スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリスタ「ごめんなさい」


1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 17:33:42 ID:J21jtgUY
※短いクリユミ

ユミル「どうしたんだ?こんな所に呼び出して」

クリスタ「あのね、……もうすぐ卒団でしょう?」

ユミル「ああ」

クリスタ「だから、ずっと隠してた事を言おうと思って」

ユミル「隠してた事?」

クリスタ「」コクン

ユミル(なんだ?クリスタの詳しい今までの境遇か?それとも本名か何かか?)

ユミル「……あんまり無理してそんな事言わなくてもいいぞ」





2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 17:34:20 ID:J21jtgUY
クリスタ「ううん」

クリスタ「私、言わなくちゃ」

ユミル「クリスタ……」

クリスタ「ユミル、ごめんなさい……」

ユミル「お、おい、なんで謝るんだ、お前は何も悪くな……」

クリスタ「ずっとユミルの下着盗んでごめんなさい!」

ユミル「」



ユミル「」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 17:35:06 ID:J21jtgUY
ユミル「……は?」

クリスタ「だから、ずっとユミルの下着を……」

ユミル「あー!解った解った、2回も言わなくていい!」

ユミル「本当か?クリスタ」

クリスタ「……うん」

ユミル(確かに前々から、団から支給されてる下着が無くなってると思っていた)

ユミル(でも、私の下着なんて盗む輩なんか居ないと思ってたし、皆持っている下着なんだから、間違えて持ってるのかと放っていた)

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 17:36:00 ID:J21jtgUY
ユミル「確かに、皆持ってるからな、何処かやっても……」

クリスタ「無くした訳じゃない」

ユミル「じゃ、じゃあ……お前と私とじゃ、サイズが違うだろ、だから教官にでも言って…」

クリスタ「サイズが変わった訳でもない」

ユミル「だったらなんで盗んだんだよ!」

クリスタ「ユミルの下着だからだよ!」

ユミル「」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 17:37:03 ID:J21jtgUY
クリスタ「ユミルが使った下着だからだよ!」

ユミル「だから2回も言わなくていい!」

クリスタ「大切な事だから!」

ユミル「…そうか…」

ユミル「クリスタは私の下着を盗んで、何してた……」

クリスタ「怒らない?」

ユミル「多分」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 17:38:19 ID:J21jtgUY
クリスタ「ユミルの下着だって思ってスーハーしてた」

ユミル「」

ユミル「なんでそんな変な事するんだよ!」

クリスタ「怒らないって言ったのに!!」

ユミル「多分って答えただろ!?」

ユミル「それにそんな理由だったら誰かって怒るわ!」

クリスタ「でも、『これがユミルの下着か~』って思って匂いだら興奮して、つぎの日も頑張れた」

クリスタ「そうしたら、成績が上がっていった」

ユミル「……結果オーライか?」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 17:38:56 ID:J21jtgUY
クリスタ「ゆ、ユミルも悪い」

ユミル「はあ?」

クリスタ「だってどれほど盗んでも騒ぎはしなかったんだし」

クリスタ「いつバレるか、いつ誰かに言うか凄くドキドキしたんだから」

ユミル「じゃあやめれば良かったじゃないのか」

クリスタ「……だけど、そのスリルが良かった」

ユミル「……」

ユミル(私のズボラも原因だな……)

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 18:32:47 ID:J21jtgUY
クリスタ「折角だからまだ謝る」

ユミル「まだ何かやってたのか……」

クリスタ「ユミルを盗撮してごめんなさい」

ユミル「しかも盗撮か……」

ユミル「ん?でも全く撮られてるとかそんな事思った事無いが」

クリスタ「そりゃあ盗撮だもの、バレたら終わりだし」

ユミル「そりゃそうだ」

クリスタ「何回かバレそうになったけど、そのスリルとドキドキが好き」

ユミル(私の女神はこんなのだったのか……?)

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 18:34:11 ID:J21jtgUY
ユミル「盗撮と言えば」

ユミル「前に風呂の脱衣所でカメラが見つかったな」

クリスタ「うん」

ユミル「凄く解りにくい場所にあったから、誰か男子が盗撮しようとしたと、一時期すげえ騒ぎになったが……」

クリスタ「あれも私」

ユミル「……」

クリスタ「ユミルを収めたくってあんな事したの」

ユミル「お前、大抵いつも私と一緒に風呂入ってるだろ」

クリスタ「そうだけど!」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 18:35:09 ID:J21jtgUY
クリスタ「そうだけど……ずっと、ユミルを見てたかったから……」

クリスタ「今は見れるけど、もし、……もし卒団して別々の団に入ったらもう見れないって思ったら」

クリスタ「いつの間にかお風呂に設置してた…」

ユミル「おかしいだろその考え方」

クリスタ「言っておくけど、私的にはユミルは一番スタイルいいって思ってるんだから!」

クリスタ「こんなチビな私が憧れるのも仕方ないと思う!」

ユミル「なんでお前はそう開き直るんだ」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 18:46:16 ID:RTFUxgOA
女神が堕ちたw

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 19:02:14 ID:J21jtgUY
クリスタ「勿論、それだけじゃない、普通のユミルも盗撮してた」

ユミル「普通の…?」

クリスタ「見て」バサバサバサ

ユミル「すげぇ写真の量」

クリスタ「これが、ユミルが寝てる写真」

クリスタ「これは、コニーやサシャをからかってる写真」

クリスタ「あっ、これはほら見て!ユミルが宿舎の窓で黄昏てる激レア写真!」

ユミル「いつそんな写真撮ったんだ」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 19:04:11 ID:LDwxpRH.
クリスタ「こんなに沢山ユミルが……」ハァ

ユミル「ウットリすんじゃねえ」

ユミル「大体なんでまた」

クリスタ「それもお風呂場と同じ理由よ」

クリスタ「これでいつでもユミルと一緒」ニコッ

ユミル「んな台詞吐きながらニコッとすんなよ怖いだろ」

クリスタ「ほら、これ結構写真写り良くない?」

ユミル「……見せるな恥ずかしい」

クリスタ「ぶー」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 19:09:15 ID:Hun2Ij0Y
女神が楽しそうでなにより

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 19:15:27 ID:LDwxpRH.
ユミル「……ん?」

クリスタ「どうしたの?」

ユミル「この写真、お前と私が一緒に写って飯食ってるぞ」

クリスタ「それね、ミカサと交換した写真」

ユミル「ミカサと……?」

クリスタ「後ろにエレンが写ってるでしょ?でも私達にピントがあってる」

クリスタ「ユミル撮りたかったのにエレンにピントがあった写真と、ミカサの、その反対の写真とよく交換してたんだ」

ユミル「うちの主席様も盗撮か」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 20:26:17 ID:LDwxpRH.
クリスタ「まだあるから言っていい?」

ユミル「まだ何かやってたのか」

クリスタ「ユミルが使った食器を舐めてごめんなさい」

ユミル「それ流石のお前でも引くぞ」

クリスタ「やめて!嫌いにならないで!だからこうやって告白してるでしょ!」

ユミル「……じゃあするなよ」

クリスタ「それはユミルが好きだから無理」

ユミル「なんだかなあ……」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 20:26:58 ID:LDwxpRH.
クリスタ「言っておくど、私から始めた事じゃ無いよ」

ユミル「……まさか、ミカサか?」

クリスタ「違う」

ユミル「じゃあ誰だ」

クリスタ「ジャン」

クリスタ「私が、ミカサの使った食器を舐めてるジャンを発見して」

ユミル「あいつ小学生かよ」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 20:28:05 ID:LDwxpRH.
クリスタ「それから、時間があれば一緒に舐めてた」

ユミル「あいつも良くお前とやる事承諾したな」

クリスタ「ミカサに言うよって言ったら凄い勢いでOKしてくれたんだ」

ユミル「脅しか」

クリスタ「そんなつもりは無かったんだけど……」

ユミル「よく言うよ……」

ユミル(しかし、女神と謳われてるクリスタにそんな事言われたジャンもさぞかしびっくりしただろう)

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 20:29:50 ID:LDwxpRH.
クリスタ「ユミルとこう、間接キスしてるって考えたら興奮する」

クリスタ「ユミルが使った食器を私が使ってるって思ったら……」

ユミル「お前もとんだ変態だな」

クリスタ「ありがとう」

ユミル「褒めてねーよ」

クリスタ「でもそれだけで私の1日の調子があがったし」

ユミル「凄い上げ方だな」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 20:30:29 ID:LDwxpRH.
ユミル「でもやっぱりそんな事しなくてもいいだろ」

クリスタ「じゃあ何?今ここで『キスしよ』って言ったらキスしてくれるの?」

ユミル「嫌、あの、それは……」

クリスタ「でしょ?」

クリスタ「だからその不満を使用済み食器で晴らしてたのよ」

ユミル「なんか…スマン」

クリスタ「分かればよろしい」

ユミル(あれ?なんだかおかしいぞ?なんで私も謝ってるんだ?)

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 21:22:50 ID:LDwxpRH.
クリスタ「最後にまだあるんだ」

ユミル「なんだ?もう何も怖くないぞ?」

クリスタ「実は……」

クリスタ「ユミルの等身大抱き枕作ってごめんなさい」

ユミル「……は?」

ユミル「私の等身大抱き枕……?」

クリスタ「」コクリ

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 21:23:21 ID:LDwxpRH.
クリスタ「ほら、これ見て」バーン

ユミル「うわっすっげえ、私ソックリしかも身本当に等身大」

クリスタ「日本の現代技術だよ」

ユミル「ニホン……?」

ユミル「あとさっきから気になってたが写真と言い抱き枕と言い何処から出してんだ」

クリスタ「これをね、誰にも見つからないように倉庫に隠して夜な夜な抱きついてた」

ユミル「なんで誰にも見つからないようにしてまで……」

クリスタ「だってバレたらユミルや教官にチクられるきがしたんだよ!」

ユミル「だからだったらするな!」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 21:23:56 ID:LDwxpRH.
クリスタ「だってユミルが大好きだからって言ってるでしょ!」

ユミル「お前の愛し方の方向が解んねえ」

クリスタ「……あ、でも1人にバレた」

ユミル「誰だ?」

クリスタ「ベルトルト」

ユミル「ベルトルさん?」

クリスタ「うん」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 21:24:38 ID:LDwxpRH.
クリスタ「凄くびっくりされた」

ユミル「だろうな」

クリスタ「『こんな所でそんな事して駄目、教官に言う』って叱られた」

ユミル「おお、真面目だ、で、お前はどう返した?」

クリスタ「脱衣所で盗撮してたまたま写りこんだアニの写真あげるって言ったら黙ってくれた」

ユミル「おい真面目」

クリスタ「…後々もう少し欲しいって言われたところが大変だった……」

ユミル「104期上位者は変態の巣窟だな」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:05:39 ID:LDwxpRH.
ユミル「でも、これこそ無駄だろ」

クリスタ「なんで?」

ユミル「キス…とは違って、私に抱きついていいって聞いたら『いい』って返したが」

クリスタ「本当?」

ユミル「当たり前だ、だって私のクリスタだからな」

クリスタ「そのまま胸とかお尻とか揉んじゃうよ?」

ユミル「……無理だわ」

クリスタ「でしょ?」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:18:55 ID:LDwxpRH.
ユミル「何はともあれお前が色々やった事は解った」

クリスタ「愛故の行動だしね」

ユミル「……ああ」

クリスタ「でも、なんだかスッキリしちゃった」

ユミル「なんでだ」

クリスタ「全部秘密で隠れてしてたから」

ユミル「……よかったな」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:19:18 ID:f5C6XLQY
おいこら女神

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:23:38 ID:LDwxpRH.
クリスタ「よおし」

ユミル「何がよしだ」

クリスタ「卒団しても、ユミルと同じ所に入って、下着盗んだり、盗撮とかしたり、使用済みの食器舐めたりしようっと!」

ユミル「はあ?お前は憲兵団に……」

クリスタ「え?何?」

ユミル「……なんでもねえ」

ユミル(私の努力……)

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:25:07 ID:LDwxpRH.
クリスタ「それにユミル公認だったらやる気起きるし」

ユミル「認めた覚えなんか無いんだが」

クリスタ「なんだかもっとやる気が出てきた!」

ユミル「お願いしますやめてください」

クリスタ「嫌」

クリスタ(うーん、ずっとユミルにバレたらどうしようどうしようって思ってやってきたけど、言ったらなんだか気分が軽くなったな!)

クリスタ(言って正解だった!)

ユミル(なんだ?クリスタの今までの経緯やら、本名やらが聞けると思ったんだがなんだか凄く今後悔している)

ユミル(聞くんじゃ、無かったな…)

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:27:02 ID:LDwxpRH.




ヒストリア「うう…ユミル……」

サシャ「元気出してください」

エレン「……なあ」

アルミン「何?」

エレン「アイツ、何抱いてんだ……?」

アルミン「ユミルの……抱き枕……?」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:27:56 ID:LDwxpRH.
エレン「それに、周りに落ちてるのは」

アルミン「全部ユミルが写った写真だね」

エレン「どこで調達したんだ……」

アルミン「さあ……?」

ヒストリア(ユミルの代わりにだと思って作たったり撮ったりしたけど、やっぱり本物がいいなぁ…)

ジャン(調査兵団時代から、変な性癖持ってると思ってたが……)

ミカサ(まさか、あんな抱き枕まで持ってたとは……)


終わり

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:33:31 ID:LDwxpRH.
・盗撮

ミカサ「はい、クリスタ」

クリスタ「私も、例の写真」

ミカサ「ありがとう」

クリスタ「こちらこそ」

ミカサ「本当に上手くエレンが写ってる」

クリスタ「こっちも綺麗にユミルが写ってるよ」

ミカサ(でも私が撮るエレンが一番)

クリスタ(やっぱり私が撮るユミルが一番)

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:35:22 ID:LDwxpRH.
・食器

ジャン「」キョロキョロ

ジャン(よし、誰もいねえな…)

ジャン(これが、ミカサの使ったスプーン…)

ジャン「さ、早速……!」

ガラッ

ジャン「」ビクッ

クリスタ「じゃ、ジャン?」

ジャン「なんだ、クリスタか……」ホッ

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:36:49 ID:LDwxpRH.
ジャン「ちょ、ちょっとな」

クリスタ「でもそれ、ミカサの使ったスプーンじゃ……」

ジャン「な、なんで解るんだよ!?」

クリスタ「私と一緒に食器ここに置いたから……」

ジャン「……クリスタ」

クリスタ「な、何?」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:38:26 ID:LDwxpRH.
ジャン「実は、俺、ミカサの使ったスプーンを舐めようとしてたんだ……」

クリスタ「ジャン……」

ジャン「秘密にしていて欲しい」

クリスタ「……うん、解った、いいよ」ニコッ

ジャン(流石女神)

クリスタ「その代わり」

ジャン「?」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:40:13 ID:LDwxpRH.
クリスタ「私も一緒にユミルの使ったの舐めていい?」

ジャン「は?」

クリスタ「駄目?」

ジャン「いやちょっと女神がそんな事……」

クリスタ「じゃないとミカサに言っちゃうよ!!」

ジャン「ごめんなさい」

クリスタ「ありがとう」ニコッ

ジャン(こえぇ……)

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:41:35 ID:LDwxpRH.
・抱き枕

クリスタ「」ガラッ

クリスタ「ごめんねユミル、こんな場所に閉じ込めて」

クリスタ「でも、ユミルにバレたら燃やされる気がするし、隠して昼間に来て教官にバレたら嫌だし……」

クリスタ「…って言っても抱き枕だけど」ギュッ

クリスタ「あーあ、本物のユミルに抱き着いてセクハラしたいなー…」

ガラッ

クリスタ「だ、誰!?」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:43:21 ID:LDwxpRH.
ベルトルト「クリスタ……?」

クリスタ「その声は、ベルトルト…どうしてここに」

ベルトルト「トイレに行った帰りに、君がこの空き部屋に入る姿が見えて」

ベルトルト「……逆に一体何を抱きついてるの……」

クリスタ「だ、抱き枕……」

ベルトルト「こんな所で?」

クリスタ「」コクリ

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:44:13 ID:LDwxpRH.
ベルトルト「それにしても凄く大きな抱き枕だね」

クリスタ「だってユミル等身大抱き枕だもの」

ベルトルト「何それ」

クリスタ「ベルトルトには抱かせないよ!」

ベルトルト「嫌抱こうとも思わないけど」

クリスタ「だって気を失ったユミルを森の中に連れ去るじゃない!」

ベルトルト「君は一体いつの話をしてるんだ!?」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:44:54 ID:LDwxpRH.
ベルトルト「と、ともかく、また明日にでも教官にクリスタが空き部屋を黙って不正に使ってるって言うね」

クリスタ「やめて!この時間が一番癒しの時間なんだから!」

ベルトルト「それでもいけないことはいけないし…」

クリスタ「うーん……だったらこうはどう!?」

クリスタ「私、ユミルの事よく盗撮してるんだ」

ベルトルト「もう色々凄い」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:46:01 ID:LDwxpRH.
クリスタ「そしたら、たま~に違う人が写っちゃったりして…」

ベルトルト「……」

クリスタ「ミカサとか~アニとか~サシャとか~」

ベルトルト「……」ピクッ

クリスタ「特に、アニなんか服脱ぐ瞬間の写真とか合って~」

ベルトルト「……口止め量、か」

クリスタ「それで駄目?」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:47:21 ID:LDwxpRH.
クリスタ「あっ、そう言えばさっきミカサと交換した時にその写真があったな」ゴソゴソ

ベルトルト「ぼ、僕はそんな事で釣られないよ」

クリスタ「ほら」ピラッ

ベルトルト「……」チラッ

クリスタ「見たい?」

ベルトルト「……全然」

クリスタ「えー……この写真のアニの腰とか同性の私からでも目がいっちゃうな?」

ベルトルト「……」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:48:18 ID:LDwxpRH.
クリスタ「ベルトルト」

ベルトルト「何」

クリスタ「見たい?」

ベルトルト「……少しだけ」

クリスタ「じゃあ黙ってくれる?」

ベルトルト「……わかったよ」

クリスタ「ありがとう」ニコッ

ベルトルト(……怖い)


おわり

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 22:49:39 ID:LDwxpRH.
ここまで
コメありがとう

早く原作でもユミクリもといクリユミ絡みが欲しいです

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/14(金) 23:21:42 ID:CDL893no
乙!

面白かった…
このクリスタでずぶずぶのクリユミが見たい

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/15(土) 00:41:58 ID:K3gibAKM
いいねいいね!癒された!!







関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/855-896ed91d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。