FC2ブログ















アルミン「まさか、ビッグゴールド!?」???「その通り!」


1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 20:17:18 ID:zog68dZM
その日、人類は思い知った

奴らに代わる支配者が現れたことを…

鳥籠の中に囚われ続けるしかない無念を……




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 20:18:04 ID:zog68dZM
845年:シガンシナ

???「ふはははははははは!!」

エレン「あ、あれは!?」

アルミン「まさか、ビッグゴールド!?」

???「その通り!よくご存知だ……」

アルミン「十傑集、マスク・ザ・レッド!」

レッド「いかにも!さぁ、『座標』を返してもらおうか!」

ミカサ「十傑集?座標?」

アルミン「くそっ、奴ら調査兵団九大天王がいないのをいい事に、ここまで入り込んでくるなんて……」

ミカサ「九大天王?」

レッド「ふははは!私だけではないぞ?……見よ!」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 20:19:05 ID:zog68dZM
パチンッ

――――シュパッ

パチンッ

――――シュパッ

パチパチンッ

――――シュパパッ

駐屯兵「おのれ狼藉者!」

キッツ「怪しい奴め、名を名乗れ!」

???「…………」ニィ

ビシッ

キッツ「ぅっ!?」

パッチィィ・・・・・・ン

シュパッ

???「ふふふ、よかろう」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 20:20:03 ID:zog68dZM
???「私の名は素晴らしきヒイッツカラルド!」

駐屯兵「じ、十傑集が一度に二人も!?」

ヒイッツカラルド「いやいや、君たちは運がいい……」

ヒィッツカラルド「今日は特別でね?あと二人来てるんだ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 20:21:43 ID:zog68dZM
駐屯兵長「非番であるないに拘わらず、動けるものは全員出撃せよ!」

駐屯兵長「我等のウォールマリアを敵に落とされるは、恥辱の限りよ!」

駐屯兵長「左様!心してかかれい!!」

駐屯兵団「おぉーっ!!」

駐屯兵長「む、壁上に怪しい奴!」

???「…………」

???『眩きは、月の光、日の光。正しき血筋の名の下に、我ら名前を血風連!』

血風連『直系の怒鬼様、まずは我等にお任せを!』

怒鬼「…………」コクッ

血風連『とぁぁーっ!!』

駐屯兵長「おのれぇっ!」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 21:31:54 ID:vq1aB7nY
支援してやろうか?
ただし真っ二つだ

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 21:49:22 ID:zog68dZM
レッド「ふははは!九大天王のいない壁内など、敵ではないわ!」

ビッグゴールド『…………』ブンッ

ドゴォッ

ヒューン ドガッガガッ

エレン「……破片が!」ダッ

アルミン「どこに行くんだエレン!?」

エレン「壁の破片が飛んで行った先に家があるんだよ!母さんが!」

ミカサ「!!」ダッ

アルミン「僕も行くよ!」ダッ

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 21:53:37 ID:zog68dZM
―――――
―――


エレン(家に当たってるわけない、そんなことそうそう在り得ない)

エレン(この角を曲がればいつものように俺の家が……いつもの……)

エレン「そんな!?」

エレン(で、でも母さんなら、母さんならこうなる前にとっくに逃げてる!)

エレン「母さん!」

エレン「ミカサ、アルミン!瓦礫をどけるのを手伝ってくれ!!」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 21:55:11 ID:zog68dZM
―――
――


エレン「ハァ、ハァッ……」

エレン(……人の、手?)

エレン「……かあ、さん?」

カルラ「……エレン、かい?」

エレン「ミカサ、そっちを持て!アルミンは俺と一緒に!この柱をどかすぞ!!」

アルミン「わかった!」

エレン「……せぇー、の!!」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 21:57:48 ID:zog68dZM



カルラ「ありがとう、エレン…… でも、母さんはもう」

アルミン(瓦礫が腹部を貫通して大量出血している…… 失血死寸前だ)

エレン「何言ってんだよ!走れないなら俺が担いでいくよ!!]

カルラ「そうかい?ならエレン…… ち、地下室へ」

アルミン「地下室?まさかカルラおばさん!?」

カルラ「…………」

ミカサ(?)

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:05:40 ID:zog68dZM
エレン「ここか?」

カルラ「いえ、そっちはお父さんのよ」

エレン「すげぇ!床が勝手に開いてく!」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:06:36 ID:zog68dZM
―――――
―――


エレン「真っ暗で何も見えないな……」

カルラ「…………」

エレン「母さん、母さん!」

カルラ「エレン……」

エレン「母さん、しっかりしろよ!」

カルラ「いい?エレン、よく聞きなさい。母さんはもう無理、本当は自分の手で償うつもりだったの。でも……」

ミカサ(いつもと違う……?)ズキンッ

カルラ「エレン、あの腕輪を持ってるかい?」

エレン「あるよ、これだろ!」

カルラ「これだけがBF団に対抗できる、唯一の秘密兵器……」ウィーン ピポパ

エレン「え?」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:08:31 ID:zog68dZM
アルミン「やめてよカルラおばさん!それがどういう事かわかってるでしょ?そんなものエレンに与えてどうなるの!?」

ミカサ「アルミン、さっきから何を知っているの?」

カルラ「アルミンくん、時間がないのよ、時間が。そして気づいた過ちは余りにも大きすぎた……」

アルミン「でもおばさん!」

カンカンカン

アルミン「BF団め、もうここまで……」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:10:05 ID:zog68dZM
カルラ「さぁエレン、これでお前が世界を救うんだよ。そして教えておくれ、母さんに」

カルラ「そう、何かを変えるためには何かを捨てなければならないのか、幸せは犠牲なしには得ることはできないのか」

カルラ「その答えを、いつか私に教えておくれ……」

エレン「母さん……」

カルラ「…………」

エレン「母さん……?母さん?」

カルラ「…………」

エレン「母さん、母さん!母さぁぁあああん!!」

ジャイアントロボ『ガォゥ』

エレン「ぁ……?」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:10:42 ID:zog68dZM
ハンネス「ぬおお!?」

ジャイアントロボ『……』ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・

ハンネス「……しまった!止めろ、止めるんだ!!」

ジャイアントロボ『ガォゥ』ドドドドドドドドドドドドドドドドド・・・・・・・・・・・・・

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:12:02 ID:zog68dZM
エレン「これが……ロボ…………」

ハンネス「ふはははっ、はーっはっはっはっは」

ビッグゴールド『…………』

レッド「なるほど、あれがジャイアントロボか……」

ミカサ「あれは確かビッグゴールドにマスク・ザ・レッド!」

エレン「それにハンネスさん!?」

ハンネス「おっとエレン、俺は確かにハンネスだが本当の名前はそうじゃない。この顔もニセモンだ」

エレン「え?」

ハンネス「俺の……私の本当の顔と名前はセルハンネス。いや!」

セルハンネス「BF団十傑集・眩惑のセルバンテス!」

エレン「そ、そんな!?」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:13:50 ID:/eZHaQI6
凄いコラボだ。期待。

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:47:50 ID:zog68dZM
ミカサ「眩惑!?私たちも惑わされていたの!?」

セルバンテス「エレンくん、それは子供の持つようなものではない……」デンッデン

セルバンテス「さ、返したまえ」

エレン「誰が渡すもんか!母さんと約束したんだ!!」

セルバンテス「……聞き分けのない子は嫌いだな!」

レッド「受けてみよ!」

ビッグゴールド『…………』ブンッ

ドゴォッ

エレン「うわあああああ!?」

ミカサ「くぅぅぅっ!?」

ジャイアントロボ『……』ガォン

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:49:59 ID:zog68dZM
迫るビッグゴールド、追い詰められるロボ!

ミカサ「……振り落とされてしまったみたい。大丈夫エレン?」

エレン「ああ、ロボッ!」

ジャキッ

ミカサ「はっ!?」

セルバンテス「言ったろう?子供には無理だと」

エレン「……約束したんだ、母さんと!お前たちBF団を倒すって!!」

セルバンテス「残念だよエレンくん、私は君がとても好きだったのに」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:51:41 ID:zog68dZM
アルミン「させない!」

セルバンテス「ぐっ」

ミカサ「アルミン!」

セルバンテス「ミカサくんまで!よせ、離すんだ!」

アルミン「エレン、ロケットバズーカだ!」

エレン「ミカサ!アルミン!」

アルミン「何してるんだ早く!」

エレン「あぁ!ロボォッ!!」

ジャイアントロボ『……』ガションガション ゴゴゴ ガキョン ウィーン ガッガッ

ジャイアントロボ『……』チラッ

ジャイアントロボ『……』チラッ

セルバンテス「こ、このぉ!子供はできれば殺したくないのだが仕方あるまい!」

アルミン「くぅっ!?」

ミカサ「させない!」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 22:58:01 ID:zog68dZM
ジャイアントロボ『……』ピッピッピッピ・・・・

エレン「ロボ、後ろだ!」

セルバンテス「いかん!」

レッド「なにぃ!?」

ジャイアントロボ『ガォゥ』

レッド「くっ、バズーカを撃つ前に掴みかかってくるとは!」

ジャイアントロボ『……』キュイィィィ・・・・

レッド「しまった、こんなものに巻き込まれるとは!怒鬼!!」

怒鬼「…………」シュパッ

ジャイアントロボ『……』ガォン

カッ

――――ズドォォオオオオン!!!

セルバンテス「び、ビッグゴールド!?」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 23:00:45 ID:zog68dZM
エレン「これがロボの力……」

カルラ(何かを変えるためには何かを犠牲にしなければならないのか?)

カルラ(幸せは犠牲なしには得ることはできないのか?)

カルラ(時代は不幸なしに越えることはできないのか?)

カルラ(その答えを、いつか私に……)

エレン「母さん、母さぁぁぁああああん!!!」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 23:01:46 ID:zog68dZM
レッド「……助かったぞ、怒鬼」

怒鬼「…………」

レッド「だが、うむ、まさかロボの力がこれほどのものとは……まさしく驚きだな」

レッド「むっ?」

???≪最早これまで、皆様お帰り願います≫

ヒィッツカラルド「策士・諸葛亮孔明か」

レッド「ロボを敵の手に渡らせたままでもよいと言うのか!?」

孔明≪仰る通り。ですが此度の作戦は既に終了し、計画は次なる段階へと変わっているのですぞ?≫

ヒィッツカラルド「それがどうした?」

孔明≪次なる計画、それは我らの悲願GR計画に連なるもの。これ即ち、ビッグファイアのご意思なり!≫

セルバンテス「ビッグファイアの……」

レッド「……致し方あるまい。行こう、直系の!」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 23:02:52 ID:zog68dZM
こうして大きな謎を残したまま、シガンシナ強襲作戦は終わりを告げた!

しかし、この日こそ後にマリアの悲嘆と呼ばれるBF団と壁内勢力との、長きに渡る闘いの始まりだという事を、まだ誰も知る由はなかった!!

だが、その戦いの炎の中にも、史上最強のロボを操る少年の姿があるだろう!!!

その名はエレン・イェーガー!!!

エレン「叩け! ジャイアントロボ!!」



巨人が全滅した日 完!!



だが戦いは続く!!

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/05(水) 23:04:05 ID:zog68dZM
なんだこれ

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/08(土) 23:19:04 ID:2cuQoGLk
今回は進撃か
次は何とコラボする気だ

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/08(土) 23:19:18 ID:hWmYPosk
今回は進撃か
次は何とコラボする気だ







関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/828-6058628d