スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

援交女「あたしのパンツ見る?」オタ「断る」


1 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 20:40:44 ID:kQqPDh7s
援交女「今なら特別に30分5000円でいいからさ」


ヲタ「断る」


援交女「はぁ?なんでよっ?」


ヲタ「僕はリアル女に興味ないんだよ。」


援交女「そんなこと言って~ホントは見てみたいんじゃないの~?」ヒラッ


ヲタ「バカかお前は。お前みたいなビッチ女なんてこっちから願い下げだ。」


援交女「何おーーーー!」


ヲタ「じゃ、そういうことだからこれ以上僕に関わるなよ」スタスタ


援交女(きーー!何なのよ!ヲタのくせに!!きっと美少女フィギュアのパンツ下から覗いてニヤニヤしてるに違いないわ)




2 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 20:45:30 ID:kQqPDh7s
ーーゲームセンター


援交女「だー!イライラするー!音ゲーでもやってくかー」


援交女「ってあれヲタ?何やってんだろ?」


ヲタ「このミクちゃんのフィギュアほしいなー1000円でとってやる!!」


援交女(うわ、やっぱヲタってあんなフィギュア好きなんだ。まじキモ)


ヲタ「よーし!まずは一回目。初めは景品をなるべく手前に寄せてっと」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/31(金) 20:48:00 ID:UO1fJHT.
オタの癖に全くキョドってねーな

4 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 20:55:25 ID:kQqPDh7s
…数分後


ヲタ「よっしゃぁ!我ながら完璧なプレイングだった。あぁ、愛しのミクちゃん、なんて可愛らしい縞パ、」


援交女「へぇ、やっぱパンツ好きなんじゃん?」


ヲタ「うわぁ、いきなりなんなんだお前は?

5 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 21:02:06 ID:kQqPDh7s
援交女「そんな縞パン好きならあたしもそーゆーのみしたげよっか?」


ヲタ「ば、ばか言え。リアル女には興味ないんだよ僕は。それに僕にはもう関わるなと言ったはずだぞ。知らないオヤジでも誘って股でも開いてろ、この尻軽女め」


援交女「ひどい…そこまで言わなくてもいいじゃない…あたしまだ処女なのに」グスッ


ヲタ「な、泣くことないじゃないか」アタフタ


援交女(ふふっ効いてる効いてる、あたしの嘘泣きにかかれば童貞なんてイチコロなんだから)

6 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 21:11:16 ID:kQqPDh7s
援交女「あたし、両親いないからお金にすごく困ってて、それで仕方なく援交してるの…でも、見せたりするだけだから、エッチなことはしてないんだよ?」


ヲタ「そ、そうだったのか、事情も知らずにひどいこと言ってすまなかった」


援交女「うん、いいよ。でも、あたし今日お金稼がないと生活に困るのよ。だからヲタが相手になってくれない?」


ヲタ「え、何言って…それってせっk」


援交女「ば、ばか!そうゆうのはやらないって言ってんでしょ!あたしのパンツ見せてあげるから5000円よこしなさいって言ってんの!拒否権はないから!」


ヲタ「まじかよ…」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/31(金) 21:15:45 ID:cH5.drcE
30分間もパンツを眺めさせて一体何がしたいのやら

8 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 23:17:49 ID:kQqPDh7s
ーーホテル

援交女「いい?時間は厳守よ?あと、触るのはNGね」


ヲタ「触るなんて論外だ。それよりもちゃんと縞パンはいてるんだろうな?」


援交女「うわぁ、見る気まんまんじゃん、きんもー。まぁ、今日は可愛い縞パンだから問題ないわよ?」


ヲタ「じゃあ、早速めくって見せてもらおうか」


援交女「はぁ?命令すんなっつーの。そんな急がなくても見してあげるわよ。ほら」ピラッ

9 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 23:26:21 ID:kQqPDh7s
ヲタ「確かに縞パンだな。そのままめくったままの状態でいてくれ」


援交女「だから命令すんなって言っ」


ヲタ「金欲しいんだろ?」


援交女「くっ…覚えてなさいっ」


ヲタ「よし、そのままでいてくれよ」


援交女「なっ!近付いてこないでよっ!」


ヲタ「触らなければいいんだろ?、もっと近くで見たいんだ」


援交女「どんだけ執着してんのよ、ほんとキモい」

10 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 23:30:27 ID:kQqPDh7s
ヲタ「ふむふむ、色も淡いグリーンでなかなかいいんじゃないか?」


援交女「あのミクとかいうフィギュアもこういうのはいてるんでしょ?」


ヲタ「知ってるのか?」


援交女「ち、違うわよ、あたし音ゲー好きだからDIVAとかやったりするわけ。それで踊ってるときにチラッと見えたりするじゃない?」


ヲタ「ほう、ミク好きなのか?」


援交女「別に音ゲーとして好きってだけでミクが好きな訳じゃないわ。あんたと一緒にしないで」

11 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 23:39:50 ID:kQqPDh7s
ヲタ「そうか、まあいい。次は僕がベッドに仰向けに寝るから、僕の顔をまたいで立って下からパンツを見せてくれないか?」ボンッ


援交女「は?ふざけないでよ!なんでそんなことしなくちゃ…」


ヲタ「触るわけじゃないんだからいいだろ?それに金いらないのか?」


援交女「わ、分かったわよ。やればいいんでしょ、やれば!」

12 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/01/31(金) 23:46:24 ID:kQqPDh7s
ヲタ「さあ、早く下からパンツを見せてくれ」


援交女「言われなくてもやるわよっ」ギシッ


ヲタ「ベッドがギシギシいってるぞ、お前、体重何キロあるんだ?」


援交女「失礼ね!体重とか関係なしに人がベッドの上に立てば音くらいなるでしょ!それにあたしは40キロ代だから!」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/01(土) 00:53:39 ID:cU898SVI
>>1
悲しくなんない?

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/01(土) 00:56:47 ID:z4ZiXvck
この程度で悲しくなってたらSS なんぞ書けんだろ

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/01(土) 03:59:20 ID:HL2GDdUQ
こういうジャンルも全然ありだと思うぞ
ただ処女厨にはNGなだけで


続けてくれ

16 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 00:13:36 ID:gWgig51c

ーー

ヲタ「悪くないな…」ジー


援交女「あんまり見ないでよ…恥ずかしい」


ヲタ「金払うんだから見なきゃ損だろうが」ジー


援交女(そんな目でみないでよ、視線で疼いてきちゃうじゃない…)

17 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 00:24:04 ID:gWgig51c
ーー数十分後

援交女「もういいかしら?それにもうそろそろ時間だし。」


ヲタ「もう少し延長できないか?」

 
援交女「いやよ?追加料金とるわよ?」


ヲタ「金なら払うからあと少しだけいいだろ?」


援交女「でも、ちょっと疲れてきたから少し休憩を…」


ヲタ「ろくに動いてもいないのに疲れるはずないだろう。このまま続行だ」

18 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 00:28:41 ID:gWgig51c
援交女「ってなに足首掴んでんのよ!勝手に触るんじゃないわよ!」


ヲタ「このままでいろと言っているんだ。」


援交女(うう…)ブルッ


ヲタ「どうした?寒いのか、身体が震えてるぞ?」


援交女「ち、違うのよ…ト、トイレに行きたくなってきちゃって。だから離してよ」モジモジ

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/02(日) 00:31:35 ID:5JzlC/BM
処女なのに疼くなんて飛んだビッチだな

20 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 00:32:36 ID:gWgig51c
ヲタ「ほう、この眺めもなかなか惜しいが小便かけられても困るから行かせてやるとするか」


援交女「じゃあ、早くこの手を離しなさい」


ヲタ「おいおい、僕は今客なんだから、そんな言葉遣いはないんじゃないのか?ちゃんと敬語でお願いしろよ」


援交女「なっ!調子のんなよヲタのくせに!」ブルブル

21 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 00:36:56 ID:gWgig51c
ヲタ「ちゃんと言わないと離してやんないぞ」


援交女「くっ、分かったわよ…」


援交女「ト、トイレに行きたいので、手を離してください、お願いしますっ」カァ


ヲタ「しょうがないなぁ、ほらよ」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/02(日) 02:48:12 ID:g.xt7UqQ
支援

23 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 21:45:54 ID:gWgig51c
ーー

援交女「ふぅ、一時はどうなるかと思ったわ」


ヲタ「長い小便だったな、そんなに我慢してたのか?」


援交女「聞き耳立ててたの?」


ヲタ「別に好きで聞いてたわけじゃない。お前が勢いよくしただけだろう」


援交女「なっ!本当デリカシーないわよね、ヲタって。普通そういうこと女の子に言わないわよ?

24 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 21:48:51 ID:gWgig51c
ヲタ「そうか。それは悪かったな。じゃあ、僕はもう帰るぞ」


援交女「え、延長するんじゃなかったの?」


ヲタ「やっぱもう見飽きたからいいわ。5000円でいいよな?はいよ」


援交女「そう、ありがとう。また今度も相手してくれない?」

25 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 21:52:55 ID:gWgig51c
ヲタ「もう、リアルには飽きたからいいよ」


援交女「飽きたって…今度はタダで見せてあげるから付き合いなさいよ。なんだったらミクのコスプレとかもしていいわよ?」


ヲタ「ミクの?それは悪くない話だな」


援交女「じゃー決まりね!今度はいつにするー?♪」


ヲタ「なんでそんなテンション高いんだ?」


援交女「いいじゃない別に!きっとあたしのミクコスに気に入ってくれると思うわよ?」


ヲタ「それは楽しみだな。コスプレの趣味あったのか。」


援交女「まあねー」

26 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 22:10:07 ID:gWgig51c
ーー学校


援交女「あ、ヲタおはよー!」


ヲタ「…」


援交女「なっ!無視すんなよ、人が挨拶してんのにー」


ヲタ「あんま学校で気安く話しかけてくるなよ。周りに変な目でみられるだろう」

27 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 22:16:29 ID:gWgig51c
援交女「そんなの気にしなくていいじゃない。それより今日の放課後ひま?」


ヲタ「暇っていえば暇だが?」


援交女「じゃあ、また相手してよ。今日はあたしの家に来ていいわよ?」


ヲタ「親とかに見つかったらどうするんだ?…あっ、ごめん…」


援交女「いいのよ。そういうの慣れてるから。んじゃ、今日の放課後一緒に帰ろうね」

28 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 22:25:00 ID:gWgig51c
ーー放課後


援交女「ヲター、いっしょに帰ろ?」グイッ


ヲタ「ま、待てよ。勝手に引っ張るなよ。」


援交女「あたしのミクコス超かわいいんだから、楽しみにしてなさい」

29 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 22:43:41 ID:gWgig51c
ーー援交女宅

ヲタ「ここがお前の家なのか?」


援交女「そうよ、超格安アパートってわけよ。ワンルームしかないけど」


ガチャ

ヲタ「ほう、部屋は狭いが中はきれいじゃないか」


援交女「あったり前じゃない。じゃあ、着替えるから後ろ向いててよ」


ヲタ「は?」


援交女「しょうがないじゃない、部屋一つしかないんだから」

30 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 22:49:14 ID:gWgig51c
ヲタ「だったら僕は外で待ってるよ。終わったら呼んでくれ」


援交女「外寒いから中にいていいわよ?」


ヲタ「そうか、だったらそうさせてもらおうか。後ろ向いて待ってるから早く着替えろよ」


援交女「ちょっとは動揺しなさいよ…」ボソッ

31 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/02(日) 23:09:25 ID:gWgig51c
ヌギヌギ…


援交女「こっち向いて Baby♪なんちゃってw着替え終わったわよ」


ヲタ「おお!」


援交女「どう?似合ってる?」


ヲタ「か、かわいいじゃないか。すごく似合ってるよ」ハアハア


援交女「…そ、そうでしょ//?って、何気に息遣い荒くなってるんですけど?」(ヲタって、ミクのことになると態度変わるんだから)

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/06(木) 01:33:17 ID:AwCN/Xe.
続きまだかな?

33 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/08(土) 00:55:58 ID:WNkLt3bg
ヲタ「ちょっと脇みせてくれよ」ガシッ


援交女「きゃっ!痛い、やめてよ!」


ヲタ「わ、わるい」


援交女「乱暴にしないでよね!脇とか変態なの?」

34 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/08(土) 01:00:19 ID:WNkLt3bg
ヲタ「頼むよ」


援交女「しょ、しょうがないわね。特別だからね、ほら」


ヲタ「ちゃんと両脇が見えるように両手を頭の後ろで組んでくれ」


援交女「かなり恥ずかしいんですけど…こ、こうでいいの?」

35 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/08(土) 01:01:35 ID:WNkLt3bg
ヲタ「そうそう、そのままでいてくれ。きれいな脇じゃないか」ジー


援交女「やだ、そういうこと言わなくていいから…」


ヲタ「もっと近くでみせてくれ」


援交女「ちょっと近すぎるわよ。それ以上は…」

36 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/08(土) 01:06:49 ID:WNkLt3bg
ペロリ

援交女「きゃ!何舐めてんのよ、信じらんない!」


ヲタ「す、すまん。つい」


援交女「つい、じゃないわよ!あんた自分がやってること分かってんの?あたしはフィギュアじゃないのよ!」


ヲタ「す、すごくかわいかったから」


援交女「っ!」

37 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/13(木) 13:14:43 ID:tOStGi0s
ヲタ「…」ギュッ


援交女「なっ、抱きついて…こないで…よ」ゾク


ヲタ「ミク…」ギュー


援交女「いやっ、あたしはミクじゃない!」ドンッ


バサッ


ヲタ「ご、ごめん…」


援交女「い、いきなりびっくりするじゃない…」

38 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/13(木) 13:18:21 ID:tOStGi0s
ヲタ「本当ごめんな。今日はもう帰るよ」


援交女「ま、待ってよ。夕飯作ってあげるから食べていきなさいよ」


ヲタ「えっ、いいのか?」


援交女「あたし、料理には自身あるの。せっかくだからあたしの手料理食べさせてあげるわ」


ヲタ「そりゃ、ありがたいな。じゃあ、遠慮なくごちそうになってくよ」

39 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/13(木) 13:22:58 ID:tOStGi0s
ーー

援交女「できたわよーあたし特製肉じゃがよ」


ヲタ「おーうまそうじゃないか。いただきます」モグモグ


ヲタ「うん、おいしいよ。わざわざ作ってくれてありがとうな」


援交女「べ、別に。ついでよついで//せっかくあたしの家に来たんだからね」


ヲタ「よし、じゃあそろそろ帰るよ」


援交女「うん、また今度ね。次はヲタの家に行ってみたいなーなんて」

40 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/13(木) 13:32:46 ID:tOStGi0s
ヲタ「そ、それはだめだ。それにまたこういうことやるのか?」


援交女「もうあたしのコスプレみたくないの?」シュン


ヲタ「そ、それは…またみたいけど、乱暴しちゃうかもしれないし…」


援交女「ふーん、もうあたしの虜になっちゃった?」


ヲタ「ば、ばか言え、別におまえがいいんじゃなくてミクコスがいいんだからな」


援交女「あ、それ結構傷つくんだからねー。元がよくないとコスプレははまらないんだから」

41 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/13(木) 13:37:33 ID:tOStGi0s
ヲタ「ああ、そうだな」


援交女「な、そっけないわねー。まあいいけど。じゃ、今度はヲタの家ねー」


ヲタ「結局そうなるのか…」


援交女「ふふっ、フィギュアくらいならいいけど、エロ同人とかはちゃんと隠しとけよ~」


ヲタ「な、何言ってるんだ」アセ


援交女「やっぱそういうの読んでるんだーヲタのえっちースケベー」


ヲタ「う、うるさい、じゃあな」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/13(木) 20:37:32 ID:kyAPONV.
エロあんの?

43 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/13(木) 22:19:12 ID:tOStGi0s
次回はエロありでいこうと思ってます
更新は遅くなるかもしれませんが、みていただけたら幸いです

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/13(木) 22:33:05 ID:kyAPONV.
ほほう、では待たせてもらおうかな♪

45 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/15(土) 20:39:26 ID:eUl1wM7o
ーー数日後

援交女「今日はヲタの家ねー。超楽しみー」

ヲタ「あまりはしゃぐなよ」

ガチャ

ヲタ「ただいま」

援交女「おじゃましまーす」

ヲタ「この時間、親は働いてるから誰もいないんだけどな」

援交女「エロいことする気?」

ヲタ「ま、まあ、気をつけるよ」

援交女「きゃーついにあたしの処女が奪われるーなんてね」

46 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/15(土) 20:41:41 ID:eUl1wM7o
ヲタ「なんだ?この前は怖がっていたくせに。ていうか本当に処女なのか?」

援交女「な…あたしが処女だって信じてなかったの?」

ヲタ「あたりまえだ。どうみてもお前はヤリマ…」

援交女「ひどい!あたしのことそんな風に思ってたなんて。もう今日は帰る!」

ヲタ「ま、待ってくれよ。言いすぎたよ、本当はピュアなやつだったんだな」

援交女「わ、分かってくれればいいのよ」

47 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/15(土) 20:45:47 ID:eUl1wM7o
ヲタ「今日はどうするんだ?またコスプレしてくれるのか?」

援交女「そうだけど、なんかしてほしいのとかあるの?」

ヲタ「まあな、とりあえず着替えてくれよ。俺は別の部屋にいるから」

援交女「なーに?変なことしないでよー」

ヲタ「たいしたことじゃないさ」

48 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/15(土) 20:51:22 ID:eUl1wM7o
ーー

援交女「着替えたわよー」

ヲタ「相変わらず、はまってるな」

援交女「でしょー//で、何するの?」

ヲタ「うん、今日はこれを使ってほしいんだ」

援交女「それって!コ、コンドーム//?なんであんたがそんなの持ってるのよ?」

ヲタ「やるために決まってるだろ?」

49 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/15(土) 20:53:25 ID:eUl1wM7o
援交女「最低ね。童貞のくせに」

ヲタ「冗談だよ、今日はこれを使って写真を撮らせてほしいんだ」

援交女「へ?どんな?」

ヲタ「咥えゴムっていってな……」

援交女「ふーん、いかにも童貞ヲタが考えそうなことね」

ヲタ「やってくれるよな?」

援交女「そ、それくらい別にいいわよ」

50 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/15(土) 21:02:02 ID:eUl1wM7o
ーー

ヲタ「まずは封をきって、このまま咥えてくれ」

援交女「う、うん。こう?」(う…結構ゴムくさいわね…)

ヲタ「そうそう、それで誘うような感じの上目遣いで俺をみてくれ」

援交女「変態なんだから…」ジー

ヲタ「いいよ、そのエロい目線」パシャ

援交女「い、いきなり撮らないでよっ」キリッ

ヲタ「その反抗的な目もいいね」パシャ

パシャパシャ

援交女「恥ずかしい…」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/16(日) 06:42:31 ID:dCcaeWAg
いいね

52 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/16(日) 14:09:46 ID:Ckls1aL6
ヲタ「よし、次はゴムを伸ばして…」

援交女「な、何するの?」

ヲタ「ゴムの中にファンタジーザーメンを入れるんだ」

援交女「ザ…何それ?」

ヲタ「擬似精液ってやつだな。AVとかでよく使われてるらしい」

援交女「いやらしい、そんなの入れてどうするの?」

53 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/16(日) 14:16:15 ID:Ckls1aL6
ヲタ「今度はこれを咥えてほしいんだ」ニヤ

援交女「ほんとに童貞が考えることってそんなのばっかりなのね…」カア

ヲタ「とか言いながら顔赤くなってるぞ」

援交女「べ、別に…早く貸してよ」

ヲタ「はいよ」

援交女(結構な量ね……ヲタもこんなに出すのかな…)

54 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/16(日) 14:22:07 ID:Ckls1aL6
ヲタ「いい表情じゃないか。エロいこと考えてるのか?」パシャ

援交女「…」

ヲタ「どうしたんだ?まんざらでもなさそうな顔して」

援交女「こんなのじゃなくて、ヲタのがいい」

ヲタ「へ?何言って…」

援交女「し、してもいいから、本物を出しなさいって言ってるの!」

55 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/16(日) 14:25:44 ID:Ckls1aL6
ヲタ「…」

援交女「いや?」

ヲタ「いやじゃないけど…いいのか?」

援交女「言わせないでよ…」

ヲタ「分かった。じゃあ、ベッドに寝てくれ」

援交女「うん…」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/16(日) 18:48:59 ID:KD5cNpsw
はよ

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/17(月) 00:13:28 ID:VqlKnsqQ
援交女の見た目とスペックは?ヲタの見た目のレベルもどう?

58 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 17:40:20 ID:/E5qlxxw
見た目とかスペックはあまり考えてなかったのですが、
援交女はあの花のあなる、ヲタは神のみの桂馬のような容姿をイメージしています

59 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 22:04:31 ID:/E5qlxxw
サワサワ

援交女(い、いきなり下はだめなのに…)

ヲタ「おいおい、触る前から濡れてるじゃないか。写真撮られて濡れるなんておまえも変態だな」

援交女「はんっ……言わないで……そこは…だめぇぇ…」

ヲタ「こんなに濡れてるんだからいいだろう?」クチュ

援交女「んんっ…だめ…そんな…動かしちゃ…」

60 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 22:08:53 ID:/E5qlxxw
ヲタ「いけよ」クチュクチュ

援交女「はぁぁん!」ブルブル

ヲタ「いったんだな?」

援交女「」コク

ヲタ「じゃあ、ゴムをつけてくれ」

援交女(すごい、これが男の人の…)

61 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 22:11:22 ID:/E5qlxxw
ヲタ「つけ方分かるか?」

援交女「わ、分かるわよ。これくらい」

ヲタ「それ、逆な」

援交女「…」

ヲタ「もし妊娠したら責任とれないからな」

援交女「そういうとこは現実的なのね…」

ヲタ「まあな」

62 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 22:26:57 ID:/E5qlxxw
ーー

ヲタ「………」

援交女「…その……初めてだから…優しく…してね……」ドキ

ヲタ「…うん…いくよ…」ズズ

援交女「い、痛い!」

ヲタ「ごめんな、少し我慢してくれ…」ズズズ

63 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 22:29:51 ID:/E5qlxxw
援交女「うっ……奥まで…入った?」ウル

ヲタ「ああ…入ったよ。大丈夫か?」

援交女「な、何とか…」

ヲタ「じゃあ、少し動くぞ」

援交女「う、うん」

ヲタ「…痛いか?」

64 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 22:39:37 ID:/E5qlxxw
援交女「…痛いけど…大丈夫…かな…」

ヲタ「よし、徐々に速めるぞ」

援交女「はんっ、あんまり…激しくしないで…」

ヲタ「…」パンパン

援交女「ちょ…激しくしないでって…はぁぁぁんっっ」

ヲタ「もう、イキそうだ……ハアハア……好きだよっっ」ドク

65 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 22:43:17 ID:/E5qlxxw
ーー

援交女「優しくしてって言ったのに…」プン

ヲタ「ごめん、興奮しちゃって。ってまだやるのか?」

援交女「違うわよ、その…ゴム外してあげるから…」

ヲタ「お、おう」

援交女 クンクン「すごい匂い。鼻が曲がりそうだわ…」(これがヲタの匂い…)

ヲタ「これはなかなかいい絵だな…」パシャ

66 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 22:47:41 ID:/E5qlxxw
援交女「…」

ヲタ「どうかしたか?」

援交女「その……さっきイク前になんて言ったの?」

ヲタ「んー何か言ったかな、興奮しててよく覚えてな…」

援交女「バカ…」スタッ

ヲタ「ちょ、待っ…」

67 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 22:58:48 ID:/E5qlxxw
ーー

ヲタ「帰るなら…送ってこうか?」

援交女「…」

ヲタ・援交女「あのっ」

ヲタ「さ、先どうぞ」

援交女「先言って…」

ヲタ「その、なんだ…本当は好きって言ったの覚えてたんだ。とっさに出てきたから僕の本心なんだと思う」

68 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 23:12:12 ID:/E5qlxxw
援交女「…」

ヲタ「僕は援交女のことが好きだ。よかったら僕と付き合ってくれないか?」

援交女「うん!こんな私でよければ」

ヲタ「よし、じゃあ、これからもよろしくな」

援交女「こちらこそ!じゃ、帰りのチューしよ」

ヲタ「い、1回だけだぞ…」

69 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 23:22:48 ID:/E5qlxxw
ーその後

男子A「ヲタってあのビッチと付き合ってるんだってなー」

男子B「俺、あの子好みだったんだよなー」

男子A「あんなビッチのどこがいいんだよー、それにあいつって安アパートに一人暮らししてるらしいぜ」

ヲタ「大声で人の噂話とはな」

男子A「うわ、そんな噂なんて…」

ヲタ「援交女の陰口は許さないからな」

男子A「おーこわいこわい」

男子B「いいなー援交女ちゃんと付き合えて…」

70 : ◆lnn0k7u.nQ:2014/02/18(火) 23:26:47 ID:/E5qlxxw
援交女「あ、ヲタ、一緒に帰ろう!」

ヲタ「ああ」

援交女「別にあたしは何言われてもいいのよ」

ヲタ「いや、僕が許さないから」

援交女「ふふっ、ありがとう、マスター♡」

ヲタ「お、おい、それは二人の時だけって約束しただろ」カア


おわり

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/19(水) 00:19:45 ID:TkWmgTtc
おつ

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/02/19(水) 00:23:53 ID:U3TGOgD6
なんかわろた





関連記事
スポンサーサイト
男女 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/843-13aab3e4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。