FC2ブログ















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルミン「ぎゃふん」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/29(木) 23:55:12 ID:5JCv9puE
アルミン(うーん、休暇日だからって遅くまで本読んじゃったな。完全に寝坊だ。
     もう皆、食堂にいっちゃったのかな。僕も早く着替えて……?)

アルミン(窓越しに誰かが走ってるのが見える、あれはサシャ?
     休暇日だから私服なんだ。スカートなんか履くんだね)

アルミン(あ、こっち見た。近づいてくる)




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/29(木) 23:55:50 ID:5JCv9puE
サシャ 「ア゛ル゛ミ゛ーン゛!」ブワァ

アルミン「うわあああ」

サシャ 「びんだがびどいんでずぅう!」

アルミン「皆が酷い? 何があったの」

サシャ 「ウワアアアアン!うぁあああん!」

アルミン「うんうん、朝ご飯のパンを皆から貰おうとしたら?」

サシャ 「ビェエエエン!ヒックヒック」

アルミン「お前みたいな芋女にやるパンは無いって言われて?」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/29(木) 23:56:23 ID:5JCv9puE


朝食 食堂

サシャ 「紳士の皆さーん。飢えた子供に愛の手をー」

ジャン 「飢えた子供ってのは、お前のことだろ?」

サシャ 「いや、まぁ、そうなんですけど」

ライナー「こう毎回来られてもな」

コニー 「オレのパンはやらないぞ」

ジャン 「今までは体調が悪かったりで、気まぐれにパンをやったりする奴がいたみたいだけどな、
     お前にパンやってもこっちに何も見返りがないんだ。何時までも貰えると思ってるんじゃねえぞ」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/29(木) 23:56:54 ID:5JCv9puE
ライナー「ジャンのは言い過ぎにしても、確かにパンをくれてやる理由はないな」

サシャ 「じゃ、じゃあ、これでどうですか?」ススス

コニー 「何やってんだ? 足首なんて出して」

サシャ 「もうちょっとだけなら、見せてあげてもいいですよ?」

クリスタ「コラーッ」ガツン

サシャ 「ギャアアアア」

クリスタ「何してるの! 女の子がそんな事しちゃ駄目じゃない!」

ライナー(頭突きするクリスタも可愛い)

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/29(木) 23:57:30 ID:5JCv9puE
サシャ 「うぅぅ、こうでもしないと、パンを貰えなくて」

コニー 「そんな事をされても、パンをやるとは言ってないぞ」モグモグ

ライナー「サシャの足を見ても腹は膨れないしな」モグモグ

ジャン 「違ぇねえ、芋女よりも芋見てた方がマシだな」モグモグ

サシャ 「ううぅ」

クリスタ「サシャ、私のパンあげるから、向こうで食べよ?」

ユミル 「やめとけよ、一回やったから癖になってんだ。ほっといても逞しく生きるよ、コイツは」

ダズ  「種芋は水やら無くても芽が出るらしいぜ」

ハハハハハ
ハハハハハハハハ

サシャ 「うわぁぁあああああん」ダダダダ

クリスタ「サシャ!」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/29(木) 23:58:01 ID:5JCv9puE


サシャ 「という訳なんでず」ズビー

アルミン「半分くらいは自業自得だよね」

サシャ 「ワダジバ!」

アルミン「うん、鼻かんでね」

サシャ 「」チーン

サシャ 「私は、見返してやりたいんです!
     私を恥ずかしい目に合わせた人たちを、ぎゃふんって言わせてやるんです!」

アルミン「気持ちは分からなくもないけど、どうするのさ」

サシャ 「それをアルミンに相談したくて、ここまで来ました」

アルミン「えぇぇええええ」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/29(木) 23:58:43 ID:5JCv9puE
サシャ 「頼りになるのはアルミンだけなんです!」

アルミン「……」

サシャ 「お願いします!」

アルミン「仕方ないなぁ」ハァ

サシャ 「ありがとうございます!」パァアア

アルミン「その代わり、ちょっとお金がかかるよ」

サシャ 「構いません! どうすればいいんですか!?」

アルミン「じゃあ、まず市場に行って……」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/29(木) 23:59:16 ID:5JCv9puE


夕食 食堂

サシャ 「パンをくれる紳士はいませんかー?」

ジャン 「全然、懲りてねえな、芋女」

ライナー「最早、かわいそうに見えてくるレベルだな」

ジャン 「じゃあ、パンをくれてやれよ」

ライナー「それとこれとは、話が別だ」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:00:03 ID:mchBf6hk
サシャ 「アルミン、パンを貰えませんか?」

アルミン「しょうがないなぁ、はい」

エレン 「体調でも悪いのかよ、サシャにパンやるなんて」

サシャ 「ありがとうございます、お礼にボタンあげますね」

アルミン「う、うん。ありがとう」

エレン 「?」
ジャン 「?」
ライナー「?」
コニー 「?」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:00:40 ID:mchBf6hk
マルコ (確かに見た。サシャは、自分の上着を止めているボタンを外してアルミンに渡していた)

マルコ 「サシャ、僕のパンもあげるよ」

サシャ 「本当ですか! ありがとうございます」

マルコ 「その代わり、僕にも」

サシャ 「ええ、ボタンあげますね」

ライナー「どうしたんだ、マルコまでパンをやるなんて」

コニー 「腹でも壊したのか?」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:01:09 ID:mchBf6hk
ジャン 「何かあったのか、マルコ」

マルコ 「いいかい、ジャン。サシャの服をよく見てみるんだ」

ジャン 「あん? あいつの服なんて見慣れてるだろ」

マルコ 「今日のは、初めて見る服だよ」

ジャン 「そうなのか? まぁ、芋女の服なんて」

マルコ 「肩のところ、ボタンがひとつ無いんだ」

ジャン 「そうだな、あいつのことだから、どうせ安物でも買ったんだろ」

マルコ 「今、サシャが着ている服は、肩ボタンで留めるタイプの服だ」

ジャン 「あぁ、そうみたいだな……ボタンって、まさか」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:01:53 ID:mchBf6hk
マルコ 「気づいたね。今朝、君たちが散々馬鹿にしたから、きっとサシャは賭けに出たんだよ。
     ボタンがなくなると、あの服は……」

ジャン 「」ゴクリ

マルコ 「他の女子が食堂にくるまで時間がある。今のうちが勝負だ」

ジャン 「サシャ、俺のパンもやろう」

サシャ 「えぇっ! いいんですか!?」

ジャン 「あぁ、その代わり」

サシャ 「はいっ、ボタンあげますね」

ジャン (ボタンを外した部分が、ひらひらと揺れている)

マルコ (ボタンは左右に3個づつ。あと4個のボタンが無くなれば、支えのない布は、ハラリと落ちて……)

ライナー(……胸が、というわけか)

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:02:33 ID:mchBf6hk
ライナー「そういうことなら、俺もパンをやろう」

サシャ 「フヒヒ、ありがとうございます」

ライナー「俺だけ仲間はずれってことはないよな」

サシャ 「ええ、勿論ですよ。ボタンどうぞ」

マルコ (左右交互にボタンを取っているから、ちょっと肩が見えるだけだ)ヒソヒソ

ジャン (あともう少しなんだが……)ヒソヒソ

ライナー(おい、ベルトルト。お前のパンもくれてやれ)ヒソヒソ

ベルトル(えぇ……なんで僕が)ヒソヒソ

ライナー「サシャ、ベルトルトもくれるみたいだぞ」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:03:08 ID:mchBf6hk
サシャ 「うわぁい、ベルトルトもありがとうございます。ボタンあげますね」

ベルトル「うん……ありがとう」

サシャ 「今日はパンが沢山集まりますねぇ」

ジャン (あと二個か……他に誰か、パンをやりそうな奴は)

ジャン 「コニー、お前のパンを渡してやれよ」

コニー 「はぁ? 何でそんなことしなきゃいけないんだよ」

ジャン 「今度、から揚げおごってやるから」

コニー 「本当か。絶対だぞ? 俺は馬鹿だけど、食い物の約束は忘れないからな?」

ジャン 「ああ、だからパンを」

コニー 「サシャ、俺のパンもやるぞ!」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:03:40 ID:mchBf6hk
サシャ 「コニーにもボタンあげますね」

コニー 「別にいらないけどな」

ジャン 「なっ!?」

マルコ 「はっ!?」

ライナー「おいっ!?」

サシャ 「どうしたんですか?」

ジャン 「いや……何でもねぇ」

マルコ (まさか、スカートのボタンを外すなんてね)

ライナー(中々、もったいぶってくれるじゃねえか)

ジャン (こうなったら、全部のボタンとってやる)

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:04:17 ID:mchBf6hk
ジャン 「ナック、ミリウス、トーマス。何も言わず、お前らのパンを分けてくれ」

ナック 「あぁ、俺たちも事態は把握している」

ミリウス「俺たちのパンを使ってくれ」

トーマス「確かに、託したぞ」

マルコ 「……すまない」

ライナー「サシャ、3人分だ」

サシャ 「うわぁ、こんなにいいですかね!ありがとうございます!」

マルコ (スカートのボタンは残り3つだったはずだ。いよいよ、スカートを支えられないはずだ)ゴクリ

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:04:56 ID:mchBf6hk
ジャン (3つのボタンを順に外して……)

ライナー(スカートが……)


パサッ


(落ちた)

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:05:28 ID:mchBf6hk
マルコ (上着が長いから、足の付け根までは見えないけれど)

ジャン (しかし、チラチラと白い布が……)

ライナー(これはこれで、たまらないものがあるな)

マルコ (あとは、上着のボタンを2個、残すだけだ)

ジャン (クソッ、他に誰かいないのか!?)

サムエル「俺たちの」

ダズ  「出番のようだな」

ジャン 「サムエル! ダズ! お前たち、サイコーに輝いてるぜ!」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:06:06 ID:mchBf6hk
サシャ 「さらに2個もらえるんですね。じゃあ、ボタンもこれで最後ですよ」

ライナー「」
マルコ 「」
ジャン 「」
サムエル「」
ダズ  「」
ナック 「」
トーマス「」
ミリウス「」

ゴクリ


ふぁさぁ

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:06:45 ID:mchBf6hk
ジャン (おぉ……結構、胸でかいな)

マルコ (チラチラと見えていた、白い布とお揃いの)

ライナー(揃いの……白い)


(水着だ)

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:07:17 ID:mchBf6hk
ユミル 「ぶはははははは、見たかクリスタ!こいつらの顔!」

クリスタ「ユミル、声だして笑ったらだめだよ」

ジャン 「なっ!? 隠れてやがったのか!?」

エレン 「お前らはさっきから、何やってるんだ?」

ミカサ 「エレンは、何も知らなくていい。サシャの方も見なくていい」

サシャ 「アルミンの言うとおりにしたら、パンを沢山もらえましたよ!」

ライナー「謀ったな、アルミン!」

マルコ 「一杯食わされたね」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:07:47 ID:mchBf6hk
サシャ 「ふふん、今朝はあんなこと言っておいて、皆さん私に興味津々ですね」

ジャン 「チクショウ、何も言い返せねえ」

ライナー「パンも取られて踏んだりけったりだな」

マルコ 「まぁ、僕らの自業自得だよ」

アルミン「サシャ、集めたパンを半分もらってもいいかな」

サシャ 「ええ、どうぞ。アルミンの取り分ですよ」

アルミン「うん、それじゃあ。ボタンを持ってる人は、パン半分と交換するよ」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:08:30 ID:mchBf6hk
サシャ 「え? いいんですか?」

ライナー「遠慮なく交換するが、いいのか?」

ジャン 「半分だけでも返ってくるなら、ありがたく貰うけどよ」

マルコ 「じゃあ、僕から交換してもらおうかな」

アルミン「ボタンはサシャに渡してね」

マルコ 「あぁ、サシャは魅力的だから、つい乗せられちゃったよ。はい、ボタン」

サシャ 「ヘへへ。面と向かって言われると照れますね」

ジャン 「今朝は、俺も言いすぎた。お前を否定したわけじゃねえんだ、ほらよ」

サシャ 「いいんですよ。ジャンの鼻の下の伸びた顔は忘れませんから」フフン

ライナー「俺の顔共々、忘れてやってくれ、ボタンだ」

サシャ 「パンに免じて、考えておきます」ウフフ

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:09:13 ID:mchBf6hk
ワイワイ ガヤガヤ

エレン 「結局、なんだったんだ?」

ミカサ 「皆が、前より仲良くなった。それだけ」

エレン 「そっか」

マルコ 「ここまでアルミンの想定通りなんだろ?」

アルミン「どうかな」ハハハ

ミカサ 「何でアルミンはサシャの手助けをしていたの?」

サシャ 「そういえば、私からお願いしましたけど、パンも渡しちゃって、アルミンに見返りはないですよね?」

アルミン「……このパンは美味しくないよね」

サシャ 「そこまで悪くないですよ、結構イケます」

アルミン「食べる価値は無いよ」

サシャ 「何で急にそんなこと言うんですか!? 悲しいですよ!」

アルミン「それが、サシャを馬鹿にされた僕の気持ち」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:09:54 ID:mchBf6hk
サシャ 「は?」

アルミン「サシャは可愛いから、みんなに思い知らせたかったんだ」

サシャ 「……え?」

アルミン「だから、この結果が僕の見返りかな」

サシャ 「…………」

アルミン「サシャ?」

サシャ 「アルミンは」

アルミン「うん」

サシャ 「私に、こんな恥ずかしい思いさせてからに」

アルミン「うん」

サシャ 「……何か、言ってくださいよ」

アルミン「ぎゃふん」



(おわり)

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:11:46 ID:u355sdgM
EDのパンを食べるサシャを見守るアルミンのシーンが最高に可愛い
乙ジャン

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 00:19:57 ID:BGAA2AIA
乙!
この二人いいね

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 01:10:02 ID:oxBxrvSI
乙です!
よければこの二人の短編を他にも書いて欲しいです

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 02:08:16 ID:OwDg3E8E
乙乙!

アルサシャ……神ぃぃぃ!!!

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 04:12:35 ID:1cxmPvWw
短くまとまってるし面白かった!
乙!

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 07:49:17 ID:3XI.ackA
アルサシャが開拓されていってるな


32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 10:19:52 ID:WQzvDeds
乙!

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/30(金) 11:59:02 ID:L1zcqgD.
乙です
アルミン相変わらずの策士
それを差し引いても>>2の涙声のサシャの言ってること、よく理解できたなw









関連記事
スポンサーサイト
進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ss2ch.blog.fc2.com/tb.php/92-78477b70


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。