

モノクマ「正体って、これが正体だよ!文句あんの?」

セレス「むしろ言われないとお思いですか?」

モノクマ「それもそうだね、じゃあとっとと入学式を始めちゃいますか」

苗木「(・・・希望ヶ峰学園ってユニークなんだな)」

モノクマ「きりーつ、はしてるか・・・礼!
皆さん、おはようございます」ペコリ
43 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 22:24:20.34 ID:nfcslBCM0
モノクマ「おいそこの軍人!いつまでパーカー握り締めてんだ!早く返してあげなよ!」

戦刃「え・・・い、いや・・・」フルフル

モノクマ「・・・あー苗木、君?」

苗木「は・・・?」

モノクマ「適当に相手してあげなさい」

苗木「・・・・・うん、了解」

モノクマ「さてさて・・・あー、コホン!
君たちは全国より集められた選りすぐりの
若き才能たちです!そのような希望の象徴を
保護し、その才能を伸ばすのがこの学園の
役割であり、君たちの為すべきことでしょう!」

モノクマ「・・・ところがですねぇ、先日少し、
厄介なことが起きましてですね・・・・・」

苗木「(・・・厄介なこと?)」

戦刃「返してよぉ・・・・・」ギュウッ

舞園「・・・・・」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/09(月) 22:27:43.91 ID:cn8/zi2Lo
戦刃うぜえ
45 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 22:32:10.05 ID:nfcslBCM0
モノクマ「ここ数日・・・もとい最近、希望ヶ峰学園はある事件が起こりまして」

モノクマ「そいつが中々にヤバイものでして、
どれくらいかって言うと、国家レベルですね」

モノクマ「それはそれはもう残虐的で
歴史に残りそうな規模やレーベルで・・・・・」

セレス「・・・それは流石におかしくありませんか?
私はそのような話知らないですし、
恐らくそれはみなさんも同じですわ」

モノクマ「あー、そのー、それはですね・・・」

霧切「・・・・・煩わしいわね、早く言いなさい」

モノクマ「あーもー!だから言葉遣い!
・・・まあ言いますけどね」

モノクマ「いやー事後承諾、じゃあないんだけど
一応許可はとったから、でも言うけど・・・」



モノクマ「君たちの記憶を少し消しました」



一同「・・・・・」

苗木「(・・・・・はぁ?)」
46 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 22:43:31.12 ID:nfcslBCM0
葉隠「だっはは・・・希望ヶ峰学園の校長は
ギャグセンスがイマイチなんだべな。
シュール系ギャグは多人数受けが悪いべ?」

朝日奈「ちょ、ちょっと待ってよ!
え、それって本当なの!?ぬいぐるみさん!」

モノクマ「だからモノクマだって!
あー、まあ本当ですよ?少しだよ少し。
1、2週間くらい、サクっと」

霧切「・・・・・それで」

モノクマ「はい?」

霧切「理由は?許可の有無にしろそれ相応の理由がなければ記憶の消去なんて普通しないわ」

霧切「是非とも聞きたいわね。理由を」

モノクマ「あー、えーっと、はい。
事件があんまりにもショッキングな内容過ぎて、
皆さんの心内環境を考慮して行いました」

苗木「(・・・意外と設定が練られているな)」

戦刃「・・・・・直が、一番・・・」スゥ…

モノクマ「つーかそこ誰がくっつけと言った!
今すぐ離れて差し上げやがれぇ!」
47 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 22:53:36.13 ID:nfcslBCM0
苗木「・・・・・ボクもそうしたいけど、その・・・」

戦刃「・・・・・」ギュウッ

苗木「・・・腕の力が強くて、うん・・・・・」

モノクマ「・・・・・」

山田「もしや、二人は以前恋仲だったとか?」

舞園「!」

苗木「・・・え?」

山田「いやー、こう記憶が消されても
戦刃むくろ殿が苗木誠殿にベッタリなのは、
好きな匂いではなく単純に好きだったからとか・・・」

苗木「な、なんでボクみたいなのが・・・」

モノクマ「ないから!そういうのないから!
いやホントないから!一応恋愛禁止だから!
不順異性交遊とかご法度中のご法度だから!」

山田「おうふ、そこまで否定されるとは・・・・・」

セレス「・・・・・しかしそれなら少し話の信憑性が
増しますわね。戦刃さんに限ってですけど」

戦刃「・・・もしかして苗木君、私迷惑?」

苗木「・・・・・(うん)」
48 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 23:08:18.24 ID:nfcslBCM0
モノクマ「あー!話を戻すよ!
とにかく、君たちは危なかったの!
だから保護したの!これでいい!?」

桑田「あーもうそれでいいよ。うん。で?」

モノクマ「で?・・・って、で?」

桑田「鍵とかあんだろ?あのデケー扉の。
外出たいから早くそういうの出せよ熊ぬいぐる」

モノクマ「モノクマー!・・・なんなの反抗期?」

モノクマ「あー、でも?出しませんよ?外なんか」

山田「・・・・・はい?」

モノクマ「だから保護するっつったよね?
危ない外に出してどーすんの?」

不二咲「え?そのぉ・・・まさか・・・・・」

モノクマ「うん、お察しの通り。
外に出すわけないじゃん。フツーさ」

葉隠「・・・冗談だよな?もう面白くないべ?」

モノクマ「しつこいな、現実を受け止めなよ」

霧切「・・・・・出たいと言っても、出さないの?」

モノクマ「だってそれが学園の役目だし」

朝日奈「それは・・・なんで?私たちの意思は?」

モノクマ「記憶消す前に言ったことだし」

一同「・・・・・」

モノクマ「うーん、イマイチ信じないね君たち、まあ時間が経てば現実と分かってもらえるよね!」

苗木「・・・・・」

モノクマ「さーて、ではこの学園での・・・・・」

苗木「・・・・・出る方法は・・・」

モノクマ「ん?どうしたお、苗木君!」

苗木「出る方法はないの・・・・・?」

モノクマ「うーん、まあ実質ないかな」

苗木「っ――――――!!」ゾクッ
49 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 23:18:47.98 ID:nfcslBCM0
葉隠「ど、どうしたべ苗木っち、
顔色が悪・・・って目に見えるほど真っ青だべ!」

苗木「あ・・・その・・・・・」ブルブル

桑田「さ、さみーのか?
お、おい戦刃そのままあっためてやれ!」

戦刃「う、うん」

苗木「い、いや・・・・・違うけど・・・」ブルブル

苗木「も、モノクマ・・・?」

モノクマ「・・・なんでしょう」

苗木「ここには、ボクたち以外には・・・・・」

モノクマ「いないですねー、誰一人」

苗木「――――――!」ゾクッ

苗木「――――――――」フラッ…

戦刃「あ・・・苗木君・・・・・」

山田「し、しっかりするのですぞ苗木誠殿!
まだ傷は浅・・・気を失ってる・・・・・!」

舞園「そ、そこまでショックだったとは・・・」

朝日奈「えっと、運んだ方がいいよね!?
シロクマ!ベッドとかないの!?」

モノクマ「モ ノ ク マ!
あー、ベッドならここから出た――――」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/09(月) 23:23:21.94 ID:16KHh1m70
いないのは十神、腐川、石丸、大和田、大神、江ノ島(黒幕?)かな?
51 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 23:44:36.72 ID:nfcslBCM0
――――――――希望ヶ峰学園、保健室

苗木「・・・・・う、あ・・・」

戦刃「あ、苗木君・・・気がついた?」

苗木「うわっ!?あ、戦刃さんか・・・・・」

戦刃「・・・なんで驚いたの?」

苗木「いや、その・・・生命線が短くなる気が・・・」

戦刃「?」

苗木「・・・なんでもない、ここにはアイツもいないらしいし」

戦刃「・・・とりあえず、まだ寝てて。
なにかあったら、困るし」

苗木「っ!」ビクッ

戦刃「だ、大丈夫・・・?」

苗木「あ、あはは・・・うん大丈夫だよ」

戦刃「・・・・・」スッ

苗木「・・・リンゴ?」

戦刃「あったから切った。
中にある芯は抜いたから、食べて・・・・・じゃ」スタスタ

苗木「う、うん・・・あ、パーカーが無い・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「とりあえず・・・食べよう」

苗木「・・・・・」シャリシャリ

苗木「おいしい・・・いいとこのリンゴかな」

苗木「中の芯だけ抜いたリンゴって初めてだな」

苗木「はは・・・そういや風邪の時なんか、剥いたリンゴを食べさして貰ったっけ・・・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「風邪の時って味がよく分かんないよな・・・」

苗木「・・・・・」
52 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/09(月) 23:57:13.37 ID:nfcslBCM0
苗木「そういや戦刃さんって本当はなんなんだろ・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「記憶が消された・・・これが事実なら、何かしらボクとあったんだろうけど・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「超高校級の人たちって基本有名人らしいんだよね・・・まあアイドルとかは当然だけど・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「舞園さんかぁ、同じ中学だったのは知らなかった・・・というかアイドルって知らなかったな」

苗木「・・・・・」

苗木「サインとか貰っていればよかったかな?」

苗木「・・・・・」

苗木「葉隠君は占い師だっけ、途中3割当たるとか言ってた気がするけど・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「桑田君は・・・そういや聞いてないな、山田君もだ。結局分かってるのは3人だけか」

苗木「・・・・・」

苗木「戦刃さんは・・・軍人って言ってたけど、
そうは思えないよな・・・腕力の方は納得だけど」

苗木「・・・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「・・・あー、ここって設備多いなあ、
保健室かな?器具っぽいのがたくさんあるけど」

苗木「・・・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「モノクマ・・・希望ヶ峰学園の校長ってのは
明らかに嘘なんだろうから、つまりこの学園は
乗っ取られたとか・・・?言う事がおかしいし」

苗木「・・・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「いったい、何者なんだろう・・・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「あー、あー、あー・・・」

苗木「・・・・・」
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/10(火) 00:02:36.26 ID:CSOB1veN0
なんだろう、まだ何もわからないけどなんか怖いぞ
まるで常に後ろに見えない誰かが立っているような悪寒が……
54 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/10(火) 00:07:02.09 ID:e59Z312e0
苗木「静かだなー、あ、人いないんだっけ」

苗木「・・・・・・・・・」

苗木「な、なんか・・・あれだなー・・・」

苗木「静か過ぎると、逆に寝にくいというか・・・」

苗木「・・・・・・・・・」

苗木「静か・・・だな・・・・・」

苗木「世界が止まってるような・・・・・」

苗木「あー、あーーー、あぁ・・・」

苗木「・・・・・・・・・」

苗木「・・・・・・・・・」ブルブル…

苗木「・・・・・・・・・」ガタガタ…

苗木「寒い・・・」ガタガタ…

苗木「寒い、寒いよ・・・」ガタガタ…

苗木「・・・・・・・・・」ブルブル…

苗木「・・・こ、ここを出よう!み、皆のとこに、行けば何かわかるだろうし!」ガタッ

55 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/10(火) 00:08:55.41 ID:e59Z312e0























戦刃「――――――ねえ、苗木君」


苗木「――――え?」
56 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/10(火) 00:25:29.89 ID:e59Z312e0
戦刃「ここにいてって言ったよね?」

戦刃「聞こえなかったの?そんなはずないよね?」

戦刃「ダメだよ苗木君安静にしてなきゃ」

戦刃「人の言う事も聞かなきゃね、ダメだよ」

戦刃「別に私はそうじゃないけど、約束を守れない人って嫌われるよ?」

戦刃「あ、リンゴ食べてくれたんだ、嬉しい・・・」

戦刃「おいしかった?気持ちを込めたんだけど」

戦刃「気持ちは気持ちだよ、サービスとか、おまじないってやつ」

戦刃「ほら、元気がでない?構成物質は苗木君の体と同じ筈なんだけど」

戦刃「あ、私の体と苗木君の体は同価値じゃないもんね・・・ごめんねそんな汚いの混ぜて」

戦刃「でもごめん、気を失ったから、ほら、
鉄分が不足してるのかなって、貧血とかで」

苗木「・・・・・」

苗木「(うーん、本当に何が・・・・・)」
57 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2013/12/10(火) 00:26:42.56 ID:e59Z312e0
今日はこの辺で・・・

何が書きたいんでしょうか私は。

おやすみなさい・・・
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/10(火) 00:29:28.48 ID:QqYxgD4n0
残姉もヤンデレか…
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/10(火) 00:36:30.73 ID:yyxX5E7mo
女の子にモテるのは幸運だろうが過剰なのは不運だな…乙
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/10(火) 01:28:00.69 ID:jcugaZkY0
苗木君が希望が峰で女子に囲まれてそれ知ったこまるちゃんが世界壊しちったんじやね?
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/10(火) 11:03:42.58 ID:r7pTijbk0
ここの苗木君鉄分摂取しすぎじゃね?
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/10(火) 13:00:57.48 ID:k0zep9SGo
残姉可愛い
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/10(火) 19:12:02.04 ID:j6yCU1GEo
こんなヤンデレが二人といるはずないじゃないですかー
二年間で鍛えて軍人になったこまるちゃんだよ、きっと(適当)
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/10(火) 19:18:43.75 ID:iRx5584Ko
残姉ちゃんかわいい
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/10(火) 20:06:54.42 ID:byOVVCp4o
>>63
鍛えすぎて胸が平坦になったんですねわかります
66 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/13(金) 22:12:08.37 ID:6qiMvxV50
苗木「ち、違うんだよ戦刃さん・・・その、
誰もいないのが寂しいというか、その・・・・・」

戦刃「・・・そう、そうなんだ」


戦刃「でも」


戦刃「私以外を、一瞬でも求めたよね」

戦刃「おかしいね、苗木君は私のこと嫌いなの?」

戦刃「でなければそんなこと思う筈ないよね、
求めるはずないよね?そうだよね?ねぇ?」

戦刃「それ・・・私、かなり傷つくよ?」

戦刃「嫌い・・・?嫌いなの?嫌い?嫌い?」

苗木「・・・・・」

苗木「(あれ・・・?)」
67 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/13(金) 22:31:08.33 ID:6qiMvxV50
苗木「・・・・・」

戦刃「どうしたの・・・?具合悪いの?」

戦刃「それとも私がいるせい?」

戦刃「だめ?ここにいてはだめなの?ねえ?」

苗木「・・・・・」

苗木「あの・・・戦刃さん」

戦刃「どうしたの苗木君、好き?」

苗木「それはともかく・・・聞いていいかな?」

戦刃「どうしたの、なんでも聞いてよ。好き?」

苗木「・・・あのさ、さっきの言葉、もう一回言ってくれない?」

戦刃「え・・・?」

戦刃「『ねえ、苗木君』から?」

苗木「もう一度聞きたいなあ」

戦刃「わ、分かった!」

戦刃「・・・・・」スゥ




戦刃「ねえ苗木君ここにいてって言ったよね聞こえなかったのそんなはずないよねダメだよ苗木君安静にしてなきゃ。人の言う事も聞かなきゃねダメだよ別に私はそうじゃないけど約束を守れない人って嫌われるよ。あ、リンゴ食べてくれたんだ嬉しいおいしかった気持ちを込めたんだけど。気持ちは気持ちだよサービスとかおまじないってやつほら元気がでない構成物質は苗木君の体と同じ筈なんだけど。あ私の体と苗木君の体は同価値じゃないもんねごめんねそんな汚いの混ぜてでもごめん気を失ったかほら鉄分が不足してるのかなって貧血とかで。」

戦刃「・・・・・かな?」

苗木「・・・・・」
68 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/13(金) 22:45:17.65 ID:6qiMvxV50
苗木「(なんだ、そういうことか)」

苗木「戦刃さん」

戦刃「なに?好き?」

苗木「えーっと、それっ」ガバッ

戦刃「きゃあー・・・えっ!?」ドタッ

苗木「・・・・・」

戦刃「ふぇあっ、その、にゃえぎくん!?」

苗木「・・・・・」

戦刃「あ、あ、あの!う、嬉しいけど、私たちそういうの早くないかな!ち、近いし・・・///」

苗木「・・・・・」ニヤッ

戦刃「え・・・?まさか、本当に?」

苗木「ねえ・・・戦刃さん」ネットリ

戦刃「あ・・・・・」

戦刃「・・・/////」
69 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/13(金) 22:50:13.20 ID:6qiMvxV50
苗木「あのさ・・・ボクのこと、どう?」

戦刃「そ、それは、言えない・・・」

苗木「言いなよ・・・言えば楽だろ?」

戦刃「あ、あのっ!」

苗木「まさかとは思うけど・・・・・」


苗木「ボクから言わせるの?そういうこと」


戦刃「――――――――」

戦刃「/////」ボンッ!

戦刃「・・・・・」

苗木「・・・人ってこう簡単に気絶するっけ?」

苗木「ま、これくらいでいいか・・・」

苗木「これ割と心臓に悪いし・・・」
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/13(金) 22:55:00.03 ID:/wuQL9sl0
あれ、苗木君手馴れてる……?
71 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/13(金) 22:57:24.84 ID:6qiMvxV50
――――――――希望ヶ峰学園、寄宿舎廊下

苗木「(あれは天然モノじゃなかった・・・)」

苗木「(恐らくだけど、覚えたものだ)」

苗木「(行動や考え方が単調すぎる)」

苗木「(思いが本物に近い分、誰かに入れ知恵された、なんてとこか)」

苗木「・・・・・需要は無いはずだけど」

霧切「なんの需要かしら?」

苗木「ひっ!?・・・って霧切、さん?」

霧切「覚えてくれていたのね、気絶の苗木君」

苗木「・・・・・(不名誉な呼ばれ方だな)」

霧切「ところで戦刃さんは?彼女、あなたを迎えに行ったはずだけれど」

苗木「疲れたのか寝ちゃってたよ・・・起こすのもなんだし、そのままに・・・・・」

霧切「・・・・・そう」

霧切「ねえ、苗木君。じゃあまだ聞いてないわよね」

苗木「・・・・・?」

霧切「・・・更に厄介なことになったわ」
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/13(金) 23:01:09.59 ID:LPjMBPFqO
ヤンデレの一人や二人捌けなければ絶望少女の兄は勤まらないんだよ
73 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/13(金) 23:09:26.79 ID:6qiMvxV50
苗木「・・・簡潔に」

霧切「モノクマからの伝言よ」

霧切「一つは、苗木君は新しいパーカーを用意したので、来ていたパーカーを戦刃さんに渡すこと」

霧切「ほら、新しいのよ」スッ

苗木「ありがとう・・・・・なんか臭う?」スンスン

霧切「セレスさんが紅茶を少し零して・・・ともかく、
もう一つが新しいルールの設立、それは」

霧切「殺人が起きたら、扉を開放する。だなんてわざわざ言っていたわ」

苗木「・・・・・」ゾクッ

苗木「さすがに・・・怖いね」

霧切「ええ、お陰で見事にみんな引き篭りよ」

霧切「モノクマは焦ってたけど・・・
なんなのかしらアイツ、頭がプリンなのかしら」

苗木「・・・・・殺人?」

苗木「するわけないだろ、どんなやつでも・・・」

霧切「・・・そうね、そうだといいわね」

74 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/13(金) 23:19:55.86 ID:6qiMvxV50
霧切「少なくともモノクマは善意で言ったように思えたけど・・・実際のとこどうだか」

苗木「ありがとう霧切さん・・・」

霧切「・・・あと」

苗木「あと?」

霧切「・・・・・いえ、なんでもないわ」

霧切「さすがに夜になったら皆出てくるでしょうから、それまでは一人で自由に探索でも・・・」クルッ

苗木「っ!それは嫌だ!」パシッ

霧切「・・・・・え?」

苗木「あ・・・その、ゴメン」

霧切「・・・なら手を離してくれないかしら?」

苗木「えっと、その、あの・・・」

苗木「一人じゃ心細いから、その・・・・・」

霧切「・・・ハァ、なら戦刃さんは?彼女ならあなたについていくと思うけど・・・」

苗木「戦刃さんより霧切さんが(まだ)いいんだ!」

霧切「・・・・・」

霧切「・・・・・卑怯よ」ボソリ

苗木「え、その・・・それはつまり、霧切さんは頼まれたら断われない性格とかなの・・・?」

霧切「なん でも ない」

苗木「あ、はい・・・・・」
75 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/13(金) 23:39:05.30 ID:6qiMvxV50
――――――――希望ヶ峰学園、図書室

苗木「・・・・・」

苗木「(なんだこのカール大帝推しのスペースは)」

霧切「・・・ここの書物は、なぜ肉体的描写にラインマーカーがところどころ引かれてるのかしら・・・」


――――――――希望ヶ峰学園、プール女子更衣室前

苗木「・・・・・ドアに穴?あ、ちょうど覗けるように・・・」

霧切「塞ぐようにモノクマに言いましょう」


――――――――希望ヶ峰学園、美術室

苗木「あれ・・・ボクの胸像だ」

霧切「・・・これは・・・誰かしら、美術部とか?」

苗木「!?・・・なんでこまるが・・・」

霧切「?」

苗木「・・・あれ、製作者がボクになってる。
前に作ったのかな・・・いやでもそれは・・・」

霧切「・・・他にも何かあるわね、誰か分からないけど」

苗木「リーゼントとかすごいなあ・・・重心のバランスとかよくできてる」

霧切「あら、苗木君はそういうのに詳しいの?」

苗木「あ・・・・・妹からね、少し・・・」

――――な―――ぎ―め――ば――――

苗木「(・・・ん?)」

霧切「・・・どうしたの苗木君」

苗木「・・・なんでもないよ、次行こうか」
76 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2013/12/13(金) 23:54:55.00 ID:6qiMvxV50
寝落ちしかけたので今日はこの辺で

もう二度と思いつきでスレ立てなんかしないと

こころに決めそうになりました。

おやすみなさいです
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/14(土) 16:37:59.07 ID:ugqHy5GF0
乙 次を待ってるぞ
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/14(土) 17:26:47.84 ID:LDPY/n+Ho
うんっ! そうだなっ!
79 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/14(土) 23:18:18.29 ID:xBlNV+2G0
――――――――希望ヶ峰学園、視聴覚室

苗木「・・・・・パソコンか。さすが、最新鋭のだ」

苗木「・・・ん?」

苗木「・・・・・」ジーッ

苗木「ねえ・・・霧切さん」

霧切「・・・なにかしら、苗木君」

苗木「なんか・・・このパソコンさ、時折画面がおかしくならない?」

霧切「・・・気のせいじゃないかしら、私には良く分からないけれど、最新鋭のパソコンなんでしょ?」

苗木「うん、まあそうなんだろうけど・・・・・」ジーッ

苗木「・・・・・!?」ゾクッ

苗木「え・・・?なんだ、この・・・感覚?」ビクビク…

霧切「・・・苗木君?どうしたのかし・・・」

苗木「ご、ゴメン霧切さん!ちょ、ちょっと出る!」タタタッ…


霧切「・・・忙しいわね、彼」


霧切「それに、画面がおかしく・・・ね」

霧切「こういうのは不二咲さんが専門でしょうけど、少し調べてみようかしら」
80 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 21:09:15.87 ID:yir2fVqu0
――――――――希望ヶ峰学園、食堂

苗木「はぁっ、はぁっ、はぁー・・・ふぅ・・・」

苗木「(なんだ?ボクの体はなんだ?)」

苗木「(なにが、起こっている・・・?)」

モノクマ「お、苗木君じゃないですか」

苗木「うわあっ!!も、モノクマかよ!」

モノクマ「そ、そこまで反応くれるとは・・・中々」

モノクマ「そんでもってどーしたんですか?こーんなとこでそこまで息を切らして」

苗木「・・・あのさ、モノクマ・・・ボクの体が少しおかしいみたいなんだ」

モノクマ「え?うーん、そんなはずはないよ」

苗木「いや、その・・・もしかして、記憶が・・・消されたんだっけ?」

モノクマ「まあ平たく言えばそうですね」

苗木「じゃあさ、ボクが本当に入学してから
今までで病気になったとかいうのはないの?」

モノクマ「ないです、強いて言えば風邪だけです、それも今現在では完治してますねー」

苗木「そっか・・・」

モノクマ「あー多分疲れてるんだよ、ゴメンね」

苗木「いやまあ・・・そうかもね」

モノクマ「これでも食べて元気だしなよ、ほれ」スッ

苗木「・・・ハンバーグ定食?まあ好きだけど・・・・・」

モノクマ「お手製さ!戦刃さんの」ジャーン

苗木「・・・・・」

モノクマ「・・・・・」

苗木「いや、あの・・・・・・・・」

モノクマ「不安だよね、じゃあほらこっち」スッ

苗木「・・・またハンバーグ?」

モノクマ「まともな材料しか使ってませんよ?まあ食べてくださいなんなりと」

苗木「あー・・・じゃあ、いただこうかな」

モノクマ「ふふっ、はいどうぞ。生徒の健康を守るのも僕の役目だからね」

81 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 21:16:12.44 ID:yir2fVqu0
――――――――希望ヶ峰学園、寄宿舎廊下

苗木「・・・モノクマって、アレで料理できるのかな・・・」

桑田「よーお、苗木!」

苗木「っ、・・・桑田クンか、どうしたの?」

桑田「いやぁな?その、なんだ。オメーのあれ」

苗木「・・・あれ?」

桑田「戦刃だよ戦刃、今いねーの?」

苗木「えーっと、あー・・・戦刃さんなら保健室で寝てると思うよ」

桑田「そっか、オメーのお見舞い行って自分が休むようになっちゃあ世話ねぇな」

苗木「はは・・・」

桑田「つーことはだ、苗木」

苗木「え?どうしたの桑田クン」


















桑田「お前を殺すのに邪魔者はいねーってことだ」

苗木「・・・・・」

苗木「は・・・?え・・・・・?」

桑田「死ねよ、苗木」ブンッ!

82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/16(月) 21:23:06.85 ID:t4vG9CVI0
安定のクズか……
83 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 21:24:42.02 ID:yir2fVqu0
それは本当に一瞬の出来事で

桑田クンが何か光るモノ、多分刃物を持ってて、

ボクは身が竦んでその場に倒れて、

桑田クンが刃物を振り下ろして、

ああ、ボクはここで死ぬのか、なんて思う前に














ガキィンッ!

戦刃「・・・苗木君は渡さない」ギリギリ

桑田「んだよ、寝てたんじゃねーのかよ」ギリギリ

戦刃「苗木君が私を呼んだから、2回も。
出るタイミングをずっと伺ってたの」ギリギリ…バッ

桑田「おっと・・・へっ、歪んでんな」

戦刃「あなたよりはマシ」

苗木「あ・・・あ・・・・・・?」


戦刃さんが割って入るように、ボクを助けた

84 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 21:36:29.25 ID:yir2fVqu0
戦刃「苗木君、少し待ってね」

戦刃「今すぐにコイツ、バラすから」ヒュッ

桑田「はっ、そう簡単に――――っが!?」グリョ…

戦刃「・・・肩」

桑田「があああ!!いたっ、痛、痛い痛!!」

戦刃「黙って、うるさい」スッ

桑田「――――ッ!!~~~ッ!」ダンダンッ!

苗木「――――――」

戦刃「・・・よし、いい子」

戦刃「苗木君、肩なら貸すから少し離れよう」ヒョイ

苗木「・・・あ、その・・・・・」

戦刃「なに?」

苗木「・・・ありがと」

戦刃「・・・・・」


戦刃「桑田君も、ある意味被害者」

戦刃「だから貴方は、桑田君を許してあげて」


苗木「・・・・・?」

戦刃「なんでもない、さ、こっち」

苗木「あ・・・うん」

85 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 21:42:52.56 ID:yir2fVqu0
――――――――希望ヶ峰学園、学園廊下

舞園「あ、苗木君と戦刃さんじゃないですか」

苗木「・・・舞園さん」

舞園「・・・・・?苗木君、大丈夫ですか?顔色が優れないようですけど・・・」

苗木「えっと、その・・・」

戦刃「少し不幸な事故があっただけ、だから心配は無用」

舞園「・・・・・そうですか、でも多分それで苗木君顔色が優れないんですよね、私も肩を貸しましょうか?」

戦刃「結構、だから――――」



















戦刃「――――そんな物騒なものは仕舞うべき、舞園さやか」

苗木「え・・・?」

舞園「・・・・・」

舞園「バレちゃいましたぁ?」シャキン…

86 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 21:53:10.10 ID:yir2fVqu0
舞園「少し、考えてみたんですよね」

舞園「ほら苗木君って私のフィアンセじゃないですか」

戦刃「・・・・・違うと思う」

舞園「そうなんですよ、でも苗木君は色んな女の子に声をかけては色目を使いますよね」

戦刃「・・・・・それも、違うと思う」

舞園「してます、それで最後には私の元へ帰って来ると分かっていても不安になりますし」

戦刃「・・・・・それも違う」

舞園「違いません、でそんな時に考える、たったひとつの冴えたやり方ってのは何でしょうか?」

戦刃「・・・・・自分の物にする?」

苗木「(な、なんかおかしいぞこれ・・・)」

舞園「惜しいですねー、正解はー・・・・・」

舞園「まぁ、私自身の手で苗木君を終わらせればいいと」

戦刃「・・・・・」

苗木「っ!?」ビクッ

舞園「あらあら・・・怖がっちゃって、でも」


舞園「なーんでその女の後ろに隠れるんです?」


戦刃「・・・・・」

苗木「なんで・・・なんでだよ・・・・・」

87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/16(月) 21:53:43.92 ID:XWXkcyIu0
えっちょまえー 謎に謎掛けでわからん
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/16(月) 21:56:25.49 ID:EgS4a+jE0
霧切さんしかまともなのいねーな
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/16(月) 21:57:46.81 ID:nQ4626qK0
ま、まだちーたんがいるじゃん(震え声)
90 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 22:11:16.04 ID:yir2fVqu0
苗木「ボクが何をしたんだよ・・・」

苗木「なんでボクがこんな不幸な目に遭うんだよ・・・」

苗木「舞園さん、優しかったじゃないか・・・」

苗木「最初話した時、少し嬉しかった・・・」

苗木「自分と少しでも同じ世界にいて、それを言ってくれたから、心細いのも少し晴れた・・・」

苗木「なのに・・・なのに・・・・・」

舞園「あはは?苗木君、同じ世界って・・・そんな大胆な告白・・・・・/////」

苗木「なのになんで、そんな怖い目をしてるんだよ・・・」

苗木「なんで、ボクを本当の目で・・・・・」

舞園「うふふ、苗木君ったら、私のことよく見てるんですね!」

舞園「でも私はどっちかと言うとこっちですかね?そこだけは訂正でしょうね」

舞園「私に見て欲しいなら、これからもそうしてあげますよ?私以外が、見えないようにも」

戦刃「・・・・・」

舞園「戦刃さんも思ったりしますよねぇー?あれだけ皆の前でできたんですから」


舞園「恋愛による感情の躍起、愛が生み出すこの鼓動!欲しいと言わずなんと言えるか!」


舞園「独占欲だの何だの前に、そこにカタルシスのような建前なんかなくてただ欲しい!!」ダンッ!


舞園「求めるは至極、単純でシンプル!
その相手の全て!抑圧も自由も手にすること!」


舞園「それができたらどうなるかって?」



舞園「・・・・・・・・・素晴らしいじゃないですか」



苗木「・・・・・おかしいよ、おかしい・・・」

舞園「それが、普通を突き詰めた真理というやつですよ、苗木君?みーんな、そう僅かにも思ってます」

舞園「少なくとも戦刃さんには分かるんじゃないですか?この抑揚の昂りの心地よさは」

舞園「どう思いましたか?戦刃さん」

戦刃「・・・・・」

戦刃「やっぱり・・・・・いや、それは」





戦刃「それは違う、と思う」

91 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 22:22:20.72 ID:yir2fVqu0
戦刃「その・・・あなたの話が難しいのもあるけど」

戦刃「あなたのは束縛、相手の気持ちなど関係無しに無理にでも抑え込みたいだけ」

戦刃「私は献身(ついでに依存)、あなたとは違う」

苗木「(・・・それは違う気が・・・・・)」

戦刃「・・・私も間違ってた、人の模倣なんて」ボソッ

戦刃「それに私は知ってるから」

戦刃「苗木君の良さは、私だけじゃ引き出せない」

戦刃「だから、そこに独占は要らない」

戦刃「・・・・・と、思うよ」

苗木「・・・・・」

舞園「・・・・・」

苗木「(・・・ん?)」

苗木「あの・・・戦刃さん」

戦刃「なに苗木君、質問ならなんでも」

苗木「模倣って・・・・・」

舞園「・・・あらら、理解は不能でしたか?それとも戦刃さんが不能?私が不能?世界が不能?」

戦刃「ゴメンやっぱり待って」

舞園「まあなんでもいいです、これで終わるんでしょうから」

舞園「せめて、一突きで終わらせて下さい」

舞園「苗木君が苦しむのは、あまり好ましくないので」ダッ!

92 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 22:33:51.22 ID:yir2fVqu0
――――――――希望ヶ峰学園、一階階段前

苗木「(・・・・・五秒で終わった)」

戦刃「苗木君、落ち着いた?」

苗木「うん・・・でも舞園さんまで・・・」

戦刃「・・・・・」

戦刃「アレは、愛じゃない」

苗木「・・・・・え?」

戦刃「盲目だから、愛じゃないと思う」

苗木「・・・・・・・・・」

戦刃「さあ、2階に・・・・・」

不二咲「うわあああん!た、助けてー!!」タッタッ…

戦刃「・・・後ろの方から・・・・・不二咲さん?」

山田「ヌオーッ!!ちーたん!ちーたん!ヌオーッ!!」ダッダッ…

戦刃「・・・・・」

戦刃「(あれ、いつもの・・・ではないよね)」

戦刃「当て身」ドスッ

山田「おげぇっ」バタン

不二咲「う、うわあああん!いくっ、戦刃さぁん!」ギュウッ

戦刃「うん、もう大丈夫だから・・・」

不二咲「うわああん!ぼ、ぼく怖くて!い、いきなり山田君がっ、変に、うわ、うわあああん!」

戦刃「う、うん。分かったから、だからね・・・」

戦刃「大声はやめて、苗木君が離れちゃう」

苗木「いや、だ、だって・・・・・」

93 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 22:49:12.78 ID:yir2fVqu0
――――小休止後

不二咲「そ、その・・・ぼ、私トイレに行ってて・・・」

不二咲「皆参ってたみたいだから大丈夫かなって心配して・・・たまたま近くの山田君の様子はどうかなって見て・・・・・」

不二咲「さっきみたいに・・・それで今までは厨房に隠れてたんだけど・・・・・」

戦刃「見つかって、追いかけられて、今に至ると」

不二咲「う、うん。そうだよぉ・・・」

苗木「・・・ねえ、不二咲さん・・・・・」

不二咲「なぁに?苗木君・・・」

苗木「【ぼく】って、クセなの?」

不二咲「・・・ふぇ?」

苗木「あ、いや、なんでもないんだ・・・」

不二咲「・・・・・変だよねぇ・・・女の子だったら」

苗木「い、いやその、別にいいと・・・個性だし」

不二咲「でも男の子ならおかしくないよね」

戦刃「そう、だから苗木君がなんで変に思うかが不思議」

苗木「えっ?」

不二咲「ふぇっ?」

戦刃「えっ?」

不二咲「・・・まさか、いつ気づいて・・・・・」

戦刃「・・・カン、強いて言えば匂い」

苗木「・・・・・つまり、そういうこと?」

不二咲「うん・・・・・」

戦刃「・・・・・とりあえず二人とも、さっさと行こう」

苗木「あ、うん・・・」

不二咲「ど、どこにぃ・・・?」

戦刃「まずは、私についていくこと。いい?」

不二咲「う、うん・・・」

戦刃「・・・・・」

94 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 23:01:23.57 ID:yir2fVqu0
――――――――希望ヶ峰学園、二階廊下

セレス「あら、皆さんどうなさいました?」

戦刃「・・・・・あなたは・・・」

苗木「・・・セレスさん大丈夫なの?」

セレス「・・・はて、なにかあったので?」

戦刃「察しが良くて助かる・・・その・・・・・」カクカクシカジカ



セレス「・・・はぁ、殺されかけたと・・・・・」

苗木「そ、その、セレスさんも一緒に行かない?危ないだろうし・・・・・」

不二咲「そ、そうだよぉ!皆で行けば怖く、怖くなんか・・・」

セレス「ふふ、頼もしくなくとも、嬉しい誘いですわね。よろしいですわ、同行いたしま・・・」

戦刃「・・・・・」スッ

苗木「え・・・・・戦刃さん?」

セレス「・・・おや、なにゆえお二人を後ろに?」

戦刃「・・・・・」

戦刃「・・・臭うから」

セレス「・・・・・傷つきますね、私が臭いと?」

戦刃「・・・・・」

戦刃「僅かに、鉄臭い・・・から」

苗木「・・・・・!」ビクッ

セレス「・・・・・」

苗木「いや・・・嘘でしょ?ま、まさか・・・」

戦刃「苗木君も、嗅いだことぐらいあるはず、
こういう臭い――――あ」

苗木「・・・・・だ、だいじょぶ・・・だから」ガタガタ…

戦刃「・・・ゴメン」

95 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 23:28:45.12 ID:yir2fVqu0
戦刃「・・・・・でも、なんで?原因までは分からない」

セレス「・・・・・不幸な事故でしたわ」

霧切「不幸、なんて言葉で片付けるのはどうかと思うけどね」

苗木「!き、霧切さんもいたの・・・?」

霧切「ええ、いたわ」

戦刃「・・・で、なんで?」

霧切「・・・話によると、凶暴化したのが桑田君、舞園さん、山田君。そして私たちの方では葉隠君に朝日奈さんが凶暴化したわ」

不二咲「ええっ!?葉隠君と、朝日奈さんも・・・?」

霧切「・・・その、手段を選んでる暇なんて・・・」

戦刃「・・・・・そうだったんだ、なら、うん・・・」

苗木「(・・・ボク以外の男子全滅か。あ、不二咲さんもだっけ)」

霧切「・・・なにが原因かは、分からないわ。
あの5人の共通点も思いつかないし・・・・・」

セレス「ですので、皆さんここは私たちと同行すべきだと考えましたが・・・問題はありますでしょうか?」

苗木「も、問題ないよね?戦刃さん・・・」

戦刃「・・・うん、確かに」

不二咲「よ、良かったぁ、心強いよぉ!」

霧切「・・・そう思ってもらえると救われるわ」

セレス「全くですわね」

苗木「・・・・・」

96 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/16(月) 23:36:36.84 ID:yir2fVqu0
戦刃「じゃあ、三階に上がるよ・・・」

セレス「あ、戦刃さん」

戦刃「なに?」

セレス「スカート破けてますわよ、前の方」

戦刃「え?えーっと・・・」ジッ

霧切「――――っ!」ダッ、シャキン!

セレス「っ!」ダッ、シャキン!

苗木「!危ない、戦刃さん!」ドンッ

セレス「はっ、きゃあっ!」バタン!

戦刃「っ、はあっ!」ドガッ

霧切「くっ!」

戦刃「・・・不意打ち、油断は禁物の筈なのにね」

苗木「い、戦刃さん!」

不二咲「だ、大丈夫!?」

戦刃「私なら大丈夫、それより・・・」

霧切「・・・もう少し引っ張ればよかったかしら?」

セレス「そうかも知れませんね、お陰で不意打ちは失敗ですし」

戦刃「・・・離れてて、二人とも」

97 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2013/12/16(月) 23:37:26.33 ID:yir2fVqu0
寝ます、おやすみなさい
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/16(月) 23:48:48.03 ID:fcDr7jVFo

99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/17(火) 00:00:57.11 ID:rnWvcTwQo

100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/17(火) 00:22:44.30 ID:95AIH8mA0

101 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 22:16:29.19 ID:edbTlXLC0
戦刃「・・・なんで、私に刃を?」

セレス「そんなの、分かっているのでしょう?」

霧切「平たく言うと、欲しいから」

戦刃「・・・またその流れ、だから苗木君は独占されるものじゃないのに、いい加減にしてほしい」

セレス「ふふ、じゃあ止めてごらんなさいな」

霧切「フフ、できるのならね」

戦刃「(・・・セレスは苗木君に倒されたまま、
二人は離れてる。なら策を弄するより――――)」ダッ

霧切「!」

戦刃「(まずは一人――――――っ!?)」グルンッ

セレス「あらあら・・・見事に引っかかりましたのね」ピーン

戦刃「(空中で、転んだ!?いや、紐に引っかかったのか!二人に間があったのは、罠!?まさか手に紐を掴んでいたなんて!)」

霧切「さあ、詰みね」シャキン

セレス「命ごと摘み取ってあげますわ」シャキン

戦刃「(こんな初歩的な罠に引っかかるなんて――――――でも紐なら対抗策は、ある!)」ガッ、グイッ

セレス「あっ!?」フラッ

霧切「くっ!」ヨロッ

戦刃「(私の力で紐を引っ張れば相手のバランスを崩しつつ、体勢を立て直せる!)」

戦刃「っ、よし!」ダンッ、ダッ!

霧切「ガッ・・・ゴホッ!」ドシュッ!

戦刃「(次ッ!)」ダッ

セレス「くっ・・・あ、ぎゃ!!」グリュッ!

戦刃「っ、ふぅ・・・・・やった」

戦刃「殺してはいない、全治しないかもだけど」
102 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 22:28:55.88 ID:edbTlXLC0
不二咲「や、やったんだね!戦刃さぁん!」タッタッ…

苗木「あ、ふ、不二咲さん待ってよ・・・」

戦刃「(・・・よし、二人とも無傷で守れた。
私でも守りたい物が守れたよ盾子ちゃ――――)」













ドスッ














苗木「・・・・・え?」


不二咲「・・・・・・・・」


戦刃「・・・・・あ、れ?」ポタ…ポタ…


不二咲「・・・ね」


不二咲「油断禁物ってヤツだよ・・・戦刃さん」ニィ…

103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/17(火) 22:36:34.16 ID:oa+Veev9O
なん…だと…!?
104 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 22:40:12.27 ID:edbTlXLC0
戦刃「え・・・?そ、ん・・・あ、あああ・・・・・」ドクドク…

不二咲「アハハ・・・アハハハ、アハハハハハ!!」

不二咲「凄い凄い!僕って凄い!戦刃さんに、ナイフをしっかり刺せるだなんて!!」

不二咲「こんなにっ!無抵抗なっ!」ザシュッ、ザシュッ

不二咲「戦刃さんって!脆いねっ!」ザシュッ、ザシュッ

戦刃「ぐ・・・うぅ・・・・・」

不二咲「僕でもっ!殺せるっ!くらいっ!」ザシュッ、ザシュッ、ザシュッ

苗木「あ・・・・・ああ・・・」ガタガタ…

戦刃「っ!っ!」

不二咲「アハハハハハハ!!声も出せないのぉ!?惨めで哀れだねぇ!軍人でしょお!?」

苗木「い、戦刃さ・・・・・」ガタガタ…

戦刃「な・・・ぎく・・・・・」

苗木「・・・・・?」ガタガタ…

戦刃「・・・・・・・・・」パクパク


――――さ ん か い――――


苗木「い、行けって・・・?」ボソリ

戦刃「っ!」キッ

苗木「う、うわあああ!!」ダッ

不二咲「あれぇ?苗木君どこに行くのぉ?」

不二咲「三階・・・?隠れる場所が多いなぁ」

不二咲「でもまあゆっくりでいいよねぇ、
どうせオモチャはいっぱいあるんだしね」

不二咲「戦刃さん、じゃあもう少し遊ぼうかぁ」

戦刃「(・・・良かった・・・これで、なんとかなる・・・はず・・・・・)」

戦刃「(でも、【彼女】は、果たして・・・・・)」

105 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 22:42:34.62 ID:edbTlXLC0
ごめんなさい致命的なミスをしました、

>>104投下し直します
106 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 22:43:55.19 ID:edbTlXLC0
戦刃「え・・・?そ、ん・・・あ、あああ・・・・・」ドクドク…

不二咲「アハハ・・・アハハハ、アハハハハハ!!」

不二咲「凄い凄い!僕って凄い!戦刃さんに、ナイフをしっかり刺せるだなんて!!」

不二咲「こんなにっ!無抵抗なっ!」ザシュッ、ザシュッ

不二咲「戦刃さんって!脆いねっ!」ザシュッ、ザシュッ

戦刃「ぐ・・・うぅ・・・・・」

不二咲「僕でもっ!殺せるっ!くらいっ!」ザシュッ、ザシュッ、ザシュッ

苗木「あ・・・・・ああ・・・」ガタガタ…

戦刃「っ!っ!」

不二咲「アハハハハハハ!!声も出せないのぉ!?惨めで哀れだねぇ!軍人でしょお!?」

苗木「い、戦刃さ・・・・・」ガタガタ…

戦刃「な・・・ぎく・・・・・」

苗木「・・・・・?」ガタガタ…

戦刃「・・・・・・・・・」パクパク


――――よ ん か い――――


苗木「い、行けって・・・?」ボソリ

戦刃「っ!」キッ

苗木「う、うわあああ!!」ダッ

不二咲「あれぇ?苗木君どこに行くのぉ?」

不二咲「上・・・?隠れる場所が多いなぁ」

不二咲「でもまあゆっくりでいいよねぇ、
どうせオモチャはいっぱいあるんだしね」

不二咲「戦刃さん、じゃあもう少し遊ぼうかぁ」

戦刃「(・・・良かった・・・これで、なんとかなる・・・はず・・・・・)」

戦刃「(でも、【彼女】は、果たして・・・・・)」

107 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 22:57:43.73 ID:edbTlXLC0
――――――――希望ヶ峰学園、4階広間

苗木「ハァ、ハァ、ハァ・・・・・っくそ!」

苗木「なんだよ、なんだよ!」

苗木「なんだよコレ!」

苗木「何が超高校級の幸運だ!不幸な目に遭ってばかりじゃないか!」

苗木「皆おかしくなって!襲われて!殺されかけて!」

苗木「仲間と思ってた人に裏切られて!戦刃さんが殺されて!」

苗木「モノクマっ!!なにしてんだよ!!」

苗木「保護するって言ったろ!
なにが保護するだよ皆死にかけじゃないか!」

苗木「なんだよ・・・なんでだよ・・・・・」ガクッ

苗木「・・・・・」

苗木「・・・モノクマは、出ないか」

苗木「はは、もしかして流れからして既に操っていた人もやられてましたってオチかな」

苗木「笑え・・・ないね・・・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「不二咲、ナイフ持ってたな・・・」

苗木「戦刃さんも、人間だから不意に突かれたら軍人とはいえ対処しきれないよね・・・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「でも・・・殺された」

苗木「4階に来た意味も・・・よく分かんないよ・・・」

苗木「・・・・・」

苗木「・・・・・いや、殺された、のか?」

苗木「あんなに刺されてたんだ、そりゃ・・・人って普通死ぬよな・・・・・」

苗木「戦刃さんは超高校級の軍人・・・・・」

苗木「・・・なんて、軍人っぽさはその強さだけだったけどね」

苗木「・・・・・じゃあ、なんで」

苗木「なんで、彼女は4階なんて・・・・・上に逃げたいって言いたければ、逃げてだけでも・・・・・」

苗木「・・・・・!」

苗木「扉が、開いてる部屋がある・・・・・」

苗木「・・・・・」

108 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 23:09:15.11 ID:edbTlXLC0
――――――――希望ヶ峰学園、三階美術室前広場

不二咲「ふーん♪ふーんふふーん♪」

不二咲「咲ーいーたー、咲ーいーたー♪」

不二咲「まあーっかーな、バーラーがー♪」

不二咲「なあーんてねぇ・・・ん」

苗木「・・・・・」

不二咲「やぁ苗木君!元気ぃ?」

苗木「・・・・・」

不二咲「無視しないでよぉ・・・うぅ・・・・・」ジワッ

苗木「・・・・・」

不二咲「も、もしかして、怒ってる?
苗木君、ぼ、僕何か悪いことしたかなぁ?」

苗木「・・・・・」

不二咲「ご、ごめんねぇ、苗木君。
謝るから、わかんないけど許してぇ・・・」

苗木「・・・・・」スッ

不二咲「り、リモコン?どうしたのぉそれ?
あ、やっぱり怒ってなくて、僕と遊びたいの?」

苗木「・・・・・」

不二咲「苗木君ったら素直じゃないんだ、
まあいいけどね、遊ぼうよぉ!」


不二咲「一生、僕とだけ遊ぼうよぉ!」ダッ!


苗木「・・・・・」




























苗木「モノクマ、【バインド】」ピッ
109 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 23:13:20.75 ID:edbTlXLC0
モノクマ1「おりゃー!」ピョーン、ガシッ

モノクマ2「そりゃー!」ピョーン、ガシッ

モノクマ3「たりゃー!」ピョーン、ガシッ

モノクマ4「うりゃー!」ピョーン、ガシッ


不二咲「!?う、動けな・・・な、なんで・・・」


苗木「【アンド】」


苗木「【ファイア】」ピッ

110 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 23:24:10.93 ID:edbTlXLC0
不二咲を取り押さえたモノクマから

テレビなどでよく聞くカウント音が鳴り始める。

それが何を意味するか分かったのか、

不二咲は慌てふためいて、顔面が蒼くなる。


不二咲「いやだ、いやだいやだいやだ!助けて助けて助けて助けて!!苗木、くん!!」


先まで人を快楽を求めるように刺したとは

思えないような、純粋な悲鳴だった。

甲高く、響きわたり、悲痛な声だった。

だが、その声はボクには響かない。


不二咲「ぼ、僕が悪かったんだ!今ハッキリした!僕は悪いことをした!だけど、助かりたい!」


命乞いか、はたまた懺悔を含めた言葉か。

なんにせよ、モノクマを止めることはしない。


不二咲「なえ・・・ぎ君・・・?たす、けて・・・・・」


ボクは、不二咲の様子をジッと見ていた。

そして――――――


四体のモノクマは爆発し、

不二咲の四肢は爆散した。

悲鳴ともとれぬ断末魔が耳を貫き、

焦げた臭いと特有な悪臭が鼻をツンとさせた。

だがボクは一切、嫌な顔をせずに

その場に崩れるようにただ座った。

111 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/17(火) 23:36:57.31 ID:edbTlXLC0
苗木「・・・・・モノクマ【キャリー、苗木自室】」ピッ

リモコンにそう命令すると

数体のモノクマがボクの元へ駆け寄り、

板の上にボクを乗せて運びはじめる。

歩くときの振動がよく伝わったので、

乗り心地の方は最悪だった。

階段はゆっくり、斜めにせずに運んでくれている。

二階には、戦刃さんの動かぬ遺体と、

セレスさんと霧切さんの死体が見えた。

不二咲のせいだろうか。

彼の行動は理解ができない。

そういやおかしくなったとボクは言ったけど、

最初は戦刃さんも大概だったな、なんて考える。

一階に降りると、今度は山田君の死体。

不二咲がわざわざ降りて刺したのか、

血は素人目でも新しく、先ほど刺されたようだ。

うっすらと、瞼が重くなる。

揺れる感覚がむしろ居心地のいい物に感じる。

意識がブラックアウトし、ボクは寝息を立て始める。

揺れる感覚は、眠る直前まで感じていた。

112 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2013/12/17(火) 23:41:18.75 ID:edbTlXLC0
【>>101、まさかの戦闘描写が入るも
作者の表現力不足により何がおこった
かサッパリ分からない人の為へ説明】

1、セレス倒れてる、霧切立ってる、離れてる

2、戦刃は霧切に向かって飛びかかる

3、セレスと霧切が互いに持ってた一本の紐をピンと張り、それに戦刃が引っかかる

4、戦刃空中でバランスを失いかけ、セレスと霧切は戦刃に向かって追撃を計る

5、戦刃は引っかかった紐を掴んで思い切り引っ張り、セレスと霧切のバランスを崩す

6、戦刃は着地して、バランスを崩した隙にセレスと霧切を攻撃

です。

自分で読み直したら本当に分かりづらかったので

一応書かせていただきました。

今日はここで投下を終わります。

あと、ゴメンなさい。
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/18(水) 00:43:28.22 ID:nusPa7Mvo
引っ掛けてバランス崩す為だけの罠を、相手が引っ掛かった後も持ち続けるかな?
まぁ大して重要な事じゃないがw
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/18(水) 01:32:23.00 ID:pwwSqC4Ro
こんなことになるなんて
115 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/18(水) 23:17:33.98 ID:sRNaNHud0
???「・・・・・」

苗木「・・・・・」スゥ、スゥ…

???「モノクマ、『コレクト』」ピッ

???「そして私は・・・」

???「・・・フフ、フフフ」

???「まさかここまでの実力とは・・・予想外」

???「慌てなくていい・・・時間はある」

???「惜しくもなく、完璧に・・・仕上げよう」
116 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/18(水) 23:27:03.71 ID:sRNaNHud0
――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――





――――な―――ぎ―め――――――

・・・なんだ?

め―さ――――だ―――え――――

・・・声、聞いたことがあるような――――






舞園「苗木君!」

苗木「っ!」ガバッ

舞園「良かった・・・目を覚ましたんですね」

苗木「・・・まい・・・・・ぞの、さん?」

舞園「・・・?はい、そうですけど・・・あー!
苗木君、もしかして寝ぼけて私を忘れたんですか!」

苗木「え、いや、そんなことはないよ・・・」

舞園「・・・まあいいです、許しますよ」

苗木「・・・・・ここは、保健室?なんで?」

舞園「やっぱり寝ぼけてますねー・・・もう!
忘れたんですか?じゃあ言いますよ?」


























舞園「苗木君が気絶したんですよ、モノクマの話を聞いた直前に!」


苗木「・・・・・」


苗木「え?」
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/18(水) 23:28:20.72 ID:UjoeTKoAO
ええと……78期生で居ない面子が大和田・石丸・朝日奈・大神・十神・腐川・私様だよね?まさか77期生の誰かにやられた?
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/18(水) 23:28:53.76 ID:5fcjhVffo
さ――――さ――や―――――き――
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/18(水) 23:29:10.80 ID:YHyxVHuT0
えっループ?
120 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/18(水) 23:37:01.86 ID:sRNaNHud0
――――――――希望ヶ峰学園、保健室

戦刃「・・・!苗木君、目が覚めた?」

苗木「え?戦刃・・・さん?」

戦刃「・・・うん、戦刃むくろだけど・・・どうしたの苗木君――――!ま、まさか記憶障害!?」ガタッ

苗木「え、いやそれはないよ。うん」

戦刃「そ、そう・・・良かった・・・・・」

舞園「あー、コホン!・・・もう苗木君ったら、
皆心配しているんですよ?」

苗木「そ、そうなんだ。なんか悪かったね」

舞園「全くですよ、ほらそこにお見舞いの品があるでしょう?」

苗木「えーっと・・・この石炭とか?」

舞園「それは葉隠君で、セレスさんと霧切さんがそれぞれ違うお守り、朝日奈さんがドーナツで――――」

苗木「ま、待ってよ、こんなにいっぱい?」

舞園「この薄い本が山田君で、サイン入り色紙が桑田君・・・この辺はゴミに出しましょうか。
後は私達二人の徹底的な看病ですよ!」

戦刃「・・・・・」コクコク

苗木「あ、アハハ・・・ありがとう」

苗木「・・・・・」

苗木「(なにか・・・いや、気のせいか)」
121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/18(水) 23:41:42.65 ID:96aVMDC60
>>117
江ノ島は松田が殺せるかもだが、
大神は誰も殺せんだろう。
弐大が僅かに可能性があるだけ
122 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/18(水) 23:43:26.63 ID:sRNaNHud0
舞園「というか、苗木君も大げさですよね」

苗木「え、そ、その何が?」

舞園「・・・・・たまには自分で思い出してください」

苗木「え?うーん・・・なんだっけ」

舞園「・・・苗木君、今度病院に行きませんか?
ホント行ったほうがいいくらいですよ?」

戦刃「・・・モノクマから、レクリエーションの一環として共同学園生活を送ることになった」

苗木「・・・・・ああ」



苗木「そういえばそうだったね、思い出した」


123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/18(水) 23:53:55.76 ID:5fcjhVffo
朝日奈ならさくらちゃん殺せるんじゃね
いや実力じゃなくてね
124 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/18(水) 23:55:09.83 ID:sRNaNHud0
苗木「いやでもさ大変なんだって、その、ボクの妹」

戦刃「どう、大変だったりするの?」

苗木「あー、その、悪口とは違うんだけど、
言わば『お前のとこにウチの娘はやらん!』的な」

舞園「お兄ちゃん子ってことでしょうか?」

苗木「そうそれ、それも結構厳しいんだ・・・」

戦刃「・・・・・妹って可愛いものだよ、苗木君」

苗木「そうだけど、そうだけど・・・うん・・・」

舞園「可愛い独占欲じゃないですか、そーいうのをしてくれる妹さんってきっと珍しいですから、大切にしましょうよ!」

苗木「いや大切にするよ?それは勿論―――」


ピッ

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――





――――ろ――ぎ――――――――

・・・あれ?

―や―――ろ―――――ま――――

・・・また、声?






桑田「起きねーとマジに殴るぞ!」

苗木「う、うわあっ!?く、桑田クン!?」

桑田「よっしゃ、起きたな苗木、よく戻ってきた」

苗木「え」

戦刃「・・・うん、外傷もないみたい」スッ

苗木「あ、そ、その・・・・・え?」

125 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/19(木) 00:03:25.61 ID:Pr1tnXl10
パパパパン!!

苗木「ひゃあっ!じゅ、銃声!?」

桑田「っち!火力増してきたな!戦刃!」ダッ

戦刃「うん、了解」ヒョイ

苗木「え、わっ!?そ、その戦刃さん何を」

戦刃「あなたを持ってる、というか逃げなくちゃ!」

桑田「だーっ!そもそも遮蔽物ねーのにどーすんだ!おい戦刃、他に軍人としていい案ねーのか!」

戦刃「逃げる、これが最善」

桑田「トンズラだけじゃいつか死ぬぞ!!」

戦刃「でも本当にこれしか・・・・・」

パパパパン!!

苗木「う、うわあっ!ま、また!」

桑田「がっ!」バタン

戦刃「っ!桑田君・・・!」

桑田「う、嘘だろ?や、まだ、死にたく―――」


ピッ

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――

126 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/19(木) 00:13:47.42 ID:Pr1tnXl10


ピッ

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――


ピッ

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――


ピッ

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――


ピッ

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――


ピッ

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――







苗木「・・・・・」ガバッ

戦刃「おはよう、苗木君」

苗木「・・・戦刃さん?」

戦刃「そうだよ、苗木君」

苗木「・・・・・ここは?」

戦刃「少し汚いけど、大丈夫。安全な場所」

苗木「・・・そっか、よく分かんないけど、信じるよ」

戦刃「ありがとう・・・」
127 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/19(木) 00:23:14.40 ID:Pr1tnXl10
苗木「ねえ戦刃さん・・・聞いていいかな」

戦刃「・・・なに?」

苗木「ボクは、希望ヶ峰学園の生徒だよね?」

戦刃「・・・そう、そこで私と知り合った」

苗木「でも、ボクは同級生は君しか分からない」

戦刃「当然、だって私と苗木君しかいないもの」

苗木「そっか・・・そうだよね・・・・・当然か・・・・・」

















苗木「・・・・・」ツー…

苗木「あ、あれ、涙?やだな、情けない」グイッ

戦刃「・・・・・」
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/23(月) 22:48:57.98 ID:IG5SDypL0
続きはよ
129 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 18:17:52.48 ID:7e9jG1hJ0
戦刃「ねえ、苗木君。あなたはここ最近の記憶が曖昧になっているはず」

苗木「え・・・?」

戦刃「だけど、心配しなくていい」

戦刃「これで、終わるから」カチャリ

苗木「じゅ、銃!?あ、危ないよ・・・!」アタフタ

戦刃「・・・・・」

苗木「あ・・・撃たない、んだね?良かった・・・」

戦刃「・・・フフ、やっぱり苗木君は優しい」

戦刃「いつもそうだった。誰に対しても、怯えていて、それでも人を助けたくて、不器用」

苗木「・・・?ど、どういうこと・・・」

戦刃「私がこの引き金を引いたら、彼女の計画は恐らく、完成すると思う」

苗木「い、戦刃さん・・・」

戦刃「・・・そんな顔されると、少し困る」

130 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 18:35:02.64 ID:7e9jG1hJ0
苗木「ぼ、ボクには戦刃さんが何の為に、それをしようとしてるのかは分からないけど・・・」

苗木「その、世の中って、やらなくていいこととか、色々あるんじゃないのかな・・・なんて・・・・・」

戦刃「・・・・・」

戦刃「その言葉は、できれば1年と6ヶ月前に聞きたかった」

戦刃「いや、聞かせたかったのかな?」

苗木「・・・・・」

戦刃「絶望なんてなくてよかった」

戦刃「私は盾子ちゃんが、いればそれで良かった」

戦刃「後は、ついでにクラスの皆とか、色んな人」

苗木「クラスの・・・皆・・・・・」

戦刃「・・・そっか、そこまで流れ通りだとは」

戦刃「本当に、あの人は底が見えない」

戦刃「だからこそ、あの時跪いたんだけど」

戦刃「でも・・・もう大丈夫」

戦刃「やりたいことは、もう終わった」

戦刃「そして、それが彼女との契約」カチャッ

苗木「!」

銃口が、戦刃さんのこめかみの位置に添えられる

戦刃「楽しかったよ、苗木君、大好き」




戦刃「バイバイ――――」




ボクは咄嗟に、次の行動をしていた。

1.戦刃さんの手を掴んだ

2.戦刃さんの銃を掴んだ


安価下2
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/26(木) 18:36:18.77 ID:88imzznN0
kskst
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/26(木) 18:51:17.75 ID:qoEwNngM0
1
133 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 19:06:06.01 ID:7e9jG1hJ0
苗木「戦刃さんっ!」ガッ

戦刃「――――ごめんね」


パァンッ!!


銃声が響く。

戦刃さんの頭から、血が湧き出るように流れ出す。

苗木「そ、そんな・・・」

苗木「戦刃、さん・・・?」

戦刃「――――――――」



戦刃さんの顔は、絶望でもなんでもなくて、とても安らかだった。



ボクには、行動のすべてが理解できなかった。



ただ、戦刃さんが自害した、この事実は変わらない


苗木「・・・・・なんで」

苗木「なんで、なんで!!」

苗木「何だよ!何で死ぬんだよ!ボクを一人にさせないでよ!!」

苗木「ボクは、結局っ!一人・・・に・・・・・」

苗木「・・・・・嫌だ」ズキン


―――なえ――きろ―おま――――!


苗木「嫌だ、嫌だ、嫌だ」ズキン


お―えはあの――――くまに―――!



苗木「一人は、イヤだ」ズキン



―――のな苗木、オメーとバカしたか――



苗木「怖い、イヤだ、寒い、イヤだ」ズキッ


――――な―――ぎ―め――――――


苗木「イヤだ――――――」
134 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 19:13:56.49 ID:7e9jG1hJ0

ピッ

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――


???「これでハッピーエンド、かな?」



???「んー・・・あれ、あなた、まだいけるんだ」



???「・・・・・じゃああなただけ、特別だよ?」

135 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 19:16:09.98 ID:7e9jG1hJ0
――――――――希望ヶ峰学園、食堂

苗木「・・・・・う、あ、あぁ・・・」



???「あ、起きた?良かったー、早く気がついて」


苗木「んー・・・なんだ?ここ、あれ、お前――――」


苗木「こまる、どうしたの・・・?」


こまる「・・・・・」ニコー


こまる「それはお兄ちゃんも人が悪いなぁ」


苗木「え・・・・・?」


こまる「どうしたのって、ここ避難所だよ?」


苗木「・・・・・」


苗木「そう、なんだ・・・・・」


苗木「そう、だったね」


こまる「うんうん、もう忘れっぽいんだからー」


苗木「アハハハ・・・ごめんごめん」
136 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 19:28:16.95 ID:7e9jG1hJ0
???「・・・・・」キーコ、キーコ…

苗木「(・・・車椅子?顔にも包帯が・・・でも、ボクたちの他にも人はいるんだ、良かった)」

こまる「あ、おはよう!調子はどう?」

???「・・・・・」パクパク

こまる「・・・私より、苗木君を?あ、あはは・・・私より面倒見がいいかもね。ま、それはないけど」

苗木「・・・こまる?この人は・・・・・」

こまる「知らない人だよー」

苗木「え?」

こまる「というかね、喋れないんだ。一応口パクで会話はできるんだけど・・・詳しくはまだ」

苗木「そ、そうなんだ。な、苗木誠です。よろしく・・・です」

???「・・・・・」パクパク

苗木「・・・・・?」

苗木「(あ、り、が、と?自己紹介したから?)」

???「・・・・・」キーコ、キーコ…

苗木「あ・・・行っちゃった」

こまる「んー、意外と繊細な人だからね。お兄ちゃんもしかして、何気ない一言で傷つけたとか?」

苗木「そ、そんなわけないだろ・・・」

こまる「・・・じゃあ口説き?」

苗木「そんなわけないだろ・・・え、女の人?」

こまる「・・・・・そうだよ、まあ気づいてなかったからその線はないかー、良かったー」

苗木「・・・・・」

苗木「(気のせいかな・・・なんか、変な気持ちが)」
137 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 19:53:17.86 ID:7e9jG1hJ0
苗木「・・・・・ねえ、こまる。ボクたちと、さっきの人の他に誰かいないの?」

こまる「うーん、皆ここ以外の避難所に行ってるらしいよ。設備ならここは充実してるのに」

苗木「そっか・・・・・」

苗木「(・・・あれ、ボク今、安心した?)」

こまる「さて・・・と」ガタッ

苗木「っ!」ビクッ

こまる「・・・どうしたの、お兄ちゃん」

苗木「い、いや・・・なんでも、ない・・・・・」

こまる「ふーん・・・じゃ、私はちょっと・・・」スタスタ

苗木「ど、どこに行くのっ!?」

こまる「え?」ピタッ

苗木「(・・・え?なんでだ?)」

苗木「・・・あ、ご、ごめん」

こまる「もぉ・・・女の子が黙って立つ時は、
お花を摘みに行くってことだよ?」

苗木「そ、そっか・・・ごめん」

こまる「じゃ、すぐ戻ってくるからー」スタスタ…

苗木「う、うん・・・・・」

苗木「・・・・・」

シーン…

苗木「・・・静か、だなぁ」

苗木「・・・・・」

苗木「なんか、寒いな・・・ここ」

138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/26(木) 19:56:41.95 ID:nZUeN2Qeo
花を積む(意味深)
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/26(木) 19:59:34.10 ID:w05zjzdw0
色々と怖いな...
140 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 20:05:06.52 ID:7e9jG1hJ0
――――――――約3分後

こまる「ふーんふふーんふー・・・ん?」

苗木「・・・・・」ウズクマリ

こまる「・・・どうしたのお兄ちゃん」

苗木「こまる、寒い時ってどうする?」

こまる「え?」

苗木「ボクはね、スゴい寒いんだ。震えて震えて、なんでか震えが止まらない」

苗木「怖いとか、そういうのにも似てるけど、寒いんだ」

こまる「・・・・・」

苗木「なんで、震えてんだろ、こんなに」

こまる「大切な人が居なくなった、とか?」

苗木「・・・・・何を言ってるんだよこまる」










苗木「ボクにとって、大切な人はお前だけだよ・・・」









こまる「・・・・・」ニコッ

こまる「じゃあ、こうすればあったかくなるんじゃない?」ギュッ

苗木「・・・・・ホントだ」

苗木「すごく、あたたかいや」

こまる「でしょ?」ニコー

苗木「うん・・・あたたかい・・・・・」

141 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 20:14:06.56 ID:7e9jG1hJ0
苗木「・・・・・なあ、こまる・・・」

こまる「なあに、お兄ちゃん」

苗木「そういやなんで避難所に来たんだっけ・・・?」

こまる「どっかのお偉いさんたちの組織が、
やらかしちゃったんだよ。それで、私達は被害者」

苗木「はは・・・マンガみたいなことって、あるんだな」

苗木「・・・・・なあ、こまる・・・」

こまる「なあに、お兄ちゃん」

苗木「この避難所って、どこ?近くの施設とかに、こんな場所見覚えがないんだけど・・・」

こまる「これまたお偉いさんたちが事前に用意してた秘密の施設だよ。来る人は少なかったけど」

苗木「そっか・・・・・隠されてたんだ・・・」

苗木「・・・・・なあ、こまる・・・」

こまる「なあに、お兄ちゃん」

苗木「外は、酷いのか?少し見てみたい気もするけど・・・」

こまる「外に出る必要は?」

苗木「・・・お前が行けばできるさ」

こまる「じゃあ安心して、私もお兄ちゃんが行かなければ絶対に外に行かないから」

苗木「そうだな・・・必要もないな・・・・・」

苗木「・・・・・なあ、こまる・・・」

こまる「なあに、お兄ちゃん」

苗木「・・・お前の手って、あったかいよな」

こまる「お兄ちゃんのお陰かな?」

苗木「どういう・・・あぁ、続きはいい。分かった」

こまる「ふふ・・・・・」

苗木「あはは・・・・・」
142 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/26(木) 20:22:23.11 ID:7e9jG1hJ0
苗木「・・・・・なあ、こまる・・・」

こまる「なあに、お兄ちゃん」

苗木「ここから外に出ないってことは、ここで一生を終えるの?」

こまる「・・・お兄ちゃんは、流石に不満?」

苗木「・・・・・別に、悪くない人生になると思うよ」

こまる「じゃあ・・・・・」

苗木「うん、そういうこと・・・・・」

苗木「・・・・・なあ、こまる・・・」

こまる「なあに、お兄ちゃん」

苗木「・・・呼んでみたかっただけ、ごめん・・・」

こまる「いいよ、もっと呼ぶ?」

苗木「それは勘弁、でも呼びたくなった」

こまる「ふふ・・・もぅ、冗談は程々に、ね?」

苗木「・・・・・なあ、こまる・・・」

こまる「なあに、お兄ちゃん」

苗木「なんでだろ・・・疲れてきたんだよ。
少し、このままで眠っていいかな?」

こまる「・・・ヒザ、使う?」

苗木「うん・・・」ゴロン

こまる「ふふ・・・・・」

苗木「おやすみ・・・・・」

こまる「おやすみ、お兄ちゃん」

苗木「・・・・・」

苗木「・・・・・」スー、スー…

こまる「・・・・・」


キーコ、キーコ…


???「・・・・・」

143 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2013/12/26(木) 20:30:00.17 ID:7e9jG1hJ0
すみません、少し抜けます
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/28(土) 01:49:25.65 ID:fp1XWvBB0
校長じゃなくて学園長っていうツッコミは入れないほうがいいのかにゃー
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/28(土) 02:40:58.39 ID:aIK800OMo
明かされない部分が多過ぎると食傷気味になる、といういい教訓になった。
146 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/28(土) 13:17:58.47 ID:T8CooruI0
こまる「むくろちゃん、もう喋っていいよー?」

戦刃「・・・・・」

こまる「あ、そっか。念のために声帯抜き取ってるんだっけ、ごめんごめん」

戦刃「(気にしなくていい)」パクパク

こまる「・・・そう」



戦刃「(・・・私は、生きてるだけ奇跡だから)」パクパク

戦刃「(今まではメッセンジャー兼、貴方の作ろうとしていた物語の引き立て役として生かしてもらえた)」パクパク

戦刃「(・・・だから、最後のトラウマを植える役は、私だった)」

戦刃「(苗木君が私の手を掴んだ時)」

戦刃「(苗木君の幸運か、それとも偶然か、
銃口はズレて、苗木君に絶対被害が及ばない箇所に当たった)」

戦刃「(後頭部を損傷しただけで済んだ)」

戦刃「(貴方は、誰よりも人間らしい人間)」パクパク

戦刃「(苗木君が欲しかった)」パクパク

戦刃「(その為だけに、全てを手に入れた)」パクパク

戦刃「(全てを、壊した)」パクパク

戦刃「(盾子ちゃんも、学園も、世界も)」パクパク

戦刃「(ただ、苗木君とより一緒に居たいがために!)」パクパク

こまる「・・・・・」




こまる「あー・・・ごめんむくろちゃん、口パクが早くて何て言ってるか分からなかった。」

戦刃「・・・・・」

戦刃「(そう・・・)」ショボン
147 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/28(土) 13:31:42.48 ID:T8CooruI0
こまる「まあ、言いたいことは何となく伝わったよ」

こまる「でもさ、それって何か問題かな?」

戦刃「・・・・・」

こまる「江ノ島さんは、お兄ちゃんに殺された」

こまる「そりゃあそうだよね、幸運なお兄ちゃんが自然に自分が危険な状態になんてならないし」

こまる「不幸な事故が起こるんだよね、何でか」

戦刃「(・・・苗木君は、本当に超高校級の幸運なの?)」パクパク

こまる「身を持って分かってるくせにー♪
だから皆がバッタバッタ死にゆく中生き残ってたんだから」

こまる「まあ、それでも心配だからむくろちゃんを護衛役に付けたんだし」

戦刃「(あ、護衛役って認識だったんだ私)」

こまる「・・・お兄ちゃんと仲のいい人物なんて、私だけでいい」

こまる「自己防衛本能・・・だっけ?あれなら思い出しにくくなるだろうし、画期的だったね!」

こまる「記憶喪失の・・・?ほら、江ノ島さんが使おうとしてたあれ、アレ使ってもトラウマなら脳裏に刻めるっていう仮説は正しかったし」

こまる「結果、私はお兄ちゃんと、お兄ちゃんは私と居れることができて幸せ!」

こまる「これが、ハッピーエンドってやつだね!」

戦刃「(・・・そう、だね)」パクパク

戦刃「(・・・私には、何も残ってないし)」

戦刃「(陰ながら苗木君を見られたらもうそれでいいし)」

戦刃「(ハッピーエンド・・・だよね)」


苗木「・・・・・」スゥ、スゥ…


こまる「いやあ、私と居れてお兄ちゃんは本当に幸運だよねぇ♪」
148 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2013/12/28(土) 13:40:05.56 ID:T8CooruI0

・・・更新が遅くてすみません、>>1です。

一応これで終わりです。ぶん投げましたごめんなさい

最初の考えてたストーリーでは妹が暗躍したり、

戦刃さんを出す予定なんて全くありませんでした

だいたい>>37の辺りで軌道から大きくズレました。

でも、こんなのを読んでくださる方が1人でも

多くいてくれるだけで喜びでした。

ありがとうございました。



・・・最初の考えてたストーリーも投下していいですかね?これとは全く違う内容ですけど

反対が無ければ夜にでも投下します。
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/28(土) 14:38:15.28 ID:Vyrxx/2Ao
ぜひ
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/28(土) 15:30:03.14 ID:iQLmiYZ/o
反応が無ければ投下します、に見えたww
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/28(土) 15:51:48.72 ID:VbZ++atUO
兄を自分だけの物のしようと世界さえ利用する計画企てたり

こまる何気に妹様以上に絶望的な動機で成し遂げてるな…
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/29(日) 09:31:44.00 ID:b1HcrfB1o
動機があるなら絶望じゃないな
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/29(日) 13:24:19.24 ID:tsRiRS/z0
夜にでも投下します(今夜とは言ってない)

ちくしょう
154 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 22:01:03.51 ID:dMoT8TTP0
>>26から

舞園「苗木・・・君ですよね?」

苗木「っ・・・誰?」バッ

舞園「え、えっとぉ?」

舞園「(・・・・・まさか覚えて貰えてないとは、何故か一定の距離を保たれていますし)」

苗木「・・・(誰だ?親戚に・・・こんな人はいなかったよな?)」

舞園「・・・はぁ、知り合いとくれば親戚ですか?
私は舞園さやかですよ、苗木誠君」

苗木「あ・・・そうなんだ。え?今・・・」

舞園「考えてる事くらい察せますよもう・・・・・傷つきますよ私。同じ中学だったじゃないですか」

苗木「えーっと、ゴメン。ボク中学はあまり・・・」

舞園「え・・・・・そうだったんですか?」

苗木「(たまに行ってたな、世話が大変で・・・)」

舞園「・・・・・?ともかく、テレビで見たことくらいないですか?一応アイドルのセンターで・・・」

苗木「・・・その、ボクの家は、テレビとか無くて」

舞園「(・・・これは予想外だらけですね)」
155 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 22:03:19.05 ID:dMoT8TTP0
葉隠「え、苗木っちの家テレビねーんだべか?」

江ノ島「うぇー、信じらんね。現代人かどうか疑うレベルだなオイ」

山田「今ドキ珍しいですな。家系がお厳しいので?」

苗木「・・・まあ家計は厳しいね、そこそこ」

桑田「もしかすっと・・・オレのことも知らねえの?」

苗木「う、うん・・・ミュージシャンとか?」

桑田「おっ、ちげーけどそれでいいぜ!」

苗木「え・・・?」

葉隠「こん中でだーれも知らないんだべか?」

苗木「うん、その、なんかゴメン・・・・・」

山田「はー、凄いですな。・・・因みに苗木誠殿は
何の才能でここへ?」

苗木「抽選で選ばれた幸運だとか・・・」

葉隠「超高校級の幸運だべか。こりゃあやかりたいもんだべ」

セレス「私とどちらが、上でしょうかね」

苗木「えっと、キミは・・・」

セレス「セレス、と呼んでくださいまし。・・・ところで、本当にそれだけなのですか?」

苗木「・・・どういうことかな・・・・・?」

セレス「・・・いえ、なんでもありません」ニコッ

苗木「・・・?」
156 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 22:11:48.90 ID:dMoT8TTP0
霧切「・・・不思議ね」

朝日奈「ん?霧切ちゃんどうしたの?」

霧切「いえ・・・超高校級の人材の数よ」

朝日奈「?」

霧切「私が知っているだけでも、超高校級に十分該当する人物はいるわ。それを、たかだか十人にしぼるだなんて、不自然と思って」

江ノ島「・・・別にー?フツーじゃねー?今年は何か都合が悪いとかさ」

霧切「国家公認の希望ヶ峰学園よ?・・・まあ、深く考えることでもないのかも知れないけれど」

霧切「(わざわざ幸運を招いといて・・・ね)」チラッ

苗木「・・・!?」ビクッ!

霧切「!」

苗木「・・・?・・・・・?」キョロキョロ

霧切「(・・・へぇ、ただの幸運じゃないのかも・・・ね)」

苗木「(ぜ、絶対誰かにそっと見られてる・・・それだけは嫌なのに・・・後ろから来そうで・・・・・)」
157 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 22:22:13.53 ID:dMoT8TTP0
――――――――本来のモノクマ登場と一連の流れ省略

モノクマ「――――という訳です、うっぷっぷ!」

舞園「そ、そんな・・・」

桑田「なあ・・・これドッキリだろ?」

山田「ふ、ふざけたことを!」

苗木「・・・・・」ガタガタ…

不二咲「ふえぇ!?」

セレス「・・・・・」

葉隠「う、嘘だべ!占いはそう言ってるべ!」

霧切「(・・・様々な反応をするのね。
嘘として否定する人、ただ怯える人、
落ち着き冷静を装っている人・・・まあ妥当ね)」

苗木「(ま・・・待て?これ、要は家に帰れないのか?つまり、こまるに会えないのか?それって、それってつまり・・・)」ガタガタ…

霧切「・・・・・」チラッ

霧切「(それにしても彼怯え方が尋常じゃないわね)」

苗木「(脱出できても死なないか?これ)」ガタガタ…
158 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 22:30:30.59 ID:dMoT8TTP0
苗木「(いや待て苗木誠、落ち着け。こまるはそんな子じゃない。いい子だ。ただ少しお兄ちゃんっ子なだけだ。うん、昨今の兄妹では珍しく兄に懐くいい子だ。ボクが居なくなったらどうするか?心配するだけだ。警察に連絡したり、夜通しで捜したりするだろう。うん普通だ。その程度だ。決して、決して!昨日のシチューも間違えて指を切ったとか!そんなだ!だから大丈夫。心中とかしないはずだ!中には誰もいないしそういうこともしてない!何日も掛かってここを脱出したとしても、ボクには帰れる家がある、よし!)」グッ

苗木「し、信じられるかそんなの!」

霧切「(・・・よく分からないけれど、踏ん切りをつけたみたいね)」

霧切「(・・・・・少し、面白いわね。苗木君)」

舞園「(さらっとすごい言葉が聞こえたような・・・)」
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/29(日) 22:47:36.76 ID:b1HcrfB1o
大まかな筋ぐらいは最初に決めといた方がいいね……うん……。
160 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 22:49:42.78 ID:dMoT8TTP0
――――――――モノクマとのやり取りカット、食堂

葉隠「・・・ど、どうするべ?これから・・・」

朝日奈「た、探索しようよ!きっと抜け道とかあるって!」

山田「ですな。では何グループかに分かれて探索しましょうぞ。5-5か3-3-4・・・」

苗木「(う・・・嫌だなあ、できれば一人がいいんだけど・・・いやでも考え過ぎかな・・・仮に脱出できたら知り合いになるんだし・・・・・)」

舞園「・・・・・いっそ2-2-2-2-2にしませんか?
分かれるのが多い方がいいでしょう?」

霧切「!」

山田「ふむ、一理ありますな舞園さやか殿」

桑田「いーねそれ!じゃ俺は舞園ちゃんと・・・」

舞園「では苗木君行きましょうか」グイッ

苗木「え?あ、あ!そ、その!」

舞園「こーいうのは男の子が率先すべきですよ?」スタスタ…

苗木「いやそういうのじゃ・・・!」グイ-ッ…

桑田「・・・・・」

山田「・・・・・」

桑田「・・・じゃ、じゃー朝日奈俺と・・・」

朝日奈「不二咲ちゃん行こっか」ガタッ

不二咲「ふえっ?う、うん・・・分かったよぉ・・・」タッタッ…

桑田「・・・なら、江ノ島ー・・・」

江ノ島「朝日奈について行こーっと」スタスタ…

セレス「ならば私も・・・」スタスタ…

桑田「・・・霧切ー・・・」

霧切「舞園さんたちを見てくるわ。これで3-3-4ね、良かったじゃない」スタスタ…

桑田「・・・・・」

山田「・・・・・」

葉隠「お?じゃー男子仲良く三人で探索するべ!桑田っちに山田っち!早く行くべ!」

桑田「・・・・・俺、泣いていいよな?」

山田「・・・・・やり方もあったのでは?桑田怜恩殿」

葉隠「どうしたべ?腹でも痛いんか?」

桑田「・・・・・ハァ」
161 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 23:03:01.01 ID:dMoT8TTP0
――――――――玄関ホール

苗木「ま、舞園さんっ!せ、せめて襟離して・・・!」

舞園「・・・はいっ、離しましたよっ!」パッ

苗木「うわっとっと・・・舞園さん?」

舞園「はい?」

苗木「なんでいきなり・・・えと、舞園さん?」

舞園「はい?」

苗木「・・・な、なんで怒ってるのかな?」

舞園「怒ってるように見えますか?」

苗木「そ、その、少しドスがキいてるような・・・」

舞園「は い?」

苗木「っ!!」ビクッ!

舞園「・・・なーんて、冗談ですよ。全く怒ってません」

舞園「・・・だからこっちに来てくださいよ、今ので退路を確認するとか私が本当に怒ってるみたいじゃないですか」

苗木「(も、もしかして女の人ってみんなこういうこと出来るのかな・・・知らなかった、女って怖い)」

舞園「ハァ・・・・・探索しますよ」

苗木「え、うん・・・」
162 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 23:15:10.12 ID:dMoT8TTP0
舞園「・・・そういや、中学はあんまり行ってないとか言ってましたっけ?」

苗木「あ、うん・・・その、色々あって」

舞園「・・・それは、他言無用なことですか?」

苗木「・・・できれば、話したくない」

苗木「家庭の問題だから、その・・・」

舞園「そう・・・・・ですか」

苗木「・・・(心配、してくれてる?まさか)」

舞園「私じゃ、役者不足ですか?」

苗木「・・・・・」

舞園「・・・私の知っている苗木君は、とても優しい人です。だから、自分の問題も自分で全部片付けようとしてる・・・なんてことはありませんか?」

苗木「そんな・・・それに、ボクは優しいとかそういうのは・・・」

舞園「苗木君は覚えてないのかもしれませんが、私はですね苗木君、苗木君に勇気を貰ったんですよ?」

苗木「・・・・・勇気?」

舞園「ええ、とっても、優しくて温かいものでした」

苗木「(・・・いや、そんなことしたら生命の危機だからやってるはずは・・・・・)」

舞園「学校に鶴が入ってきたの、覚えてます?」

苗木「あ、うん・・・騒ぎになってたよね・・・・・」

舞園「それ、解決したの苗木君ですよね?」

苗木「(・・・確か、珍しく学校に行けた日だっけ。)」
163 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 23:23:15.55 ID:dMoT8TTP0
苗木「(・・・えーと、確か自分の中でも荒んでた時期だっけ?動物は好きだったよな、人間より純粋だから)」

苗木「鶴を、逃がしたのはボクだけど・・・」

舞園「凄いと思ったんです。ああいうことができる人って、一人の人間として尊敬できたんです」

苗木「(なんだそういうことか。なら安心・・・)」

舞園「ですので、また同じ学校ってのは、誇らしいといいますか嬉しいといいますか・・・///」

苗木「(・・・おやおやー?)」

舞園「ですからっ!今度は私が苗木君を勇気づける番です!ですので、頼っていいんですよ?」

苗木「・・・・・」

苗木「(なんだろう、素直に嬉しい反面)」

苗木「(途轍もない危機感を感じる・・・)」

苗木「・・・・・」
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/29(日) 23:28:37.02 ID:s9tCd2tDO
「役不足」厨が湧くと思ったけど、「役者不足」なら大丈夫だな
165 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/29(日) 23:31:41.00 ID:dMoT8TTP0
苗木「・・・そうだね、たまには頼っていいかな?」

舞園「!」

苗木「あ、今じゃない!今じゃないよ!うん、その、たまには、ね?」

舞園「ええ!どうぞ!」

苗木「はは・・・」

霧切「・・・・・」ジーッ

霧切「(入りづらい・・・完璧にタイミングを逃したわね・・・)」ジーッ

苗木「(・・・なんだろう、やっぱり何か危機感みたいなものを感じるんだよなぁ・・・・・)」

166 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2013/12/29(日) 23:48:52.32 ID:dMoT8TTP0
寝ます、おやすみなさい
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/30(月) 00:34:03.34 ID:WTsb6nDSo
「私じゃ、頼りないですか?」の方がすんなり入って来るけどね。
168 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 20:13:34.57 ID:BARCc9zn0
――――小一時間後

苗木「・・・・・」

霧切「(あの後舞園さんと別行動、一人で隈なく探索してるわね)」ジーッ

苗木「・・・・・」

霧切「(近くの教室に隠れて舞園さんはやり過ごしたけど、苗木君からはどうやって・・・)」

霧切「(・・・そういえば、私なんで隠れてるのかしら)」

苗木「・・・・・(舞園さん、優しかったなあ。あんな人が同じ中学だったなんて、勿体なかったな)」

霧切「(自然に行けば大丈夫よね?その、こんなストーカー紛いな行動はバレないわよね?)」

苗木「(そういや、この危機感のようなものは・・・)」

苗木「・・・・・」チラッ

霧切「・・・!」スススッ

霧切「(・・・なんで私こういうこと慣れてるのかしら・・・・・)」

苗木「(・・・なんだ、誰かいるだけか)」クルッ

霧切「(・・・!今なら後ろを見てるから自然に行ける!)」

霧切「あら、苗木君そんなとこにいたの」

苗木「・・・・・(この人か・・・)」

苗木「えーっと・・・初対面、だよね?」

霧切「ええ、そのはずだけれど。ナンパ?」

苗木「いやそういうのじゃないよ、普通に質問」

霧切「・・・今日初めて会ったでしょう、苗木君」

苗木「そうだよね、霧切・・・さんだっけ」

霧切「・・・・・」

苗木「・・・・・」

霧切「(変な質問よね、初対面の人間に本当に「初対面ですか?」なんて聞くのは。何かにおうわね)」

苗木「(ということは、初対面にも関わらずストーカーか。ストーカーする人間にはロクなヤツがいないってこまるが言ってたっけ)」

霧切「(益々興味が湧くわ、少し話したいわね)」

苗木「(あまり話とかしたくないなぁ、人間的に)」
169 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 20:27:52.35 ID:BARCc9zn0
霧切「苗木君、私聞きたいことがあるのよ、いいわね?」

苗木「(・・・うわあ)」

苗木「(これあれだよ、住所とか郵便番号聞かれて、毎日謎の無言○○が続くパターンだよ)」

苗木「(・・・妹も困るだろうし、聞かれたらやんわり断ろう)」

苗木「えっと、あんまり答えられないかもだけど・・・」

霧切「構わないわ、質問は然程・・・もとい質問というよりは会話に近いから」

苗木「・・・・・」

苗木「(でもまあ、それなりにボクに興味持って話しかけてきてるってことだよな)」

苗木「(・・・邪険にはできないよな)」

霧切「(何故かしら、凄い不名誉なことを考えられてる気がするわ)」
170 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 20:35:46.58 ID:BARCc9zn0
――――――――更に小一時間後

苗木「・・・・・」

苗木「(意外と・・・というか、普通だったな・・・・・)」

苗木「(・・・でも世の中って案外そういうものなのかな、そこまで変わった人はいないというか)」

苗木「(あ、この学園が既におかしいや)」

苗木「(・・・・・)」

苗木「(コロシアイ生活なんて受け入れられないけど、ここの学園の人達とは、仲良くなれそうかな・・・)」

苗木「・・・・・♪」

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――――
――――
――
171 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 20:39:02.27 ID:BARCc9zn0
――――――――イツカメ、食堂

霧切「(・・・ここ数日、捜査を続けたけれど手掛かりは見つからないまま)」

霧切「(それに昨日は、モノクマから【犯行の動機】なんて渡されたから、表面上は元気でも、恐らく皆、気が気じゃないでしょうね)」

苗木「・・・・・」スタスタ…

霧切「あら、おはよう苗木君」

苗木「・・・・・」ボソボソ…

苗木「・・・・・」ス…

霧切「・・・?」

霧切「(・・・手だけで挨拶返し、おまけになにか呟いてる・・・重症ね)」

霧切「(いつもは元気な彼もそれなりに参ってるのかしら)」

朝日奈「・・・うーん、もう10時だよねぇ」

山田「そうですな、まあまだ皆さん揃ってませんが」

葉隠「俺ですら来てんのに、まだ起きてないのは相当な寝ぼすけだべな」

桑田「何だよそりゃ・・・」

セレス「・・・少し、妙ではありませんか?」

江ノ島「ハァ?それって、葉隠より遅く起きるやつはいねーはずなのに全員いないってこと?」

霧切「・・・・・!ねぇ、今いないのは誰!?」

不二咲「ふぇっ?え、えっと、舞園さ・・・、!」

霧切「(まさか、まさか――――)」ダッ!

苗木「・・・・・」ボソボソ…

苗木「ボクが・・・した・・・」ボソボソ…
172 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 20:51:17.15 ID:BARCc9zn0
――――――――苗木の部屋、シャワールーム

霧切「(――――っ!これは!)」

――ピンポンパンポ-ン、シタイガハッケンサレマシタ――
――イッテイノソウサジカンノアト、ガッキュウサイバンヲヒラキマス――

霧切「・・・・・悪趣味な校内放送ね」

舞園「・・・・・」

朝日奈「あ・・・あぁ・・・舞園ちゃん・・・?」

山田「こ、これは!なんと、むごい・・・!」

霧切「(舞園さんが死んだ・・・いや殺されたのね)」

霧切「(昨日見せられた、【犯行の動機】のDVD)」

霧切「(あれに触発させられて・・・誰かが・・・)」

霧切「・・・・・とりあえず、戻りましょう」

霧切「皆にこの事を話して、犯人探しよ」

朝日奈「は、犯人・・・?」

霧切「当然、舞園さん殺しの犯人よ」
173 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 20:59:21.27 ID:BARCc9zn0
――――――――食堂

霧切「・・・・・」

霧切「舞園さんが、死んでいた」

セレス「・・・それは確かですか?」

霧切「あの悪趣味な校内放送が聞こえたでしょう?死体も、死んでから結構経っているわね」

不二咲「あ・・・あぅ・・・・・」

霧切「分かっているでしょうけど、舞園さんは殺されたのよ。それも、夜時間の間、誰かに」

江ノ島「ま、マジ・・・?」

桑田「ど、どこで、その、死んでいたんだ・・・?」

霧切「・・・苗木君の部屋ね」

一同「!」

霧切「・・・このことについては、是非とも聞きたいことがあるわ。ねえ、苗木君」

苗木「・・・・・」

苗木「ボクが・・・した・・・」ボソボソ…

霧切「・・・・・え?」

苗木「ボクが、舞園さんを、殺した・・・」ボソボソ…

霧切「・・・・・」

一同「・・・・・」

苗木「ボクが、舞園さんを、殺した・・・」ボソボソ…

霧切「(・・・え?)」
174 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 21:04:04.62 ID:BARCc9zn0
霧切「(え・・・嘘・・・?え、え・・・・・?)」

朝日奈「っ!苗木、あんたっ!!」

霧切「ま、待って朝日奈さん!」ガッ

朝日奈「っ、霧切ちゃん!だって、苗木が!」

霧切「・・・落ち着いてお願い。私の考えを聞い―――」

モノクマ「ハーイ!オマエラ!ボクの話を聴けー!学級裁判について説明してやんよ!」ピョーン

霧切「(ぐっ・・・こいつ!)」
175 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 21:12:52.53 ID:BARCc9zn0
――――――――モノクマ説明終了後

不二咲「・・・わたし達だけ残っちゃったね」

霧切「・・・ありがとう不二咲さん、残ってくれて」

不二咲「勿論だよぉ、だって・・・」

苗木「・・・・・」ブツブツ…

不二咲「・・・苗木君絶対変だし、霧切さんが何か言おうとしてたから、もしかしてと思って・・・」

霧切「何にせよありがたいわ」

霧切「(モノクマによる学級裁判の説明、遺体の発見現場が苗木君の部屋、そして苗木君の自白)」

霧切「(犯人と言うには十分だわ・・・皆苗木君から離れるのは当然・・・)」

霧切「(でも、私は信じる)」

霧切「(たかだか数日を共にしただけだけど、彼は殺人なんて犯す人じゃないと)」

霧切「(もとい、殺人なんて犯せない人ね。優しい人ってのは、十分すぎるほど分かったから)」

霧切「不二咲さん、苗木君について私なりの推理があるのだけれどいいかしら?」

不二咲「う、うん!」
176 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 21:18:34.50 ID:BARCc9zn0
――――――――苗木の部屋

不二咲「マインドコントロール・・・?」

霧切「そこまでではなくとも、一種の錯乱状態と私は考えるわ。現に、彼の言動や意識もハッキリしたものとは言えないわ」

不二咲「・・・・・」チラッ

苗木「・・・・・」ブツブツ…

不二咲「う、うぅ・・・確かに」

霧切「昨日のショックと、犯人に仕立て上げられたショックと・・・あと、日々のストレスかしら?」

不二咲「ストレス・・・あ、苗木君そういや・・・」

霧切「少し考えれば思いつくでしょう?彼は気を利かせたり周りへの配慮が人一倍だったし、いつもわたし達に少し怯えた様子だったし」

不二咲「」
177 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 21:19:40.25 ID:BARCc9zn0
すみません、>>176の最後はミスです

脳内ででも消してください
178 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 21:26:57.23 ID:BARCc9zn0
不二咲「お、怯える・・・」

霧切「・・・自分についてはあまり話してくれなかったけど、彼は対人恐怖症の可能性もあるわ。勿論『元』、でしょうけど」

不二咲「・・・・・」

苗木「・・・・・」ブツブツ…

霧切「・・・・・」

霧切「(傷痕は複数・・・D・Mと思わしき『11037』・・・靴の跡が、複数?)」

霧切「・・・或いは」

不二咲「・・・・・或いは?」

霧切「事前に目撃者として、舞園さんを見たから。だったりして」
179 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 21:35:14.59 ID:BARCc9zn0
――――――――数時間後、地下へのエレベータ

霧切「(・・・証拠と思わしき物はある)」

霧切「(私の推理を当てはめていけば、何とか苗木君は犯人じゃなくなる)」

霧切「(最早詭弁と呼べるものだけど・・・)」

霧切「(それでも、押し通さなくてはならない)」

霧切「(でないと、苗木君はおろかクロ以外は全員・・・!)」

苗木「ボクが・・・した・・」ブツブツ…

霧切「(・・・もう少しの辛抱よ、苗木君)」

霧切「(クロを、暴いてみせるから!)」




葉隠「なーなー、苗木っちだけでなく霧切っちもブツブツ言い始めたべ」

山田「霧切響子殿の場合は、様になってますけどな」
180 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 21:43:23.27 ID:BARCc9zn0
――――――――学級裁判、開廷

霧切「まず皆、証拠の整理をしましょう」

朝日奈「証拠なんて要らないよ!そこにいる【苗木が犯人】なんだから!」

江ノ島「こー、バッてやったんじゃねーの?【通りすがりに】よー」

霧切「・・・・・」チラッ

苗木「・・・・・」ブツブツ…

霧切「(あ、あら?なんで私一瞬でも苗木君が指摘すると・・・)」

霧切「・・・あー!コホン!証拠を整理するわよ、いいわね?」

一同「・・・・・」シーン…
181 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 21:56:48.62 ID:BARCc9zn0
証拠品

・入れ替わったネームプレート

・焼却炉付近に落ちていたガラス破片

・壊れたシャワールームのドアノブ

・『11037』のD・M

・シャワールームの不自然に途切れた血痕

・シャワールームの靴の跡(苗木の靴跡)

・複数の刺し痕

・苗木の部屋にあった桑田宛の誘い文(炙り)

霧切「・・・・・」

霧切「(えーと、順序よくいけば・・・大丈夫よね)」
182 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 22:04:29.09 ID:BARCc9zn0
桑田「つーか苗木が犯人なんだろ?じゃた苗木の目撃情報とか言っていーか?」

霧切「・・・気になるわ、言ってくれるかしら」

桑田「その・・・夜時間に外に出ちまってよ、トイレ行きたくなってさ流石に・・・」

セレス「酷いですのね、約束を破るなど・・・」

桑田「シャワールームで済まさせる方がひでーだろ!・・・んでよ、見たんだよ」

霧切「・・・・・何を?」

桑田「・・・舞園ちゃんの部屋に入ってく苗木を」

霧切「・・・へぇ」

桑田「な、なんだよ・・・その笑いっつーか・・・」

霧切「それはおかしいわね」

桑田「・・・は?」

朝日奈「えー?どーいうこと?」

山田「まぁまぁ、朝日奈葵殿、霧切響子殿の意見も聞きましょうぞ」

霧切「・・・・・」

霧切「(何かイマイチ盛り上がりに欠けるというか・・・あぁ、空席が目立つからかしら?)」
183 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 22:13:41.29 ID:BARCc9zn0
霧切「えーと、見取り図があれば分かり易いのだけれど・・・桑田君、あなたの部屋はどこだったっけ?」

桑田「あ?葉隠の隣で、通路の突き当たり付近・・・」

霧切「そうよね、あなたの部屋の前からは舞園さんの部屋の前は見えなくて、トイレから出て部屋に戻るまでに舞園さんの部屋を見るには少し遠回りな部屋割りよね?」

桑田「・・・あ!そ、そうだな」

霧切「・・・ね?少し不自然よね?」

桑田「べ、別に・・・気まぐれだっつの」

霧切「夜時間、さっさと戻るという意識があるのに?」

桑田「そ、そりゃあ・・・別にいーだろ、強制はしないとか言ってたし、破ったって」

不二咲「え、えっと、ルールは守った方が・・・」

朝日奈「ねぇ霧切ちゃん、それ必要なこと?」

山田「早く決めましょうぞ、粗探ししても苗木誠殿が犯人なのでしょう?」

霧切「(コイツラ・・・)」
184 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 22:20:44.48 ID:BARCc9zn0
霧切「(・・・面倒ね、さっさと証拠突きつけましょう!)」

霧切「モノクマ」

モノクマ「・・・・・」スピーッスピー…

霧切「モノクマ!」

モノクマ「は、はい!茶化す出番もないから寝てましたすみません!」

霧切「死体発見アナウンスの流す条件は!?」

モノクマ「え、えっと、死体を見つけた人が3人に達した時に流します!」

霧切「・・・桑田君?」

桑田「え?な、なんだよさっきから」

霧切「あなた、確か野球選手・・・だったっけ?」

桑田「おう、まあ、超高校級のな」

霧切「・・・・・」

霧切「よし、話を纏め終えたわ」
185 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 22:40:47.77 ID:BARCc9zn0
霧切「まず、苗木君の証言について説明するわ。と言っても苗木君は現在一種の錯乱状態、だから自分が犯人と思ってる」

霧切「なんでそうなったかというと、事前にわたし達より先に舞園さんの死体を見たから」

霧切「順番としては、犯人→苗木君→私、だから死体発見アナウンスは私が見た瞬間に流れた」

霧切「順番に関しては、証拠の血痕からも言えるわ。犯人が舞園さんを刺した時、その出血が足元に飛んで血痕が1つ途切れて、その後苗木君が来たから靴跡がついたのよ」

霧切「ありがたいことに、その順番を桑田君が語ってくれたわ」

霧切「入れ替えられたネームプレート、これは部屋を入れ替えた証拠、舞園さんと苗木君のね」

霧切「つまり事件当時、舞園さんは苗木君の部屋に、苗木君は舞園さんの部屋にいたと伺える」

霧切「舞園さんは昨日、殺人計画を立てた。そして死体の場所を苗木君の部屋にして罪を着せるため部屋を入れ替えた」

霧切「この誘い文の跡が見つかったのも苗木君の部屋、舞園さんが桑田君宛に書いたものね」

霧切「つまり、舞園さんは桑田君を殺そうとした」

霧切「けれどあっさり返り討ち、シャワールームに逃げ込むも道具を使われこじ開けられる」

霧切「そして殺されて終わり。桑田君が犯人の証拠は『11037』を反対にすると『LEON』、怜恩と書かれたように見えないかしら?」

霧切「それに不自然に片付けられてなかったガラスの破片、これは恐らく犯行に使った道具諸々を焼却炉に投げ込み、スイッチを入れるため鉄格子の間からガラス玉を投げて起動させた跡」

霧切「そしてこんな芸当ができるのも、超高校級の野球選手である桑田怜恩、あなただけ!」

霧切「どうかしら!?」バンッ!

一同「・・・・・」

桑田「・・・え?」

葉隠「えぇー!?く、桑田っちが犯人!?」

不二咲「え、えっとお?桑田君が犯人なのぉ?」

朝日奈「え、ど、どういうことよ桑田!」

山田「ぬおおおあ!!だ、騙されるところでしたぞ!」

セレス「これはこれは・・・何と言うロジック」

江ノ島「え?あ、ま、マジか!!」

霧切「・・・・・」

霧切「(よかった・・・何とか通った)」
186 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 22:49:04.76 ID:BARCc9zn0
霧切「(・・・・・それにしても純粋ね彼ら)」

モノクマ「んー・・・あ、結論でました?」

桑田「ちょ、ちょっと待て!お、俺はクロじゃ!!」

朝日奈「どの口が言うのよ!!」

山田「潔くないですなぁ!」

桑田「あ、ほ、ほら、俺が犯人と確定づける証拠!苗木が犯人じゃなくて、俺が犯人という決定的な証拠が・・・」

霧切「・・・あのね、桑田君。死体発見アナウンス忘れたかしら?」

霧切「仮にあなたが犯人じゃないとしたら、アナウンスは朝日奈さんが見て初めて流れるはずでしょ?」

桑田「・・・・・あ」

霧切「それに」

霧切「ここは学級裁判よ?犯人だって思える十分な証拠があれば、それでいいのよ」

桑田「・・・・・そうか」

苗木「・・・・・」ブツブツ…

桑田「・・・・・そうだな」

桑田「俺が、クロだよ・・・」
187 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 23:03:51.32 ID:BARCc9zn0
桑田「・・・・・その、苗木悪い・・・もういい。もういいんだ」

苗木「・・・・・」ブツブツ…

桑田「・・・霧切の言う通り、俺が犯人だから。分かったろ?お前は全くの無実なんだ」

桑田「昨日、舞園に呼ばれて行って、殺されかけてそのままヤり返したのは俺なんだ」

桑田「だから、だから・・・もういいんだっつの」

苗木「・・・・・」ブツブツ…

霧切「・・・もしかすると、後悔かしらね」

霧切「苗木君のことだから、舞園さんの部屋交換には快諾でもしたんでしょうね」

霧切「それで、舞園さんがああなったから・・・」

桑田「・・・ったく、幸運だぜ?こいつ」

桑田「昨日部屋から逃げた俺と鉢合わせして、『舞園さんの部屋に忘れ物』だとよ」

桑田「・・・・・ホントだったら真犯人パッてバレたんだぜ?」

桑田「・・・・・おいモノクマ!オシオキだっけか!?早くしろよ!」

モノクマ「は?なんでキミが指図すんのさ」

桑田「いーから!折角吹っ切れてカッコつけてみたんだ、このままオシオキでも何でも食らわせやがれ!」

モノクマ「ハァ・・・つーかキミなんで偉そうなの?自分で殺したとか言ってるくせに・・・んじゃ、投票ターイム・・・」































――――――――投票結果――――――――

桑田9 苗木1

――――――――ハズレ!――――――――



桑田「・・・・・は?」

霧切「・・・・・え?」

モノクマ「残念でしたハズレです~うっぷっぷっぷ!!」

188 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 23:14:37.52 ID:BARCc9zn0
モノクマ「いやあ~長かった長かった!!この瞬間の為だけに今までのはフリとか長すぎ!!」

モノクマ「でもいいよぉ~その絶望顔!!予想してなかったでしょ?死ぬなんて、死ぬなんてさぁ!!」

モノクマ「アッハッハッハッハッハッハ!!」

霧切「ど・・・どういうことよ桑田君!!」

桑田「し、知らねえよ・・・俺は、俺は確かに舞園を・・・」

朝日奈「ね、ねぇ・・・今モノクマ、『死ぬ』って・・・」

山田「つ、つまり・・・オシオキ=死?いやあああああ!!」

江ノ島「え、待ってよ!わ、私も受けるの?」

葉隠「ゆ、夢なら覚めるべ、大丈夫だべ。起きたらきっと小鳥の囀りから始まる1日だべ・・・」

不二咲「・・・・・」ボー…

セレス「・・・苗木君、やはりあなたが・・・」

苗木「・・・・・」

モノクマ「ではでは~?真犯人である苗木君以外!オーシオーキターイム!!」ピコンッ



――――クロを当てられませんでした。
――――ナエギクン以外にオシオキを開始します。



苗木「・・・だから、ボクが殺したって言ったのに」
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/31(火) 23:15:44.52 ID:oyGOSghs0
苗木票は黒幕だろうか
それとも......
190 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 23:25:59.91 ID:BARCc9zn0
――――――――――――――――――――――――――――――

平地だ。
一定の広さの平地に皆はいた。

そこには、真犯人である苗木も立っていた


【黒い雨と紅い人】


皆が苗木に向かう。

しかし、苗木は防護壁のような、

人の形をしたような透明なケースに包まれてる

誰一人と苗木には触れないし、中にも入れない。

上から黒い塊のようなものが降ってくる。

それは、地面に落ちると同時に、爆発した。

何人かが巻き込まれ、怪我をする。

しかし、今度は黒い塊のようなものが

上から無数に降ってくる。

無数の爆発音、無数の悲鳴、無数の肉塊。

飛び出す血が徐々にケースを紅く染める。

誰の声も姿も消えた時に、雨は止んだ。

そこには、一人の紅い人だけが残っていた。

そして、紅い人も、ゆっくりと倒れた。
191 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 23:45:46.28 ID:BARCc9zn0
モノクマ「いやあ、ゴメンナサイね巻き込んじゃって、でも演出だから」

苗木「・・・・・そう」

モノクマ「いやあどーよアレ!アトミックボムをイメージしたんだけどさ、良くないかい?」

苗木「・・・・・そう」

モノクマ「まーまー、それにしても流石は超高校級の幸運ですねぇ!見事!生き残るとは!」

苗木「・・・・・そう」

モノクマ「舞園さやかの自己犠牲を誰も考えないなんて、間抜けだとも思うけどね!」

苗木「・・・・・昨日、桑田君を見かけた時」

苗木「妙だと思って舞園さんの様子を見に行った」

苗木「夜時間なのに部屋の中に見かけないから、シャワールームを覗いてみた」

苗木「すると、死にかけの舞園さんがいた」

苗木「舞園さんは、ボクに頼んだ」

――――――――――――――――――――――――――――――――

なえ・・・ぎくん・・・このまま、私を
・・・その手で・・・私を殺して下さい・・・・・!

――――――――――――――――――――――――――――――――

苗木「・・・・・断った、断ったんだボクは」

モノクマ「うっぷっぷ!でもさぁ、舞園さんが隠してた刃物?あれ取り上げようとして殺しちゃうとか!」

苗木「・・・・・ずっと、ポケットに入れてたんだけどね。気づかれなかった」

モノクマ「霧切さんも馬鹿ですよねぇ、苗木君を信じすぎといいますか」

苗木「・・・・・モノクマ」

モノクマ「お、やっと呼んでくれましたか苗木君、なんでしょうか」

苗木「ボクは、皆を犠牲にして脱出するんだよね?」

モノクマ「まあ、そういう捉え方もできますね」

苗木「・・・昔からなんだ。こういうの」

苗木「周りがどうなろうとも、ボクは生きてる」

苗木「信じられるかい?横転したトラックに潰された車の中にいて、無傷って」

モノクマ「そりゃすごい!幸運だね!」

苗木「・・・今回もさ、ボクが生き残るという観点じゃ幸運だろう」

苗木「でも、そんなんじゃ、違う・・・嬉しくない・・・」

モノクマ「ほーん?だから自白を?」

苗木「・・・人を殺して生きたって、絶対楽しく生きていけない。だから、したのに・・・・・」

モノクマ「アッハッハッハ!!本当に面白いね苗木君は!幸運のままに生きてりゃキミはハッピーでしょ?」

苗木「違う、違う。家族を犠牲にしてまで、自分の好きな人たちを犠牲にしてまで、こんなの・・・」

苗木「幸運なんかじゃ、ない・・・」
192 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2013/12/31(火) 23:53:16.47 ID:BARCc9zn0
モノクマ「・・・ハーァ、なんて絶望的なんでしょ、幸運を幸運と感じ取れないなんて、絶望的」

苗木「・・・・・勝手に言ってろ」

モノクマ「いやもう絶望的で・・・うぷぷー、うぷぷぷぷー!」

苗木「・・・・・?」

モノクマ「やばい、これ結構いい、ナニコレ絶望?やば、退屈しそうにないわこれ、うん決めた!」

ボワワン!

江ノ島「華麗に黒幕こと、江ノ島盾子ちゃん登場ー!」

苗木「・・・・・知るかよ、そんなの」

江ノ島「おやおやー?反抗期ー?驚かないのー?『え!?さっき死んだはずの江ノ島さんがこんな綺麗になって蘇った!?』とかさー!」

苗木「・・・どうせ双子とか、クローンとか?そんなのじゃないの?」

江ノ島「なにこの苗木君・・・やさぐれてます・・・絶望的です・・・・・」

苗木「こっちが絶望的だよ・・・はぁ・・・・・」
193 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [saga]:2014/01/01(水) 00:00:00.95 ID:FjgzJVfI0
苗木「・・・・・でもさ、なんかありがとう」

江ノ島「はぁ?ハァーーーー!?」

苗木「ある意味、生きる意味を見いだせたよ」

江ノ島「ハァーーー!?感謝とか、ば、バッカじゃないの!!?き、キモいっツーのそういうの!嬉しくなんてないんだからねっ!!」

苗木「・・・さて、早く出してよ。僅か五日ぶりだけど早く外に出たいんだ」

江ノ島「あ、はい・・・そうですか・・・」

苗木「・・・幸運のままに、か。もう失うものは自分の命くらいだろうし、それもいいよな」

江ノ島「あ、ちなみに妹さん生きてますよ」

苗木「・・・・・本当?」

江ノ島「はい、衛生からの映像によると学園周辺にいます」

苗木「おい離れろよ!近づくなよいいな!?」

江ノ島「ほぅ、近づくとまずいことが・・・」ギュッ

苗木「やめろ殺されるだろ!ボクが!」

江ノ島「うっぷっぷっぷ!!」


ひとまずおわり
194 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2014/01/01(水) 00:05:52.92 ID:FjgzJVfI0
ちくしょう、あと1秒・・・!
年末までに終わらせたかったのに・・・

ダラダラ続けたと思ったら
メチャクチャ走り抜けてごめんなさい>>1です

元々はこんなのが書きたかったということで
オマケで投下させていただきました。
まあできの方は非常にボロボロですね。
去年の残り30分で焦りました。

では読んで下さった方、
ありがとうございました!

そして明けましておめでとうございます!
195 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/01(水) 01:09:44.77 ID:asAmv8IDO
これ
霧切→人を信じやすい
苗木を信じたり、不二崎に推理を話したりする
桑田→あきらめが良い
アポ無し
って感じに他のキャラも性格変わってるな
196 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/01(水) 02:29:14.36 ID:ixMcklfeo
そんなしっかりしてるならモノクマに言った事を学級裁判で言えば、みんな苗木に投票してくれただろうに。
197 :超鈍速級の更新スレ主 ◆yUqvgZTORA [sage]:2014/01/01(水) 03:27:59.86 ID:FjgzJVfI0
>>195、>>196

こんな穴だらけのストーリーに指摘、
ありがとうございます。

次回からはいっそ気楽なものを書いてみます。
自分はこういうの苦手なようで・・・すみません。







関連記事
スポンサーサイト
ダンガンロンパ | TB(0) | CM(1)

意味不明。何故霧切たちが錯乱したのか分からないし、なにより死んだはずの戦刃が生き返ったり、後半は何と戦ってるかも分からないし、説明不足過ぎて駄作というより欠陥作品。
[ 2014/03/12 02:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/751-ca39da10


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。