スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミカサ「寒い…」


1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/11(火) 23:58:32 ID:GaGz8PjM

ミカサ「イェーガー先生…私はここから…どこに向かって帰ればいいの?」


グリシャ「………」


ミカサ「寒い…私にはもう…帰る所がない…」


エレン「………やるよ、これ。あったかいだろ?」ス…


つカイロ


ミカサ「…あったかい……でも…」


ミカサ「これじゃない」ポイッ


エレン「あっ」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/11(火) 23:59:03 ID:GaGz8PjM

グリシャ「エレン…もう少し頭を使いなさい」


エレン「あったまるモノ………そうだ!」ピコーン!


エレン「ちょっと待ってろ!」ダッ


数分後


エレン「ほら、これ…あったかいだろ?」ス…


つ柚子茶


ミカサ「…あったかい…それにとてもおいしい…」ズズズズ


エレン「だろ?さ湯にしようと思ったんだが、柚子のハチミツ漬けがあったから入れてみたんだ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/11(火) 23:59:42 ID:GaGz8PjM

ミカサ「とてもあったかい…けど…」


ミカサ「これじゃない」


エレン「……今回は投げ捨てないのか?」


ミカサ「うん、勿体無いので」ズズズ


グリシャ「エレン…もっと身近な物を使いなさい」


エレン「身近な物………そうか!」ピコーン!


エレン「これで……」ヌギヌギ


エレン「どうだ?あったかいだろ?」ファサ


ミカサ「…あったかい……」E:エレンの上着


エレン(これで大丈夫だろう)

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:00:29 ID:vULtku5.

ミカサ「でも…これもとてもいいのだけれど………………………………………………これじゃない」


エレン「めっちゃ溜めたな」


ミカサ「………」ギュッ


エレン「上着…返してくれないのか?」


ミカサ「うん、これはもう私の宝物」


グリシャ「エレン…あとはもうわかるだろ?」


エレン「ああ…」シュル


エレン「……やるよ、これ。あったかいだろ?」シュルリ


ミカサ「…あったかい……」E:エレンの上着+マフラー


エレン(……寒い)

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:01:08 ID:vULtku5.

ミカサ「でも………もう一声」


エレン「おい」


グリシャ「エレン……お前も寒いだろ?あっためてあげなさい」


エレン「…しょうがねぇな」ダキッ


ミカサ「ぬふっ」


エレン「…どうだ?あったかいだろ?」ギュゥゥゥ


ミカサ「…あったかい……」ホクホク


グリシャ「ミカサ、私達の家で一緒に暮らそう」


ミカサ「不束者ですがよろしくお願いします」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:01:43 ID:vULtku5.

エレン「よし、帰るか」パッ


ミカサ「あ…」


エレン「ん?なんだよ?」


ミカサ「………」


エレン「………歩きづらいから手でいいか?」


ミカサ「うん」


エレン「ほら、早く帰ろうぜ。俺達の家に」ギュッ


ミカサ「うん…帰る」ギュッ

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:02:14 ID:vULtku5.

____________________
_______________
__________
_____
_

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:03:23 ID:vULtku5.

ミカサ「エレン、聞いて…伝えたいことがある」


ミカサ「私と…一緒にいてくれてありがとう」


エレン「………」


ミカサ「私に…生き方を教えてくれてありがとう」


エレン「………」


ミカサ「私に…カイロを渡してくれてありがとう」


エレン「………いや、捨てただろ」


ミカサ「いいから聞いてて」


エレン「あっ、うん」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:04:40 ID:vULtku5.

ミカサ「私に…柚子茶を飲ませてくれてありがとう」


エレン「それほどでも」


ミカサ「私に…上着を羽織らせてくれてありがとう」


エレン「そういやあの上着、見てないな。捨てたのか?」


ミカサ「いえ、捨てるはずない。毎日あの上着に包まれながら寝てる」


エレン「そ、そうか…」


巨人「マダー?」


ミカサ「私に…マフラーを巻いてくれてありがとう」


エレン「…そんなもん何度でも―「待って」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:06:13 ID:vULtku5.

ミカサ「まだ終わってない」


エレン「あっ、ごめん」


ミカサ「私を…抱きしめてくれてありがとう」


エレン「…そんなもん何度でも巻いてやる。これからもずt―「マフラーだけなの?」


エレン「………」


ミカサ「ちなみにカイロはいらない」


エレン「はぁ…わかったよ」


エレン「そんなもん何度でも飲ましてやる、羽織らせてやる、巻いてやる、抱きしめてやる。これからもずっと、俺が何度でも」


ミカサ「エレン…」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:07:19 ID:Z2nX6Rg6
ハチミツレモンの方が好きダナー

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:07:37 ID:vULtku5.

____________________


壁内に帰還後


アルミン「………」


ミカサ「~~~♪」ゴクゴク E:エレンの上着+マフラー


アルミン「…何してるの?」


ミカサ「見張りをしている」


アルミン「う、うん…それはわかるんだけど……何で柚子茶を飲んでるの?何でエレンの上着を羽織ってるの?マフラーは…いつもどおりか。そして…何でエレンはミカサを抱きしめてるの?」


エレン「………色々と事情があるんだよ」ギュウゥゥゥ


ミカサ「エレン……あったかい♪」ホクホク



Fin

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 00:10:10 ID:xm7JbVnA
かわいいwwwwおつ!

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 01:00:36 ID:Olnh2mdo
あら可愛い


15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/12(水) 02:15:44 ID:41jjsNmw
あらやだかわいい







関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/836-fbeebd4c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。