FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ユミル「チンコデレラを守れ!」


1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:08:51 ID:zjZQTvYI
ーーー
食堂


コニー「おーい!誰かチンコ落としてないか!?林の辺りに落ちてたぞー」

ざわ…ざわ…




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:10:21 ID:zjZQTvYI
ベルトルト「ライナーのじゃないよね?」

ライナー「…違うな」

ベルトルト「やっぱり」

ライナー「ベルトルト」

ベルトルト「…僕のでもないよ」

ライナー「だな。あのサイズ…負けた」

ベルトルト「上には上がいるんだね」

ライナー「はは、尊厳がポッキリ折れた気分だ」

ベルトルト「僕たちが2強だと思ってたのに…なにが超大型だ………!!」

エレン「超大型がどうしたんだ!?」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:11:38 ID:zjZQTvYI
ライナー「エレンか…」

ベルトルト「まさか、エレンの落とし物?」

エレン「いや、俺のはついてたぞ」

ミカサ「確認するまでもなくエレンのモノではない」

エレン「いいんだよ!確認する見栄くらい張らせろ!」

ミカサ「ちなみにサイズは同じくらいだけれどアルミンのモノでもない」

ライナー「アルミン!?」

アルミン「巻き込まないで!」

ミカサ「アルミンは包

アルミン「うわああああ!!!」

ので、ちがう」

ライナー「アルミンこそ鎧の巨人…か」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:12:59 ID:zjZQTvYI
マルコ「………」ポン

アルミン「やめて!マルコ!そんな優しい目で見ないで!」

ジャン「今度タートルネック貸してやろうか?」

アルミン「ジャンのばかあああぁ!!」ウワアン

エレン「アレ、マルコのチンコか?」

マルコ「残念ながら違うよ」

ジャン「オレも確認したが違うな」

ライナー「お前もか」

ベルトルト「ジャンとエレンは変に似てるね」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:13:52 ID:zjZQTvYI
ジャン「エレンも確認したのか?見栄はるんじゃねえよ」

エレン「見栄っ張りはお前だろっ!!」

ジャン「ポークビッツが何いってんだ!」

エレン「ウィニーが言葉しゃべんじゃねえ!」

ギャーギャー

マルコ「また始まった」

ライナー「幼児並みだな」

ミカサ「流石にエレンも幼児並みではない」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:15:02 ID:zjZQTvYI
ライナー「しっかし…本当に誰のなんだろうな?」

ミカサ「コニーが困っている」

ベルトルト「コニーはよく心折れないね。僕には持つのも辛い」

ミカサ「…コニーのモノなのでは?」

「!?」

マルコ「いやいや、自分のモノなら流石に気付くよ」

ライナー「わからんぞ。なんたってコニーだしな」

ベルトルト「コニーのモノなら僕もう戦士やめる…」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:16:55 ID:zjZQTvYI
ミカサ「聞きに行ってみる価値はあると思う」

ライナー「そうだな。ミカサ、マルコ、ここは頼む」

ミカサ「そろそろアルミンが泣き止むように慰めておく」

ライナー「そうしてやれ」

マルコ「じゃあ僕があの二人の喧嘩ををとめるの!?やだよ!」

ミカサ「逆でも構わないけれどアルミンを泣き止ますには先ず、リューキンを披露して」

マルコ「ミカサ、ジャンとエレンは任せて!アルミンをお願いね!」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:18:01 ID:zjZQTvYI
ライナー「コニー!」

コニー「おっライナーのチンコか?」

ライナー「いや」

コニー「じゃ、ベルトルトか」

ベルトルト「ううん」

コニー「なんだよー」

ライナー「もしやと思うがお前のじゃないか?」

コニー「ちげーよ!オレのは洗って部屋に干してある」

ベルトルト「じゃあ今ついてないんだね?」

コニー「おうよ!」

ライナー「なら可能性はあるだろう」

コニー「そうかあ?」

ライナー「部屋に確認しに行ってみろ」

コニー「めんどうだなーまっ、しかたねえかーなくしたら大変だもんな」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:18:41 ID:S6ge.8Q.
なんだよこれ
超期待

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:19:16 ID:zjZQTvYI
コニー「っと、これ持っててくれ」ポイ

ベルトルト「」

コニー「じゃあ行ってくる!」タタタ…

ベルトルト「」

ライナー「ベルトルト?」

ライナー「……心折れてやがる…!早すぎたんだ!」

ベルトルト「」

ライナー「気持ちはわからんでもないがな。大抵の奴がそのチンコから目をそらしている」

ライナー「!!クリスタは顔真っ赤にして半泣きだ!…さすが天使、純粋でたまらん」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:25:53 ID:5zTS7F26
………

ユミル「誰だよ、あんなもん落とすやつは」

クリスタ「………」

ユミル「つーかなんで男どもはお通夜モードなんだよ!?」

クリスタ「………」

ユミル「エレンとジャンはうるせーし、ミカサは難易度Gだし飯くらい普通に食えないのか」

クリスタ「………」

ユミル「なあ?クリスタ…クリスタ!?どうした!?」

クリスタ「ユミルぅ…」グスッ

ユミル「!!アレを見るのはクリスタには辛いよな…潰して置くか!?」

クリスタ「だめぇ!!!」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:27:24 ID:5zTS7F26
ユミル「………まさ、か」

ユミル「アレ、お前のか!?」ヒソヒソ

クリスタ「………」コク

ユミル「ご立派…じゃねえ、流石にそれは…」ボソボソ

クリスタ「はずかしい……」ポソポソ

ユミル「だよなあ。今取りに行ったらさらしもんじゃねえか…」ヒソヒソ

クリスタ「どーしよう…」ポソポソ

ユミル「なんであんな大事なモン落としたんだよ」ボソボソ

クリスタ「立体機動のときは邪魔だから外してるの」ヒソヒソ

ユミル「あー、まああのサイズじゃあな」ボソボソ

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:28:33 ID:5zTS7F26
クリスタ「普段は授業前にハンカチにくるんで部屋に置いてるんだけど、今日は忘れてて直前にあわててポケットに入れちゃって…」ヒソヒソ

ユミル「それで落としたのか…」ボソボソ

クリスタ「みたい…」ポソポソ

ユミル「どうすんだ?拾得届け出されたらサイン書くことになるぞ」ポソポソ

クリスタ「うぅー」ベソッ

ユミル「……ちょっと待ってろ。泣くんじゃねえぞ」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:29:54 ID:5zTS7F26
………

ユミル「よ、よう」

ライナー「なんだユミル」

ユミル「あー…ベルトルさんは何で西川くん状態なんだ?」

ベルトルト「」フギィー

ライナー「自尊心と自信を折られるとこうなる」

ユミル「ああん?」

ライナー「色々あるんだ……女にはわからんだろうがな」

ユミル「そーかよ。なあ、…ソレちょっといいか?」

ライナー「……?変態か?」

ユミル「フザケンナ!名前かいてねえか調べるだけだ」

ライナー「名前か。まだ調べてなかったな」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:33:20 ID:5zTS7F26
ユミル「じゃあ失礼」ツマミッ

ベルトルト「はっ」

ユミル「ぅ…名前は…書いてねえな」

ライナー「そうか」

ベルトルト「僕は…何を…?」

ユミル「知らねえ。なあ、コレは拾得物にするんだろ?」

ライナー「そうだな。持ち主が出てこないしな」

ユミル「ならこのまま届け出してきてやるよ」

ベルトルト「本当!?僕もう持たなくていい?」

ライナー「いや、コニーが拾い主だからコニーが出すべきだろう」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:34:42 ID:5zTS7F26
ユミル「コニー今いねえだろ。大事なモンだろうし早い方がいい」

ライナー「…そうだな。小便したくなったとき困るだろうしな」

ユミル「飯の時間に小便いうな」

ライナー「じゃあユミルに頼むか」

ベルトルト「それがいいよ」

ユミル「頼まれてやるよ」

ユミル(よしっ!このまま事務室に行くふりしてクリスタに渡せばミッション完了だ!!チョロイチョロイ!)

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:35:25 ID:5zTS7F26
コニー「オレのあったぞー!!」

「!!」

コニー「なんだよ?ブス、ホラ寄越せよ。拾ったって教官に渡してくるからよ」

ユミル「…いや、私が渡してくる」

コニー「拾った奴のサインが必要だろ」

ユミル「私が拾ったってことでも困りゃしないだろ」

コニー「…つーかよお、ブスだろうが仮にも女なんだからよ。チンコ持つなよな」ヒョイ

ベルトルト「…コニーの言う通りだね。僕も持たせちゃってごめん」

ライナー「まあユミルだがな」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:36:43 ID:5zTS7F26
ライナー「」ウググ

ベルトルト「ユミル!キマってる!キマってるから!ライナー離して!」

コニー「綺麗なキャメルクラッチだなー」

ユミル「てめえさっきから失礼千万なんだよっ!!」

ベルトルト「君、対人そんなに強かったっけ!?」

コニー「んじゃ、いくかな」

ユミル「!!」チラ

クリスタ「ーーーっ」ウルウル

ユミル(クリスタがもはや泣き出しそうだ!!どうする!?)

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:39:28 ID:4Ti4n2V.


ユミル(かくなる上はーーー)

ユミル「コニー…」

コニー「んあ?」

ユミル「それ」

ユミル「私のなんだ」

どよ…どよ…
ユミルノカ…
スゲェナ
ナイワー

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:41:09 ID:4Ti4n2V.
クリスタ「!ちが

ユミル「わっるいあなあ!!さっき確認したから間違いない!!拾ってくれてありがとなあ!!!」

のなの!」

ライナー「ユミルの…だと…?」

ベルトルト「あははは…ユミルのかあ…」

コニー「なんだよ。そーだったのか。ほらよ」ポイ

ユミル(これでいい…これでいいんだ)

サシャ「ちょっと待ってください!」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:42:37 ID:4Ti4n2V.
ユミル「サシャ!?」

サシャ「私、ユミルの背中洗ったことありますが…なかったですよ?」

ユミル「っ…外してたんだよ」

ライナー「まあ風呂は別にいれるやつも多いな」

コニー「だな。オレもあと洗い派だ」

サシャ「そういうもんなんですか」

ユミル「そうなんだよ。じゃ、コレは持っていくぞ」

ベルトルト「あっ待って」

ユミル「嫌だね」

ベルトルト「いや、教えてほしい!臨戦態勢時のサイズを…!」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:44:55 ID:4Ti4n2V.
ユミル「はああ!?」

ライナー「ベルトルト…!短時間で強く、強くなったな…!」

ベルトルト「はっきり言う!それはビッグだ!ビッグボオーイだ!」

ベルトルト「男子は皆気になっているんだ!平常がソレなら暴れん棒将軍な時はどうなっているかを!!!」

コニー「まあ、気になるよな」

ライナー「まあな」

ベルトルト「君にはっ僕らに教える義務があるんだ!!」

ユミル(どうする!?んなもん知らねえぞ?膨張率はどんなもんなんだ!?)

ユミル「あ…うぅ」

ユミル(適当に…否!コイツらはプロだ!私の付け焼き刃な知識じゃ太刀打ち出来ない)

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:50:51 ID:F/cwTPtQ
ライナー「どうしたユミル?」

ユミル(着脱可能なの知ったのも今日がはじめてな私じゃボロが出るだけだ…)

コニー「?なんだよ?」

ユミル(もはや…ここまでか…いや!諦めるな!クリスタを守るために!)

ユミル「…んなもんどーだっていいだろ!!」

ライナー「よくないぞ」

コニー「…本当にユミルのなのか?」

ベルトルト「逆ギレはやましいことがある証拠だよ」

ライナー「チンコ泥棒!?」

ユミル「不名誉過ぎるぞ!」

クリスタ「ユミル!!もういいよ!ごめん……」ポロポロ

「!!」

ユミル「クリスタ!!言うな!正直この視線にさらされて生きていくのは辛い!」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:52:03 ID:F/cwTPtQ



クリスタ「ユミルは私のために身代わりになってくれてただけ………」

クリスタ「本当は…」

クリスタ「私の…なの…」

ユミル「クリスタァァアアァ!!」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:53:24 ID:F/cwTPtQ
「………」

コニー「なーんだ!クリスタのだったのか」

ベルトルト「あわわ…女の子に暴れん棒将軍とか無神経な質問してごめんね」

ユミル「!?」

ライナー「それも…アリだな。寧ろアリアリだ!」

ユミル「!!??」

クリスタノダッテヨ
メガミノカ
ナラシカタナイナ

ユミル「私の時と反応が全然違うじゃねえか!!」

コニー「だってクリスタだろ?」

ベルトルト「うん、クリスタだもんね」

ライナー「なんてったってアイドル…いや、天使だからなそういうこともあるだろう」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:54:49 ID:F/cwTPtQ
ユミル「えぇー…なんだそりゃ」

クリスタ「ユミル…ありがとう。庇ってくれて」

ユミル「いや…もう気にするな。私も忘れたい…」

クリスタ「ユミルっ大好きっ」ギュッ

ユミル「…まあ、いっか」

おわり

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:55:31 ID:F/cwTPtQ
ありがとうございましたー

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 19:59:59 ID:uecEPog6
勃起した生殖器でチャンバラして負けた方に挿入する生き物が云々ってやつ思い出した



29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 20:03:53 ID:dBU4pqT6
>>28
なんだそれは……ヒラムシか?

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 20:08:02 ID:uecEPog6
>>29
そうそれ!
雌雄同体の生殖行動の中でも結構特異な感じだよね

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 20:36:38 ID:W9UxsE6.
作品も感想レスも衝撃的だった
乙!

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 21:07:23 ID:adz4VbYU
>>28その勝負は負けらんねえな

足しかイルカもチンコのサイズが優劣になるんだぜ!

ありがとうございました!

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 21:13:57 ID:Ox5NpjWg
面白かった。乙

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/16(木) 22:53:32 ID:.tUTv4x2
お前ら…ナメクジやカタツムリはチンコの代わりにディルドを刺された方が女役になるんだぜ

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/17(金) 14:35:32 ID:X6NnIL3Y
むしろ付いてないのはユミルだけなんじゃね?







関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/776-f41c99d5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。